インゴシマ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

インゴシマのネタバレ感想。
インゴシマについて。

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマ 第40話ネタバレ感想『コリオと太一の一部始終』

コリオは幼い頃から周りに侮辱されつづけてきた | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

コリオは幼い頃から周りに侮辱されつづけてきた | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第40話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

コリオ・インゴの慰み者にされそうになる太一。

コリオは、太一に覆いかぶさる。

太一は抵抗し、コリオの股間を踵で蹴り上げる。

コリオは悶絶する。

コリオを侮辱する太一 | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

コリオを侮辱する太一 | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一は、コリオのことを侮辱する。

コリオはその言葉を聞いて子供の頃を思い出す。

周りから侮辱されつづけてきた日々。

その恨みからコリオは子供ながらにして自分を侮辱した者たちを血祭りにあげる。

太一は、相手が怯んだと思い、もう一度、蹴りを食らわせようとコリオの顔面目掛けて蹴りを出す。

しかし、コリオに蹴りは止められる。

侮辱した太一の足を折るコリオ | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

侮辱した太一の足を折るコリオ | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

コリオは掴んだ太一の足を捻り、足首の間接を折る。

悲鳴を上げて倒れる太一。

コリオは、壁にかけられた鎌に手を伸ばす。

コリオは鎌の刃を太一の股間に当てて、自分は侮辱されるような存在かと問う。

太一は、相手が本気だと知り、絶叫するもコリオの手は止まらなかった。

インゴシマ 第40話ネタバレ感想・考察まとめ

前話と今回のエピソードは誰得かと思ったけど、今回の件で、海辺の洞窟で高崎がみた異様な光景はシマビトの仕業ではなく、シマビトからつまはじきにされているコリオの仕業の可能性が高まった。

侮辱した者を始末してきたコリオ | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

侮辱した者を始末してきたコリオ | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

前話で、コリオに気に入られた太一がどうしてカカシになってるのか疑問だったけど、単純にコリオのNGワードを言ってキレさせたということなんだな。

シマビトからつまはじきにされてるとしてもコリオは太一をどうやって手に入れたのだろうか。

おこぼれで太一をシマビトから貰ったのだろうか。

それとも、太一が脱走した時に捕まったのがコリオなのか。

太一は、シマビトもコリオも同一視しているが、実は違うということだろうか。

コリオは今一度太一に自分を侮辱したことを問う | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

コリオは今一度太一に自分を侮辱したことを問う | 引用元:インゴシマ 第40話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

このコリオの存在が、敵の敵は味方になるのか。新たな敵になるのか展開が楽しみ。少なくとも自分を侮辱してきたシマビトは敵だと思っていそう。

これでインゴシマの勢力は大きく4つか。

シマビト
コリオ
イヤツコの子供
漂流者

という形かな。

太一は、あそこも切られて処置もされずにカカシにされてたから、失血で長くはないだろうな。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第39話ネタバレ感想『コリオ・インゴに慰み者にされる太一』

太一を慰み者にしたコリオ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一を慰み者にしたコリオ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第39話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第39話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第39話ネタバレストーリー・あらすじ

イモ畑で荒れ果てた姿で十字架に縛り付けられかかしになっている太一を発見する高崎。

呆然と太一の名前を口にすると、意識を取り戻した太一が、ミッチーかと口にする。

太一が生きていることがわかって声をかける高崎 | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一が生きていることがわかって声をかける高崎 | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

生きていることがわかった高崎は、すぐに太一を縛り付けている縄を解こうとする。

太一が受けた仕打ちをしたシマビトに怒りを露にしながら高崎は縄を引きちぎろうとする。

梨帆は、太一くんなのと聞く。梨帆も太一を解放するのに手を貸す。

十字架から太一を下ろした二人は、太一に水を飲ませようとする。

太一に水を飲ませようとするも飲まない | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一に水を飲ませようとするも飲まない | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

しかし、太一は衰弱しきっていて水もまともに飲めない。

太一は、ミッチーと呼ぶ。

高崎は、何があったと聞くと、太一は涙を流しながら、あいつらヤベーと何があったかを話し始める。

太一は涙ながらに体験を語る | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一は涙ながらに体験を語る | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

小屋の中で目を覚ます太一。

小屋の中は薄暗く、火の灯りしかない。

小屋の壁にはかつては人間だった肉の塊が貼り付けられてある。

太一は、首輪をされ、鎖で繋がれていた。手は後ろ手に縛られて、服は一切着ていなかった。

目覚めた太一は、目の前にコリオ・インゴが座っていると判ると、涙を浮かべて逃亡したことを謝罪する。

コリオ・インゴは、薄汚いグラスに注がれた何かを口に含む。

太一は、縛られた腕を何とか解こうともがく。

コリオ・インゴは、もがきカラダをくねらせる太一の四肢を眺める。

コリオ・インゴは立ち上がり、太一に近づく。

太一は、始末しないで助けてと涙ながらに訴える。

しかし、コリオ・インゴは返事をしない。

太一の顎を上げるコリオ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

太一の顎を上げるコリオ・インゴ | 引用元:インゴシマ 第39話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

