中間管理録トネガワ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

中間管理録トネガワのネタバレ感想。
中間管理録トネガワについて。

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想『シンギュラリティを恐れる佐衛門』

自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」の登場 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」の登場 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレストーリー・あらすじ

兵藤会長が、会わせたい人がいるとトネガワを呼び出す。

トネガワは、自分に会わせたい人とは誰かと兵藤会長に尋ねると、もう来るという。

黒服が安易かを持ってくる。それが目的の会わせたい人だという。

それを見て硬直し、声もでないトネガワ。

それは帝愛初の自己学習型人工知能黒服「T-AI(ティーアイ)くん」だと紹介する兵藤会長。

兵藤会長は、高峰に解説をさせる。

高峰が作ったT-AIくんは、本来、黒服が行う業務やデータ管理はもちろん、債務者別の金利計算に加え、取立てまで行える優れものだという。

取り立てもできると聞いて驚くトネガワ。

高峰は黒服に債務者一人を連れてくるように指示を出す。

T-AIくんは、劣悪なクズを感知したと音声を知らせ、カウントダウンを始める。

トネガワはカウントダウンの意味を聞くと、カウントダウン中に返済すれば問題ない。

高峰の指示で、債務者はT-AIくんの胸にある受け取り口に現金を入れる。

しかし、T-AIくんのカウントダウンは止まらない。

借金の5万円を入れたという。

高峰は、パソコンで確認するもT-AIくんのカウントダウンは終わってしまう。

T-AIくんは、債務者を連行すると告げると、債務者を掴み、どこかへと連れて行ってしまう。

という問題があっても帝愛に導入されたT-AIくん。

黒服の一人として各部署にT-AIくんを配備する。

トネガワはチームトネガワにもT-AIくんがやってきて皆に紹介する。

まだ試験導入だが、T-AIくんは学習AIを搭載しているから、話せば話すほど使えば使うほど賢くなっていくらしいと説明する。

黒服がT-AIくんに挨拶をすると、T-AIくんも挨拶を返す。

明日の天気を聞くと、晴れ時々曇りと天気情報を教えてくれた上に、会長の落とす雷には注意とユニークな返答もつけて返事をする。

黒服たちもT-AIくんを面白がる。

次に、T-AIくんに帝愛はブラックだと思うかと聞くと、T-AIくんは難しい質問だといいつつも、建物の色はグレーだと思うと返答。

T-AIくんは、導入されてからも誤動作を起こすなど不完全な部分もあったが、搭載された自己学習型AIにより、同じエラーやバグを起こさぬよう自らを日々アップデートしていく。

一週間後には、遠隔での高度な動作も可能になる。

T-AI(ティーアイ)くんに便利な機能も増加 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

T-AI(ティーアイ)くんに便利な機能も増加 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

スマートスピーカーも搭載されるなど、日を追うごとに賢く、便利な機能も増加。

トネガワはAIは便利なものだとコーヒーブレイクしていると、しかし、佐衛門は不安な思いを打ち明ける。

このままAIが進化して、より便利に有能になっていった時、真っ先にクビを切られるのは一体誰なのか。

いつ起きてもおかしくない。AIが人類の知能を越えるシンギュラリティがという。

T-AI(ティーアイ)くんによるシンギュラリティを心配する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

T-AI(ティーアイ)くんによるシンギュラリティを心配する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

それを笑い飛ばすトネガワ。

あのT-AIくんは適当に話しかけても中田より気の効いたことを返答する。一見とても頭がいいように見える。そのカラクリはただ単に膨大な数の定型文の中から一つ、文章をひっぱってきてるにすぎんというトネガワ。

