ゆるキャン△ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。

ゆるキャン△ 第12話ネタバレ感想『焼肉キャンプで豚串を堪能するリンとなでしこ』

【画像】牛鬼を見たと絶叫するリン | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

【画像】牛鬼を見たと絶叫するリン | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

  • ゆるキャン△ 第12話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゆるキャン△ 第12話ネタバレ感想・まとめ
  • ゆるキャン△ 概要
  • ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゆるキャン△ 第12話ネタバレストーリー・あらすじ

リンとなでしこの隣のキャンパーの姉は、酒を飲んで泥酔していた。

リンとなでしこは、鍋を作り出す。

昆布ダシつゆに、人参、白菜、長ネギ、豆腐一丁と塩を刷り込んだ鱈を2~3切れいれて蓋をする。

スープというより鱈鍋だというリンに、焼肉がメインだから具は少なめだというなでしこ。

それよりも豚串がファイヤーしてることに気付き、慌てるリン。

危うく、せっかくの肉が炭になるところだった。

【画像】炭火グリルで火力調整する方法 | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

【画像】炭火グリルで火力調整する方法 | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

炭火グリルでは、場所ごとに炭の量で火力調整する。特に冬は焼けた肉を皿に出しておくとすぐに冷めてしまうので、保温ゾーンを作っておくと便利。

ダイブ暗くなってきて、気温が下がってきた。リンはくしゃみをする。

怪人ブランケットになるなでしこ。リンの分もあると不敵笑い。

プチ鱈鍋スープもでき、肉も焼けた。

弟は、姉が教師をやっていけるか心配だという。ビールを学校に持ち込んで昼に一杯やりそうだと。

そこにリンとなでしこがテントにやってくる。

さっきの御礼で、肉と鱈鍋スープを持ってくる。

弟が返しにジャンバラヤをリンとなでしこにおすそ分け。

姉は、本栖高校の教師になる予定のようだ。

【画像】姉のほうが本栖高校の教師か | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

【画像】姉のほうが本栖高校の教師か | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

リンとなでしこは自分たちのテントに戻り、食を楽しむ。

貰ったジャンバラヤも美味しい。鱈鍋スープも昆布つゆがしみて美味しい。

そして、肉は、麦飯の上に乗せて豚串のせご飯にして堪能する。

食べ終わったけど、炭はまだ熱い。炭を利用して焚き火をする二人。

リンは、なでしこに引っ越しする前はどこに住んでいたのかと訊く。

【画像】大きな富士山が見れて嬉しかったというなでしこ | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

【画像】大きな富士山が見れて嬉しかったというなでしこ | 引用元:ゆるキャン△ 第12話 漫画:あfろ

浜松の端っこの町だという。そこからだと富士山は小さくしか見れないから、本栖湖で初めて大きな富士山を見れたときは嬉しかったという。

そろそろ就寝にしようとするリンたち。

リンはなでしこに化粧水を渡し、焚き火で顔が感想するからと。

寝袋に入ったリンは隣のテントで寝るなでしこにキャンプに誘ってくれて感謝しているという。今度は私から誘うと。それに笑顔になるなでしこ。

夜中、トイレに出たリンは、嘔吐する姉がオバケに見えて悲鳴を上げて逃げる。

結局、なでしこのテントに入り、寝るリン。

朝起きると、なぜかリンが自分のテントで寝ていることをしり笑顔になるなでしこ。

ゆるキャン△ 第12話ネタバレ感想・まとめ

弟くんが、今後関わりがあるのかなと思ったら、泥酔姉が教師か。

LINEマンガ『ゆるキャン△』を読んで。

ゆるキャン△ 概要

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。

ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想『炭の火おこしに成型炭』

【画像】肉を焼きたくてたまらないリン | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】肉を焼きたくてたまらないリン | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

  • ゆるキャン△ 第11話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想・まとめ
  • ゆるキャン△ 概要
  • ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゆるキャン△ 第11話ネタバレストーリー・あらすじ

リンとなでしこで、焼肉キャンプをするために四尾連湖にきていた。

四尾連湖は、本栖湖の北西に位置する小さなカルデラ湖。江戸時代には、富士八海のひとつとして数えられた紅葉の名所。ここでは、丑三つ時になると昔武士に倒された牛鬼の亡霊が湖面に現れるという言い伝えがあるとかないとか。

なでしこは、なにかの石碑に牛鬼の亡霊が出ないように拝み倒していた。

なでしこの祖父と電話しているなでしこの母。祖父に似たという。

リンたち以外には一組のキャンパーしかいない。貸切状態で喜ぶリンが、牛鬼の亡霊の話を聞いてから怖がる一方。リンは、都市伝説だけど、心配なら丑三つ時よりも早く寝ればいいというと、その手があったかと浮かれる。

テントを張る場所は、直火OKのグリーンサイトにしようとリン。

なでしこがリンのテントが変わっているという。

テントには、本体をフレームに吊るして設営する「吊り下げ式」と、本体のスリープにポールを通して設営する「スリープ式」がある。

【画像】テントの種類「吊り下げ式」「スリープ式」 | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】テントの種類「吊り下げ式」「スリープ式」 | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