コリオ・インゴは、しゃがみ、太一の顔を触る。

コリオ・インゴは、黙ってろと言って太一に口に含んだグラスの液体を口移しで飲ませる。

飲ませながら太一の尻を触ると、太一が反発し、やめろとコリオ・インゴの口から離れる。

太一が自分のカラダの変化に戸惑う。突如、絶頂の快感が太一を襲う。

コリオ・インゴは、若キオゴメは肌がすべらかだといい、指を唾液で濡らして、太一の穴に差し込む。

絶頂する太一。コリオ・インゴは、纏っていた布を脱ぎ、太一と交わる。

インゴシマ 第39話ネタバレ感想・考察まとめ

<太一のかかしという処遇>

太一は生きていたけど、水を飲めないということは長くないということか。

しかし、悠長に語っているからこのまま生還して戦うメンバーになるのか。

赤城と高崎にくっついている腰ぎんちゃく的のパシリ的存在で弱いのかなと思ったけど、なかなかのカラダっぽいから戦力になるかもしれない。

太一が受けた処遇の不可解さ。

小屋の壁に貼り付けられていた元人間の肉の塊からすると、生きていなくてもいい人間は解体される。

解体される理由はわからないが、コリオの悪趣味と仮定しておこう。

解体されなかった太一はお気に入りになって慰み者になった。用済みになれば、壁の肉の塊の仲間入りするのかもしれない。

しかし、太一はイモ畑でかかしをさせられていた。衰弱するほど放置されていた。

なぜ、解体されなかったのか。そして、慰み者ではなくなったのは何故か。

元々、用済みの人間は、解体かかかしかという複数の選択肢があるということだろうか。

解体は悪趣味として理由をつけることができるけど、かかしはなんだろうか。かかしも悪趣味なのだろうか。放置して朽ち果てていく様が楽しいのだろうか。それとも獣に食いちぎられている様がいいのだろうか。

解体のほうがよくある異常者の悪趣味だからわかりやすいけど。

再度、太一が逃げようとしたから、折檻してかかしにしたということか。

<インゴという名>

コリオ・インゴという名前らしい名前がでてきた。王族系は全部「インゴ」なのだろうか。だとすると、ガモウも正式には「ガモウ・インゴ」なのか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 今週休載!次回更新は12月3日(月)

インゴシマ 今週休載!次回更新は12月3日(月) | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

インゴシマ 今週休載!次回更新は12月3日(月) | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 今週休載!次回更新は12月3日(月)
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 今週休載!次回更新は12月3日(月)

今週の「インゴシマ」は休載いたします。

次回の更新は12月3日(月)予定です。

変わり果てた姿の太一が語る、シマビトの恐るべき実態とは…。

お楽しみにお待ちください!

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第38話ネタバレ感想『シマビトに捕まった太一を発見する高崎』

シマビトに捕まった太一を発見する高崎 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

シマビトに捕まった太一を発見する高崎 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第38話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第38話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第38話ネタバレストーリー・あらすじ

茂みから物音がして、警戒する高崎と梨帆。高崎は梨帆が持っていた斧を渡せといい受取る。

茂みから顔を覗かせたのは人間ではなかった。

高崎がシカかと口にすると、梨帆がヤギだと訂正する。

ヤギは高崎たちをみてどこかに逃げていく。

高崎は、シマビトではなくヤギだったことに安堵する。

しかし、梨帆は気を緩めない。

森に不自然なヤギを発見する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

森に不自然なヤギを発見する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

ここは島で、野生であんなにキレイなヤギが、耳にタグをつけて森の中にいると思うと高崎に問う。

高崎は、飼っているやつがいればいるだろうと答える。

二人に認識が合致する。シマビトのテリトリーに入っていることに。

自分たちがシマビトのテリトリーに入ったことを実感する高崎 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

自分たちがシマビトのテリトリーに入ったことを実感する高崎 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