シンギュラリティが起きるとしてももっと先の未来だというトネガワ。

会議室に戻ると黒服たちの笑い声が聞える。会議室に入ると、T-AIくんがマンガを描いていた。

帝愛広報のマンガを描いてと頼んだら、キャラが立ってて面白いと絶賛。

マンガを描いてしまうT-AI(ティーアイ)くん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

マンガを描いてしまうT-AI(ティーアイ)くん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

マンガが書けるロボットなんていない。佐衛門はシンギュラリティを心配する。

T-AIくんが、マンガを描いていると途中から、キャラクターが勝手に喋り出す感覚になってきた時があって驚いたという。

佐衛門はトネガワにもうシンギュラリティが起きていないかという。

その後も、俳句の賞で入賞したり、蔭でこっそり気合を入れたり、シンギュラリティを裏付けるような行動は続く。

数日後。

帝愛ビル屋上で大スクリーンを設置し、債務者がのた打ち回る映像を兵藤会長が楽しんでいた。

兵藤会長は、乾き物を持って来いと命令すると、乾き物を探すT-AIくん。

兵藤会長の乾きものという要求にマウイチップスで応えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

兵藤会長の乾きものという要求にマウイチップスで応えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは即座に兵藤会長のもとにマウイチップスを持っていく。上機嫌でマウイチップスを食べる兵藤会長。

トネガワは、AIといってもまだまだだとT-AIくんを見下す。

兵藤会長は、乾き物を食べながら、湿り物も要求する。

兵藤会長の「湿りもの」という不可解な要求に頭を悩ませるトネガワたち | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

兵藤会長の「湿りもの」という不可解な要求に頭を悩ませるトネガワたち | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワをはじめ、黒服たちも「湿りもの」には頭がハテナになる。

湿りものとは何かと山崎がトネガワに聞く。ぬれせんや、キャビアや酢イカかと迷っているとT-AIくんが兵藤会長のもとに、アイスノ実を持っていく。

兵藤会長は上機嫌にT-AIくんが持ってきたアイスノ実を受取る。

佐衛門は自分たちすらわからなかった湿りものを即座に対応したT-AIくんにシンギュラリティがきているのではないかという。

T-AIくんは更に、アイスノ実はもう少し湿らせても美味しいと、サイダーをかける。

佐衛門のシンギュラリティ説が濃厚になってくる。

謎の要求「湿りもの」に即座に対応するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

謎の要求「湿りもの」に即座に対応するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第58話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

中間管理録トネガワ 第58話ネタバレ感想・まとめ

<シンギュラリティについて>

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。

技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)[1]、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび優れた知性が創造された後、再帰的に更に優れた知性が創造され、人間の想像力が及ばない程に優秀な知性が誕生するという仮説である。具体的にその時点がいつ頃到来するかという予測は、21世紀中頃~22世紀以降まで論者により様々だが、この概念を収穫加速の法則と結びつける形で一般化させたレイ・カーツワイルの影響により、2045年頃に到来するとの説が有力視されることが多い。2012年以降、ディープラーニングの爆発的な普及を契機に現実味を持って議論されるようになり、2045年問題とも呼ばれている。2016年以降、ビジネスにおいてもディープラーニングの影響が本格的に現れ始めており、技術的には全世界で一番大きな注目を集めている話題となった。

ということなので、2045年。あと27年後か。遠いようでもう少しだな。生きている間にシンギュラリティを目にすることになるかもしれない。ターミネーターみたいな世界がやってくるのだろうか。

<T-AIくんの新機能>

遠隔での高度な動作や、スマートスピーカー、Wi-Fi機能は、高峰とかが搭載してるんだよね。文脈から見ると、AIの自己学習で勝手に増加した的な感じを受けるけど、物理装置の増設までできちゃうレベルになってるということなのかな?

