投稿者「漫画ズ」のアーカイブ

地獄楽 第47話ネタバレ感想『画眉丸vs弔兵衛の次は、巌鉄斎vs桐馬』

始末に集中できるほうが余計なことを考えずにすむと笑う画眉丸 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

始末に集中できるほうが余計なことを考えずにすむと笑う画眉丸 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第47話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第47話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第47話ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸vs弔兵衛。

弔兵衛の首の骨を折ったはずの画眉丸が弔兵衛に殴り倒される。

画眉丸は確かに首の骨を折った感触があったにも関わらず動く弔兵衛のことをこの島の不死身の化物と考える。

拘束して情報を聞き出す作戦に変更する。

画眉丸は、倒れず回転して足蹴りを繰り出すも弔兵衛に受け止められる。

画眉丸の足を掴んだ弔兵衛は、画眉丸を地面に叩きつける。

弔兵衛の怪力を見るに拘束する余裕はなさそうだと判断し、全力で無力化する方向に変更する画眉丸。

画眉丸は、いつもの始末に集中するほうが簡単だと笑う。

あの違和感のことも考えずに済む。

忍法花針。

石を弾丸のように飛ばす画眉丸。

避けた長兵衛に延髄蹴りを食らわせる画眉丸。

画眉丸は、急所ばかりを狙う。不死であっても脳、眼、知覚を奪うのは有効。

弔兵衛は、画眉丸の顔面を蹴るも逆に足の腱を食いちぎられる。

画眉丸に眼をやられた弔兵衛だがすぐに再生する。

画眉丸は次々と急所を狙う。

頚動脈を噛み切られた弔兵衛だがすぐに再生し、大したことないという。

弔兵衛は、地面を強く踏みしめると地面が割れる。崖の足場が崩れていく。

画眉丸を弱いと罵る弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸を弱いと罵る弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は、本土で見たときに画眉丸が強そうだったから確かめるためにいくつか食らったが弱いという。

弔兵衛の指を噛み切るもえげつない攻撃だがそれだけだと噛み切られた指をすぐに再生する弔兵衛。

画眉丸と弔兵衛の戦いをみていた巌鉄斎たちは、前のほうが明らかに強かったと今の画眉丸が弱くなった評価を下す。

画眉丸のタオがおかしいというメイ | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸のタオがおかしいというメイ | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

メイは画眉丸のタオがおかしいという。弱いは強いの種。画眉丸に強い種がないという。大事なものがないと。

画眉丸の記憶に妻が消えていた。

画眉丸に大事なものが欠落する | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸に大事なものが欠落する | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は、幕引きをするために桐馬に全員始末しろと命令する。

桐馬はまず隻腕の巌鉄斎を狙う。

しかし、巌鉄斎は素手で桐馬の剣を掴み受け止める。

最初に自分を狙った桐馬に腹を立てる巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

最初に自分を狙った桐馬に腹を立てる巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

自分を最初に狙ったのはしとめられそうだからと思ったからかと聞く。そのことを気に入らなかった巌鉄斎は、掴んだ刀を桐馬に返し、刀を抜かずに相手してやるという。

地獄楽 第47話ネタバレ感想・考察・まとめ

妻が幻覚というのはないかもしれない。実際にあったかもしれないが、今島に向かっている石隠れ衆の中に妻がいるのではないか。その妻は長に幻覚をみせられて、画眉丸を敵だと思っているという状態なのではないだろうか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想『木根渕覚醒。イザナギ降臨』

木根渕を打つ女性 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を打つ女性 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

イザナミの女性たちに叩かれ快感を得る木根渕。

一番乗りでその行為にのったいとだが、この行為になんの意味があるのかと疑問に笑う。

亜咲美は、この行為を経て、木根渕は誠の聖心に至る。

その時、このイザナミを統べる片がここに降臨するという。

いとは、亜咲美のいう憧れの女がイザナミに降臨するのかと予言を軽く受取る。

いとは、やれりゃなんでもいいという。

木根渕を打つイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を打つイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

