奴隷遊戯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

奴隷遊戯のネタバレ感想。
奴隷遊戯について。

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想『コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立』

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

コンピラシティの横スクロールゲームのステージ2の3面。

狭い通路の巨大な鉄球が転がってくる。

奴隷は、必死に逃げるも鉄球に追いつかれ、潰される。

次は、カイ。

転がる鉄球の先にいるのはテラノ。

テラノは転がってくる鉄球から逃げず、正面から受け止める。

鉄球の勢いでテラノのカラダごと後ろに下がっていくも潰されることなく持ちこたえ、鉄球を止めてしまう。

テラノはさらに鉄球を壁いぶつけ、壁は破壊。鉄球をコースアウトさせてしまう。

ステージのボスは、缶コーヒーを飲み、飲んだ缶コーヒーを放り投げると持っていたムチで缶コーヒーを切断する。

ボスは、自分のところにたどり着ける挑戦者はいなさそうだなと余裕の表情だった。

ボスの天井の上のほうから何か騒音が聞えてくる。

騒音は近づいてきて、天井をぶち破り、鉄球が落ちてくる。

その鉄球に潰されボスは命を落とす。

テラノがコースアウトさせて鉄球が偶然、下層で待機していたボスを倒してしまった。

それを天井上から見たテラノは簡単にやられやがってと不満を募らせる。もっと暴れさせろ。

カイのところにステージ2クリアおめでとうございますとコンピラシティのエージェントが挨拶にくる。前回同様に3000万デロスが換金所で受取れるという。ステージ3の賞金は4000万デロスに上がりますので是非遊んでくださいとアナウンスする。

カイは、エージェントに次のステージを連続でチャレンジできないのかと聞くと、ステージの用意もあるので、チャレンジできるのは来週になると頭を下げる。

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

このゲームで23億デロスを貯めるのは時間がかかりすぎる。それにテラノがいくら強くても何十回もこんな無茶をさせたら何か起こるかわからない。リスクを冒す回数は減らしたほうがいい。

カイは意気消沈して部屋をでていく。カイがまたクリアしたと驚く観客。カイの奴隷は元プロレスラーのようだと会員同士で話をする。横スクロールゲームで稼ぎ続けるつもりかなというと、レックスの噂を聞いていないのかと。カイはロイヤル会員の鷹司と特別なゲームをするそうだという。それに興奮する会員。

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は街の外にも知られる、とても強力な四人の奴隷を所有している。

今度こそ、高校生の破滅が見られると涎をたらす会員たち。

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング3位の鳥立という奴隷がトレーニングをしている。

足に重りをつけて、サンドバッグを蹴り続け、サンドバッグを蹴りの威力だけで破壊する。

鳥立は、靴を履く。準備ができたといわれいくと、宙吊りになった奴隷がひとりいる。

高さは自分の身長よりも高い。いい高さだといい鳥立は靴の先を床に何度か蹴る。するとつま先から刃物がでてくる。

鳥立は、屈みジャンプする。その跳躍は、宙吊りになった奴隷の高さまで上昇する。

鳥立は、宙吊りになった奴隷の腹に刃物がついた靴で蹴りを入れる。鳥立の蹴りは、宙吊り奴隷の腹を貫通する。

しかし、貫通した足が抜けず、鳥立も同じように宙吊りになる。

奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ

宙吊りの奴隷を凶器が突いた靴で蹴るというのが何のトレーニングになるのは不明。しかもこのデモンストレーションで強さを測ることもできないから更に謎。

鳥立が、テラノと強いかどうかといわれると全然わからない。

鳥立が、案外マヌケということだけわかったかな。それを知らせるための描写だったのか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第36話ネタバレ感想『激レア奴隷元レンジャー隊賀東重一(がとうじゅういち)』

腕試しにお願いリューゴと戦わされる賀東重一 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

腕試しにお願いリューゴと戦わされる賀東重一 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第36話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第36話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第36話ネタバレストーリー・あらすじ

奴隷ガチャを引く会員。

Sレア奴隷ゲットした新宮寺はレオンがでたと大喜びする。

レオンは、未成年に暴行して芸能界を干されたタレントと説明する鷹司。

レア度や出回る奴隷のジャンルごとにイベントがある。戦闘奴隷限定イベントや女性奴隷限定イベントなど。レアリティが美しさとプロフィールに相関してて、ナースとかCAはレア。タレントとか外国人モデルなどSレア。

