奴隷遊戯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

奴隷遊戯のネタバレ感想。
奴隷遊戯について。

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

【新連載】奴隷遊戯GUREN 第1話ネタバレ感想『ロイヤル会員を相続した潤』

【画像】九州のドンを始末するサチホ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】九州のドンを始末するサチホ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯GUREN 第1話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯GUREN 第1話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ
  • 奴隷遊戯GUREN 概要
  • 奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯GUREN 第1話ネタバレストーリー・あらすじ

潤は、頭から袋をかぶされ、手足を縛られていた。

自分がどうしてこうなったのか疑問だった。

* * *

一週間前。

自宅に帰ってきた潤。

リビングに入ると、知らない男がソファで眠っていた。

それに声をあげて驚く潤。

潤の驚きの声に起きない男。

潤は、起こそうと男に声をかける。

男は、飛び起き辺りを見渡し、潤を見ると挨拶する。

懐から紙を取り出し、花純潤本人かと聞く。

潤は片手を後ろ手にして、通報ボタンに手をかける。

しかし、男はその行動を予期し、それはやめたほうがいいという。

男は、葉巻を吸うために火を貸して欲しいと潤にいうもタバコは吸わないと拒否する潤。

潤は、男に不法侵入など訴えるも男は軽く謝るだけ。

何者かと聞くと、男は、ソサエティにおける秘書のようなもので、エドワード・J・カーターと名乗り、母方の曽祖父は南北戦争の英雄だという。

南北戦争とかの話を持ち出してきて、怪しさが増す。

祖父の遺産目当ての詐欺かと考える潤。

カーターは、ソサエティは、一部の選ばれた人間たちによる極めて背徳的な遊戯だという。

潤は、想像ができるという。その遊戯に参加できる権利を祖父から相続したが、金を入れないと権利は失効する。それであとで返金すうrから、一時的に金をいれろという手口だろうという。

カーターは前半は当たりだけど、後半は逆だという。

花純秀次郎の遺言によって、正式に潤に相続されたという。

遺言書もあると潤に見せる。

その筆跡は祖父のものだった。

ロイヤル会員だった秀次郎の権利をそのまま潤が相続。

ロイヤル会員は、金があるからといってもてるものではないという。

話だけでも聞いておいたほうが吉だというカーター。

潤は、カーターの話を聞くために車に乗る。

到着したのは、とてつもなく大きな扉の建物。

潤が相続したロイヤル会員の街は、メキラシティ。ソサエティは全部で12の地下都市を持っていて、メキラシティは中でも指折りに古い歴史のある都市だという。

【画像】メキラシティ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】メキラシティ | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

中は、御伽噺の世界が飛び出してきたようなメルヘンファンタジーな世界。

キレイで可愛い女性たちがファンタジーな衣装を着て、潤のことを待っている。

カーターは、気に入った奴隷がいたら、言いつけてほしいという。ロイヤル会員なら大概の奴隷はご随意にできるという。

【画像】ソサエティのロイヤル会員を相続してくれた祖父に感謝する潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】ソサエティのロイヤル会員を相続してくれた祖父に感謝する潤 | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

