ファイアパンチ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

ファイアパンチのネタバレ感想。
ファイアパンチについて。

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

ファイアパンチ 最新コミックス第8巻 2月2日(金)本日発売

ファイアパンチ 最新コミックス第8巻 2月2日(金)本日発売

ファイアパンチ 最新コミックス第8巻 2月2日(金)本日発売

  • ファイアパンチ 最新コミックス第8巻 2月2日(金)本日発売
  • ファイアパンチ 概要
  • ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ファイアパンチ 最新コミックス第8巻 2月2日(金)本日発売

再び炎をその全身に纏ったアグニは、全てを焼き、殺し、ユダの元へ!! “悪役”と化したアグニを前に、サンの妄信と憤怒が炸裂する!! 凍てついた世界を終わらせるのは、復讐の業火か、赦しの灯火か…!? 戦慄のダーク・ファンタジー、完結!!

ファイアパンチ 概要

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレ感想 最終回まとめ

ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレ&感想 | ファイアパンチ最終話

ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレ&感想 | ファイアパンチ最終話より引用

  • ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ファイアパンチ 概要
  • ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレストーリー・あらすじ

ユダは思った。

想像を絶する苦痛だった。

何を考えても何をしていも何もならず、無があるだけだった。

ユダは確信した。

この苦痛は永遠に続くのだ。

ユダは人智を超えた無限を彷徨う。

ユダは助けを求めていた。

そこにアグニが現れる。

アグニとユダが出会う | ファイアパンチ最終話

アグニとユダが出会う | ファイアパンチ最終話より引用

無重力状態で、姿勢制御も満足にできず、やっとユダの手を掴む。

アグニは興奮していた。顔を近づけ、ユダにはじめましてと挨拶する。

人に出会ったとこが軌跡だと喜ぶアグニ。

ユダに出会えて興奮するアグニ | ファイアパンチ最終話

ユダに出会えて興奮するアグニ | ファイアパンチ最終話より引用

アグニはずっと一人で宇宙を漂っていた。

アグニは自分の名前をサンと名乗り、ユダの名前を聞く。

ユダは自分のことをルナを名乗る。

アグニは、ユダが何で泣いているのかと聞く。

ユダもアグニに泣いている理由を聞いた。

二人は涙を流していた。

それが何かおかしくて、ユダは笑みをこぼし、アグニも笑う。

少しだけ話した後、アグニは眠った。

ユダも一緒に眠った。二人は抱き合いながら眠った。

ファイアパンチ 最終話 第83話ネタバレ感想・考察まとめ

地球がなくなったときには、最終話はどうなるんだと思ったら、アグニも再生の能力で消滅しなかったのか。二人で永遠に生きていくけど、二人とも記憶をなくしている。でもつながれて、幸せを感じる。永遠の愛の形みたいなエンディングだった。

というか最後は、二人とも互いに出会えて、命の灯火が消えたということだろうか。

ファイアパンチは、表層的なのは深層的なのかよくわからないけど、話の飛び方が独特だった。作者の藤本タツキ先生は韓国ドラマのような展開を作りたいとどこかのインタビューで言っていて、韓国ドラマって、こんなストーリーの飛び方する作品が多いということだろうか。

少年ジャンプ+『ファイアパンチ』を読んで。

ファイアパンチ 概要

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

ファイアパンチ 第82話ネタバレ&感想 次回、最終回!

ファイアパンチを見るアグニ | ファイアパンチ

ファイアパンチを見るアグニ | ファイアパンチより引用

  • ファイアパンチ 第82話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ファイアパンチ 第82話ネタバレ感想・考察
  • ファイアパンチ 概要
  • ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ファイアパンチ 第82話ネタバレストーリー・あらすじ

アグニは、昔、ネネトが撮った映像を映画館でみていた。

映像が壊れているせいか、色は白黒になり、音もない。

何の映像でどうして撮られているのかもわからにない。

ただひとつわかることがあった。

燃えている男が主役であること。

彼ばかり映っていると思うアグニ。

燃えている男は、時々、何かを戦い、倒し倒され続けていた。

ただただ過激で意味がわからなかった。

その男はずっと燃え続けていた。

アグニはいつの間にか拳を握っていた。

数百年後。

地球から伸びる一本の大樹は大気圏を越え、宇宙まで延びていた。

木になったユダ | ファイアパンチ

木になったユダ | ファイアパンチより引用

その真ん中にふくらみのある空間がある。そこにユダがいた。

ユダは、暇だった。

ずっと暇だった。

時々、思い出したかのように体を伸ばしたり、曲げたりするが何も起こらない。叫んでみたりもするが宇宙空間は空気がないので音もでなかった。

どうして自分がここにいるのか時々忘れそうになる。だから何度も頭の中で繰り返す。

自分は一人の男のために地球を暖めている。根を伸ばし、他の星からエネルギーを奪い、彼の幸福を願う。

ユダは、彼の名前も忘れ、自分の名前すらも忘れた。どんな人生を歩んできたかも忘れてしまった。

自分の役目だけは忘れない。

木になったユダ | ファイアパンチ

木になったユダ | ファイアパンチより引用

せめて、彼が幸せになってくれないと自分自身は暇を永遠に後悔してしまう。

数千年後。

ここはどこだろう。暗くて寒くて、居心地が悪い。どうして自分はここにいるのだろう。私は何なのだろう。

時々、暇で暇で絶望して、体の底が寒くなる時がある。

いつまでこれは続くのだろうか。

永遠ということは無いはず。

木になったユダ | ファイアパンチ

木になったユダ | ファイアパンチより引用

暖かくなりたい時には、祈る事にしている。

一人の男に祈る。誰なのかはわかないが祈ると寒さは和らぐ。

数千年後。

あることを思いついた。

不思議な力で自分の頭を打ち抜けば、この暇が終わるのではないか。

なんとなくだが、この考えに至るのは初めてではないとわかるし、それは暇の終わりではなく、新しい暇の始まりだということもわかる。

自分には何かの役があるのだろう。でなければ、なぜ生まれてきて思考をしているのだろう。

木になったユダ | ファイアパンチ

木になったユダ | ファイアパンチより引用

下にあった丸くて青かったものは、随分前に何かにぶつかって、粉々になった。これにも何かの役があったのだろうか。

数万年後。

数千万年後。

ファイアパンチ 第82話ネタバレ感想・考察

地球なくなっちゃった。

少年ジャンプ+『ファイアパンチ』を読んで。

ファイアパンチ 概要

『氷の魔女』によって世界は雪と飢餓と狂気に覆われ、凍えた民は炎を求めた──。再生能力の祝福を持つ少年アグニと妹のルナ、身寄りのない兄妹を待ち受ける非情な運命とは…!? 衝戟のダークファンタジー、開幕!!

ファイアパンチを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。