ドンケツ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想『第一部完』

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ

ロケマサは野良犬に睨みを利かせ、

道端の一般人にも睨みを訊かせ、家に帰ってくる。

家の前で、桃次郎、タツオ、レオ、時定が待っていた。

桃次郎が、ロケマサに挨拶すると、ロケマサはまだいたのかと睨みを利かせる。

桃次郎は、ロケマサの許しがあるまで発てないという。

ロケマサは、破門したんだから消えろという。

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

しかし、桃次郎は破門は受け入れられないと強情を張る。

ロケマサの舎弟をやめるつもりはない。ロケマサは盃を返せというも拒否する桃次郎。

ロケマサは握りこぶしに力を込めて、いいかげんにしろというも桃次郎は、破門は受け入れられないと一切引かない。

ロケマサは桃次郎を殴り飛ばす。

強情だしたのを後悔しろと怒鳴る。

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は立ち上がり、ロケマサの舎弟のまま死ねるなら上等だと。そして閻魔にロケマサの舎弟を全うしたと報告するという。

桃次郎は、口の中の血を吐き出し、兄弟の契りを舐めるなとロケマサに怒鳴る。

ロケマサは桃次郎をまた殴り、誰に講釈タレよんじゃと怒鳴る。

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は再び立ち上がり、オレのこともナメてんだろと言い返す。誰とでも盃を交わすようなチンケな男ぐらいに思ってるならふざけるなと。白鷺の親分以降は、ロケマサだけだという。

ロケマサと本気で一蓮托生できると思えたから舎弟になった。盃の重みを人一倍わかった上だと。

そんな舎弟が考え合っての行動しようとしてる汲み取れ。舎弟のわがまま認めてやれる度量くらいあるだろうとロケマサに言い返す。

ロケマサは、桃次郎を殴る。殴る。殴る。殴る。破門いうたら破門だと。度量もクソもない機嫌を損ねたら破門だと。

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

タツオたちが三人がかりでロケマサのカラダを抑え、桃次郎をかばう。

ロケマサはタツオたちも殴り飛ばす。

桃次郎は、立ち上がり、変える場所はここしかない。帰れる家がないと強くなれない。無宿の風来坊なんてイヤだと。身内がいないと戦えない。使命感持って旅をさせてほしいと訴えかける。

それでもロケマサは桃次郎の胸倉を掴み、ワシはどうするんだと問う。誰と遊べばいい。誰と飲めばいい、ガキらになにができる。桃次郎の代わりが務まるとでも思ってるのか。ワシのヒマはどうする。ワシの野放しにするつもりか。ワシの制御はだれがするんじゃいと桃次郎を殴りまくる。

そして、桃次郎を殴るのをやめて、ちょっとの間、辛抱するというロケマサ。

改めて、桃次郎はロケマサに別れを告げて旅立つ。

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ

破門といったのは桃次郎のためかと思ったら、本当に感情的なものだったのか。ロケマサのことを見誤っていたw

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第182話②ネタバレ感想『宮本と渡瀬の本当の別れ』

【画像】新しい月輪組に迷惑をかけるという渡瀬 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】新しい月輪組に迷惑をかけるという渡瀬 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話②ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話②ネタバレストーリー・あらすじ

港の人気のないところで、月輪組の宮本と、孤月組の渡瀬が密会。

渡瀬は運転手にシンを連れて、現れる。

宮本に、月輪組には合流しないことを告げる。

謝る渡瀬。

宮本は、自分のことがキライになったかと聞くと、とんでもないと答える渡瀬。

地域住民から支持される昔気質の任侠団体として月輪会を立て直そうとしている宮本に孤月組が戻れば迷惑をかける。

孤月組は、自分の教育が悪いのか、任侠道から大きく外れた育ち方をしている。恥ずかしながら月輪組の信念にはそぐわないという。

宮本はそれでも鬼子でも受け止めるという。渡瀬の子分なら。

渡瀬は、自分がつらいという。宮本が頭を下げなければならない状況になると思うと。それが自分の原因となると。

ロケマサとチャカシンもいるしというと、いい親分になったと渡瀬のことを褒める宮本。

月輪組の跡目は渡瀬に任せようと思ったのだが残念だと渡瀬の言い分を受け入れる宮本。

渡瀬は、懐から宮本との盃を出し、これで本当の別れだといい、割ろうとする。しかし、宮本はそれを止める。

【画像】心まで離れるわけじゃないという宮本 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】心まで離れるわけじゃないという宮本 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

さびしいことするな。こんなことで渡瀬との縁が切れるのはさびしすぎるという。心まで離れるわけじゃないからと。

渡瀬は、盃を割らず、宮本と分かれる。

車の中で盃を見つめる渡瀬に、シンは、月輪会は好きじゃないが、渡瀬が月輪会のために戦えというなら喜んで戦うという。その言葉に少し救われる渡瀬だった。

【画像】渡瀬のためなら好きじゃない月輪会のためでも戦うというチャカシン | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】渡瀬のためなら好きじゃない月輪会のためでも戦うというチャカシン | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

