【先読み】ケンガンオメガ 第40話ネタバレ感想『シァジー側にエサとしてロックオンされる光我』

【画像】シァジー側は光我をエサにするつもり | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】シァジー側は光我をエサにするつもり | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第40話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

時間を遡り、光我が闘技者試験を終えた頃。

試験管だった菅原と樫尾がビルを出る。

菅原は、村雨には悪いが光我が勝って一安心。良い闘技者になりそうだという。樫尾も山下の推薦の候補だから実力は確かだろうという。

樫尾は、山下との面識は自分の採用試験の際に一度だけだという。

人気の少ないところにいき、梶尾は、菅原に自分に用があるのではと、武器を構える。菅原もわかりますかと武器を構える。

【画像】樫尾の異変に気づく菅原 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】樫尾の異変に気づく菅原 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

* * *

再び現在。

阿古谷との試合が終わった龍鬼。氷袋で顔を冷やしている。

拳願会と提携している病院にいき、検査結果に異常が無ければすぐに帰れると龍鬼に伝える山下。

秋山は龍鬼の体調を心配するも、龍鬼は大げさだという。

そこに光我がやってくる。

龍鬼は、闘技者採用試験の結果を光我に聞く。

光我は、龍鬼の怪我を心配するも、龍鬼はいつもこんな怪我してるから大丈夫だという。

光我は、試合中になんで止まったのかと龍鬼に訊ねる。試合の終盤に龍鬼の一瞬の動きが止まった。あれがなければ勝負はわからなかったという。

それを聞かれて、止まっていたのかと気づいていない龍鬼。試合の後に阿古谷に「なぜ、躊躇したのか」聞かれたという。拳願試合で戦って相手では阿古谷がダントツに強かったという龍鬼。あのレベルの相手に勝つ方法はひとつしかない。相手を始末する。実際に始末する気だったという龍鬼。

あの時の光我のことを思い出したという。

龍鬼は、結構、人を始末している。この前も言ったけど「普通の人」は始末していない。

光我は、そういう問題じゃないと応える。

そのことも以前に言われたことを覚えている龍鬼。全然ピンとこなかった。始末する気の相手を始末して何が悪いんだろうと思ったという。

でも、もしかして俺がおかしいのかなとひっかかってるという龍鬼。

【画像】龍鬼を救えるかもしれないと考える光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼を救えるかもしれないと考える光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

その言葉に驚く光我。冷酷な殺人鬼ではなく、「知らない」だけなのかと考える。教えれば、龍鬼を救えるかもしれないと考える光我。

そのやりとりを見て、山下は対抗戦代表がまた二名決定したという。阿古谷と龍鬼が代表者に内定する。

* * *

樫尾が正体がバレたとシァジーに報告する。

【画像】正体がバレたとシァジーに報告する樫尾 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】正体がバレたとシァジーに報告する樫尾 | 引用元:ケンガンオメガ 第40話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

菅原を始末し、親しい人間と長時間、行動するとボロがでる。潜入を続けるのはもう無理なのでほとぼりが冷めるまで身を隠すという。シァジーは、温泉でもいっておけという。

樫尾は光我が正式に闘技者となったとシァジーに報告。アレはエサになると報告。

シァジーはご苦労と電話を切る。全ては「繋がる者」のために。

ケンガンオメガ 第40話ネタバレ感想・考察まとめ

阿古谷は、性格や立場上、龍鬼の周りにうろつく黒い輩との戦いの中心人物になっていくのだろうか。

そして、光我もまた巻き込まれていく。

シァジー側にエサとしてロックオンされた光我。エサだから、光我自身に工作するというよりも、龍鬼の光我依存を高め、光我を使って、龍鬼を思い通りにしようとする狙いなのだろうか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話ネタバレ感想『愛之助流山篭り修行』

【画像】山篭りで強くなるいい機会だと強くなることに期待する愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

【画像】山篭りで強くなるいい機会だと強くなることに期待する愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話ネタバレストーリー・あらすじ

リュウが入院する病室に中国メンバーは集合。

ロシアとの戦いについてシェンメイから話を聞く。

リュウは、シェンメイが一人心当たりがあるといってたのは誰かと聞く。

シェンメイはもったいぶらずに、皆がよく知る愛之助だという。

中国側の四人目として愛之助を引き入れるという。

ジーフェイに破れたとはいえ、愛之助のポテンシャルには目を見張るものがあるというロウラン。

最後に見せた正拳突きはなかなかのものだったと対戦したジーフェイも太鼓判を押す。

バンは、誘いに乗ってくるかというもシェンメイは貸しがあるから問題ないというシェンメイ。

愛之助の居場所は、バンが知っていた。山篭り修行をしているという。入院していたとき、同じ病室だったと。

山篭りと聞いて、ジーフェイは昔を思い出すという。己を過酷な状況下に追い込み、新たな域にたどり着く。

【画像】ジーフェイの山篭り修行の図 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイの山篭り修行の図 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

一人、食料も持たず山に入れば、嫌でも孤独と闇の中で神経と研ぎ澄まされる。ケモノを狩り、山菜やきのこで飢えをしのぎ、川の水で喉を潤す。

人は自然とひとつになることで、人が本来持ち合わせている本能を呼び覚ます。実力と才能を落ち合わせた愛之助が限界を超えたとき、どれほどの戦いを見せてくれるのか楽しみだというジーフェイ。

