西北の死神 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

西北の死神のネタバレ感想。
西北の死神について。

「お前は俺が連れて行く。」 主人公・永井優奈の目の前に突然現れた転校生・飛影。実は飛影の正体は死神だった!?優奈の死亡日を閻魔大王から言い告げられた飛影は現世まで優奈を迎えに行くが、優奈の死亡日が亡くなったおばあちゃんのおかげで延長されることになる。現世に取り残された飛影が閻魔大王から受けた命令は「延長された残りの寿命70年間、優奈を守ること」。怨霊から狙われる優奈を守り抜く飛影の姿に不信感を抱きながらもときめいてしまう優奈。人間と死神の甘く殺伐とした高校生活!

西北の死神 第79話ネタバレ感想『臨時の保護者』

助っ人に蘭が登場 | 西北の死神

助っ人に蘭が登場 | 西北の死神より引用

  • 西北の死神 第79話ネタバレストーリー・あらすじ『臨時の保護者』
  • 西北の死神 第79話ネタバレ感想・まとめ
  • 西北の死神 概要
  • 西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

西北の死神 第79話ネタバレストーリー・あらすじ『臨時の保護者』

飛影の頼みで逃亡霊を追いかけ、薫條の情報を探る愁仙を助けに来たゼロム。

そこで薫條と出会ってしまう。

薫條はゼロムのことを禅林と本名でいうと、「ゼロムと呼んでください」と返す。

ゼロムは薫條のことを変わらずのマッチョと評す。

ゼロムは、なぜ逃亡霊を食わせ、巨大逃亡霊にするのかと薫條に問うゼロム。

薫條は修行のためだと返す。

逃亡霊を巨大逃亡霊にするのは自分が強くなるためだけにやっていることだと信じられない愁仙。

薫條は、地獄行きが決まっている罪人の逃亡霊に同情しているのかと聞く。

逃亡霊狩りを手伝っているんだから助護は自分に感謝すべきだという薫條。

ゼロムは、逃亡霊の罪を判断するのは閻魔大王の仕事で、罰を与えるのは地獄の仕事。この世で死神がやる仕事ではないと正論をいうゼロム。

加えて、薫條も逃亡霊と同じで逃げた事実を突きつける。

薫條は愁仙に助護の闘いで邪魔しなければ、助護も飛影もやれたのにという薫條。

愁仙が助護を助けたことに驚く。

愁仙に殴りかかる薫條 | 西北の死神

愁仙に殴りかかる薫條 | 西北の死神より引用

薫條は、あの時の借りをここで返してもらうと愁仙に殴りかかる。

ゼロムが手を出し、薫條の拳と愁仙の顔面の間に割ってはいるが、薫條の拳の威力は愁仙に届く。

愁仙は大きく吹き飛ばされる。

助護を助けたということで愁仙がある程度強いのかと思っていたゼロムが愁仙のやられっぷりに驚く。

薫條は割って入ってきたゼロムに素早いと評す。

ゼロムは愁仙の無事を確認する。

飛影に頼まれた臨時の保護者だと引かないゼロム | 西北の死神

飛影に頼まれた臨時の保護者だと引かないゼロム | 西北の死神より引用

薫條は、愁仙を置いていけば帰してやるとゼロムにいうも、ゼロムは臨時の保護者として頼まれた身なのでできないと断る。

愁仙は、助護に薫條の東條と、巨大逃亡霊ができたいきさつを話す。

ゼロムは愁仙を連れて逃げることができないだろうと考え、愁仙だけを逃がす作戦にでた。

大事にシルクハットを愁仙に被せ、大事な帽子だからと。

セーラームーンのファンじゃなかったのかとツッコミを入れる助護 | 西北の死神

セーラームーンのファンじゃなかったのかとツッコミを入れる助護 | 西北の死神より引用

それを聞いた柳染は、そんな時にパロディをといい、助護はセーラームーンのファンじゃなかったのかとゼロムにツッコミを入れる。

助護は、助けにいかないと考えるも相手は薫條。

飛影は助護と二人ならいうも柳染が止める。

飛影と助護が現在の最大戦力。その二人が優奈に危険が及ぶ可能性があるという。

そこで蘭が登場し、薫條には恨みがあるからと蘭が出向くという。

蘭は、飛影か助護のどちらかがきてほしいというと、飛影がゼロムに頼んだのは俺だからと立候補する。

飛影と蘭、ゼロムが喜びそうなコンビだと柳染はいう。

残された助護は、優奈は寝ているし、自分もいったほうが良かったのではというも柳染は、そういった途端起きましたよと指さす先の優奈の部屋。優奈はベッドから起き上がっていた。