イザナミの女性たちは代わる代わる「聖心祓わい」と叫びながら木根渕をぶつ。

恋子も楽しそうに木根渕をぶつ。

木根渕を楽しそうに打つ恋子 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を楽しそうに打つ恋子 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

全員が木根渕を打ち終わると、出芽は木根渕を振魂の池に連れて行くよう指示を出す。

池に中央で木根渕を立たせ、各班のリーダーが木根渕を囲う。

亜咲美が木根渕に聖心を欲するかと訊ねると欲すると答える木根渕。

鎖を引っ張り、木根渕を倒す。

亜咲美は言葉を続け、木根渕の頭を水中に沈める。

木根渕を池に沈めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を池に沈めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

それに続き、各リーダーたちも木根渕を体を水中に沈める。

しばらくすると木根渕は抵抗もなく力が抜ける。

水面に浮ぶ木根渕 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

水面に浮ぶ木根渕 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

女達は木根渕を離すと木根渕の体は水面へと浮かび上がる。

木根渕は動かない。

いとは、木根渕が息を引き取ったのではないかと心配するも木根渕が自力で水面から顔を上げ、咳き込む。

いとは、木根渕を心配して、起こそうと体を支えるも木根渕はいとを突き飛ばす。

いとは、起ころうとするも亜咲美がいとに控えなさいと制止する。

木根渕が立ち上がる。

亜咲美は、この片がイザナミの主、イザナギの降臨だという。

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

木根渕が奴隷になって選択権のないハーレム状態でいくのかと思ったら、覚醒イベントを経て、本格的なハーレム状態になるということだろうか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

兵州手亜咲美(へすてあさみ)
イザナミのメンバー。建設班のリーダー。

保世いと(ほせいと)
イザナミのメンバー。漁業班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

魔都精兵のスレイブ 第6話ネタバレ感想『優希の姉は複数の桃を摂取した多種能力者?』

優希の姉の存在は、あえて言うなら魔防隊と戦う者だと主張する | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

優希の姉の存在は、あえて言うなら魔防隊と戦う者だと主張する | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

  • 魔都精兵のスレイブ 第6話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔都精兵のスレイブ 第6話ネタバレ感想・考察
  • 魔都精兵のスレイブ 登場人物・キャラクター
  • 魔都精兵のスレイブを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

魔都精兵のスレイブ 第6話ネタバレストーリー・あらすじ

大量に醜鬼が集まる一帯にやってくる七番組。

優希は早速やろうというも京香は、七番組の必勝連携で壊滅させるという。

まずは朱々の一撃が相手に大ダメージ。次に痛手を負った醜鬼たちに日万凛が削っていく。

すると醜鬼はたまらず合体していき、一匹一匹倒す手間が省ける。大きくなったのを自分たちで潰せばいいという優希。

魔防隊七番組の必勝連携があれば単調な醜鬼との戦いに負けはないという京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

魔防隊七番組の必勝連携があれば単調な醜鬼との戦いに負けはないという京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

醜鬼たちは強靭だが闘い方は単調。このやり方でいけば負けはないという京香。

巨大化した朱々に向かう一人を乗せた一匹の醜鬼。

巨大化した朱々を一撃で吹き飛ばす。

巨大化した朱々を殴り飛ばす一本角 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

巨大化した朱々を殴り飛ばす一本角 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

その醜鬼の頭には一本の角がを見て京香はあの醜鬼だと悟る。

日万凛が銃撃するも、一本角の醜鬼の上に乗っている優希の姉が髪の毛でガードする。

優希の姉は、口から砲撃する。日万凛はすぐに盾を生成してそれをガードするも威力絶大で吹き飛ばされる日万凛。

口からエネルギーを放出する優希の姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

口からエネルギーを放出する優希の姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

そこに京香と優希がやってくる。

京香と優希の攻撃をガードする一本角。

京香は、醜鬼に乗る者を何者だと問う。

宿敵一本角に相対し吼える京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

宿敵一本角に相対し吼える京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第6話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