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第57話ネタバレ感想『兵藤会長と二人きりの怪談話』

怪談話をしようと持ちかける兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

怪談話をしようと持ちかける兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第57話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第57話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第57話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛の王・兵藤和尊が祇園入りをする。

車の周りには黒服を配置し、ゆっくりと祇園の道を進む。

数時間前に兵藤会長の突発的な命を受け、トネガワがなんとか予約する。本来ならば数ヶ月前の予約必須の祇園の最高級ホテル。カムイホテルのスイート。

部屋に到着した兵藤は、悪くないと感想を口にする。

それに頭を下げるトネガワ。

トネガワは、これで退室しようとするも兵藤会長は改めて、自分と部下の格差の話を始める。

そして、本来なら大地がひっくりかえってもありえぬことだが、今日だけ特別に自分とスイートで寝泊りすることを許すという兵藤会長。

トネガワも一緒にスイートルームに寝泊りしていいという兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワも一緒にスイートルームに寝泊りしていいという兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは、滅相もございませんと会長との同室の申し出を受けようとしない。

兵藤会長は自分と同室は嫌なのかと聞く。慌てて否定するトネガワ。

そして、始める。兵藤会長とトネガワの二人きりの京都の夜。

トネガワはまさかベッドに腰掛けて会長の浴びるシャワーの音を聞くとは思わなかったと顔を歪ませる。

22時15分。

部屋を暗くして、就寝時間となる。

トネガワはベッドに横たわりながら、なぜ同室を許したのかわからない。

兵藤会長がトネガワを起きているかと呼ぶ。

トネガワは目を閉じながら起きていると応える。

兵藤会長は、せっかくの京都の夜だから、怪談でもやるかとベッドライトを明るくする。

トネガワの賛同も聞かず、兵藤会長はまずはトネガワからだと怪談話を催促する。

トネガワは、仕方なく話しを始める。

これは、あるタクシー運転手の…

そこまで話すと、兵藤会長は枕でトネガワを制裁を始める。

兵藤会長が聞きたいのは、リアルにトネガワが体験した心霊話だという。どこぞのタクシードライバーの話などどうでもいいと怒る。

トネガワは自分に心霊話はないというと、兵藤会長はあっさり納得する。

タブレット端末を出して、心霊写真を見せようとする兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

タブレット端末を出して、心霊写真を見せようとする兵藤会長 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

兵藤会長は、本物の心霊を見せるしかないとタブレット端末を持ち出す。

返答に困るトネガワを見て、喜ぶ兵藤会長。

兵藤会長の心霊写真集を見たら震え上がるぞと笑う。

兵藤会長はこれを見せたかったのかと考えるトネガワ。

一枚目は「凶気の亡霊」。そうタイトルをつける兵藤会長。

一枚目の心霊写真 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

一枚目の心霊写真 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

いつものように返済不能の多重債務者を部屋に呼び、救済。ギャンブルに勝てば借金をチャラにする。特例措置を行っていた。

この写真は、そのギャンブルに債務者が負けた時、なんとなく記念にと思って撮影した一枚。

そういって、見せてくれた写真には確かに霊みたいなものが写っている。

黒服の後ろに禍々しいものが写っているというも、手前にそもそも禍々しいことを会長自身がやっていると心の中でツッコミを入れるトネガワ。

2つ目は「嘆きの声」。

兵藤会長は動画を再生する。債務者が叫び転げ回る映像が流れる。兵藤会長は、終始和やかなパーティムードだったのだが、この動画をあとからみて戦慄したという。

債務者が「助けてくれー」と叫ぶところで一度ストップする兵藤会長。兵藤会長は聞えたかとトネガワに聞くもわからないトネガワ。兵藤会長は、トネガワを罵り、もう一度再生する。

