彼方のアストラ ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

西暦2063年、「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。5012光年の彼方からメンバー全員が協力しながら様々な苦難を乗り越え、最後には遭難事故を起こした犯人を突き止める。無事に帰還してからは、遭難事故の裏にある陰謀を暴き、メンバーそれぞれが人間的に成長を果たす。

彼方のアストラ 第1話ネタバレ感想『惑星キャンプ初日に遭難』

【画像】アニメ放送中 | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

【画像】アニメ放送中 | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

  • 彼方のアストラ 第1話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼方のアストラ 第1話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 彼方のアストラ 登場人物・キャラクターまとめ
  • 彼方のアストラ 概要
  • 彼方のアストラを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

彼方のアストラ 第1話ネタバレストーリー・あらすじ

西暦2063年。

アリエスはキャンプの準備をしていた。惑星マクパに出発するアリエス。

宇宙港にて、電動一輪に乗ったひったくりに遭うアリエス。

ひったくりを追いかけて走るカナタ。

カナタは、噴水を飛び越えて、ひったくを膝けりを食らわせて捕まえる。

ひったくから荷物を取り戻したカナタはアリエスに渡す。

パトロイドが到着。パトロイドはひったくりを窃盗の容疑で逮捕ではなく、カナタを暴行容疑で逮捕する。

惑星マクパへのキャンプ参加者が集合していた。

アリエスが、そこに走ってくる。

自己紹介をするアリエス。

ケアード高校B5班の惑星マクパのキャンプの日。教師は、生徒を惑星マクパに送り届けたらUターンして帰還する。生徒のみで五日間を過ごすのが惑星キャンプの醍醐味。メンバーの選出は無作為。ほとんどのものが初対面。絆を深め、宇宙を肌で感じていい体験にしてほしいという教師。

キトリー・ラファエリを呼ぶ教師。フニシア・ラファエリはキトリーの妹。今回はフニシアもメンバーとして参加する。惑星キャンプには各班にひとつずつ特別課題が出される。この班への課題は10歳の少女を同行させる。

最後にパトロイドに連れられ、カナタがやってくる。

宇宙船は、惑星マクパに向けてワープする。

アリエスは、改めて宇宙港でのことをカナタに感謝する。御礼に冷凍みかんをカナタにあげる。

カナタに、キャプテンに立候補したのかと聞くアリエス。

カナタは、探検家になりたい。自分の船を持って、隊員を引き連れて、誰も行ったことない惑星にいきたい。キャプテンの仕事はその一歩になると。

恩人がきっかけて目指すようになったという。

惑星マクパに到着した生徒は、外に出る。宇宙船は、五日後に向かえにくると離陸していく。

ロッジに移動しようとカナタが仕切る。

【画像】謎の球体が出現 | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

【画像】謎の球体が出現 | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

突然、球体の何かが出現。

見たこともない球体。その球体がカタナたちに近づいてくる。

惑星マクパは自然公園だから演出だと球体に触ると、体が引き込まれていく。

一人が球体の中に吸い込まれ消える。それをみたほかの生徒たちは走って逃げ出す。

しかし、次々と吸い込まれていく生徒たち。最後のカナタも吸い込まれていった。

カタナたちが次に現れたのは宇宙空間。他のみんなもいる。

ヘルメットの通信で連絡を取り合う。

皆、混乱している。学校への連絡を試みようとするも通信係が装置を手放してしまったという。

避難する場所を探すと、近くに宇宙船が漂っていた。

宇宙船に向かうカタナたち。

呼びかけても中からの応答がない。電源は生きているようだからと、中に入るカナタたち。

全員いるか確認すると一人足りない。

アリエスが宇宙空間で回ってる。

通信もスラスターも壊れているようだ。

スラスターの燃料も少ない。助けにいくのは危険だという。

カタナは恩人の最後を思い出していた。崖から落ちる恩人が最後に残した言葉「絶望した時は強がれ」。

【画像】絶望という言葉が嫌いなカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

【画像】絶望という言葉が嫌いなカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

カナタはワイヤーを使って、アリエスを救出にいくという。

スラスターを慎重に噴射してアリエスへと向かっていく。

アリエスもカナタの存在に気付く。

しかし、ワイヤーが伸びきってもアリエスの場所までとどかなった。

【画像】命綱も捨ててアリエスを助けにいくカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

【画像】命綱も捨ててアリエスを助けにいくカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

カナタはワイヤーを外し、スラスターでアリエスのところまで行く。

その後、ワイヤーまでたどり着けて宇宙船に戻れたカナタとアリエス。

船の通信機で学校に知らせようというも、通信機に重要なパーツが紛失しているようだから、替えのパーツがない限り、復旧は無理だという。

助けにくるまでの時間は、惑星マグパまで9光年で船がでれば4時間で到着だと。

しかし、救助がくるかわからないという。

球体に飲み込まれ、惑星マクパの上空に飛ばされたと思ったが、船の下の惑星はマクパとは似ても似つかない生命反応もない別の惑星。現在位置の計算結果がでた。

現在時は、5012光年離れた宇宙にいることが判明した。

1日目にして、宇宙の彼方で遭難した。

【画像】5012光年の彼方に飛ばされ遭難したカナタたち | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