女性限定ガチャイベント | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

女性限定ガチャイベント | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

普通だという鷹司に、お前ららしいゲスな発想だと罵倒するカイ。

今度、すごい奴隷がでるガチャイベントがある。1回ガチャ回すのに2000万かかるけど、レア確定でハズレ無し。鷹司もそれを狙っているという。

すごい奴隷がでるガチャイベントのことをカイに教える鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

すごい奴隷がでるガチャイベントのことをカイに教える鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

その情報を俺に教える狙いはなんだと聞くカイ。

鷹司は不確定要素がないと自分が勝つに決まっているという余裕っぷり。

多少は戦力が拮抗しないと、勝負が盛り上がらないと目を細くして笑う鷹司。

ソサエティ第八使徒 ロバート・ブレイデイが奴隷を見る。

ソサエティ第八使徒 ロバート・ブレイデイ | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ソサエティ第八使徒 ロバート・ブレイデイ | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

元陸上自衛隊レンジャーかとプロフィールを眺める。レンジャーの訓練は、ジャパニーズ・アーミーの中では特に厳しいという話と聞くと、軽い感じで受け答えする奴隷。

射撃訓練、徒手格闘術、ヘリボーン、生きた蛇を食べる訓練もあるのかと少し驚くロバート。奴隷はうまかったとにこやかに応える。

最近は、PMCレッドウォーターに入ってアフガニスタンで過激派組織相手に暴れていた。レンジャーを辞めてからPMCに入るまでの間は何をしていたと質問すると、奴隷は南米でいろいろやっていたという。

アマゾン川に生息するアリゲーター科クロカイマン。不用意に川に近づいた人間を食らうこともある。そんなクロカイマンを締め上げるのは、ボア科オオアナコンダ。体長およそ10メートル。時には人間を丸呑みすることもある。獰猛で知られるクロカイマンでもオオアナコンダの執拗な締め付けて二耐え切れず、食料となる。

そのとき、水中から飛び出した奴隷がオオアナコンダを襲う。

オオアナコンダと格闘する隊賀東重一(がとうじゅういち) | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

オオアナコンダと格闘する隊賀東重一(がとうじゅういち) | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

クビにとりつくもオオアナコンダはすぐに尻尾で奴隷の体に巻きつける。二時間の激闘の末、勝利したのは奴隷のほうだった。

何故、南米にいったのかとロバートが聞くと、レンジャーの訓練の時に食べた蛇の味が忘れられなくてと恥かしそうに応える。

食い意地が張ってて、ハブとかマムシなど一通り食べたんだけど、オオアナコンダがどんな味がするか気になってという。

レンジャーの訓練で食べた蛇の味が忘れられないという賀東重一 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

レンジャーの訓練で食べた蛇の味が忘れられないという賀東重一 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷は思い出して涎を垂らす。ロバートはアナコンダは食べたことないが、奴隷にとって美味しかったようだと笑う。

ロバートは指を鳴らすと、ドアからお願いリューゴが入ってくる。力を試させてもらうという。相手は武器ありで、こっちは武器無しの手錠はそのままという条件だ。奴隷はかまわないと応える。

オズワルドは手を一回叩くと戦いが始まった。

お願いリューゴがナイフで襲い掛かる。

お願いリューゴのナイフをかわしていく。突然、お願いリューゴが視界から消える。奴隷の背後からお願いリューゴがナイフで突いてくる。

奴隷は振り向き様に、お願いリューゴのナイフを手錠の鎖で受け止め、そのままナイフを回転させる。

回転されたナイフでお願いリューゴの手からナイフが離れる。奴隷はそのまま、お願いリューゴに抱きつき、膝をつかせる。そこから首の絞め技に移行し、お願いリューゴをひっくり返す。

総合格闘技で有名な技「スピニングチョーク」またの名を「アナコンダ・ホールド」。

この技でお願いリューゴは落ちる。

ロバートは拍手する。20秒で勝負がついた。

奴隷は、オズワルドのほうを見て、ちょっと旨そうだなという。

ロバートは、今度のイベントの目玉商品は彼で決定だという。

今度の限定ガチャで目玉商品激レア奴隷として賀東重一が実装決定 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