それを聞いて、涙を流して祖父に感謝する潤。

潤の前に現れたのは、ノーブル会員の佐川。

ロイヤル会員はこの世界で殿上人。同じソサエティでも見える景色は階層によって違うとカーターが腕の装置を操作すると、床が透けてしたの階層が見える。

下の階層には、手械をつけられた奴隷が列をなしてどこかに連行されていく。

潤は、平和主義者なんでこういうのは大丈夫ですかねという。

カーターは、力のある奴隷同士が命をかけて戦うスレイブゴーは体験してもらいたいという。ロイヤル会員の潤なら強い奴隷を集めるだけの資金力があるという。

スレイブゴーを地下格闘技的なものと想像する潤。

ロイヤル会員を歓迎する潤のための宴があるから参加してほしいというカーター。

初日は無礼講でいこうと、潤に多くの女性奴隷をあてがうカーター。

そこで夢のような体験をする潤。

* * *

自転車で移動中の潤。

ソサエティを体験して夢心地だった。会員の指輪をはめて帰ってきた潤。

潤はラーメン屋に寄る。

ラーメン屋では、カウンターで器に顔をうずめて、寝てる男がいた。

多少、気にしつつもラーメンを食べながら、ソサエティのことを思い出して笑みがこぼれる。

潤は視線を感じる。

さっきまで寝ていた男がこっちを見ていた。

男は、潤にどこで遊んでるのかと質問してくる。

顔にキスマークがついていると指摘されると慌てて確認する潤。

男は、冗談だという。でも女の子といたと知る男。母親が夜の女をやってたから女の匂いが潤からしたという。

男は、女の子に優しくない男は許さんという。

それを聞いて、共感する潤。

可愛いと思った子を全員幸せにするのは結構難しい。

皆可愛いし、大好きだけど、たまに胸が痛むという。究極の選択だと思う潤。

男は、そんな潤をオトコだと認め、兄弟という。

男は自分のことをサチホと自己紹介する。

意気投合して、帰りも手をふるサチホ。

カーターもそうだけど、見た目で判断しちゃいけないと思う潤。

今日も会社を頑張ろうと日の出にガッツポーズをする。

* * *

荒くれ集団のビルに単身乗り込んだサチホは、敵をなぎ倒し、会長のところまでやってくる。

会長は、こんなことしてどうなるかわかっているのかと聞くもサチホはどうなるのかと逆に聞く。

九州のドンをやったら何が起きるのか、想像したらビビるけどそれも含めて楽しみだという。

サチホは、ソサエティの会員権の情報を要求する。サチホは、会長の分まで伝説になるという。

会長は、秀次郎の話を持ち出す。秀次郎は九州の裏と表をつなぐ無二のパイプ役で、原発から公共事業までやっていた。その男が一番若い孫にソサエティのロイヤル会員の権利を引き継がせたという。

【画像】サチホは会長にソサエティの話は地獄で聞かせてやるという | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】サチホは会長にソサエティの話は地獄で聞かせてやるという | 引用元:奴隷遊戯GUREN 第1話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

知ってるから入れる世界じゃないと笑う会長を切り伏せ、ソサエティのロイヤル会員を狙う。

奴隷遊戯GUREN 第1話ネタバレ感想・考察まとめ

ロイヤル会員がメイヤー(市長)と呼ばれているということは、都市に対して、ロイヤル会員は一人ということか?

都市は12都市あるから、ロイヤル会員は12人しかいないということなのだろうか。

女を悪く扱う男を許せないサチホ。サチホが暴れているのは何か理由があるのだろうか。母親が突然失踪し、その原因を探っていくうちにソサエティにたどり着いたのだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯GUREN』を読んで。

奴隷遊戯GUREN 登場人物・キャラクターまとめ

花純潤
祖父からソサエティのロイヤル会員を相続した27歳の男。

花純秀次郎
ソサエティのロイヤル会員で潤に相続させる。

サチホ
23歳の男。

エドワード・J・カーター
ソサエティでの潤の秘書。

佐川
ノーブル会員。

奴隷遊戯GUREN 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯GURENを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 最終話ネタバレ感想『カイの決断』

【画像】奴隷遊戯完結 | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】奴隷遊戯完結 | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 最終話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 最終話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 最終話ネタバレストーリー・あらすじ

