奴隷遊戯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

奴隷遊戯のネタバレ感想。
奴隷遊戯について。

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯 第41話ネタバレ感想『カイの両親の命を奪った桐島真咲人がガチャで出現』

桐島真咲人(きりしままさと) | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

桐島真咲人(きりしままさと) | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第41話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第41話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第41話ネタバレストーリー・あらすじ

奴隷ガチャにてカイが最大の目玉・元レンジャー隊賀東重一を出す。

これはありなのかとアナウンスされる。

奴隷の不規則行動は厳罰対象。

鷹司の胸三寸で判断がくだされる。観客はどう裁くか見ものだと見守る。

運営側は鷹司に無効申し立てをすれば適用されるはずと助言する。

カイが強引にガチャをしてレアを引き当てたことを許す鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイが強引にガチャをしてレアを引き当てたことを許す鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

しかし、鷹司は無効の進言の意図がわからない。カイが引いたからいいという。

鷹司が手をあげたことでカイの行為が認められたと判断し、賀東重一はカイがゲットとアナウンスされる。

ガチャは認められ、ガトウをゲットしたカイ | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガチャは認められ、ガトウをゲットしたカイ | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

間近で見る賀東重一は大きかった。

テラノとはまた別のタイプのデカさ。

後ろの気配を感じるカイ。

テラノが賀東重一に向かっていく。

カイの静止も振り切ってテラノは賀東重一に蹴りを繰り出す。

しかし、テラノの蹴りにボールが飛んできて破裂。テラノは蹴りを中断する。

カイと賀東重一以外の奴隷は会場から出るように促される。

有村はあとはカイだけでやるんだなと去っていく。カイは頭を下げてテラノたちに感謝する。

鷹司は、改めてガチャをすると階段を登る。

カイは鷹司の行動が腑に落ちない。

鷹司は、レアを引き当てたのに、どうしてそんな顔をするのかとカイに聞く。これはレックス前の余興、お祭り。楽しまないと。

鷹司がガチャのレバーを回す。

控え室にいったテラノたち。テラノは賀東重一が結構やりそうだから味方になってつまらないとぼやく。

柏木は、鷹司の余裕の態度が気になる。レックスに負けても失うものがないから真剣になれないかもと予想。

ガトウを強引に手に入れたのに鷹司の余裕が気になるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガトウを強引に手に入れたのに鷹司の余裕が気になるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイは、鷹司はコンピラシティでの権力は絶大。超S級を引くように仕組まれていると踏み、強引に割り込んだ結果、賀東重一を引き当てた。

だけど、鷹司が余裕なのはどういうことだと考える。

一回目のガチャは、匕首。武器カードとしてはイマイチ。

続けて、鷹司が回す。二回目は奴隷。

その奴隷を見た瞬間、カイが凍りつく。

額に銃、頬にはバラと髑髏の刺青をした奴隷。

桐島真咲人(きりしままさと)

桐島真咲人(きりしままさと)もレア度の高い奴隷だとアナウンスされる。

桐島真咲人(きりしままさと)を見て、カイはフラフラとして膝をつく。

どうしてここにあいつがと思うカイ。

そんなカイを見て喜ぶ鷹司。

控え室に戻ってきたカイ。ゴトウの肩を借りて戻ってきたカイが顔色が悪い事に皆が心配する。

有村は、鷹司が引き当てた奴隷を知っているのかと聞く。

桐島真咲人(きりしままさと)はカイの両親の命を奪った犯人 | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

桐島真咲人(きりしままさと)はカイの両親の命を奪った犯人 | 引用元:奴隷遊戯 第41話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

桐島真咲人(きりしままさと)は、両親の命を奪った犯人だと、モニターに映る桐島真咲人(きりしままさと)を憎しの目で睨むカイ。

数年前、朝食を作るカイの母親。カイは父親を探すとリビングのソファで寝オチしていた。特ダネを掴んだみたいだという母親。

奴隷遊戯 第41話ネタバレ感想・考察まとめ

やっと、カイの両親がどうしていないのかの真実が語られていくのか。

カイに精神攻撃をしてもレックスの闘いに勝てないと、よりカイの表情は引き出せないから、桐島は闘いのほうもバツグンなのだろう。

キャラデザインがガトウよりもいいということは、桐島も後々まで残るキャラかもな。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第40話ネタバレ感想『超S級レアキャラをガチャから出すカイの裏技』

超S級奴隷見参!!元レンジャー隊。隊賀東重一のガチャが開始 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

超S級奴隷見参!!元レンジャー隊。隊賀東重一のガチャが開始 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第40話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

超S級奴隷見参!!