ワンピースのパロディをやるゼロム | 西北の死神

ワンピースのパロディをやるゼロム | 西北の死神より引用

西北の死神 第79話ネタバレ感想・まとめ

ワンピースw

XOY『西北の死神』を読んで。

西北の死神 概要

「お前は俺が連れて行く。」 主人公・永井優奈の目の前に突然現れた転校生・飛影。実は飛影の正体は死神だった!?優奈の逝去日を閻魔大王から言い告げられた飛影は現世まで優奈を迎えに行くが、優奈の逝去日が亡くなったおばあちゃんのおかげで延長されることになる。現世に取り残された飛影が閻魔大王から受けた命令は「延長された残りの寿命70年間、優奈を守ること」。怨霊から狙われる優奈を守り抜く飛影の姿に不信感を抱きながらもときめいてしまう優奈。人間と死神の甘く殺伐とした高校生活!

西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

XOYはウェブマンガサービスを提供するマンガアプリです。
恋愛、日常、ファンタジー、ストーリーなど豊富なジャンルの作品がすべて無料で読み放題!
作品はどれもココでしか読めないオリジナル作品となっており、決められた曜日に毎週更新されます。
毎日更新の無料マンガをXOYアプリでお楽みください。

西北の死神 第78話ネタバレ感想『トーナメント』

西北の死神 第78話ネタバレ感想『トーナメント』 | 西北の死神

西北の死神 第78話ネタバレ感想『トーナメント』 | 西北の死神より引用

  • 西北の死神 第78話ネタバレストーリー・あらすじ『トーナメント』
  • 西北の死神 第78話ネタバレ感想・まとめ
  • 西北の死神 概要
  • 西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

西北の死神 第78話ネタバレストーリー・あらすじ『トーナメント』

愁仙は、助護に認めた貰いたくて逃亡霊を単独行動で突き止めようとするも複数の逃亡霊に追われピンチになる。

ゼロムは、飛影に頼まれて愁仙の様子を見に来るも早速ピンチになっているのを確認する。

禅林先輩と呼ぶ愁仙にゼロムと呼べという。

ゼロムは愁仙に「伏せろ」と指示を出す。

愁仙は頭を抱えて伏せる。

逃亡霊に攻撃するゼロム | 西北の死神

逃亡霊に攻撃するゼロム | 西北の死神より引用

ゼロムは手のひらを逃亡霊に向けて攻撃を加え、逃亡霊を吹き飛ばす。

逃亡霊に何者かと聞かれ、死神のゼロムだと答える。

死神のゼロム | 西北の死神

死神のゼロム | 西北の死神より引用

逃亡霊は「あいつの一味」かと殴ってから逃げようとする逃亡霊。

逃亡霊が何か勘違いしているもそんなことを気にしないゼロム。前回のカラダの大きいやつは助護にとどめを任せたが普通サイズで三匹程度なら自分ひとりで十分だと、ゼロムは被っていたシルクハットを愁仙に被せ、逃亡霊に向かっていく。

何度も攻撃をするのは面倒だから一気に終わらせると、ゼロムは指を二本立てて突撃する。

逃亡霊の眉間に攻撃をし、一撃ずつで仕留めるゼロム。

鋭くて手早い。

倒れた逃亡霊に、ゼロムは調査に協力してもらうと近寄る。

愁仙とゼロムを心配する助護。薫條が関わっていると決まったわけじゃないから危険じゃないよなと柳染に聞く。それを確認しにいったと答える柳染。

ゼロムが守るといったのだから任せましょうというも助護は、ゼロムでは薫條は倒せないという。そんなに心配なら自分でいったらどうかと助護にいうも、心配はしてないとごまかす助護。