それでも梨帆の意思は変わらないと思ってる高崎は、自身も覚悟を決める。

地図を見ながら歩く二人。川から水を引き込んでいる箇所を見つける。それ沿いに行けば、きっと目的のものがあるという梨帆。

イモ畑を発見する梨帆 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

イモ畑を発見する梨帆 | 引用元:インゴシマ 第38話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

梨帆たちの目の前に畑が広がる。畑には芋が栽培されていた。梨帆は茎の一つを引き抜いて、芋があることを確認する。

芋だけじゃ味気ないけど、贅沢いってられないと喜ぶ梨帆に呆然と立ち尽くす高崎。

梨帆は、芋掘りを手伝って欲しいと高崎にいうも梨帆の声が届いていない様子。

高崎の視線の先には、十字架にくくりつけられた男がいた。

男はアソコを食いちぎられて息をしていない。近くにハエが飛び回る。

その男を高崎は太一と呼んだ。

インゴシマ 第38話ネタバレ感想・考察まとめ

第38話のページ数は、10ページで1頁目は前話の最後のページなので実質9ページ。

太一がひっそりと始末されていた。これでシマビトに捕まった生徒たちのなかで処遇が不明なのは鮎加波薫子だけか。

若林が謎の外国人と話し合っているのも気になるし、新しい展開が見たい。

現在は、啓太・アキラの救出チーム、橘・高崎の逃亡チーム、若林のイヤツコグループ、葵のヒメゴグループの4グループにわかれる。それぞれの次の展開を早くみたい。キーとなりそうなのは若林のシマビトの内側にいる連中だろう。

気になるのは消息不明の萬国十兵衛と川上満の二人。どこにいったんだろう。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

インゴシマ 第37話ネタバレ感想『梨帆の下着姿に鼻血を出す高崎』

下着姿で岩場を登る梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

下着姿で岩場を登る梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第37話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

遭難者の日記を頼りに水と食料の場所を探す梨帆。

一緒についていった高崎は下着姿の梨帆のケツを眺めていた。

我に返り、のんびりケツを見ている場合じゃないと自分に喝を入れる高崎。

高崎は、梨帆が見つけた日記の持ち主のことを聞くと、救命ボートでなくなってたという梨帆。

遭難者は自ら命を絶ったことを伝える梨帆。それを聞いて驚く高崎 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

遭難者は自ら命を絶ったことを伝える梨帆。それを聞いて驚く高崎 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

怖くてよくみなかったけど、自分から命を絶ったみたいだと説明する。

自ら命を絶ったと聞いて救助はどうなってるんだと声を荒げる高崎。

声を荒げる高崎を静かにと注意する梨帆。

二人は新婚旅行だったと涙を浮かべて、遭難者の写真を高崎に見せる。写真に書かれた日付を見て高崎は、二年前だと驚愕する。

2年間は救助がきていないことを実感する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

2年間は救助がきていないことを実感する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

つまり、少なくとも二年間の間は一度も救助がきていないことと理解する梨帆。その時、小早川から受けた無線の声で助けてくれた人が何年も島にいたというような言葉を思い出して、救助は絶望的だと知る高崎。

それでも絶望しない梨帆。水と食料を探しにいくという。チキってるならみんなのところに帰っていてという梨帆に高崎は憤慨する。

救助が来なくても諦めない梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

救助が来なくても諦めない梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

岩場を登ることになり、見上げると、岩場を登る下着姿の梨帆に鼻血を出す高崎。

それどころじゃないとまたも自分に喝を入れる高崎。

岩場を登り、滝のところまでやってきた梨帆と高崎。

高崎は、川に頭を突っ込み水を飲む。最高だといい、さくらたちを呼んでこようという高崎。

水を確保した梨帆は次は食料を見つけようと意欲的な梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

水を確保した梨帆は次は食料を見つけようと意欲的な梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

梨帆は、さくらの容態がよくなってからだとバッグからペットボトルを取り出し、川の水を入れる。三本のペットボトルに水を入れ、とりあえず水は手に入ったから、次は食料だと立ち上がる梨帆。

高崎は、さらに奥はさすがに危ないと警告する。

梨帆は、この二日間菓子以外まともなものを食べてないからこのままだとヤバイという。高崎も腹の音がなる。

その時、茂みから草がすれる音がする。

高崎は、梨帆を自分の後ろにやって、梨帆が持っている斧を貸せと受取る。

茂みから物音がして警戒する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

茂みから物音がして警戒する高崎と梨帆 | 引用元:インゴシマ 第37話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

インゴシマ 第37話ネタバレ感想・考察まとめ

ここで、シマビトの可能性もあるけど、小動物ではないだろうか。

このタイミングでシマビトに遭遇してしまうと、水も食料も手に入らず、ジリ貧のままで逃亡になる。そうなれば、さくらを筆頭に誰かが命を落とすことになる。

漂着してすぐに何人も始末され、捕まって生贄に二人も始末されたが、今生き残っているメンバーを見せ場なしに消すことはしないだろう。見せ場なしで始末する人数あわせならすでにやってると思うし。見せ場なくても場面展開のための人身御供なら陸かな。でも陸は啓太の友人だし、啓太がピンチのときに使うカードのような気がする。

さくらと橘はセットだし、梨帆と高崎がセット。さくらと梨帆がセットなので、女子二人はまだ消されないだろう。なので、梨帆の身代わりになってという展開もあるだろうけど。

しかし、ここで高崎がいなくなってしまうと、負傷した橘では戦えないだろうから戦力がなくなってしまう。

ということから、ここはシマビトなどの戦うパターンではなく、小動物で食料の可能性を見出すパターンかなと思う。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太
甲斐谷幹人
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一
若林輝男
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。