元レンジャー隊。

賀東重一

レックスイブの今日行われる1回2000万デロスの超S級レア奴隷ガチャの開催。

今宵超レア奴隷を引くのは誰か。いずれにせよ、その者こそがコンピラシティの覇者になるでしょう。

アナウンスが会場を盛り上げる。

観客もそれにつられて期待が高まる。

観客も今回は参加を考えているという。

元レンジャーはちょっと最近みないクラス。

モニターで奴隷ガチャの会場をみているカイ。

スマートフォンの画面には鷹司へのコールの画面になっている。

鷹司に電話するか迷っている。

会場では、鷹司が辺りをキョロキョロしている。

カイを探している。自分がガチャをまわすときには来てくれると思ったのにと残念な気持ちになる。

自分がレンジャーを引く瞬間をみてほしかったという鷹司。

カイのエモい顔が見たい鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイのエモい顔が見たい鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイは本当にエモいからその瞬間、どんな顔をするか見たかった鷹司。

しかたないから鷹司はガチャを引く。

ガチャの回す前に係りに目配せをする鷹司。

係りは何かのパネル操作をする。

鷹司はガチャのレバーに手をかける。

その時、スマホのバイブが振動する。

鷹司は、電話を取り、今行くと告げる。

ガチャ中の鷹司を呼び出すカイ | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガチャ中の鷹司を呼び出すカイ | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイからの電話で、カイが会場の外で待っているという。

鷹司は、係りに目配せをして、C口から会場を後にする。

次に、A口から誰かが入ってくる。

カイたちだ。カイとテラノたち奴隷全員を引き連れて会場入りする。

それをみて、奴隷が野放しであることに会場がざわめきたつ。

係りの人間がカイたちに立ち塞がる。

原則、会場内での奴隷の自由歩行は認められていないという。

すると柏木が、原則には例外がつきもの。その例外が認められる条項を教えて欲しいと訊ねる。

奴隷のソサエティに対する発言権は認められていません。こちらに例外もないと言い放つ。

そして、奴隷を止めるべき強行部隊が派遣される。

会場の会員の安全第一。銃器の使用は不可。短期間で制圧すると大人数の部隊が投入される。

テラノはカイの前に出て、本当にいいんだなとカイに確認する。カイは、観客に手を挙げるのはナシでと念を押す。

浜口は大丈夫かと不安になる。

カイは、鷹司はレックスで自分を公開処刑するつもりだから、ここで多少問題を起こしても目を瞑るだろうという。

さらに柏木が浜口に、ゼックスから生還した人間、もっと自信を持ちなさいと勇気付ける。

カイは、有村にもお願いする。有村はゴタを起こすのが俺らのシノギだという。

ガチャ祭りに乱闘を始めるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガチャ祭りに乱闘を始めるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

存分に暴れて、派手にぶっ壊そうというカイ。

その号令でテラノが制圧部隊に突っ込む。

テラノと有村が制圧部隊を蹴散らしていく。

アナウンスにより、会員に現場から離れるように促す。

前代未聞の奴隷による大乱闘。

それを会場外のモニターで見る鷹司。

有村はカイに促す。

カイはガチャを回しにいく。

柏木は、浜口にカイの護衛につくように指示を出す。

カイを取り押さえようとする制圧部隊を剣道の技で妨害する浜口。

乱闘のどさくさにカイはガチャを回す | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

乱闘のどさくさにカイはガチャを回す | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイは、ガチャのハンドルに手をかける。アナウンスは、この乱闘中にガチャを認められるのかという。

そこに鷹司が会場に戻ってくる。

カイがガチャを回す。

一つ目のボールが出てきて、テラノが受け止める。開ける。

中には手榴弾が入っていた。ハズレだ。

もう一度、カイはガチャを回そうとする。

カイの作戦に頭を悩ませる鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイの作戦に頭を悩ませる鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