* * *

愛之助は滝に打たれていた。

滝に打たれながら、正拳突きの稽古をする。

なんでこんなことをしている。そもそもは照が言い出したこと。そんな雑念を捨てて、せっかくの山篭りだから、強くなるいい機会だから集中しろと自分に言い聞かせる愛之助。

この修行で、ツヨシのように強くなると意気込む。

そんな愛之助に声をかける老人。

愛之助を「ぼっちゃま」と呼んだ老人は執事だった。

執事は風呂の準備ができていると愛之助に声をかける。

執事から受け取ったバスローブを着て、滝から上がる。

そこは、愛之助の親が所有する別荘。

風呂に入り、ジーフェイとの戦いの最後に出した正拳突きの領域にまだたどり着けないと悩む。

自然のなかで感覚を研ぎ澄ませば、あの時を越える一撃が出せると思ったがと考える。

執事は、愛之助に夕食はどうするか尋ねてくる。

【画像】愛之助の山篭り修行の図 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助の山篭り修行の図 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話 漫画:丸山恭右

愛之助は、山篭りだし、ケモノ系でいきたいと要望を伝えると、近隣の猟師からとどいてた新鮮な猪肉と鹿肉があるという。他にも庭でとれた山菜なども良いできるという。川でとれたヤマメとイワナもあると。山篭り最高だという愛之助。

豪華な夕食ができ、席に着いたとき、来客の知らせを受ける愛之助。自分が対応するといってみるとシェンメイがいた。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第45話ネタバレ感想・まとめ

ツッコミ待ちな愛之助。強くならなさそうな。。。

バンが、入院中に愛之助から山篭りすると聞いていたとしても場所までは普通わからないと思うけど、愛之助のことだから、別荘のパンフレットみたいなものを置いていったのか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】フェアリーテイル100年クエスト 第40話ネタバレ感想『レイスは元フェアリーテイルのメンバー』

【画像】瀕死の生前のレイス | 引用元:フェアリーテイル100年クエスト 第40話 ネーム原作:真島ヒロ 作画:上田敦夫

【画像】瀕死の生前のレイス | 引用元:フェアリーテイル100年クエスト 第40話 ネーム原作:真島ヒロ 作画:上田敦夫

  • フェアリーテイル100年クエスト 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • フェアリーテイル100年クエスト 第40話ネタバレ感想・まとめ
  • フェアリーテイル100年クエスト 概要
  • フェアリーテイル100年クエストを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

フェアリーテイル100年クエスト 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

レイスは、マカロフとの異常なシンクロ率に、マカロフは自分の血縁者なのかと考えてしまう。

レイスは、生前の記憶がない。

だからこそ、自分を始末した人間を見つけ、裁くことで記憶を取り戻せるかもしれないと考えていた。

レイスは、自分に仲間と呼べる人はいたのかと感傷に浸るも目の前の敵を倒すべく、腕を巨大化させて、ナツを殴り飛ばす。

防戦一方のナツ。マカロフの魔力の凄さを実感するレイス。

ナツも黙ってはいない。

本当のマカロフはもっと強いと、拳を受け止め、炎を放出。熱さで手を引っ込めるレイス。

ナツは本気の拳をマカロフに叩きつける。

ナツに殴られたショックでマカロフの若かりし頃の記憶がレイスに見える。

マカロフはフェアリーテイルの仲間と談話していた。

ヤジマがフェアリーテイルを止めて評議員になろうと思っていると話す。

ゴールドマインは、自分たちの目の仇になることはないだろうとヤジマを説得する。

ボブもフェアリーテイルを抜けて独立を考えているという。

その意見に怪訝するマカロフ。ポーリュシカは人が多すぎるから別にいいんじゃないかという。

魔法も使えないくせになんでギルドにいるとポーリュシカを罵るも私の薬でどれだけ命拾いしたと思っていると喧嘩を始める。それを夫婦喧嘩だと茶化すフェアリーテイルのメンバー。

そこに、急患が運び込まれる。

その者はレイスだった。

致命傷を受け、もう助からないのかなとポーリュシカに聞く。

マカロフは、絶対助かると豪語。しかし、ポーリュシカは何も出来ない。

【画像】レイスを同じフェアリーテイルの仲間として涙する | 引用元:フェアリーテイル100年クエスト 第40話 ネーム原作:真島ヒロ 作画:上田敦夫

【画像】レイスを同じフェアリーテイルの仲間として涙する | 引用元:フェアリーテイル100年クエスト 第40話 ネーム原作:真島ヒロ 作画:上田敦夫

必死のマカロフに理由を尋ねると、仲間だという。同じフェアリーテイルの仲間だろと涙を流すマカロフ。全員家族だと。

その記憶から、自分がフェアリーテイルの魔導士だったことを知るレイス。

レイスは、マカロフの体から離れる。

そして、レイフは負けを認める。

全てを思い出した。ナツたちと敵対する理由はないという。ナツとも家族だからと。

レイスの体が消え始める。

レイスはやっと帰れると呟く。

マカロフは、レイスになつかしいと声をかけ、レイスも同意する。

フェアリーテイル100年クエスト 第40話ネタバレ感想・まとめ

さくっと終わらせた。仲間になりそうと思ったけど、強すぎるから昇天させて、もう出てこないかな?

マガポケ『フェアリーテイル100年クエスト』を読んで。

フェアリーテイル100年クエスト 概要

やっぱり『FAIRY TAIL』は終わってなんかいなかった! ゼレフ、アクノロギアとの死闘を乗り越え、さらに強さと騒々しさを増した“妖精の尻尾”! <100年クエスト>に出かけたナツたちの気になる旅路に、ギルドに残ったメンバーにも何やら新しいことが起きそうで…!? 完結したはずの545話目から、そのままつづく新たなる物語!

フェアリーテイル100年クエストを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!