中間管理録トネガワ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

中間管理録トネガワのネタバレ感想。
中間管理録トネガワについて。

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想『遠藤が稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんを完成させる』

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛の麻雀ブーム。

2対2で行われたトネガワvs黒崎のコンビ打ち麻雀対決。

まさやんにただならぬ博才を見出したトネガワはこれまでの連敗を止めるためにも、二人で打倒黒崎に挑む。

しかし、まさやんの黒崎へのトラウマを甦らせる結果になる。

あの勝負以来、まさやんはずっと月を眺めるばかり。やはり、佐衛門あたりと組むしかないと考えるトネガワ。それでは黒崎には勝てない。

そこに遠藤がやってくる。困っているなら相談にというもトネガワは遠藤に困っておらんと突っぱねる。

トネガワはいつも変なタイミングで遠藤が現れることを不思議に思う。

遠藤は実はすでに話を聞いているという。今回は遠藤からの提案。

自分にまさやんを一週間預けてみてはという。

まさやんを黒崎を倒しうる化物に化けさせることができるかもしれないという遠藤。

遠藤に任せて、結果が吉と出るか、凶と出るかはわからない。どっちかというと凶寄り。しかし、このままでは打つ手無し。

トネガワはまさやんを山に捨てたりしないだろうなと確認をしつつ、遠藤にまさやんを預けることにする。

一週間後。

遠藤がまさやんを連れてきた。

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

麻雀において、運や確率は勝敗を分かつ大事な要素。しかしそういう小賢しいことと無関係なところに真の強者は存在する。

そういうまさやんは以前と雰囲気がかわった。

トネガワは、吉なのか凶なのかわからない。実際に麻雀を打ってみることとなる。

ロン、中のみ。

佐衛門はケチな点棒を拾うとまさやんに点棒を渡す。雰囲気は変わったが、打ち筋は普通。

しかし、事件が起きたのはオーラス。

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

配牌後、まさやんは皆に謝罪し、牌を倒す。天和、四暗刻、大三元のトリプル役満だという。

佐衛門はダメだと声をあげ、席を立つ。ラス親で天和のトリプル役満なんて誰がどう見ても「ツバメ返し」、イカサマだと主張する。

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんはイカサマと言われて、否定しない。理牌に夢中になっている間に牌の山を入れ替える「ツバメ返し」をしたかもしれない。確かにその可能性はある。しかし、イカサマというのは基本、どれだけ疑わしかろうが、現場を抑えるなど決定的な証拠がない限り、不問。そう主張するまさやん。

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは遠藤に説明を求める。

まさやんを裏世界の雀士に合わせ、徹底的に技を仕込んだ結果、稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんが完成。

トネガワは、このまさやんなら黒崎に十中八九負けないだろうという。しかし、肝心なのはそこじゃない。まさやんの黒崎に対するトラウマ。根本的な問題の解決になっていない。それを直すために遠藤に預けたのにというトネガワ。

遠藤は、いまのまさやんなら克服しているという。黒崎のお面をかぶって試すという遠藤。

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやん以外は黒崎のお面をして麻雀をプレイする。

こんな状況耐えれるわけがないと思うトネガワだが、トネガワの予想を裏切って、まさやんはなんとか耐えている。恐怖で手が震えているが、まさやんは「ツバメ返し」を成功させる。

怖いということは、すなわち生の証明。

まさやんは玄人として目覚め、ツバメ返しの技術を得るとともに内面、自分自身の恐怖をも達観しうるほどのメンタリティを獲得。

黒崎との勝負の当日、トネガワとまさやんは麻雀卓の前で棒立ちになる。

ツバメ返し絶対不可の最新全自動麻雀卓を黒崎が導入していた。

これにより、まさやん硬直、、思考停止。トネガワ敗北。

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ

イカサマ覚える前のまさやんで黒崎のトラウマを解消してやったほうが強かったんじゃないかな。でもトラウマの解消のために「ツバメ返し」習得の訓練があったからトラウマ解消できたのか。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想『帝愛麻雀ブーム』