柏木の後ろに鷹司が現れる。

ガチャを回すカイを見守る鷹司。

二回目のガチャ。

カイは大丈夫だと考える。ここは、鷹司の街。

二つ目のボール出てきて、テラノが受け止め開けようとすると、内側からボールが開けられる。

中から蹴り上げられたのだ。それを受け止めるテラノ。

二回目のガチャで賀東重一を引き当てる | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

二回目のガチャで賀東重一を引き当てる | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

中からは、賀東重一が現れた。カッコよく登場したつもりが予想通りにならなかったことに疑問に思う賀東重一。

超S級レアの賀東重一が出た。

奴隷遊戯 第40話ネタバレ感想・考察まとめ

鷹司が回す瞬間に確率操作していると考えて、その瞬間呼び出しておいて、カイが回すという作戦。

上手くいったけど、係りの人間も設定をオフにしてないマヌケだったのか。わざとだったのか。

目配せをしてガチャの確率操作をする鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

目配せをしてガチャの確率操作をする鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第40話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司が冷静に見ているのだから、操作はしていたけど、賀東重一をとられても問題ないと考えている余裕なのだろうか。

賀東重一が欲しかったのではなく、賀東重一を出されたときにカイの表情を見たかっただけなのか。

鷹司の街なのだから、乱闘でガチャ回しても無効といえば、無効だろう。それで、余裕でOKしそうだけど。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想『コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも)』

五人目の奴隷に目星をつけている鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

五人目の奴隷に目星をつけている鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第39話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第39話ネタバレストーリー・あらすじ

読書をする筋肉隆々の月ヶ瀬九十九。月ヶ瀬九十九は、二人のランカーがやってきたことを褒める。

しかし、なぜランカーがここにきたのかと聞く。

ランカーは、月ヶ瀬九十九に立ち会ってもらいたいという。

月ヶ瀬九十九は理由を訊ねる。

ランカーは、闘いに理由など求めないという。

ランカーは、実践的な柔術だという。

月ヶ瀬九十九は、本を閉じ、机に置き、メガネを外して立ち上がる。

得意の柔術で護身してみるといいという。

月ヶ瀬九十九は、ランカーの要望どおり立ち会うつもりだ。

月ヶ瀬九十九は「どうぞ」と合図を出す。

柔術が得意といったランカーが月ヶ瀬九十九目掛けて突進する。

すぐにもうひとりのランカーのところに何かが飛んでくる。

先に走った柔術のランカーの頭部だった。

戦闘の理由ではなく命を粗末にする理由を聞いたつもりだという月ヶ瀬九十九 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

戦闘の理由ではなく命を粗末にする理由を聞いたつもりだという月ヶ瀬九十九 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

月ヶ瀬九十九は、戦闘の理由ではなく、命を粗末にする理由を聞いたという。

もうひとりのランカーが雄叫びを上げながら突進する。

月ヶ瀬九十九は、正拳突きでランカーの胴体に穴をあける。

月ヶ瀬九十九は、構え、一礼をする。

背後で拍手が起きる。鷹司だ。

人を殴るのが本当にスキだねと笑う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

人を殴るのが本当にスキだねと笑う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は、メガネを男を叔父と呼び、何人目かと訊ねた。

月ヶ瀬九十九は、次で九十九回目を迎えると応える。

月ヶ瀬九十九は、酒を飲み、ヘミングウェイが好きだという。読んでいた本は、ヘミングウェイの老人と海だった。

コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも) | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも) | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ランキング1位。月ヶ瀬九十九(つきがせつくも)。

鷹司は、それ、人を始末した後にいうことかと笑う。

月ヶ瀬九十九は、記念となる一人はできるだけ強者がいいと要望を出すと、鷹司は叔父の趣味はわかっているつもりだから楽しみにしていてという。

廊下を歩く鷹司にご機嫌と声をかける袴と着て蹴鞠をする男。鷹司は、その男をウィロビーと呼ぶ。

ウィロビーは自分の蹴鞠の感想を鷹司に求めるも百人一首の次はそれかかどうせすぐに飽きるんだろうとため息をつく鷹司。

今度のレックスにはあの四人を出すのかと聞くウィロビー。

鷹司一郎の「花鳥風月」を相手にする相手チームは可哀相だというウィロビー | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司一郎の「花鳥風月」を相手にする相手チームは可哀相だというウィロビー | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司一郎の「花鳥風月」。相手チームが可哀相だというウィロビー。

