ケンガンオメガ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

ケンガンオメガのネタバレ感想。
ケンガンオメガについて。

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

【先読み】ケンガンオメガ 第36話ネタバレ感想『闘技者採用試験の行方』

【画像】闘技者採用試験に合格する光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】闘技者採用試験に合格する光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第36話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第36話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第36話ネタバレストーリー・あらすじ

村雨の鉄槌をかわしつつ、光我は村雨のわき腹に蹴りを入れる。

コスモは、光我の技を「三日月蹴り」という。

三日月蹴りは、空手の蹴りの一種。回し蹴りと前蹴りの中間くらいの軌道でレバーを狙う技。丈二は、光我の必殺技のひとつ。並行していくつか練習しているが、必殺技と呼べるのは今のところ三日月蹴りぐらいだと話す。

【画像】空手の三日月蹴り | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】空手の三日月蹴り | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

光我に猛攻をかける村雨。

光我は気づいていた。村雨の鉄槌は右でしか撃てないこと。

鉄槌を撃ってくれば、三日月蹴りの餌食となる。

二回目の三日月蹴りをもらった村雨は悶絶する。

村雨に休む暇を与えず、光我は、村雨の下がった頭に蹴りを入れる。

これは、ブラジリアンキック。これも必殺技の候補だという丈二。

三度目の三日月蹴りで倒れる村雨。

【画像】光我の必殺技・三日月蹴り | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我の必殺技・三日月蹴り | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

審査役の菅原は、光我に「もう結構」と試合を止め、光我に闘技者採用試験合格を通知する。

光我は終わったことに実感がない。

暮石は、光我の戦い方はギリギリ合格ラインだという。序盤の危なさやブラジリアンキックで倒せなかったことが減点。もっと上を目指すなら修正が必要。

光我は審査役に、村雨の拳願仕合の戦績を尋ねる。

1勝3敗。村雨が勝利した相手は、未勝利のまま闘技者を引退。

つまり、村雨は闘技者の中でも最下層。自分がドンケツに着いただけだと知る。

コスモが、光我に、今から急げば龍鬼の試合に間に合うという。

光我は龍鬼の試合にはいかないという。

【画像】阿古谷は無期限出場停止からの復帰戦に龍鬼と対決 | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】阿古谷は無期限出場停止からの復帰戦に龍鬼と対決 | 引用元:ケンガンオメガ 第36話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

今回の龍鬼の相手はヤバイ。阿古谷清秋という奴で、半年前に故意に対戦相手を亡き者にしようとして無期限出場停止になっていた。今日が阿古谷の復帰戦だという。

ケンガンオメガ 第36話ネタバレ感想・考察まとめ

阿古谷は、龍鬼が人を始末しているのを確信しているが、龍鬼に始末されている人間が、元の人間と別人になってることも掴んでいるのに、拳願仕合で龍鬼と戦う意味とはなんだろう。

普通に、山下商事を訪れて話しを聞けばいいのではないだろうか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】ケンガンオメガ 第35話ネタバレ感想『光我の必殺技が炸裂』

【画像】村雨の発勁モドキの鉄槌 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】村雨の発勁モドキの鉄槌 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第35話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第35話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第35話ネタバレストーリー・あらすじ

闘技者採用試験、当日。

採用試験のために二人・菅原豊と樫尾亨がやってくる。

採用試験について説明する。

採用試験ができたのは二年前。拳願会会長・乃木の発案により、導入された制度。

今後新たに「企業による闘技者の直接雇用」が禁止。闘技者となるにはフリーランスとして登録する方法のみ。

闘技者登録の際に「基準に達していない」者をはじくのが試験の目的。闘技者の死亡事故ゼロを目標とする乃木の政策の一環。

試験の方法は、闘技者との拳願仕合方式での立会い。若手の闘技者が相手になるケースが大半。闘技者側からすれば、企業に実力を知らしめる良い機会。本来であれば、合否と勝敗は関係ないが、山下商事の申し入れにより、今回は特例として「相手闘技者を倒した場合」のみ合格とする。

光我もそれに異存はない。

光我の対戦相手がやってきて。

【画像】光我の採用試験の対戦相手・村雨秀哉 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我の採用試験の対戦相手・村雨秀哉 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

闘技者”鬼鯱”村雨秀哉。

村雨は、ヒマじゃないからさっさと終わらせようという。

ガタイのでかい村雨を見て、光我は弓ヶ浜ヒカルの仮想相手にもってこいだと思う。

光我の闘技者採用試験が開始される。

開始早々、光我が打って出る。

ものすごいスピードで間を詰め、下からパンチやキックを繰り出す。防御する村雨。反撃に拳を振るうも光我は村雨の拳に合わせて後ろに下がり、腕が伸びきったところにカウンターパンチの掌底をいれる。

村雨は、光我の掌底をクリーンヒットをもらいつつも、攻撃の手をやめない。

パンチに前蹴り。

ガタイがでかいが、スピードもある。

村雨の振りは大降り。避けているだけだといずれ捕まる。

光我は、村雨の横殴りの鉄槌をガードの上から受けて吹っ飛ばされる。

ただのパワー任せの鉄槌ではなく、不完全だが発勁が混じっている。

初めて食らう発勁に視界がゆがむ光我。

村雨の踏みつけをかろうじてかわし距離をとる光我。

しかし、村雨は追いかけてくる。

村雨の下からのパンチをガードすると両腕をふっとばされる。

村雨は今度は、ジャブで光我の顔面を狙ってくる。冷静さを取り戻し、攻撃がコンパクトになった。

攻め方がかわったやりづらい光我。

【画像】ベースはボクシング。フィニッシュブローは発勁モドキの鉄槌 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】ベースはボクシング。フィニッシュブローは発勁モドキの鉄槌 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

村雨は、ベースがボクシングで、発勁モドキの鉄槌がフィニッシュブロー。ガタイでゴリ押されたら、それなりの脅威。

村雨は、振りかぶってからの鉄槌。

光我は、鉄槌をかわす。

すると村雨がわき腹を押さえて膝を突く。

丈二はいいじゃないかという。

光我の「必殺技」が炸裂した。

ケンガンオメガ 第35話ネタバレ感想・考察まとめ

光我の必殺技は足技?

