連載中マンガ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

本日公開や連載中のマンガのネタバレ感想

地獄楽 第98話ネタバレ感想『罪人と山田浅ェ門の共同戦線』

【画像】合流した画眉丸も花化が進行していた | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

【画像】合流した画眉丸も花化が進行していた | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第98話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第98話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第98話ネタバレストーリー・あらすじ

バンコが城内すべてを侵蝕し、城内がバンコの体内のようなもの。

漂ってるのはタンの欠片。細かくなって鼻や口から入る。

ヤバイの天仙や弔兵衛だけではなく、この場にいる全員。

メイに、そう確認する弔兵衛。

粉状の破片を吸い続ければ、花化する。

【画像】城内にいる全員が危険だとメイに確認する弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

【画像】城内にいる全員が危険だとメイに確認する弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

メイは、朝までまてないという。

バンコは、大きな外丹花。外丹花は夜しぼみ、朝に満開になる。

もうすぐ朝になる。

止めるには丹田の破壊。

問題はそこ。

バンコの丹田は五つ。

火水木金土それぞれの丹田があり、場所も城内の方々に散らばってる。

複数の丹田を同時に破壊。

だから協力が必要だという十禾。

しかし、みなは満身創痍。しかも心がバラバラな面子で共同作業など難しい。

問題は、丹田の数だけではなく、化け物退治にはタオが一定以上大きくないと破壊できない。

十禾は、だから画眉丸が必要だという。

佐切の窮地を火法師で救う画眉丸。

現れた画眉丸も花化が進んでいた。

思いの他使いものにならなさそうな画眉丸を使うか迷う十禾。

【画像】妻・結以外の何を失っても構わないという画眉丸 | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

【画像】妻・結以外の何を失っても構わないという画眉丸 | 引用元:地獄楽 第98話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は、何を失っても人でなくなっても、戦う以外の選択肢はないという。

弔兵衛は、画眉丸を見て、画眉丸にも失うものがあったかと察する。

画眉丸は、それ以外の何を失っても構わないと返事をする。

弔兵衛は、画眉丸は使えると認める。

十禾は、威鈴を説得し、作戦の話をと士遠を促す。

画眉丸が現れたことで、石隠れ衆は画眉丸始末に手裏剣を投げる。

地獄楽 第98話ネタバレ感想・考察・まとめ

画眉丸への攻撃を防ぐのは十禾だろう。

いままで、何もしてなかったが、画眉丸登場してからの石隠れ衆への異変に気づいていたのは十禾。

画眉丸のほうが使えると思ったのなら、画眉丸への攻撃をすべて防いだ上に一瞬で石隠れ衆を全滅させるのではないだろうか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:画眉丸、巌鉄斎
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン
金の属性:付知、グェファ、弔兵衛
水の属性:ヌルガイ、メイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

文殊公々(グェファ)
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

シジャ
石隠れ衆。次代画眉丸。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【先読み】ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想『打撃の天才』

【画像】メデルのカポエイラはガオランの知るカポエイラではなかった | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルのカポエイラはガオランの知るカポエイラではなかった | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

 

  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要
  • ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレストーリー・あらすじ

メデルは、ガオランの「詰み」のパンチを体を倒すことで回避し、キックを使い出す。

寝そべってから繰り出される蹴りとは思えないほどのパワーを持ったメデルのキック。

メデルは、ガオランの足を手で押さえ、逃げられないようにしてから蹴りを繰り出す。

大久保は、メデルが使ってるのは「カポエイラ」だという。

カポエイラは、ブラジルの格闘技で、手枷された奴隷たちがダンスのふりをして習得したといわれてる。だから、足技中心の格闘技。そう解説する大久保でも詳しくは知らないという。

速水が補足する。

カポエイラは大きくわけで、アンゴーラとヘジォナウという流派に分かれている。どちらにも当てはまらないコンテンポラーニアというスタイルもあると補足する。

煉獄側は、メデルがカポエイラを習得していると知られてもメデルの勝ちを確信していた。

ガオランは、メデルのカポエイラの動きを観察し、ボクシングスタイルに比べて動きのバリエーションが少ないと見た。

【画像】メデルのカポエイラを甘く評価するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】メデルのカポエイラを甘く評価するガオラン | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