タケトがマサトの頭を叩き割る。

しかし、カイ陣営のピンチは変わらない。

カイ陣営のコートがどんどん沈んでいく。

ガトーが何度もボックスをコート外に落としてもカイ陣営のコートの下がり方は変わらない。

なぜなら、鷹司陣営のコートは、九十九が開けた穴からボックスは素通りして、ボックスを落とす人間がいなくても、コートにはボックスが残らず重りにはならない。

ボックスが三個つみあがったボックスを一気に落としたのは、テラノ。

テラノはガトーに鷹司陣営のコートに渡れるかと聞く。ブリッジの磁石の効果はなくなったがブリッジの紐を使えば、渡れると頷く。

テラノは、カイに鷹司陣営のボックスをどうにかする提案をする。

誰かが鷹司陣営に行って、穴にすり抜けるボックスをすり抜けさせないようにすれば勝機はあるが、カイ陣営のコートに残って、少しでもボックス処理をしなければならない。

カイ陣営に残るのは自分がやるというガトー。しかし、テラノはガトーにさっさと行けという。二人とも、カイ陣営に残ったほうがマグマでやられることは必至だと知っている。

そこに有村が参戦。有村は自分が残るからガトーとテラノが鷹司陣営にいってどうにかして来いという。タケトは手が使えないからついでに連れて行けという。

残り13秒。

13秒後にはカイ陣営のコートがマグマに沈む。

カイはシビアな決断を迫られている。

カイは、今からいう指示に無条件で従ってもらうという。

テラノはタケトを背負って鷹司陣営へという指示を出す。

ガトーは覚悟をする。テラノは抗議しようとするもカイの追加の指示が飛ぶ。

ガトーが有村を連れて鷹司陣営へと。

それを聞いて、鷹司が喜ぶ。

タケトが、柏崎の犠牲はどうなんだと抗議するもカイはいいから早くと指示実行を促す。

全員絶対生存を厳守しろと。

ガトーはブリッジを使って敵陣営に橋を書け、九十九と花杜をボックスの上に乗せてから鷹司陣営へと移動していく。

鷹司陣営にたどり着いた4人は沈み行く自陣コートを眺める。

ついに、カイ陣営のコードがマグマに沈み、鷹司の勝利が確定する。

鷹司はいい勝負だったという。

カイは、ソラノだけは助けてくれと嘆願する。

鷹司は、それについては考えておく。それよりも時間だという。

【画像】奴隷の首輪をつけられるカイ | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】奴隷の首輪をつけられるカイ | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

黒服がカイを取り囲み、カイに奴隷の首輪をつける。

【画像】カイを奴隷にした鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】カイを奴隷にした鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷遊戯 完

奴隷遊戯 最終話ネタバレ感想・考察まとめ

次回から「奴隷遊戯GUREN」。

【画像】奴隷遊戯GUREN(どれいゆうぎグレン) | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】奴隷遊戯GUREN(どれいゆうぎグレン) | 引用元:奴隷遊戯 最終話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイが奴隷として、ソサエティを生きていく話になるのか。

たしかに、これまでカイは指令する側で命の危険はなかった。ひとつ前の戦いで自分もゲームに参戦した。今回の戦いよりも前回のほうが面白かったと思う。

カイが仲間とともに死線をくぐりぬけていく様が展開されていくのか。

カイが奴隷になった場合、カイの奴隷だったテラノたちはどうなるのだろうか。カイの奴隷だったから、そのまま奴隷の所有権は鷹司に移されるのか。それともソサエティが回収して、奴隷ガチャに再び仕込むのか。カイが持っていたデロスもどうなるのだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第60話ネタバレ感想『右手は添えるだけ』

【画像】右手は添えるだけ | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】右手は添えるだけ | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第60話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第60話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第60話ネタバレストーリー・あらすじ

マウントをとったマサトがタケトに刃を振り下ろす。

タケトはマサトの持つ腕を止める。

タケトは、なんとか防いだが、マサトは刀を握りを変えて、もう一度、タケトに刃を突き刺そうとする。

それも何とか止めるタケト。

負けたら死ぬ。気持ちで負けるなと自分を奮い立たせるタケト。

剣道の全国大会で対戦者を押し返した記憶を蘇らせ、タケトはマサトを突き上げる。

マサトのマウントから脱出するタケト。

武器は無いかと見渡すも、持っていた日本刀は、マサトに折られ、折られた刃はマグマの中。

マサトが持っていた刀を見つけるもマサトが立ちふさがる。

マサトは服を脱ぐ。マサトの全身は刺青で全身が真っ黒になっていた。

モニターに60秒のカウントダウンが表示される。

カイ陣営のコートがあと60秒でマグマに沈むというカウントダウン。

マサトはタケトに突進。マサトの正中線を突き、蹴りを入れてタケトを倒す。

マグマに接近したことでコート自体も熱くなっている。熱さで転げまわるタケト。

カイ陣営のコートが傾き始める。

カイはどうすればいいか考えていた。

タケトはマサトに殴りかかるも少林寺拳法を習ったマサトにはタケトの拳を届かない。

ことごとくやり返されてしまう。

柏崎のことを思い出すタケト。柏崎が日本刀を使えなかったなと思う。

【画像】剣道は左手、右手は添えるだけ | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】剣道は左手、右手は添えるだけ | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

改めて剣道の初歩に立ち返るタケト。

剣道は左手。右手は添えるだけ。正中線からブレないように手首を握りこんで。

タケトは突然、マサトに背を向けて走り出す。

それを見たマサトはタケトが諦めたと思って笑顔で追いかける。

タケトの目標はひとつ。マグマの中に手を突っ込む。

そして、何かを掴み、マグマを追いかけてくるマサトに払い投げる。

マグマの熱さで防御体勢をとるマサト。

【画像】ドラゴンのオーラを放つタケト | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】ドラゴンのオーラを放つタケト | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

気づいたときには、タケトが刀を握りこんで構えていた。

折れた日本刀を素手で掴み、一気に振り下ろし、マサトの頭を割る。

【画像】マサトの頭を割るタケト | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】マサトの頭を割るタケト | 引用元:奴隷遊戯 第60話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷遊戯 第60話ネタバレ感想・考察まとめ

「右手は添えるだけ」て、剣道やったことないけど、そういうものなのか。

スラムダンクのシュート時のアドバイスを思い出してしまった。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。