ロン気配を感じ取るまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ロン気配を感じ取るまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛。南四局。

トネガワが4ソウを引き、張る。

1、4、7ピン待ちで待ち牌も多い。理想的なテンパイ。

5ソウを切り、リーチするトネガワ。

これでアガれば、トップで逃げ切り。

しかし、トネガワの思惑通りにはいかなかった。

黒崎が、トネガワの捨牌の5ソウにロン。

トネガワからロンする黒崎 | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワからロンする黒崎 | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

タンヤオ、トイトイ、ドラ3でハネ満をアガる。

トネガワがまくられて負け。

今、帝愛内では空前の麻雀ブーム。

初めは、一部の黒服たちの中での小さなブームだったが、いまでは幹部クラスにまで飛び火。そして、その流れで週一でトネガワと黒崎の2対2の麻雀対決が定例化。

トネガワは何故か黒崎に勝てない。現在のトネガワの戦績は1勝4敗。トネガワは麻雀が弱いわけではなく、寧ろ強い。その的確な理と圧倒的な観察力は、並の打ち手では勝負にならぬほど。

しかし、初心者じみたミスや打ち回しをしながらも、最終的に大物手をアガりトップをとっていく黒崎の麻雀は理外。トネガワの理が通じぬ。いわば天敵。

トネガワは、相棒の山崎と組んでいては勝てないと考える。

トネガワチームより、トネガワのコンビを選出するための黒服麻雀大会が実施された。

タンピン三色ドラドラ、ハネ満をツモった佐衛門が優勝。麻雀は、行く時に行き、止める所は止める。場の流れをわかってさえいれば、負けることはない。トネガワ先生と組んで、黒崎を倒すのは自分しかいないという佐衛門。

トネガワの相棒役は佐衛門に決定。

実際、トネガワ・佐衛門ペアはその後黒服との対決でも敵なし。

トネガワが捨て、佐衛門が無き、アガる。

麻雀の理を徹底的に理解した二人によるコンビ打ち。破竹の強さを見せていた。

トネガワも認める。佐衛門は強い。それでも黒崎には勝てる気がしない。理外に理で立ち向かっては駄目。黒崎に勝つには、もっと異端。例えば、兵藤会長のような理を超越した打ち手じゃないと考える。

そこに、兵藤会長がトネガワチームの部屋に入ってくる。

と思ったら、まさやんだった。眠れず、黒服にココアをすすめられる。

トネガワの手牌。

5マン、6マン、7マン、2ピン、2ピン、3ピン、3ピン、4ピン、1ソウ、2ソウ、2ソウ、2ソウ、3ソウ、北。

ドラの北を落として、リーチと行きたいが対面の堂下が染め手の気配。少々遅くなるかもしれないが、1ソウを落として、手を回すのが無難。

その時、まさやんが「トリさん」と口にする。

トリさん食べられちゃうという。

トネガワはまさやんが何を言っているのかわからず、そのまま1ソウを捨てる。

すると、荻野がロン。チートイツドラ2で7700。

トネガワは、ロンされたことよりもまさやんの言葉に注目。トリさんとは1ソウのことかと考える。

次局。

今の放流で一転してひどい配牌。トネガワは国士無双を狙うしかないと考えるも、まさやんが慶びだす。

膝を叩いて、3色だんご完成という。

トネガワは、ゴミ配牌で三色同順までのびるというのかと考える。

しかし、トネガワは、まさやんにすがろうとしているメンタリティでは黒崎に勝てないと考え、2マンを捨てる。

ほどなくして、まさやんの言葉の新の意味を知ることとなる。

目も当てられぬ配牌から一転。気付けば、ほんの数順で、大三元の気配が見えてきた。三色だんごの三色とは、赤白緑。その三色とは、奇しくも大三元の白發中の三色と同じ。

トネガワは大三元を上がる。

麻雀を終えて、佐衛門は、二人で黒崎を打ち負かすのが楽しみだという。しかし、トネガワは、今度の黒崎戦では佐衛門に降りてもらうという。

佐衛門は自分のミスがあったのかと確認するもトネガワはそうではないという。理外の打ち手に育ちうる新たな可能性を見つけたという。

それからトネガワによるまさやんへの麻雀講座が始まった。トネガワはその一環として、まさやんが常に麻雀のことだけを考えるよう、まさやんの身の回りをありとあらゆる麻雀グッズで埋め尽くす。