あえて言うなら魔防隊と闘う者だという。

優希の姉は、桃を複数もって舐める。

魔都精兵のスレイブ 第6話ネタバレ感想・考察

優希の姉の目的はなんだろうか。

醜鬼そのものが、やはり人間側が作り出した産物で、姉はそれに反対する勢力ということなのか。ただの悪ではなさそう。

少年ジャンプ+『魔都精兵のスレイブ』を読んで。

魔都精兵のスレイブ 登場人物・キャラクター

和倉優希(わくらゆうき)
高校3年生。魔防隊七番組羽前京香の奴隷兼寮の管理人。

羽前京香(うぜんきょうか)
魔防隊七番組組長。能力:奴隷化。

東日万凛(あずまひまり)
魔防隊七番組。能力:身体武器化。

駿河朱々(するがしゅしゅ)
魔防隊七番組。能力:玉体革命(パラダイムシフト)。身体伸縮。三姉妹の末っ子。

大川村寧(おおかわむらねい)
魔防隊七番組。11歳。能力:千里眼。

魔都精兵のスレイブ 概要

『アカメが斬る!』のタカヒロと『パパのいうことを聞きなさい!』の竹村洋平が強力タッグを結成。日本各所に異世界「魔都」への扉が出現!化け物から人々を守る“痛快&可愛い”ヒロインたちのバトルファンタジー!!

魔都精兵のスレイブを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

デスラバ 第52話ネタバレ感想『褐色の肌の水着美女に交渉を試みる康介』

水着美女に言葉が通じないのかと考える康介 | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

水着美女に言葉が通じないのかと考える康介 | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

  • デスラバ 第52話ネタバレストーリー・あらすじ
  • デスラバ 第52話ネタバレ感想・まとめ
  • デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ
  • デスラバ 概要
  • デスラバを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

デスラバ 第52話ネタバレストーリー・あらすじ

康介の姿を見て、口をあけて驚く水着美女。

その形相に一歩も動けない康介。

康介は水着美女の視線の先が自分の下半身だということに気付く。

康介は、立っていた。夢のせいだ。

康介は、この水着美女も聖女機関の人間だと考える。

康介のDTを狙っていると考えると、あの口を開けて、相手を威嚇するような表情も頷ける。

しかも、水着美女の体はただの見せ筋ではない。しなやかな実践的な筋肉。

野生児が問答無用で襲い掛かってきたらとても敵わない。足者は海。逃げるのも難しいだろう。

康介は、落ち着いて、いま対話しようと試みる。

水着美女に、自分のDTが狙いなんだろと質問する。

水着美女は返事を返さない。康介は、ここはどこだと質問するもその返事もしない。

康介は、この水着美女に言葉が通じないのかと思い始める。日本人じゃないのか。

水着美女のエキゾチックな雰囲気に外国人の可能性がある | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

水着美女のエキゾチックな雰囲気に外国人の可能性がある | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

肌の色、エキゾチックで野性味のある雰囲気。体格も日本人離れしている。日本人ではない可能性が高い。交渉の余地はないということか。

水着美女が動き出す。

康介は動くなと恫喝する。

康介はとんでもない脅しを使う | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

康介はとんでもない脅しを使う | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

寄らば抜くという康介。

水着美女は動きととめるもまた動こうとする。康介は脅しじゃないと手を動かし始める。

その時、康介は気付く。抜いて萎えさせればいい。しかし、萎えたら脅しが使えなくなり、襲い掛かられ捕まったら終わる。抜くのはだめだ。難しい状況に陥る康介。

康介は、強い日差しのために朦朧としてきた。一方、水着美女は立ったまま寝ていた。

立ったまま練る水着美女 | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

立ったまま練る水着美女 | 引用元:デスラバ 第52話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

その隙に逃げようとした康介を後ろから殴打するものがいた。

デスラバ 第52話ネタバレ感想・まとめ

なんという攻防。水着美女の正体もわからなければ、殴ったやつもわからない。

でもきっと、水着美女も殴ったやつも聖女機関の人間ではないのではないか。康介のDTを奪おうとしているのではなく、単に海水浴をしてる女性なのかもしれない。そんな普通の女性にとんでもないことを口走っている康介。