メデルの動きに合わせて、カウンターを喰らわせようとした時、メデルの動きに変化が。

メデルは、上段の蹴りをフェイントし、ガオランのくるぶしを攻撃する。

膝をつき、頭が下がったガオランの顔めがけて蹴りを入れる。

なんとかガードできたガオラン。メデルへの評価を改める。

ボクシングとカポエイラ、それに東洋武術(地功拳)の要素も混ざっている。ガオランの知るカポエイラとは全くの別物だった。

* * *

表舞台から去った後、メデルはブラジルの裏格闘技界に身を投じた。

チャンピオンだったメデルでも未体験の異種格闘技に大いに苦戦を強いられた。

メデルは、ヘビー級のままではいずれ負ける。大幅な減量が必要だと考える。

新しい技術もほしい。ボクシングベースに組み当てる場合、何がてきしてるか。

メデルに必要なのは「距離」。リーチのある蹴りを学ぶ必要があると考える。そこで、カポエイラだった。

【画像】裏格闘技界に身を投じたメデルは新しい技術としてカポエイラを選択した | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】裏格闘技界に身を投じたメデルは新しい技術としてカポエイラを選択した | 引用元:ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

一冊の参考書と、累計20時間の鍛錬で十分だった。

メデルはボクシングの天才に非ず、打撃の天才だった。

メデルは、ガオランの足の関節を狙い、機動力を奪う気だ。

そう思わせておいて、メデルの狙いはアギトとの戦いで一度潰された右拳。

偉大なボクサーを終わらせることに心が痛むと思いつつも、ガオランの右拳に目掛けて、蹴りを繰り出す。

ダメージを負ったのはメデルの足だった。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 第61話ネタバレ感想・考察まとめ

起源は諸説あるみたいだけど、カポエイラの起源は、ブラジルの奴隷からなのか。

鉄拳など、ゲームでもカポエイラ使いキャラもちょいちょい出てきてるけど、動きが派手なので、なんでもない動きに惑わされてしまい、戦いづらいということがあった。苦手。

マンガワン『ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)』を読んで。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ) 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガ(ケンガンアシュラ)を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話ネタバレ感想『照のシステマ』

【画像】ウンチョウの攻撃などご褒美にすぎんという照 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話 漫画:丸山恭右

【画像】ウンチョウの攻撃などご褒美にすぎんという照 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話ネタバレストーリー・あらすじ

ウンチョウにあばら骨を折られた照。

しかし、照は笑う。

フラつく照に檄を飛ばすマルコフ。

それを聞いた照は、大きく息を吐き、軽快なステップを踏み始める。

ウンチョウが蹴りを出すも回避する照。

ステップはやめない照。

マルコフは動き続け、呼吸をし、脱力しろと。照はファイティングポーズのまま力を抜く。

マルコフはそれこそがシステマだという。

愛之助は、照が空手を使わないのかと呟くと、シェンメイが解説する。照はあくまでも空手で戦う。システマは格闘技術の一つであり、考え方だという。

【画像】システマは、格闘技術の一つであり、考え方だというシェンメイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話 漫画:丸山恭右

【画像】システマは、格闘技術の一つであり、考え方だというシェンメイ | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話 漫画:丸山恭右

ウンチョウのパンチをモロにくらう照だが、軽く後ろに飛んだだけで、着地と同時に攻撃に転じる。

脱力と自然な呼吸で相手の打撃を吸収し、次の攻撃につなげる。ウンチョウの硬気功とは真逆の闘法だというロウラン。

あばら骨の痛みが照の脳内物質を出させる。

照の蹴りがウンチョウに入る。

ウンチョウが殴っても照にはダメージがない。

ウンチョウが滅多打ちになり始める。

そして、ウンチョウは膝をつく。

照は、痛がり屋の攻撃などたかが知れているという。ウンチョウの攻撃などご褒美にすぎんと言い切る照。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第71話ネタバレ感想・まとめ

ご褒美照にどうやってウンチョウは勝つのか。

それとシェンメイがあれだけ大見得を切ったほどのウンチョウの強さはどこにあるのだろうか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

岩室勘助(いわむろかんすけ)
官房長官で愛之助の父親。

鍵宮凪(かぎみやなぎ)
日本代表闘士。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

マルコフ・チェゲノビッチ
ニキータの格闘技のコーチ。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。