勝負は、5対5。もうひとり必要。あの奴隷が手に入れば、面白いチームになるという鷹司。

学校で、パンを買いにいこうと誘うトーヤ。しかし、スマホをみていて聞いていないカイ。

カイは、ガチャでレアを引く方法はあるのかと聞く。トーヤは、ガチャは運営が確率操作してるから真面目にやるだけバカらしいとため息をつく。

ソシャゲにハマっているのかと聞くトーヤ。最近のカイはどこかおかしいという。

何かを考えていたカイ。何かを思いつき、トーヤに感謝して、礼にパンを奢るとその場から立ち去るカイ。

強い仲間を手に入れる方法があるかもしれないというカイ。

奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想・考察まとめ

ガチャで、強い仲間を手に入れる方法を思いついたカイ。本当だろうか。ガチャなんてトーヤがいうように運営の確率操作で思い通りにならないと思うけど。。。

ソシャゲだとプログラムだから確率操作しやすいけど、コンピラシティの奴隷ガチャはリアルなガチャガチャの仕様だから、一度、入れた玉を変更ができないし、確率の随時変動はできないだろう。

ガチャは運営の確率操作があるから真面目にやるだけバカらしいというトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガチャは運営の確率操作があるから真面目にやるだけバカらしいというトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司の言い方だと、元レンジャー隊賀東重一(がとうじゅういち)は手に入れようとしているみたいだな。賀東が鷹司チームに入ったら、花杜以外の4人がバリバリの正面からぶつかれる戦闘タイプ。カイチームには正面からぶつかれるのはテラノしかいないから分が悪そうだな。

でも賀東は、鷹司がゲットしそう。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第38話ネタバレ感想『コンピラシティランキング第2位の風間と4位の花杜』

コンピラシティランキング第4位の花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第4位の花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第38話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第38話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第38話ネタバレストーリー・あらすじ

胡坐をかいて座っている風間を取り囲む奴隷達。

ひ弱そうな風間を一人倒せば、表に出してくれるという契約で奴隷達は風間を取り囲んでいた。

風間は、大きくため息をつく。

風間は、取り囲む奴隷達に質問する。

風間は、立ち上がり、真実の「美」とは何か。

風間の腕が目にも止まらない速さで動く。

一人の奴隷の首筋がパックリと裂ける。血を噴出して倒れる奴隷。

突然の攻撃で戦闘態勢になる奴隷達。

しかし、勝負は一瞬だった。風間は取り囲む奴隷たちの首筋を一瞬で斬る。

動脈を切られてて倒れる奴隷達。

コンピラシティランキング第2位の風間の爪攻撃 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第2位の風間の爪攻撃 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

風間の爪は伸び凶器と化していた。

最後に残った奴隷に風間は、美の持論を展開する。「速い」というだけで美しい。光がこの世の全てを司っているのは、もっとも速いからだ。その持論に頷く奴隷。

しかし、奴隷を生かして返さなかった。風間は残る奴隷の目を抉り、倒す。そして、自分は美しいと自負する。

コンピラシティランキング第2位の風間 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第2位の風間 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

風間はコンピラシティのランキングで第2位の男。

別の部屋では、全身鍼灸を堪能する男。それを施術する花杜。施術を震えて待つ奴隷二人。

鍼の施術に呻く男に、花杜は調子悪そうと嘆く。私が治してあげるというも施術されている男は、調子が悪くなったのは鍼を刺してからだとツッコミを入れるも口にださない。

コンピラシティランキング第4位の花杜の鍼攻撃 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第4位の花杜の鍼攻撃 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

花杜は、鍼を回し、施術の男に刺す。男は激痛で悲鳴を上げる。

花杜は間違ったかしらというと、施術された男の体が変化していく。全身のいたるところが膨れ上がり、破裂し、出血する。出血しすぎて、カラダがやせ細り、息絶える。

花杜は次の実験体に目を移す。待っていた奴隷は震え上がる。

二人とも花杜の鍼攻撃の餌食になる。

奴隷遊戯 第38話ネタバレ感想・考察まとめ

ランキング、2位、3位、4位がでてきた。

風間の動脈斬りは、テラノでも厳しいな。首の頚動脈なんて鍛えられないだろうから防ぎようがない。

花杜の鍼攻撃もどういう理屈かはわからないが、カラダに変化を起こさせる技。北斗神拳の秘孔のようなものだろうか。アミバを彷彿とさせる花杜。テラノにとっても厳しいかもしれない。