はたからみれば異常者なので、水着美女の女友達が、水着美女を助けるために異常者の康介を殴っただけという状況かもしれない。

マガポケ『デスラバ』を読んで。

デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ

藤代康介(ふじしろこうすけ)
女嫌いの高校生。

伊府さやか
所長。康介の幼馴染の女性。

伊良部和親(いらぶかずちか)
17歳。リーゼントの男。

助川清(すけかわきよし)
33歳。メガネで潔癖症の男。

風祭俊太(かざまつりしゅんた)
16歳。

大河原岬(おおがわらみさき)
24歳。デブ。

上条慎太郎(かみじょう しんたろう)
28歳。無表情な男。カギなど盗む。元傭兵。

愛奈(あいな)
金髪の女性。

桐島絵里奈(きりしま えりな)
貧乳の長髪の女性。

蜜子(蜜子)
黒髪の女性。

デスラバ 概要

女嫌いの高校生・藤代康介は学校からの帰り道、突如何者かに拉致されてしまう。目が覚めると、椅子に縛り付けられ、見知らぬ美少女に嬲られようとしていた!!そこは男が檻に閉じ込められ、女たちに管理される謎の監獄!!ここは一体どこなのか?そして美少女たちの目的は!? 謎が謎を呼ぶ、絶望エロティック・サスペンス!!

デスラバを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

奴隷遊戯 第46話ネタバレ感想『カイの妹ソラノを要求する鷹司』

カイの妹ソラノを要求する鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイの妹ソラノを要求する鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第46話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第46話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第46話ネタバレストーリー・あらすじ

オズワルドは、ライブラエクソダスの開始を心待ちにしていた。

その様子をロバート・ブレンディにカイがそれほど嫌いかと看破される。

オズワルトは、高い興行を見たいだけだと誤魔化す。

ロバートの部屋に新しく入室者が現れる。

命がけの若いもの同士の闘争は良いという。

ソサエティ第7使徒のドン・ウィード。

ドンはロバートに久しぶりと挨拶をする。

ソサエティ第7使徒ドン・ウィードと第8使徒ロバート・ブレイディ | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ソサエティ第7使徒ドン・ウィードと第8使徒ロバート・ブレイディ | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ロバートは遊戯に夢中になれるドンを相変わらずだという。ドンは、胴元の言葉とは思えないとロバートに返事。この遊戯にいくら投じていると思っているのだと。

種銭を用意するために戦争までやってる。ロバートは今日はカードは興味深いと認める。

ドンはウイスキーを豪快に飲む。

ドンは今日のカードは、今後のソサエティの繁栄に影響を与えないとも限らない。ロバートにそう聞く。

ライブラエクソダスの準備室で、カイチームと鷹司チームが集められて、ゲームの説明を受けていた。

天秤地獄の部隊はワイヤーで2点を吊った、厚さ50センチの鉄板。コートと呼ばれる左右の天秤が舞台。

左右のコートそれぞれを自陣敵陣とし、闘いの場は双方どちらでもOK。各チーム5人が行き来して戦う。

6メートルほどの高さで巨大ブランコさならがに揺れるコート。足元には煮えたぎるマグマの濁流。落下はそのままアウトを意味する。

全員下に放り込んでしまえば終わりかと場外乱闘がない分、らくだというテラノ。

ライブラエクソダスのルール説明1 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスのルール説明1 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