【画像】5012光年の彼方に飛ばされ遭難したカナタたち | 引用元:彼方のアストラ 第1話 漫画:篠原健太

彼方のアストラ 第1話ネタバレ感想・考察・まとめ

球体は、何らかのワームホール現象だったのだろう。ルカが吸い込まれた時、ヘルメットしてて良かった。してなかったら、飛ばされた先は宇宙空間だから。

少年ジャンプ+『彼方のアストラ』を読んで。

彼方のアストラ 登場人物・キャラクターまとめ

カナタ・ホシジマ
本作の主人公でもある男子。将来の夢は宇宙探検家。リーダーシップはあるが抜けたところもある。中学1年生のときに山で遭難したことがあり、サバイバルの経験と知識を持っている。陸上十種競技の選手で運動能力が高い。メンバー顔合わせの時にキャプテンに立候補する。

アリエス・スプリング
本作のヒロインにしてもう一人の主人公。朗らかな性格でやや天然なところがある。オッドアイの持ち主。よく言葉や名前を言い間違える。一度見たものを忘れない映像記憶能力がある。B5班の書記で、航海日誌という形で帰還までの旅を記録している。好奇心が旺盛で大食漢。

ザック・ウォーカー
IQ200を誇る男子で眼鏡をかけている。宇宙船の操縦免許を持ち、科学者志望。船のジャンクパーツで可食判定機を作ったり、壊れたスーツを修理したりと、機械的な知識も豊富。

キトリー・ラファエリ
褐色の女子。素直に周囲と打ち解けられない性格だったがほどなくして心を開いた。ザックと家が隣同士の幼なじみ。家は病院で、本人も跡を継ぐため医学を専攻している。その知識を活かし、メンバーの救護も担当する。

フニシア・ラファエリ
キトリーの義理の妹[注 3]で、フニと呼ばれている。「10歳の少女を同行させる」というキャンプの課題のためにメンバーとして参加した素直な少女。ビーゴ(声 – 龍田直樹)という、思っていることをアニメキャラの喋りで再生するパペット人形を持っている。

ルカ・エスポジト
誰とでも積極的にコミュニケーションを取ることができる、調子のいい性格の小柄な男子。一人称はオイラで語尾は「っす」。手先が器用で絵も上手く、船内のちょっとした修繕やメンバーの整髪も担当する。父親は上院議員だが実の親子ではない。

シャルス・ラクロワ
生物に関する知識が豊富な男子。二枚目だが、生物への愛情が強すぎて、変態っぽいと思われることもある。料理も得意でメンバーの食事を作っている。ヴィクシア王政地区の貴族出身ということが途中で明かされる。

ユンファ・ルー
黒髪で眼鏡の女子。長身。引っ込み思案であまり喋らず、自分が皆の役に立っていないという劣等感を持っている。母親はルーシー・ラムという有名な歌手であり、本人も歌が好きで母親ばりの歌唱力を持っている。

ウルガー・ツヴァイク
ニット帽を被って片目が前髪で隠れている男子。態度は尊大で皮肉っぽく「うるさい黙れ」が口癖。中盤までは他のメンバーと積極的に関わろうとしなかった。父親はケアード高校の教頭。

ポリーナ・リヴィンスカヤ
惑星イクリスの宇宙船で、コールドスリープ状態になっていた宇宙飛行士の女性。コールドスリープ開始時の年齢は28歳。機関士として惑星探査の任務に当たっていた。同乗していた仲間はイクリスに棲む生物に襲われ全滅。カナタたちにより救助され、以後の旅に同行する。メンバーからは「ポリ姉」と呼ばれる。

彼方のアストラ 概要

西暦2063年、「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。5012光年の彼方からメンバー全員が協力しながら様々な苦難を乗り越え、最後には遭難事故を起こした犯人を突き止める。無事に帰還してからは、遭難事故の裏にある陰謀を暴き、メンバーそれぞれが人間的に成長を果たす。

彼方のアストラを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。