基本ルールを覚えたら、実践も交えつつ、ちょっとした時間にも麻雀。テレビで見ることが許されているのは麻雀チャンネルのみ。

豆腐を見ても白というまさやん。

トネガワの麻雀講座の成果もあってまさやんが理外の博才雀士となる | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワの麻雀講座の成果もあってまさやんが理外の博才雀士となる | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

5日後。佐衛門の麻雀の腕は冴える。まさやんよりも私のほうがというも、佐衛門のロンに合わせて、まさやんもロン。頭ハネ。理外の博才雀士まさやんが誕生。

まさやんは、もっと骨のやつはおらんのかという。

そこでまさやんを黒崎戦で投入。

黒崎戦当日。

まさやんにとって黒崎という男はトラウマだった | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんにとって黒崎という男はトラウマだった | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

黒崎は、まさやんにいつぞやの影武者くんと耳傍で囁くと、まやさんはカラダ中が震えだす。

まさやんにとって黒崎という男はトラウマ。第44話参照。

圧倒的恐怖の存在。

まさやんは牌牌すらまともにつかめない。

まさやん、4連続チョンボにより、ヤキトリ箱割れ大惨敗。

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想・まとめ

麻雀ネタは、もういいんじゃないだろうか。せめて、ポーカーとか違うネタでと思ったけど、Eカードもあるし、結局、ギャンブル系は、どれも似たり寄ったりか。

トネガワは手を温めた後にドラ切りをしたり、ど真ん中を切ったり、私自身、麻雀が強いわけじゃないけど、普通警戒しそうなところをポンポン捨てて、本当に強いのだろうか。

山崎とのコンビ打ちでは黒崎には勝てないと考えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

山崎とのコンビ打ちでは黒崎には勝てないと考えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

そして、もし、トネガワが強いとするなら相棒頼みでなく、自分の更なる強さを求めたほうがいいんじゃないだろうか。まるで山崎のせいで負けているみたいな考え方。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売 | 中間管理録トネガワ

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売 | 中間管理録トネガワより引用

  • 中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売

利根川幸雄の行く先は、いかなる時も五里霧中‥‥! 部下遅刻‥! 訪れる圧倒的無駄時間‥! ミス隠蔽‥! 報連相を怠った黒服の末路は‥!? 社内恋愛‥! とどのつまりアベック誕生‥! CM作成‥! 帝愛の命運は視聴者の手に‥!? 理外のTVアニメ7月放送開始!! 『カイジ』の悪魔的スピンオフ第7巻!!

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第54話ネタバレ感想『黒服の増員で名前を覚えるのに必死なトネガワ』

新入社員を覚えるために自己紹介させるトネガワ | 中間管理録トネガワ 第54話

新入社員を覚えるために自己紹介させるトネガワ | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

  • 中間管理録トネガワ 第54話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第54話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第54話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛ファイナンスはこの年、絶好調。理外の圧倒的業績アップ。

それにより例年に比べ、大幅に帝愛の雇用人数も増え、各部署に多量の新たな人員が投入された。

帝愛グループ本社第三会議室拡張版。

トネガワは、部下を集め、これまでの功績が認められ、チーム・トネガワは増員された。新たな仲間とともに頑張って位いくことになった。

その前にまず自己紹介だというトネガワ。

自己紹介にざわつく黒服。

画一的な無個性なヤツらで区別なんかつくかとキレるトネガワ | 中間管理録トネガワ 第54話

画一的な無個性なヤツらで区別なんかつくかとキレるトネガワ | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