北斗の拳のアミバを彷彿とさせる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

北斗の拳のアミバを彷彿とさせる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第38話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

3位の鳥立はまだ戦えそう。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想『コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立』

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング第3位の奴隷・鳥立 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

コンピラシティの横スクロールゲームのステージ2の3面。

狭い通路の巨大な鉄球が転がってくる。

奴隷は、必死に逃げるも鉄球に追いつかれ、潰される。

次は、カイ。

転がる鉄球の先にいるのはテラノ。

テラノは転がってくる鉄球から逃げず、正面から受け止める。

鉄球の勢いでテラノのカラダごと後ろに下がっていくも潰されることなく持ちこたえ、鉄球を止めてしまう。

テラノはさらに鉄球を壁いぶつけ、壁は破壊。鉄球をコースアウトさせてしまう。

ステージのボスは、缶コーヒーを飲み、飲んだ缶コーヒーを放り投げると持っていたムチで缶コーヒーを切断する。

ボスは、自分のところにたどり着ける挑戦者はいなさそうだなと余裕の表情だった。

ボスの天井の上のほうから何か騒音が聞えてくる。

騒音は近づいてきて、天井をぶち破り、鉄球が落ちてくる。

その鉄球に潰されボスは命を落とす。

テラノがコースアウトさせて鉄球が偶然、下層で待機していたボスを倒してしまった。

それを天井上から見たテラノは簡単にやられやがってと不満を募らせる。もっと暴れさせろ。

カイのところにステージ2クリアおめでとうございますとコンピラシティのエージェントが挨拶にくる。前回同様に3000万デロスが換金所で受取れるという。ステージ3の賞金は4000万デロスに上がりますので是非遊んでくださいとアナウンスする。

カイは、エージェントに次のステージを連続でチャレンジできないのかと聞くと、ステージの用意もあるので、チャレンジできるのは来週になると頭を下げる。

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

テラノといえど、リスク冒す回数は減らしたいと考えるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

このゲームで23億デロスを貯めるのは時間がかかりすぎる。それにテラノがいくら強くても何十回もこんな無茶をさせたら何か起こるかわからない。リスクを冒す回数は減らしたほうがいい。

カイは意気消沈して部屋をでていく。カイがまたクリアしたと驚く観客。カイの奴隷は元プロレスラーのようだと会員同士で話をする。横スクロールゲームで稼ぎ続けるつもりかなというと、レックスの噂を聞いていないのかと。カイはロイヤル会員の鷹司と特別なゲームをするそうだという。それに興奮する会員。

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

天田に特別なゲームがあるらしいと噂話をする佐川 | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は街の外にも知られる、とても強力な四人の奴隷を所有している。

今度こそ、高校生の破滅が見られると涎をたらす会員たち。

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は強力な奴隷を4人所有している | 引用元:奴隷遊戯 第37話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング3位の鳥立という奴隷がトレーニングをしている。

足に重りをつけて、サンドバッグを蹴り続け、サンドバッグを蹴りの威力だけで破壊する。

鳥立は、靴を履く。準備ができたといわれいくと、宙吊りになった奴隷がひとりいる。

高さは自分の身長よりも高い。いい高さだといい鳥立は靴の先を床に何度か蹴る。するとつま先から刃物がでてくる。

鳥立は、屈みジャンプする。その跳躍は、宙吊りになった奴隷の高さまで上昇する。

鳥立は、宙吊りになった奴隷の腹に刃物がついた靴で蹴りを入れる。鳥立の蹴りは、宙吊り奴隷の腹を貫通する。

しかし、貫通した足が抜けず、鳥立も同じように宙吊りになる。

奴隷遊戯 第37話ネタバレ感想・考察まとめ

宙吊りの奴隷を凶器が突いた靴で蹴るというのが何のトレーニングになるのは不明。しかもこのデモンストレーションで強さを測ることもできないから更に謎。

鳥立が、テラノと強いかどうかといわれると全然わからない。

鳥立が、案外マヌケということだけわかったかな。それを知らせるための描写だったのか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。