ドンケツ 第182話②ネタバレ感想・まとめ

実際問題として、孤月組が月輪組に与さないとするなら、月輪組として孤月組をどう扱うのだろうか。

警察に言った以上、月輪組が幅を利かせて、そういう団体を縮小していきながらも統制をとっていく。

【画像】新しい月輪組の方向性 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】新しい月輪組の方向性 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

ただ、別の組織も地域住民に悪さしてなければ、衝突はしないのか。地域住民に迷惑をかけていないなら任侠団体の月輪組としてはスルーしてもいいということか。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第182話①ネタバレ感想『ロケマサに知られてはいけない二千万の貯蓄』

【画像】二千万の現金をロケマサに気付かれないようにしろとタツオたちに教える桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

【画像】二千万の現金をロケマサに気付かれないようにしろとタツオたちに教える桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話①ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話①ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話①ネタバレストーリー・あらすじ

月輪会総本部。

阿部山が宮本の前で土下座し、指を差し出す。

ひと段落ついた時にと決めていたという。会長代行の務めが果たせなかったケジメ。

自分は人の上に立てる器ではなかった。代行どころか、若頭の役すらふさわしくない人間だと。生まれ変わる月輪会では誰か他のものを若頭の大役をと訴える。

【画像】自分の弱さを認める阿部山 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

【画像】自分の弱さを認める阿部山 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

宮本は引退する気かと聞く。阿部山は、許されるなら宮本の傍にいたいと答える。

いち子分として共に生きたい。出会って時からずっと宮本への忠誠は変わっていないという。

【画像】宮本と共に生きていきたいと願う阿部山 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

【画像】宮本と共に生きていきたいと願う阿部山 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

桃次郎のことを許してやれとロケマサにいう近所の老人達。しかし、ロケマサは許さんと頑な。桃次郎はもともと渡り鳥だから一箇所に留まれん性分なんだと。高校生もロケマサのところだと頭打ちだから、自分らも高校卒業したら東京いくという。

言いたい放題いわれて頭にくるロケマサ。

桃次郎は、タツオたちにロケマサ組の全財産を確認させ、武器の隠し場所にもたまに確認しにいけという。

桃次郎は、くれぐれい二千万の現金がロケマサ組にあることは知られるな。バレれば一瞬で無くなって路頭に迷うという。

基本的な運営は、毎月桃次郎が入れるからそれでなんとかしのげ。あとは、自分らのシノギでカバーしろという桃次郎。

タツオもレオも時定も桃次郎がいないと無理だと肩を落とす。

情けないこというなと鼓舞する桃次郎。電話はいつでもつながる。何かあれば飛んでくるという。

しかし、マジの破門くらったらそれもできないがと。しかし、それは絶対に受け入れないという桃次郎。

【画像】生涯ロケマサの舎弟だという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

【画像】生涯ロケマサの舎弟だという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話① 漫画:たーし

生涯、ロケマサの舎弟。結果、ロケマサの利益につながるためのものだという桃次郎。タツオたちに必ず帰ってくると約束する桃次郎。

ドンケツ 第182話①ネタバレ感想・まとめ

やっぱ、ただムカついただけなのか、桃次郎の件。

宮本は阿部山を許すのか。パターンとしてはいくつかしかない。

1.傍にいるつもりなら気概を見せろと若頭の役職から外さない。

2.気概のないやつは破門。

3.そのまま、阿部山の要件を全て受け入れる。

1だろうな。そこまで責任を持って自分の弱いところも認めた人間が強くなれないわけがないと阿部山を見込んで、若頭続投ではないだろうか。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第181話②ネタバレ感想『孤月組は月輪組に戻らないと決意』

【画像】月輪組の誘いを断る孤月組 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

【画像】月輪組の誘いを断る孤月組 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

  • ドンケツ 第181話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第181話②ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第181話②ネタバレストーリー・あらすじ

宮本のいう改革案を、「会」から「組」ぐらいで何を抜かしていると跳ねつける。

しかし、宮本は大きな違いがあるという。遠縁までを親族として形成されていた今までの会を、組として直系二新等までで構成する。

縮小するのかと確認をとると頷く宮本。

これからは直系しかおかず、三次四次団体など認めない。

直参組長も10人以内に止める。すべて自分の目が届く範囲におさめるということ。

取り急ぎ、現在二千人近くいる組員の数を1/3にまで減らし、昔のように組員の名簿もすべて警察に提出する。

ゆくゆくは、100人以下まで組員を減らす考え。

【画像】伝統ある侠客として生まれ変わると宣言する宮本 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

【画像】伝統ある侠客として生まれ変わると宣言する宮本 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

月輪組は、伝統ある侠客として生まれ変わるという宮本。

孤月組本部では、警察に提出した改革案の話があがっていた。

しかし、孤月組は、月輪組にはいかないというと、組員の顔色が明るくなる。

孤月組は、このまま一本独鈷でいくという。ロケマサやチャカシンはさすが親分と声を上げる。

宮本のところに戻りたいという気持ちはあるが、親と子を天秤にかけたら、子が勝ってしまったという。

【画像】孤月組組員のことを考えたら断ることにしたという親分 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