今度の限定ガチャで目玉商品激レア奴隷として賀東重一が実装決定 | 引用元:奴隷遊戯 第36話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

元レンジャー隊賀東重一(がとうじゅういち)。

奴隷遊戯 第36話ネタバレ感想・考察まとめ

お願いリューゴ相手に本気を出していない感じだった。お願いリューゴはカイにしてやられるほどの強さだし、今回のことで、賀東の強さはわからない。キャラデザ的には、カイの仲間になりそうな雰囲気でもあるけど、鷹司の奴隷がとんでもなく強いということなら賀東はカイの仲間になる流れかもしれない。力が拮抗してもらわないと困るといって、激レアイベントをカイに紹介するんだから、鷹司自身は狙っているいっているが、とるつもりはないんじゃないだろうか。だとするなら、賀東はカイの仲間になるな。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第35話ネタバレ感想『新しい奴隷を求めて奴隷ガチャに挑戦しようとするカイ』

奴隷ガチャ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷ガチャ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第35話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第35話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第35話ネタバレストーリー・あらすじ

有村は浜口と花札を使ったゲームをしていた。

柏崎は読書。カイの奴隷達はコンピラシティに連れて来られていた。

アトサキどっちにするかと浜口に聞く。

6枚の伏せられた花札を見ながら、掛け金をベッドする。

有村がアト?と聞くと浜口は自信なさげに、サキと応える。

直感を信じられず、勘ぐって自滅するタイプ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

直感を信じられず、勘ぐって自滅するタイプ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

直感を信じられず勘ぐって自滅するタイプだと有村が浜口を評価する。

それを聞いて、浜口はやっぱりアトだと掛け金を移動させる。

有村は、それを聞いて、即座に札を開ける。

サキの有村の勝ち。

テラノは、指一本で逆立ちしてトレーニングをしていた。

指が畳にめり込む。

襖が開き、部屋にカイが入ってくる。

カイは改まって、みんなに聞いて欲しいことがあるという。

まだ決まっていないけど、もうすぐ大きな戦いをするかもしれない。嫌だけど、みんなをここから出すために必要だという。

有村は金が必要なのだと悟り、テラノは畳にめり込んだ指をそのままにもう一方の手の指も畳みに突っ込み、畳を真っ二つに割る。そして、誰が嫌だってと戦いを否定していないことを表明する。

ライブラエクソダスの掛け金は奴隷4人を解放するのに必要な額23億5000万デロスだという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスの掛け金は奴隷4人を解放するのに必要な額23億5000万デロスだという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は、コンピラシティのライブラエクソダスで戦えば、奴隷解放に必要な23億5000万デロスを賭けるという。

カイは、自分がかけるものを聞く。

カイが巻けたら鷹司の奴隷になる | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイが巻けたら鷹司の奴隷になる | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は、カイ自身をかけてほしいという。カイが負ければ、カイが鷹司の奴隷になる。

ライブラエクソダスもスコルピオエクソダスと同じ5対5の戦い。試合で亡くなったら奴隷にできなくなるから、カイが出場するのは禁止。勝負は来月。だから、それまでに奴隷を増やしておいてほしいと去っていく鷹司。

戦力となる仲間が最低もう一人は必要だと皆に伝える。

空手道場でも捕まえてくるかとテラノが聞くも、地上の人を巻き込みたくないというカイ。

仲間を奴隷オークションから探すというカイ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

仲間を奴隷オークションから探すというカイ | 引用元:奴隷遊戯 第35話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

地上の人を巻き込まず、そして、地下にいる人を救えるかもしれない一石二鳥の手があるという。この地下の中で戦力になる人間を見つける。

オークションで新しい仲間を見つけてくるというカイ。

バサラシティでは、阿能姉妹はゴトウにカイの様子を聞くと、コンピラシティのロイヤル会員が接触してきたと報告する。それを聞いて、すぐに鷹司と考え、ため息を漏らす。ゴトウは、もうひとつ報告する。

コンピラシティで開かれるイベントで、例の奴隷が出回るという。それを聞いて、阿能姉妹は目の色を変えて喜ぶ。アフガニスタンで大活躍したという奴隷。手に入れることができれば、計画は大きく前に進む。