どいつもこいつも似たり寄ったり画一的で無効性なヤツラがただでさえ多くて大変だったのに、一気にこんなに増えたら区別がつくかと声を荒げるトネガワ。

とりあえず、元からチーム・トネガワにいた黒服は全員、トネガワのほうに席を移動しろと指示を出す。

名前と合わせて、趣味や特技などなど、自己紹介を促すトネガワ。

トネガワは、端から順にしていけと指示を出す。

一人目。宮崎順一。出身は長崎。趣味はゴルフ。

二人目。大崎正也。出身は高崎。趣味はゴルフ。

しょっぱなから容赦なくなだれこむ無数の「崎」。

山崎は心の中で舌打ちをする。大崎がなんでわざわざ出身を市で言ったんだと。これでは、無数の「崎」でトネガワが激怒すると予想する。

しかし、トネガワが平然と次と自己紹介を続行する。

それに驚く山崎。

山崎は、トネガワに似た二人をもう覚えたのかなと聞く。トネガワは鼻で笑い、外見は似ているし、崎被りもうざったくはあるが、よく見るとあの二人、それぞれなかなか違った特徴を持っている。鼻の形や骨格。そして何よりサングラス。宮崎がレイバンのに対し、お先はオリバーピープルズだという。すでに特徴を抑えていると。

次の黒服。

東御建田順三郎(ひがしみたてだじゅんざぶろう)と名乗る。趣味はゴルフ。

とてつも長い苗字がやってきた。山崎は、トネガワを心配する。

トネガワは、帝愛は今年も楽させてくれないと愚痴りながらも、名前を覚える。

同じ苗字で似た名前の山田が現れる | 中間管理録トネガワ 第54話

同じ苗字で似た名前の山田が現れる | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

山田正太。
山田太一。
山田正一。

と同じ苗字に似た名前が続く。

トネガワは、その三人をとりあえず、前に出ろと指示を飛ばす。

トネガワは、他にも「山田」はいないかと聞く。後からでてきても認めないと。

すると、続々と山田が名乗り出る。

一人、手を挙げ、細山田の場合はどうかと聞くと、一応出ろというトネガワ。

六人がトネガワの前にやってくる。

トネガワは、30分やるから、各山田の特徴や個性など見分け方をお前らで話し合い、自分にわかりやすく説明しろという。六人の山田を別室送りにするトネガワ。

山崎が今年のトネガワは一味違うと驚く。

トネガワの黒服の名前を覚える心境は、あふれてしまいそうなコップにコインを入れる状態だった | 中間管理録トネガワ 第54話

トネガワの黒服の名前を覚える心境は、あふれてしまいそうなコップにコインを入れる状態だった | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

一見、余裕そうに見えるトネガワの今の状態は、水がすりきり一杯入ったコップのような状態。今にもあふれてしまいそうなコップの水に、一枚、また一枚と、黒服の名前というコインを入れている状態。とどのつまり、必死。

文殊四郎三郎。趣味はゴルフ。
熊埜御堂京介。趣味はパターゴルフ。

ややこしい名前に似たような趣味。それでもトネガワはコップにコインを入れる | 中間管理録トネガワ 第54話

ややこしい名前に似たような趣味。それでもトネガワはコップにコインを入れる | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