【画像】孤月組組員のことを考えたら断ることにしたという親分 | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

ロケマサは華月組の村松と、孤月組は戻らないという話をしている。

その決断を孤月らしいという村松。

ロケマサは、村松に月輪組に戻れと、村松の胸中を察する。

【画像】村松には月輪組に戻れと背中を押すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

【画像】村松には月輪組に戻れと背中を押すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話② 漫画:たーし

しかし、村松は自分だけ戻るのはというも、村松の野望はもっとでかい。こんなところでつまづいてどうすると背中を押すロケマサ。月輪組に入って、いけるところまで出世しろというロケマサ。

それに村松が月輪組にいてくれれば、自分たちのアホのせいで孤月組の親分と宮本をケンカさせなくてもすむしと。

さすがのロケマサも村松を困らせるつもりはないという。

ドンケツ 第181話②ネタバレ感想・まとめ

ロケマサと村松のこのつながりは、本編ででてきたっけ?外伝のほう?途中、読んでないところあったっけな。。。

ここまでロケマサが村松を買ってる理由ってなんだろう。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第181話①ネタバレ感想『ロケマサ組から破門される桃次郎』

【画像】桃次郎に破門を言い渡すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

【画像】桃次郎に破門を言い渡すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

  • ドンケツ 第181話①ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第181話①ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第181話①ネタバレストーリー・あらすじ

桃次郎はロケマサに街を出て旅にでると言い出す。

舎弟の分際で勝手な身の振り方決められないのはわかっているが行かせてほしいとロケマサに頭を下げる。

【画像】旅に出るという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

【画像】旅に出るという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

ロケマサのおかげで麻生・小田切をとることができ、白鷺組の無念を晴らせた。渡世のケジメきっちりつけることができた。

しかし、抜け殻になってしまったという。

ロケマサ、タツオ、レオ、時定と過ごす毎日は楽しい。ロケマサ組の仕事だってやりがいを感じてる。

ただ自分の伸び代が見えなくなった。今の自分ではこれ以上の活躍はできないと考えていた。

【画像】でっかい男になって戻ってくる宣言する桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

【画像】でっかい男になって戻ってくる宣言する桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

もう一回りでっかい侠にならないといけないという。

日本中の裏社会を見て回って、己を鍛えなおしたいという。

いつになるかわからないが、日本一の舎弟になって必ず戻ってくる。

自分のわがままを認めてほしいとロケマサに嘆願する桃次郎。

振り向かず、桃次郎の言葉を聞いていたロケマサはわかったといい、桃次郎を破門にする。

気の利いたことをいうが、ロケマサの足枷を外して自由気ままに生きたいということだというと、否定する桃次郎。役目果たしたら、それでいい。出涸らしの茶なんて飲めんということだという。それもすぐに否定する桃次郎。

都合よくロケマサの金看板を使って、あちこちでうまい汁吸いたいだけだろうという。自分は今や有名人。仲良くしたがるものは全国に山ほどおる。すぐに出て行け。二度とロケマサの舎弟と名乗るなと桃次郎にいうロケマサ。

【画像】舎弟を名乗ると桃次郎に念を押すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

【画像】舎弟を名乗ると桃次郎に念を押すロケマサ | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

桃次郎は、目線も上げず、残務整理をしたらというと、ロケマサはすぐに消えろと言い放つ。

福岡県警察本部

月輪会会長宮本は警察に呼ばれていた。

福岡県警のお偉方が集まり、会議する。

抗争が終結したのは宮本の功績だと一定の評価をしているという池田警視監。池田は、月輪会壊滅の方針を変えるつもりはないという。しかし、警察もそれにかかりっきりにはなれない。余命をのばしてやるという。長井と大塚。

それに感謝しているという宮本。

長生きするための改革案を持ってきたのだろうなと宮本に確認する。その場しのぎなら納得しないと。

宮本は、月輪会を解散し、月輪組にするという。

【画像】月輪会を解散、月輪組にすると改革案を警察に話す宮本 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

【画像】月輪会を解散、月輪組にすると改革案を警察に話す宮本 | 引用元:ドンケツ 第181話① 漫画:たーし

ドンケツ 第181話①ネタバレ感想・まとめ

ロケマサは、きっと桃次郎のことは評価している。評価しているからこそ、舎弟にしたはずだから、桃次郎の気持ちも多少は理解してやれてるのだろうけど。自分のところでは日本一になれないのかという苛立ちと、自分の舎弟である限り、成長が見込めないなら破門という感情と桃次郎のことを思っての行動なのか。

それともただ裏切られたと思っての怒りなのか。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!