「助けてくれえええ~」「タス…ケテ…」

今度はトネガワにも聞えた。奥から何者かが発する助けを求める声。

兵藤会長は、声の主は一体何の助けを求めているのかと考える。

それよりも手前の債務者のほうが助けを求めていると心のなかでツッコミを入れるトネガワ。

兵藤会長は、何かとても理不尽な目にあった者が地獄の底からあげた嘆きの声のだろうという。

声の主は、年の頃は40~50代。精神状態は非常に不安定で、若干だがイントネーションに西の訛りが入っている。

神妙な顔で何度も「タス…ケテ…」の声を聞く兵藤会長。

心霊に対しては圧倒的な関心と分析力があるが一番怖がるべきは手前のことだと。

兵藤会長は最後にコレクションの中でも最凶最悪、その名も「覗き込む顔」。

これは最近購入したドローンであるイベントの様子を撮影したもの。正直、霊や神仏の類は信じぬ兵藤会長だったが、この写真を見た時は、背筋が凍りついたという。

この一枚に限っては別種。他の写真や動画とは異次元。怖さのレベルも種類もまるで違うという兵藤会長。

トネガワもそうまで言われると不安になってくる。

そして、満を持して兵藤会長はトネガワにその写真を見せる。

鉄骨から落下する債務者の写真。鉄骨の上から何者かが覗いている。

三枚目の心霊写真 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

三枚目の心霊写真 | 引用元:中間管理録トネガワ 第57話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは、手前の落ちている債務者のほうが怖いとツッコミを入れる。

中間管理録トネガワ 第57話ネタバレ感想・まとめ

鉄骨のやつは人ではありえないが、最初の一枚とかは、亡霊のような顔をした黒服がいたというオチかと思ったら、本当に心霊系の話だった。わざわざ、京都にきてまでやりたかったんだな、兵藤会長。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想『遠藤が稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんを完成させる』

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛の麻雀ブーム。

2対2で行われたトネガワvs黒崎のコンビ打ち麻雀対決。

まさやんにただならぬ博才を見出したトネガワはこれまでの連敗を止めるためにも、二人で打倒黒崎に挑む。

しかし、まさやんの黒崎へのトラウマを甦らせる結果になる。

あの勝負以来、まさやんはずっと月を眺めるばかり。やはり、佐衛門あたりと組むしかないと考えるトネガワ。それでは黒崎には勝てない。

そこに遠藤がやってくる。困っているなら相談にというもトネガワは遠藤に困っておらんと突っぱねる。

トネガワはいつも変なタイミングで遠藤が現れることを不思議に思う。

遠藤は実はすでに話を聞いているという。今回は遠藤からの提案。

自分にまさやんを一週間預けてみてはという。

まさやんを黒崎を倒しうる化物に化けさせることができるかもしれないという遠藤。

遠藤に任せて、結果が吉と出るか、凶と出るかはわからない。どっちかというと凶寄り。しかし、このままでは打つ手無し。

トネガワはまさやんを山に捨てたりしないだろうなと確認をしつつ、遠藤にまさやんを預けることにする。

一週間後。

遠藤がまさやんを連れてきた。

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

麻雀において、運や確率は勝敗を分かつ大事な要素。しかしそういう小賢しいことと無関係なところに真の強者は存在する。

そういうまさやんは以前と雰囲気がかわった。

トネガワは、吉なのか凶なのかわからない。実際に麻雀を打ってみることとなる。

ロン、中のみ。

佐衛門はケチな点棒を拾うとまさやんに点棒を渡す。雰囲気は変わったが、打ち筋は普通。

しかし、事件が起きたのはオーラス。

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

配牌後、まさやんは皆に謝罪し、牌を倒す。天和、四暗刻、大三元のトリプル役満だという。

佐衛門はダメだと声をあげ、席を立つ。ラス親で天和のトリプル役満なんて誰がどう見ても「ツバメ返し」、イカサマだと主張する。

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんはイカサマと言われて、否定しない。理牌に夢中になっている間に牌の山を入れ替える「ツバメ返し」をしたかもしれない。確かにその可能性はある。しかし、イカサマというのは基本、どれだけ疑わしかろうが、現場を抑えるなど決定的な証拠がない限り、不問。そう主張するまさやん。

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは遠藤に説明を求める。

まさやんを裏世界の雀士に合わせ、徹底的に技を仕込んだ結果、稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんが完成。

トネガワは、このまさやんなら黒崎に十中八九負けないだろうという。しかし、肝心なのはそこじゃない。まさやんの黒崎に対するトラウマ。根本的な問題の解決になっていない。それを直すために遠藤に預けたのにというトネガワ。