避け際に、「トッ」と軽い感じで左足が村雨に接触しているように見える。

勢いもつけていない蹴りで、村雨が膝をつくほどのダメージを与えられているというと、どんな攻撃だろう。

ツボみたいなものを突いたのか、村雨のように発勁の類か。

【画像】光我の必殺技 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我の必殺技 | 引用元:ケンガンオメガ 第35話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想『龍鬼を狙う組織』

【画像】拳願会の深いところに楔を打ち込んであるという夏忌 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】拳願会の深いところに楔を打ち込んであるという夏忌 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第34話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第34話ネタバレストーリー・あらすじ

焼ける肉を見て、もう食べていいよねと光我に聞く龍鬼。

二人は焼肉屋にいた。

肉を食べると龍鬼は、噛んでないのに肉が溶けたと大喜び。

しかし、光我は焼肉を楽しめないでいた。

さっき、見た遺体のことを思い出す。間違いなく死んでいた。

光我は、災難だったなと龍鬼にいう。偶然、遺体を見つけて。葬式以外で見るなんて初めてだという。

龍鬼は、光我の言っているのは自分が始末したと答える。

光我は、先に襲ってきたなら仕方なしに反撃したんだよな。正当防衛だなという。

龍鬼は、尾行されていたから目障りだから始末したという。だから、先に仕掛けたのは自分だと。

【画像】光我は龍鬼の正当防衛を主張するも本人が否定する | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】光我は龍鬼の正当防衛を主張するも本人が否定する | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼は、肉を食べていない光我に、試験で力がでないよと指摘すると、龍鬼が何をしたのかわかってるのかとキレる。

龍鬼は、自分が始末したことを簡単に受け入れている。龍鬼はたくさん始末してきてるからという。

龍鬼は、光我が勘違いしてるとわかる。光我がアレを人間だと思ってるでしょと質問する龍鬼。

【画像】龍鬼は、光我に安心してもらおうとアレは虫を潰すのと一緒だという | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼は、光我に安心してもらおうとアレは虫を潰すのと一緒だという | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

龍鬼は続けて、祖父から「アレを、人間と思うな」「虫を潰すのと一緒」だと教えられ、普通の人間を始末しないよと笑顔で答える龍鬼。

それを聞いて、光我は龍鬼と会話するのを諦め、あばよとその場から立ち去る。

龍鬼は、試験前だからイライラしてるだろうと気にしないでいた。

龍鬼が始末した刺客の前にエドワード呉が立っていた。

エドワード呉は、夏忌に電話をかけ、龍鬼に逃げられたと報告する。

無門が龍鬼に接触したせいでこっちの動きを感づかれてしまった。夏忌の弟子はどいつもこいつも使えないと愚痴をたれる。

無門のことを一瞬思い出せなかった夏忌は、拳願会の闘技者を潰し損ねたから龍鬼を抑えて挽回しようとしたんだろうという。

しかし、夏忌は問題ないという。拳願会のもっと不快ところに楔は打ち込んであるから、末端が一人消えようがまったく問題ないという。

エドワードは、フードをかぶった謎の男と話しをする。謎の男は、エドワードに龍鬼のことをどう思うと聞く。

ただの他人の空似か、「虎の器」か。

謎の男は、龍鬼が「虎の器」なら始末するという。

「虎の器」は俺一人。二虎流は俺のものだという謎の男。

ケンガンオメガ 第34話ネタバレ感想・考察まとめ

「虎の器」、二虎流。

龍鬼が「虎の器」かもしれない。しかし、謎の男は自分が「虎の器」だという。

【画像】龍鬼が「虎の器」なら始末すると意気込む | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼が「虎の器」なら始末すると意気込む | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

この会話から考えられるのは、「虎の器」の者に二虎流の秘伝書みたいなものが授けられるということなのだろうか。

一応、この作品は、前借りなどの一部ファンタジー的要素はあるが、手からビームがでたり、空を飛んだりしないから、ベースは現実的なものだし、何かの格闘技の極意みたいなものが、体の中に入っていく。それを入れるのが「虎の器」。そんなパターンではないだろう。

そう考える、秘伝書的なものかな、と。

【画像】龍鬼をただの他人の空似か、「虎の器」かと放すエドワード呉と謎の男 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】龍鬼をただの他人の空似か、「虎の器」かと放すエドワード呉と謎の男 | 引用元:ケンガンオメガ 第34話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

そして、龍鬼が他人の空似か「虎の器」か、話題になっていることから。本当は「虎の器」は、王馬だったのかもしれない。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

夏忌(シァジー)
エドワード・呉とつながりがある男。拳願会に潜り込んでいる。

謎の男
二虎流の継承者。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。