コンピラシティの奴隷オークション会場。

次々と奴隷が落札されていく。

カイの姿があった。コンピラシティは、バサラシティよりも外国人が多い。

そこに鷹司がカイに声をかけてくる。

敵情視察かと突っぱねるカイ。今度、戦う相手に馴れ馴れしいというカイ。

鷹司は、そんなカイに裏面の紹介をするという。通常入れない秘密の部屋。同級生のよしみで特別に案内してあげると。そっちのほうがいい奴隷が手に入る。

そういわれて、カイは仕方なくついていくことにする。

裏オークションの部屋では大きなガチャガチャの装置があった。

会員の一人がガチャをまわす。

大きなカプセルが出てきて、あけると骨が浮き出たガリガリの奴隷が現れる。それを見て「レア」じゃなかったと悔しがる会員。

鷹司はカイに奴隷ガチャを紹介する。

奴隷遊戯 第35話ネタバレ感想・考察まとめ

新しい奴隷をライブラエクソダスのような全員参加の重要なゲームにいきなり投入するのは危険。現在の奴隷はある程度カイのことを信頼しているし、カイも信頼している関係が築けている。

テラノは暴れられればいいから、まあカイに従うだろうし、有村はカイを気に入っているし、怪しい動きもカイが信じたことをわかっている有村は、自分が不利にならない限りは裏切らないだろう。

浜口は、サソリの毒の血清の件もあるので、カイが本心で自分を救おうとしていると思っているし、柏崎も一番強い武器を一番最初にあてがってくれたカイに少なからず、信頼はしているだろう。

そこに来て、一度も命のやり取りをしていない奴隷が来て、信頼関係なく動かれたら危険が増すだけ。

そのアフガニスタンに阿能姉妹が注目している奴隷が、カイたちのところに来たらゲームは楽勝になってしまうだるから、鷹司のところにいっちゃうんだろうな。アフガニスタンの男とテラノの対決。そこで、テラノが苦戦するだろう。テラノは、戦いを欲していて、楽な勝利ではなく、手ごわいやつを求めているから、その戦いではゲームに決着はついても、二人の決着は着かないだろう。テラノが地下にいる理由になるのではないだろうか。

しかし、ライブラエクソダスで勝っても得られるのは四人の解放する金額のみ。

新たに仲間にした奴隷一人とカイの解放するための金を稼がなくてはいけない。そのためには、テラノや有村にはいてもらったほうがいいだろう。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻 9月4日(火)本日発売

奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻 9月4日(火)本日発売 | 奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻より引用

奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻 9月4日(火)本日発売 | 奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻より引用

  • 奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻 9月4日(火)本日発売
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 最新刊コミックス第5巻 9月4日(火)本日発売

厳しさが増す禁断のゲーム「ゼックス」。序盤、優位に進んでいたカイと浜口だが、サソリに刺され窮地に追い込まれる。さらに久保谷の奴隷に捕まったカイは、久保谷の“もう1人の味方”と対面し…!?

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想『黒髪美人の里崎が意味ありげな言葉をカイにかける』

意味ありげなことをカイにいう里崎 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

意味ありげなことをカイにいう里崎 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第34話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第34話ネタバレストーリー・あらすじ

横スクロールアクションゲームをテラノでクリアしたカイは、賞金の3000万デロスを受取る。

端末に入金され、カイの所持金は、30149700デロスとなる。

鷹司は、いい奴隷を持っていると拍手する。

鷹司は、もう1ステージいっておく?とカイに聞くと今日はこんなところでやめておくと返す。

道は長いからねと意味ありげな言葉を返す鷹司。

鷹司は、カイが所有する4人の奴隷も解放するつもりなんだよねと聞くと、何の関係があるのかと返す。

鷹司は、全員解放するためにいくらかかるか知っているのかと聞く。

カイは、一人一億じゃないのかというと、一人一億じゃないのかと考える。

実際に一人一億で解放したけど、どんな人間でも一律一億とはゴトウは言っていなかったことを考えて、それ以上かかるのかと予想する。

鷹司は、察しの良いカイに、その予想は正解だという。

4人の奴隷解放に掛かる費用 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

4人の奴隷解放に掛かる費用 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷をかいほうするのに、かかる費用は、その人間の地上での社会的地位に影響される。

全部で、23億5000万デロス。

浜口が5000万。

テラノが5億。

有村が8億。

柏崎が10億。

浜口は5000万、テラノが5億、有村が8億。柏崎が10億 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