柳染は、飛影に優奈の風邪の心配はない。お粥を作った飛影の真心のおかげだというと、飛影は優奈にチキンを差し入れたのは柳染だろと聞く。

ゼロムは逃亡霊を尋問していた。

誰の一味といったのはだれのことだと。

薫條のことなら、薫條の一味ではないと明言するゼロム。薫條に恨みがあるなら協力しろ。協力すれば、あの世で善処を頼んでやるというと協力する気になる逃亡霊。

時期は異なるがみんなあの世から逃げてきた怨霊だという。その逃亡霊が山にこもって何をしているかと聞く愁仙。

薫條に狩られたからだという。薫條は、逃亡霊を狩り、あの世に送らずに山にある施設に入れているという。

使われていない闘犬場を改造した施設。動物虐待の現場だというゼロムに、逃亡霊は、今は逃亡霊虐待の現場だという。

薫條は、逃亡霊を捕まえてそこに集める。

そして、逃亡霊同士に闘い合い、食い合うように強要する。まるでトーナメントの大会みたいにずっと。

ゼロムは、そんなことして薫條の得られるものは何かと聞く。

巨大怨霊が作れるという逃亡霊。

人為的に作られた巨大怨霊。その次を聞くゼロム。

最後は、薫條の訓練相手になるという。

薫條自身の言葉から伝えられた情報だった。

愁仙とゼロムの前に現れる薫條 | 西北の死神

愁仙とゼロムの前に現れる薫條 | 西北の死神より引用

ゼロムと愁仙の前に薫條が現れる。

西北の死神 第78話ネタバレ感想・まとめ

特殊な能力があるわけでもないから、逃げたら逃げ切れるのではないか。でも愁仙もいるし、愁仙を庇って、ゼロムが薫條の相手をするのかな。

XOY『西北の死神』を読んで。

西北の死神 概要

「お前は俺が連れて行く。」 主人公・永井優奈の目の前に突然現れた転校生・飛影。実は飛影の正体は死神だった!?優奈の逝去日を閻魔大王から言い告げられた飛影は現世まで優奈を迎えに行くが、優奈の逝去日が亡くなったおばあちゃんのおかげで延長されることになる。現世に取り残された飛影が閻魔大王から受けた命令は「延長された残りの寿命70年間、優奈を守ること」。怨霊から狙われる優奈を守り抜く飛影の姿に不信感を抱きながらもときめいてしまう優奈。人間と死神の甘く殺伐とした高校生活!

西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

XOYはウェブマンガサービスを提供するマンガアプリです。
恋愛、日常、ファンタジー、ストーリーなど豊富なジャンルの作品がすべて無料で読み放題!
作品はどれもココでしか読めないオリジナル作品となっており、決められた曜日に毎週更新されます。
毎日更新の無料マンガをXOYアプリでお楽みください。

西北の死神 第77話ネタバレ感想『子供じゃない』

西北の死神 第77話ネタバレ感想『子供じゃない』 | 西北の死神

西北の死神 第77話ネタバレ感想『子供じゃない』 | 西北の死神より引用

  • 西北の死神 第77話ネタバレストーリー・あらすじ『子供じゃない』
  • 西北の死神 第77話ネタバレ感想・まとめ
  • 西北の死神 概要
  • 西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

西北の死神 第77話ネタバレストーリー・あらすじ『子供じゃない』

飛影は柳染から愁仙がいなくなったことを聞かされる。

愁仙はメモを残して消えた。

メモには、

愁仙が残した漢字が間違っているメモ | 西北の死神

愁仙が残した漢字が間違っているメモ | 西北の死神より引用

愁仙です。

巨大逃亡霊と薫條先輩の

調査をゼロム戦敗にだけ

任せておけないので、

僕も調べてみます!

とあった。

それをみた飛影は、愁仙が戻ってきたら漢字から教えてやろうという。

柳染は、このメモのほかにいくつか丸められた紙があったという。

一番まともにかけたメモを残していったということだろう。

助護は、薫條先輩と関連があるなら愁仙一人で調査させるのは危ないと考える。

柳染は、今回の調査はゼロムに依頼したがk、愁仙が危ないときは助けてくれとお願いしようという。

飛影は、ゼロム?禅林だろというと助護が、飛影のいうことなら聞くぞという。

愁仙は、助護がまだ自分のことを信じてくれていないようだけど、柳染が活躍してきてると評価してくれている。巨大逃亡霊と薫條の関連を明かせば助護も認めてくれると考える愁仙。

