ドンケツ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ ネタバレ感想『ロケマサの息子』

【画像】あれから三年 | 引用元:ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ 漫画:たーし

【画像】あれから三年 | 引用元:ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ 漫画:たーし

  • ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ ネタバレストーリー・あらすじ

あれから三年。

ロケマサもついに50歳になる。ロケマサは、変わらずの飲み仲間と路上で酒盛り。子供の頃、50といえばジジイ手前の扱いやったというロケマサ。

飲み仲間に50歳になって変化はあったかと聞かれるロケマサ。ロケマサは寧ろ強くなったと服を脱ぎ出す。

拳は岩を砕くし、フルマラソンは3時間を軽く切る。米は5合食う。どこまで強くなるんだと自分の強さを試したいロケマサ。

変わったといえば、シンが髪の毛を切った。街のワルもすっかり様変わりして、月輪会は月輪組になって本部を移した。でもロケマサは変わってない。

【画像】ロケマサの息子 | 引用元:ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ 漫画:たーし

【画像】ロケマサの息子 | 引用元:ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ 漫画:たーし

ロケマサの息子は、自分のルーツを求め、父親に会いにいうという。母親は止める。ガッカリするだけだと。しかし、感動の対面をするためではなく、最強の肉体が遺伝と訊いて、自分の父親がどれほどのものか見てやるという。

ドンケツ 第二章なんちゃってプロローグ ネタバレ感想・まとめ

ロケマサの息子が出てくるのか。歳とるごとに強くなっていく遺伝子なら、父親のほうが強いだろうな。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想『第一部完』

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ

ロケマサは野良犬に睨みを利かせ、

道端の一般人にも睨みを訊かせ、家に帰ってくる。

家の前で、桃次郎、タツオ、レオ、時定が待っていた。

桃次郎が、ロケマサに挨拶すると、ロケマサはまだいたのかと睨みを利かせる。

桃次郎は、ロケマサの許しがあるまで発てないという。

ロケマサは、破門したんだから消えろという。

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

しかし、桃次郎は破門は受け入れられないと強情を張る。

ロケマサの舎弟をやめるつもりはない。ロケマサは盃を返せというも拒否する桃次郎。

ロケマサは握りこぶしに力を込めて、いいかげんにしろというも桃次郎は、破門は受け入れられないと一切引かない。

ロケマサは桃次郎を殴り飛ばす。

強情だしたのを後悔しろと怒鳴る。

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は立ち上がり、ロケマサの舎弟のまま死ねるなら上等だと。そして閻魔にロケマサの舎弟を全うしたと報告するという。

桃次郎は、口の中の血を吐き出し、兄弟の契りを舐めるなとロケマサに怒鳴る。

ロケマサは桃次郎をまた殴り、誰に講釈タレよんじゃと怒鳴る。

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は再び立ち上がり、オレのこともナメてんだろと言い返す。誰とでも盃を交わすようなチンケな男ぐらいに思ってるならふざけるなと。白鷺の親分以降は、ロケマサだけだという。

ロケマサと本気で一蓮托生できると思えたから舎弟になった。盃の重みを人一倍わかった上だと。

そんな舎弟が考え合っての行動しようとしてる汲み取れ。舎弟のわがまま認めてやれる度量くらいあるだろうとロケマサに言い返す。

ロケマサは、桃次郎を殴る。殴る。殴る。殴る。破門いうたら破門だと。度量もクソもない機嫌を損ねたら破門だと。

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

タツオたちが三人がかりでロケマサのカラダを抑え、桃次郎をかばう。

ロケマサはタツオたちも殴り飛ばす。

桃次郎は、立ち上がり、変える場所はここしかない。帰れる家がないと強くなれない。無宿の風来坊なんてイヤだと。身内がいないと戦えない。使命感持って旅をさせてほしいと訴えかける。

それでもロケマサは桃次郎の胸倉を掴み、ワシはどうするんだと問う。誰と遊べばいい。誰と飲めばいい、ガキらになにができる。桃次郎の代わりが務まるとでも思ってるのか。ワシのヒマはどうする。ワシの野放しにするつもりか。ワシの制御はだれがするんじゃいと桃次郎を殴りまくる。

そして、桃次郎を殴るのをやめて、ちょっとの間、辛抱するというロケマサ。

改めて、桃次郎はロケマサに別れを告げて旅立つ。

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ

破門といったのは桃次郎のためかと思ったら、本当に感情的なものだったのか。ロケマサのことを見誤っていたw

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ドンケツ 第182話②ネタバレ感想『宮本と渡瀬の本当の別れ』

【画像】新しい月輪組に迷惑をかけるという渡瀬 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】新しい月輪組に迷惑をかけるという渡瀬 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話②ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話②ネタバレストーリー・あらすじ

港の人気のないところで、月輪組の宮本と、孤月組の渡瀬が密会。

渡瀬は運転手にシンを連れて、現れる。

宮本に、月輪組には合流しないことを告げる。

謝る渡瀬。

宮本は、自分のことがキライになったかと聞くと、とんでもないと答える渡瀬。

地域住民から支持される昔気質の任侠団体として月輪会を立て直そうとしている宮本に孤月組が戻れば迷惑をかける。

孤月組は、自分の教育が悪いのか、任侠道から大きく外れた育ち方をしている。恥ずかしながら月輪組の信念にはそぐわないという。

宮本はそれでも鬼子でも受け止めるという。渡瀬の子分なら。

渡瀬は、自分がつらいという。宮本が頭を下げなければならない状況になると思うと。それが自分の原因となると。

ロケマサとチャカシンもいるしというと、いい親分になったと渡瀬のことを褒める宮本。

月輪組の跡目は渡瀬に任せようと思ったのだが残念だと渡瀬の言い分を受け入れる宮本。

渡瀬は、懐から宮本との盃を出し、これで本当の別れだといい、割ろうとする。しかし、宮本はそれを止める。

【画像】心まで離れるわけじゃないという宮本 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】心まで離れるわけじゃないという宮本 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

さびしいことするな。こんなことで渡瀬との縁が切れるのはさびしすぎるという。心まで離れるわけじゃないからと。

渡瀬は、盃を割らず、宮本と分かれる。

車の中で盃を見つめる渡瀬に、シンは、月輪会は好きじゃないが、渡瀬が月輪会のために戦えというなら喜んで戦うという。その言葉に少し救われる渡瀬だった。

【画像】渡瀬のためなら好きじゃない月輪会のためでも戦うというチャカシン | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】渡瀬のためなら好きじゃない月輪会のためでも戦うというチャカシン | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

ドンケツ 第182話②ネタバレ感想・まとめ

実際問題として、孤月組が月輪組に与さないとするなら、月輪組として孤月組をどう扱うのだろうか。

警察に言った以上、月輪組が幅を利かせて、そういう団体を縮小していきながらも統制をとっていく。

【画像】新しい月輪組の方向性 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

【画像】新しい月輪組の方向性 | 引用元:ドンケツ 第182話② 漫画:たーし

ただ、別の組織も地域住民に悪さしてなければ、衝突はしないのか。地域住民に迷惑をかけていないなら任侠団体の月輪組としてはスルーしてもいいということか。

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!