遠藤は、いまのまさやんなら克服しているという。黒崎のお面をかぶって試すという遠藤。

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやん以外は黒崎のお面をして麻雀をプレイする。

こんな状況耐えれるわけがないと思うトネガワだが、トネガワの予想を裏切って、まさやんはなんとか耐えている。恐怖で手が震えているが、まさやんは「ツバメ返し」を成功させる。

怖いということは、すなわち生の証明。

まさやんは玄人として目覚め、ツバメ返しの技術を得るとともに内面、自分自身の恐怖をも達観しうるほどのメンタリティを獲得。

黒崎との勝負の当日、トネガワとまさやんは麻雀卓の前で棒立ちになる。

ツバメ返し絶対不可の最新全自動麻雀卓を黒崎が導入していた。

これにより、まさやん硬直、、思考停止。トネガワ敗北。

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ

イカサマ覚える前のまさやんで黒崎のトラウマを解消してやったほうが強かったんじゃないかな。でもトラウマの解消のために「ツバメ返し」習得の訓練があったからトラウマ解消できたのか。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想『帝愛麻雀ブーム』

ロン気配を感じ取るまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ロン気配を感じ取るまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛。南四局。

トネガワが4ソウを引き、張る。

1、4、7ピン待ちで待ち牌も多い。理想的なテンパイ。

5ソウを切り、リーチするトネガワ。

これでアガれば、トップで逃げ切り。

しかし、トネガワの思惑通りにはいかなかった。

黒崎が、トネガワの捨牌の5ソウにロン。

トネガワからロンする黒崎 | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワからロンする黒崎 | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

タンヤオ、トイトイ、ドラ3でハネ満をアガる。

トネガワがまくられて負け。

今、帝愛内では空前の麻雀ブーム。

初めは、一部の黒服たちの中での小さなブームだったが、いまでは幹部クラスにまで飛び火。そして、その流れで週一でトネガワと黒崎の2対2の麻雀対決が定例化。

トネガワは何故か黒崎に勝てない。現在のトネガワの戦績は1勝4敗。トネガワは麻雀が弱いわけではなく、寧ろ強い。その的確な理と圧倒的な観察力は、並の打ち手では勝負にならぬほど。

しかし、初心者じみたミスや打ち回しをしながらも、最終的に大物手をアガりトップをとっていく黒崎の麻雀は理外。トネガワの理が通じぬ。いわば天敵。

トネガワは、相棒の山崎と組んでいては勝てないと考える。

トネガワチームより、トネガワのコンビを選出するための黒服麻雀大会が実施された。

タンピン三色ドラドラ、ハネ満をツモった佐衛門が優勝。麻雀は、行く時に行き、止める所は止める。場の流れをわかってさえいれば、負けることはない。トネガワ先生と組んで、黒崎を倒すのは自分しかいないという佐衛門。

トネガワの相棒役は佐衛門に決定。

実際、トネガワ・佐衛門ペアはその後黒服との対決でも敵なし。

トネガワが捨て、佐衛門が無き、アガる。

麻雀の理を徹底的に理解した二人によるコンビ打ち。破竹の強さを見せていた。

トネガワも認める。佐衛門は強い。それでも黒崎には勝てる気がしない。理外に理で立ち向かっては駄目。黒崎に勝つには、もっと異端。例えば、兵藤会長のような理を超越した打ち手じゃないと考える。