浜口は5000万、テラノが5億、有村が8億。柏崎が10億 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ただの女子高生と政治家とでは口封じや監視のコストが違うのは当たり前でしょと鷹司。

鷹司は、自分の奴隷をみてくるから今日はここで。せいぜい頑張って稼いでという。

思いもよらない金額に何も言い返せないカイ。

自宅に戻ったカイは窓から夜空を見る。

ドアがノックされる。招き入れるカイ。

入ってきたのは妹のソラノだった。

ソラノは、黙ってカイに抱きつく。

ソラノは、兄がいなくならないかと確認する。ソラノは心配だという。昨日まで当たり前に一緒だった人が、明日も当たり前にいるわけじゃないと知っているからと、両親のことをいうソラノ。

カイは、ソラノを抱きしめ返し、どこにもいかないと誓う。

カイは屋上で、スマホを見ていた。

23億5000万デロス。横スクロールアクションゲームを20回クリアしてもとても貯まらない。

突然、後ろから声をかけられ、咄嗟にスマホの画面を隠すカイ。

声をかけてきたのは、里崎だった。

里崎は、カイの雰囲気が変わったという。地獄をみてきたという顔になったと。

カイは、中間模試が散々だったから、ある意味地獄だったかもとごまかす。

そこにリンナが何を話しているのと割ってはいってくる。

リンナは、里崎が誰かと喋っているのは珍しい。カイに何の用かと最初から喧嘩腰だった。

里崎は、カイと喋るにはマネージャーの許可が必要ってわけねとふざけたことをいうと顔を真っ赤にして怒鳴るリンナ。

スマホのバイブが鳴り、画面を見ると鷹司からのメールだった。

カイは、用事ができたと急いでその場から離れる。

カイが呼び出されたのは相撲部の部室。

相撲をコンピラシティの新しいアトラクションに考えているという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

相撲をコンピラシティの新しいアトラクションに考えているという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

中に入ると土俵の上に、相撲部の人間が人間ピラミッドをしている。

その一番上に鷹司が胡坐をかいて座っていた。

早かってね爽やかな笑いを向ける鷹司。

何のマネかと聞くカイ。

鷹司は、コンピラシティの新しいアトラクションを考えていて、相撲という日本色がでてて面白いと思うという。でも大銀杏じゃないと雰囲気でないよねと、高校生の相撲で大銀杏をしているものはいない。

カイは、相撲部の皆がどうしてそんなことをしているのか聞くと、色々あって、相撲部は鷹司のオモチャだという。

鷹司の権力は学校まで及んでいることに驚く。

相撲部の部員は苦しそうにしていると思ったら、一番下の者の腕が折れる。

そのせいで、人間ピラミッドは崩れていく。

鷹司は、ジャンプで回避する。

鷹司は、カイにもうちょっと我慢しようと思ったけど、もうやらないかと聞く。

ライブラエクソダスにカイを誘う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスにカイを誘う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

何の話だと聞くと、コンピラシティの特別なゲームだという。ライブラエクソダス。

奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想・考察まとめ

23億5000万デロスなら、報酬3000万デロスのスーパーマリオゲームを79回やれば溜まるけど、簡単ゆえにテラノはやらないだろうな。あと、ソサエティもやらせないだろうな。20回でもやらせないだろうな。。。

鷹司は、カイのことを目にかけていて、同年代がいないからと言っていたけど、里崎はどうなのだろうか。あの感じから、ソサエティの住人っぽいけど、名が知られていないとなれば、貴族会員ではないのか。そもそも会員ではないのか。

里崎について考えてみよう。

一度、ゲーム画面を向けたときに捕縛できるとアラートがなったということは、ソサエティが選定した人間で、奴隷でも会員でもないということだろうか。だとするなら、ソサエティのことを知らずに、カイに近づいてきたのか。

それとも会員でも奴隷でも、捕縛はできるのだろうか。もちろん、捕縛アイテムは特別なものでないとできないだろうけど。

一番、有効そうなのは、自由を与えられた奴隷。ソサエティの頂上に君臨する支配者の奴隷で、ある意味、準会員よりも自由の聞く奴隷なのかもしれない。

スコーピオエクソダスに続き、ライブラエクソダスと来て、12のシティを潰していく必要があるのか。それだとちょっと長い気がする。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。