寒いからと青い上着も着ていく優奈。

飛影も学校のいく準備ができていた。飛影は優奈の格好をみて、風邪が治ったばかりだからもっと厚着していけというも見た目よりも温かいという優奈。

優奈に近づく飛影は、おもむろに優奈の額に手を置く。

優奈の熱が本当に下がったのか調べる飛影。

飛影が優奈のオデコで熱を測る | 西北の死神

飛影が優奈のオデコで熱を測る | 西北の死神より引用

医者が治ったといったと飛影にいうもドキドキする優奈。

飛影は、優奈のドキドキで体温が上がったことで熱がでてきたと勘違いする。

優奈は風邪のせいじゃないとごまかす。

飛影は、優奈の顔が赤くなってきたというも、気にしないでという優奈。

また風邪をひいたら大変だからと、優奈の上着のファスナーを閉める飛影。

優奈は子供じゃないんだからと赤くなる。

マンションから出ると、外には助護と柳染が待っていた。

助護の風邪治ったのかと、優奈に近づき、オデコを触ろうとするも飛影が止める。

優奈のオデコを触ろうとした助護を阻止する飛影 | 西北の死神

優奈のオデコを触ろうとした助護を阻止する飛影 | 西北の死神より引用

飛影は、助護にタバコを吸った汚い手で優奈に触るなという。

怒る助護。

愁仙は、助護と巨大逃亡霊を捕まえにきた場所にやってきた。

現場に来れば情報を得られると思ってたが、場当たり的すぎたかと思う。

茂みからうなり声が聞え、茂みから逃亡霊が出てくる。

前回の逃亡霊よりも小さい。これなら自分だけでも倒せるのではないかと考える愁仙。

逃亡霊は、愁仙を見て、死神かと聞く。

逃亡霊の攻撃を回避する愁仙 | 西北の死神

逃亡霊の攻撃を回避する愁仙 | 西北の死神より引用

会話ができる逃亡霊。巨大逃亡霊とは違い理性が残っている。捕まえていろいろ聞きだせるチャンスだと愁仙は思う。

逃亡霊の攻撃をかわし、愁仙は飛び蹴りを出す。

蹴りが逃亡霊の顔面にヒットし、逃亡霊は吹っ飛び倒れる。

巨大逃亡霊みたいな特別なケースでなければ、愁仙ひとりでも捕まえられると確信する。

逃亡霊は、早く逃げないと捕まるという。

飛影にお願いされてご満悦のゼロムこと禅林 | 西北の死神

飛影にお願いされてご満悦のゼロムこと禅林 | 西北の死神より引用

その頃、飛影がゼロムに、愁仙のことを助けてやってほしいと頼む。飛影の頼み事を快く受け入れるゼロム。

ゼロムは、飛影からお願いされた身。愁仙は自分が守らなければと考える。

現場に着いたゼロムは、逃亡霊に追いかけられている愁仙を見つける。

愁仙は、ゼロムの姿をみて泣きながら助けを乞う。

あいつに捕まると恐れる逃亡霊 | 西北の死神

あいつに捕まると恐れる逃亡霊 | 西北の死神より引用

西北の死神 第77話ネタバレ感想・まとめ

逃亡霊が逃げないと捕まるというのは薫條のことなのだろうか。

巨大逃亡霊を作り出すために、逃亡霊を捕まえては食わせているのだろうか。

しかし、そんなことをやって何をしようとしているのだろうか。

XOY『西北の死神』を読んで。

西北の死神 概要

「お前は俺が連れて行く。」 主人公・永井優奈の目の前に突然現れた転校生・飛影。実は飛影の正体は死神だった!?優奈の逝去日を閻魔大王から言い告げられた飛影は現世まで優奈を迎えに行くが、優奈の逝去日が亡くなったおばあちゃんのおかげで延長されることになる。現世に取り残された飛影が閻魔大王から受けた命令は「延長された残りの寿命70年間、優奈を守ること」。怨霊から狙われる優奈を守り抜く飛影の姿に不信感を抱きながらもときめいてしまう優奈。人間と死神の甘く殺伐とした高校生活!

西北の死神を連載している無料WEBマンガ『XOY』について

XOYはウェブマンガサービスを提供するマンガアプリです。
恋愛、日常、ファンタジー、ストーリーなど豊富なジャンルの作品がすべて無料で読み放題!
作品はどれもココでしか読めないオリジナル作品となっており、決められた曜日に毎週更新されます。
毎日更新の無料マンガをXOYアプリでお楽みください。