各コートの真上の天井の穴から、ボックスと呼ばれる木の箱を中心に様々な落下物が到来。不安定な足場を揺さぶります。

ボックスの中身は、ただの重りからアイテムまでさまざま。両コート間の距離約7メートルを移動するためのアイテムも落下物に含まれる。

自陣の重りのボックスをいかに効率よくコートの下に落とすかが勝負の鍵。

ボックスの落下点を決めるのはそれぞれ両チームを率いるマスター。

マスターの操作するパネルと天井の穴の位置は連動しており、押した番号からボックスが落下。

ゲームが進むごとに落下ペースは加速し、落下点をコントロールするのは次第に困難になっていく。マスターの操作が遅れれば、AIがランダムな位置にボックスを投下。

ライブラエクソダスのルール説明3 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスのルール説明3 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

落下物が積み重なれば、やがては重さで溶岩に沈みゲームオーバー。

制限時間は30分。

敵チームを殲滅すれば、敵陣はあがてマグマの渦に沈むため勝利となる。

鷹司は、面白くするために、話題を提供すると言い出す。

このゲームで鷹司は、カイが抱える奴隷を解放する23億5千万デロスの金をかけている。その金額を35億デロスまでに引き上げようと思う。

鷹司は、仮にカイが勝ってもガトーだけは置き去りになるという。カイは確かにガトーも解放しないという話はないと考えるも鷹司の企みが気になる。

ガトーは国家機密を知る人間だから、ソサエティがガトーを管理する費用も安くない。

カイは、自分が負けた場合の代償はなんだと聞く。

鷹司は、カイの妹ソラノを徴収するという。

盛り上がる観客。

鷹司の提案にキレるカイ。

両チームの奴隷の入場が始まる。

俯いているカイにテラノが胸倉を掴む。テラノはカイがシケたツラをしているのが気に入らない。何をかけようと自分がいれば一緒だろうと言い放って、会場に向かう。

有村も、あれこれいってもこれは喧嘩。ならオレは負けないという。

柏崎もカイのためだけに戦うわけではない。みんな上に戻るため。これで最後にしようと励ます。

浜口も体の振るえを抑えて会場に向かう。

最後にガトーが、よくわからないけど、このチームは嫌いじゃないといって会場に向かう。

カイはみんなに頭を下げて見送る。

そして、ライブラエクソダスは開始された。

奴隷遊戯 第46話ネタバレ感想・考察まとめ

<ライブラエクソダスの勝利条件>

ライブラエクソダスの勝利条件が明確にされていない。

「敵チームを殲滅すれば、敵陣はやがてマグマの渦に沈むため勝利となります」と勝利に対する言及はここだけ。どちらかのコートがマグマにつくことが勝利条件なのか。

ライブラエクソダスの勝利条件 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスの勝利条件 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

制限時間が30分ということは、30分たった時点で、コートがより下がっているほうが負けなのか、それとも30分経過するとコートが落ちて両方ともの奴隷がマグマの餌食になるのか。そのあたりの説明も皆無だった。

制限時間が30分で、より先にコートをマグマに押し下げたほうが勝ちだとするなら、落下物の頻度はそれなりに早く、かつ落下物の内容が「重り」であることが頻繁におこるのではないだろうか。

でもそうすると、漫画的にも面白い展開が望めないので、ボックスはある程度アイテムである必要があるだろう。

そうすると、一つの「重り」の重さがかなり重い可能性が高い。故にずらして落とすことも容易ではない。

<ライブラエクソダスの落下物戦略>

最初、コートの不安定に関係ない二点の支えの中心部分にだけ落下物を落としていけば、コートは安定すると思ったけど、重りでコート自体が下がったら負けなので、支点から一番遠いコートの左右の端を交互に落としていくのが一番いいんじゃないだろうか。重りなら下に落としてアイテムなら回収。

コートとコートの距離が7メートルなら、超人テラノやガトーならジャンプで乗り移れそうだけど。

<落下物のパネル>

気になるのは、カイたちが操作する落下物を決めるパネル。

ライブラエクソダスのルール説明2 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスのルール説明2 | 引用元:奴隷遊戯 第46話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

パネルは右下に寄せられて、右上で左にモニター見いなものがあるけど、あれには何がうつるのだろうか。会場自体は、目視で確認できるから必要ないだろうし。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。