細かい違いはあるが普通のキャンプに使うならあまり差がない。なれれば設営の手間もだいたい同じ。

ものによっては、片側だけポールをいれるだけで反対側が固定されるスリープ式テントや、フックの箇所を減らして早く設営できる吊り下げ式テントもあるが、その分高い。

テントの下に敷いているのは、グランドシート。敷いておけばテントが汚れないし、片付けるの楽だというリン。

500円ぐらいのレジャーシートで十分だというと安さに感激するなでしこ。

テントも設営し、ココアを飲む二人。

なでしこは、リンにいつ頃キャンプを始めたのか聞いた。

中1の冬からだと答える。祖父がアウトドア好きで前使ってたやつを貰ったからという。

なでしこは、写真を取りにいってくるとい、リンは炭おこししておくかと焚き火台を取り出す。

なでしこは写真を取りにうろついると隣のキャンパーのテントに遭遇。挨拶するなでしこ。

なでしこはさらに良い風景と取りたくて、階段を登っていく。

リンの炭火ほうは火が消える。着火剤をケチったせいかと次は一枚丸ごといれてみる。

なでしこは、階段を登り、いい風景をゲットする。

おなかの虫が鳴き、プチ鍋の準備しておこうとテントに戻る。リンが暗い感じになってる。火おこしに失敗していた。

なでしこは自分にはよくわからないから、隣のキャンパーを呼んできた。

【画像】炭の火起こし | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

【画像】炭の火起こし | 引用元:ゆるキャン△ 第11話 漫画:あfろ

炭に火がつかない説明をすると、備長炭は普通の炭よりも火がつきにくといい、成型炭を持ってきてこれを使うといいといってくれる。

成型炭は、オガクズや炭の粉末を固めた炭。ライターで簡単に火が着く。火持ちは少し短いが成型炭でもバーベキューは十分に楽しめる。

実際にやってみるとすぐに火がついた。しばらくして全体が赤くなったら火バサミで砕いてまんべんなく広げる。あとはその上に備長炭を並べて、火がつくのを待つ。

すると、備長炭にも火がついた。リンはその若者に感謝する。

早速、焼肉しようと肉を取り出すリン。

ゆるキャン△ 第11話ネタバレ感想・まとめ

成型炭と備長炭を買っていくといいのか。

新キャラの爽やかイケメン男子が出てきた。カップルかと思ったら姉か。なでしこたちといい感じになっていくのか。キャンプ仲間として。

LINEマンガ『ゆるキャン△』を読んで。

ゆるキャン△ 概要

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。

ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ゆるキャン△ 第10話ネタバレ感想『焼肉キャンプの買出し』

【画像】備長炭直火焼きで焼肉キャンプに胸高鳴らせるリン | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

【画像】備長炭直火焼きで焼肉キャンプに胸高鳴らせるリン | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

  • ゆるキャン△ 第10話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゆるキャン△ 第10話ネタバレ感想・まとめ
  • ゆるキャン△ 概要
  • ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゆるキャン△ 第10話ネタバレストーリー・あらすじ

リンとなでしこは、姉の車でキャンプ場に向かう。

食材は途中で買出しするという。

なでしこは、もう何かを食べ始めてる。

焼肉用の食材を買いにスーパーにやってきた。

肉を何かうかと聞かれ、豚バラ、カルビ、豚トロ、ホルモン、ハラミ、タン、ロースを呪文のように呟く。

今回の焼肉は、備長炭で直火焼き。外ごはん効果で3倍美味しいとすれば、絶対ヤバイと期待を膨らませるリン。

【画像】肉はカルビとバラしかなかった | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

【画像】肉はカルビとバラしかなかった | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

しかし、焼肉用の肉はカルビとバラしかなかった。豚串や焼き鳥ならあるとなでしこ。

炭火焼だったら、串ものも美味しい。炭焼きならハンバーグというのも手だと。当初の予定とはズレたけど肉を籠に入れるリン。

なでしこは惣菜コーナーに釘づけになってた。

レジにあおいがいた。先週からバイトしてると。

富士五湖よりも知名度は低いけど、紅葉でそこそこ有名な四尾連湖だというリン。

到着すると湖がキレイ。

係りの人に声をかけられ、予約したものだと名乗るなでしこ。

テントを設営できるサイトは、対岸にあって、車では入れないので、湖周の道を歩いてといわれる。

ここで姉とは別れる。

四尾連湖は、紅葉以外にも牛のオバケの言い伝えも有名らしいとリンがいうとずっこけるなでしこ。

【画像】牛のオバケと聞いて凍りつくなでしこ | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

【画像】牛のオバケと聞いて凍りつくなでしこ | 引用元:ゆるキャン△ 第10話 漫画:あfろ

ゆるキャン△ 第10話ネタバレ感想・まとめ

アホな子、なでしこ。暗いところも怖がりだったし、お化け系の話はめっぽう弱いのか。

LINEマンガ『ゆるキャン△』を読んで。

ゆるキャン△ 概要

オフシーズンの一人キャンプが好きな女子高校生の志摩リン。リンが富士山の麓で冬の一人キャンプを楽しんでたところ、日帰りのつもりが日没まで居眠りして遭難しかけていた同じ本栖高校の生徒、各務原なでしこを助ける。なでしこはリンのと出会いをきっかけにキャンプに興味を持つようになり、高校の同好会である「野外活動サークル(野クル)」に入部し、メンバーとも関わりながら、毎週のようにキャンプに出かけるようになり、皆とのキャンプに夢中になっていく。一方、仲間とつるんで行動するのが苦手なリンは、一緒に同好会に入らないかというなでしこの誘いを断るが、スマートフォンのSNSを介して、なでしこや野外活動サークルのメンバーと繋がりを持つようになり、互いにキャンプ中の状況を実況したり、キャンプ先の写真を送りあったりして関わるうち、徐々にキャンプ場の情報やキャンプ道具、野外調理に関するノウハウを交換したり、誘われたりして、時々ではあるが行動を共にするようになる。

ゆるキャン△を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!