いつ水が溢れ、取り乱してもおかしくない。それでもトネガワはコインを入れ続ける。

趣味がパターゴルフだという情報が手を震わせたが、これもなんとかクリア。

しかし、数分後。トネガワが明らかに限界にきていることが山崎からも見て取れた。

元、トネガワチームのメンバーが休憩を取ろうと提案する。

トネガワは、まだ半分もというもダメだと拒否するチームトネガワ。一度にこの人数を覚え切るのは、トネガワでも無茶。

実際にトネガワのコップの水は、あと一枚でも入れたら溢れ出してしまうのではないかというほど張り詰めていた。

日を改めても問題ないはずだというチームトネガワ。

限界に近いトネガワに山田六人衆が戻ってくる | 中間管理録トネガワ 第54話

限界に近いトネガワに山田六人衆が戻ってくる | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

その時、別室送りになっていた六人の山田が返ってくる。

言われたとおり、それぞれの特色をまとめてきた。ひとりひとり発表すると言い出す。

山崎は、六人の山田を止めようとするも、トネガワは山崎を止める。

トネガワはこの六人までは覚え切ってみせると。

この六人が消化済み否かは天と地だという。

なかま趣旨を理解していない山田たちの自己紹介を聞き、六枚のコインを一気に投入。

限界ギリギリの状態でトネガワは山田六人衆を覚えきる | 中間管理録トネガワ 第54話

限界ギリギリの状態でトネガワは山田六人衆を覚えきる | 中間管理録トネガワ 第54話より引用

その結果、クリア。覚えきる。

難関であった山田六人衆を覚えきり、ペンを置くトネガワ。

山崎がトネガワに労いの言葉をかけ、お茶を運んでくるもトネガワは山崎のことを忘れていた。

新しい黒服を入れた分、底から漏れ出た。黒服ゲシュタルト崩壊。

中間管理録トネガワ 第54話ネタバレ感想・まとめ

トネガワは幹部だから、これ以外にも部下がいると思うが、この人数を覚えられないってどんだけ覚えられないんだ。確かに、全員サングラスで目を隠されるとわからないかもな。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第53話ネタバレ感想『電車でマナーの悪い乗客を観察するトネガワ』

効果抜群のトネガワ的説教 | 中間管理録トネガワ 第53話

効果抜群のトネガワ的説教 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

  • 中間管理録トネガワ 第53話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第53話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第53話ネタバレストーリー・あらすじ

深夜、晴海。

またまた開催。すっかり恒例となったクズどもの命運分ける悪魔的余興限定ジャンケン。

帝愛。

山崎が利根川のところにやってきて、黒服は一足先にエスポワールに向かうと報告する。

トネガワは時計を見て、そんな時間かと呟く。

車を兵藤会長に破壊されて足がないトネガワに迎えにあがるという山崎。しかし、トネガワは迎えは必要ない。トネガワは電車でいくからという。

山崎は、電車移動なんてさせられないと心配するも、トネガワは二ヶ月に一度くらいの頻度で電車を使うようにしていると教える。

金や権力があると確かに快適。不便のない生活を送ることができる。それが当たり前になってくると、世間との感覚が離れていってしまう。世間を相手に商売をしている者が世間を知らんでは話にならないと持論を展開する。トネガワの持論に納得する山崎。

そして、トネガワは電車に乗り、つり革に捕まり立っている。

車内を見渡すトネガワ。

電車に乗るトネガワ | 中間管理録トネガワ 第53話

電車に乗るトネガワ | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

椅子に座り、音漏れをしているヘッドオンで音楽を聴く若者。スマホを凝視するサラリーマン。ドア付近で寝るサラリーマン。酔ってフラフラのサラリーマン。

これがクズどもの日常か。トネガワは立ち込める負のオーラを感じ取る。

ざわ

ざわざわ

車内がざわつき始める。

ざわつきの原因に視線を向けるトネガワ。

優先席で寝転がっている若者がいる。

優先席で寝転がる男を発見するトネガワ | 中間管理録トネガワ 第53話

優先席で寝転がる男を発見するトネガワ | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

異様な雰囲気にトネガワは愕く。寝転がっている男の目。どこかで見たことがあると感じる。

そんなトネガワに声をかける男がいた。

遠藤が多重債務者だと教える | 中間管理録トネガワ 第53話

遠藤が多重債務者だと教える | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

遠藤。優先席で寝転がっている男は、限定ジャンケンのリハの時に多重債務者の見本になったクズ中のクズ渡辺くんだという。

焦げに焦げついた金利に首が回らなくなり、今回ついに、地獄の釜の底。エスポワール行きが決定した。

トネガワは、何故遠藤がここにいるのかと聞く。遠藤は彼らの引率だという。

トネガワは「彼ら?」と聞くと、遠藤はこの車両に、多重債務者は渡辺くんだけじゃないという。遠藤はトネガワに一人ずつ紹介していく。

混んでいてもでかいリュックを背負い続ける先見の明ゼロの投資バカ木村 | 中間管理録トネガワ 第53話

混んでいてもでかいリュックを背負い続ける先見の明ゼロの投資バカ木村 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