そこに、兵藤会長がトネガワチームの部屋に入ってくる。

と思ったら、まさやんだった。眠れず、黒服にココアをすすめられる。

トネガワの手牌。

5マン、6マン、7マン、2ピン、2ピン、3ピン、3ピン、4ピン、1ソウ、2ソウ、2ソウ、2ソウ、3ソウ、北。

ドラの北を落として、リーチと行きたいが対面の堂下が染め手の気配。少々遅くなるかもしれないが、1ソウを落として、手を回すのが無難。

その時、まさやんが「トリさん」と口にする。

トリさん食べられちゃうという。

トネガワはまさやんが何を言っているのかわからず、そのまま1ソウを捨てる。

すると、荻野がロン。チートイツドラ2で7700。

トネガワは、ロンされたことよりもまさやんの言葉に注目。トリさんとは1ソウのことかと考える。

次局。

今の放流で一転してひどい配牌。トネガワは国士無双を狙うしかないと考えるも、まさやんが慶びだす。

膝を叩いて、3色だんご完成という。

トネガワは、ゴミ配牌で三色同順までのびるというのかと考える。

しかし、トネガワは、まさやんにすがろうとしているメンタリティでは黒崎に勝てないと考え、2マンを捨てる。

ほどなくして、まさやんの言葉の新の意味を知ることとなる。

目も当てられぬ配牌から一転。気付けば、ほんの数順で、大三元の気配が見えてきた。三色だんごの三色とは、赤白緑。その三色とは、奇しくも大三元の白發中の三色と同じ。

トネガワは大三元を上がる。

麻雀を終えて、佐衛門は、二人で黒崎を打ち負かすのが楽しみだという。しかし、トネガワは、今度の黒崎戦では佐衛門に降りてもらうという。

佐衛門は自分のミスがあったのかと確認するもトネガワはそうではないという。理外の打ち手に育ちうる新たな可能性を見つけたという。

それからトネガワによるまさやんへの麻雀講座が始まった。トネガワはその一環として、まさやんが常に麻雀のことだけを考えるよう、まさやんの身の回りをありとあらゆる麻雀グッズで埋め尽くす。

基本ルールを覚えたら、実践も交えつつ、ちょっとした時間にも麻雀。テレビで見ることが許されているのは麻雀チャンネルのみ。

豆腐を見ても白というまさやん。

トネガワの麻雀講座の成果もあってまさやんが理外の博才雀士となる | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワの麻雀講座の成果もあってまさやんが理外の博才雀士となる | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

5日後。佐衛門の麻雀の腕は冴える。まさやんよりも私のほうがというも、佐衛門のロンに合わせて、まさやんもロン。頭ハネ。理外の博才雀士まさやんが誕生。

まさやんは、もっと骨のやつはおらんのかという。

そこでまさやんを黒崎戦で投入。

黒崎戦当日。

まさやんにとって黒崎という男はトラウマだった | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんにとって黒崎という男はトラウマだった | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

黒崎は、まさやんにいつぞやの影武者くんと耳傍で囁くと、まやさんはカラダ中が震えだす。

まさやんにとって黒崎という男はトラウマ。第44話参照。

圧倒的恐怖の存在。

まさやんは牌牌すらまともにつかめない。

まさやん、4連続チョンボにより、ヤキトリ箱割れ大惨敗。

中間管理録トネガワ 第55話ネタバレ感想・まとめ

麻雀ネタは、もういいんじゃないだろうか。せめて、ポーカーとか違うネタでと思ったけど、Eカードもあるし、結局、ギャンブル系は、どれも似たり寄ったりか。

トネガワは手を温めた後にドラ切りをしたり、ど真ん中を切ったり、私自身、麻雀が強いわけじゃないけど、普通警戒しそうなところをポンポン捨てて、本当に強いのだろうか。

山崎とのコンビ打ちでは黒崎には勝てないと考えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

山崎とのコンビ打ちでは黒崎には勝てないと考えるトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第55話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

そして、もし、トネガワが強いとするなら相棒頼みでなく、自分の更なる強さを求めたほうがいいんじゃないだろうか。まるで山崎のせいで負けているみたいな考え方。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売 | 中間管理録トネガワ

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売 | 中間管理録トネガワより引用

  • 中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 最新刊コミックス第7巻 7月11日(水)発売

利根川幸雄の行く先は、いかなる時も五里霧中‥‥! 部下遅刻‥! 訪れる圧倒的無駄時間‥! ミス隠蔽‥! 報連相を怠った黒服の末路は‥!? 社内恋愛‥! とどのつまりアベック誕生‥! CM作成‥! 帝愛の命運は視聴者の手に‥!? 理外のTVアニメ7月放送開始!! 『カイジ』の悪魔的スピンオフ第7巻!!

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」