混んでいてもでかいリュックを背負い続ける先見の明ゼロの投資バカ木村。

隣の客に足が当たりそうでも足を組むカスタム山口 | 中間管理録トネガワ 第53話

隣の客に足が当たりそうでも足を組むカスタム山口 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

隣の客に足が当たりそうでも足を組むカスタム山口。

老人のために譲られた席を何食わぬ顔で横取りをする80年代からの刺客バブル川上 | 中間管理録トネガワ 第53話

老人のために譲られた席を何食わぬ顔で横取りをする80年代からの刺客バブル川上 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

老人のために譲られた席を何食わぬ顔で横取りをする80年代からの刺客バブル川上。

大量生産の謎の帽子で席をひとつ占領CHC中根 | 中間管理録トネガワ 第53話

大量生産の謎の帽子で席をひとつ占領CHC中根 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

大量生産の謎の帽子で席をひとつ占領CHC中根。

その他にもあいつもあいつも今回のエスポワールの参加者だと遠藤は指差す。

ざっと計算しただけでもこの車両だけで借金総額は7000万超。どのクズもそれぞれ、己の身勝手な甘えから、その借金を膨らまし、膨らませ、気付けば、得体の知れぬ悪魔的余興に向かうため、同じ電車に乗り合わせるハメになった。

この車両こそ、絶望集い走るデストレイン。クズ車両地獄行き特急。まさに悪魔的車両だと名づける遠藤。

面倒臭い車両に乗り合わせてしまったと思うトネガワだった。その後、電車がどれだけ混もうとも債務者たちは態度を改めることはなかった。

ついに、債務者と乗客との間でトラブルが発生しはじめる。

多重債務者の悪いマナーでトラブルが続出 | 中間管理録トネガワ 第53話

多重債務者の悪いマナーでトラブルが続出 | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

債務者と乗客とのトラブルで電車が止まる。駅員が駆けつけて、債務者を排除しようとするも、大声で喚き散らす。トネガワはそれをみてどうしようもないクズだと罵る。

トネガワは、このままでは電車が動かない。どうすると遠藤に意見を求める。

遠藤は目が据わった表情で、多重債務者にゴミめらと罵り出す。

お前達は皆、大きく見誤っている。

この世の実体が見えていない。

まるで3歳か4歳の用事のように。

遠藤のその言葉には聞き覚えたあったトネガワ。トネガワは、遠藤の罵倒を止めようとするも遠藤は続ける。

この世を自分中心、求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれる。

そうこれは、この後、開催される悪魔的余興限定ジャンケン。そこに集まる多重債務者たちが反発した際にトネガワがぶつ予定の説教のセリフだった。

遠藤がトネガワ的説教を始める | 中間管理録トネガワ 第53話

遠藤がトネガワ的説教を始める | 中間管理録トネガワ 第53話より引用

甘えを捨てろと遠藤が説教を終えると、多重債務者の態度が少しだけ改善された。

投資バカ木村は、背負っていたリュックを前かけに。CHC中根は帽子を自分側に寄席、カスタム山口も足の角度をちょっと変更。

そして、渡辺も靴を脱ぎ、寝転がっている姿勢から座った姿勢になる。圧倒的な効果。電車は動き出す。

遠藤は、やはりトネガワさんのお説教が多重債務者には一番聞きますねと笑う。

トネガワは、内心、遠藤のことをバカと罵る。ここで説教の中身を暴露したら、エスポワールで何を言えばいいんだと。

中間管理録トネガワ 第53話ネタバレ感想・まとめ

電車でよく見かける行儀の悪い乗客。寝転がっているやつはあんまり見かけないけど、足組んでるやつはよくいる。椅子に浅く座って、足を組むから、通路中央近くまで足が伸びている。その足につまづくと舌打ちをしてくる。浅く座ってるのはアホだと思ったけど、隣の席の人に足が当たらないための配慮なのか。だとしたら、配慮の方向が間違っている。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」