盾の勇者の成り上がり ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

盾の勇者の成り上がりのネタバレ感想。
盾の勇者の成り上がりについて。

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 最新刊コミックス第11巻 7月23日(月)本日発売

盾の勇者の成り上がり 最新刊コミックス第11巻 7月23日(月)本日発売 | 盾の勇者の成り上がり

盾の勇者の成り上がり 最新刊コミックス第11巻 7月23日(月)本日発売 | 盾の勇者の成り上がり より引用

  • 盾の勇者の成り上がり 最新刊コミックス第11巻 7月23日(月)本日発売
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 最新刊コミックス第11巻 7月23日(月)本日発売

アニメ化決定! 絶望の底から這いあがる不屈の成りあがりファンタジー!

弓の勇者・樹の仲間、リーシアが冤罪をでっち上げられて解雇!?
自らのつらい過去を思い出した尚文は怒って樹のところへ怒鳴り込みに行くが・・・。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

盾の勇者の成り上がり 第45話ネタバレ感想『着ぐるみにこだわるリーシア』

着ぐるみを着させて欲しいと言い出すリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話

着ぐるみを着させて欲しいと言い出すリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

  • 盾の勇者の成り上がり 第45話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 盾の勇者の成り上がり 第45話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第45話ネタバレストーリー・あらすじ

イツキに不当に解雇されたリーシアを一時的に仲間に加えたナオフミ。

改めて、ラフタリアとフィーロにリーシアを紹介する。

リーシアはビクビクしながらラフタリアたちに挨拶をする。

おどおどするリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話

おどおどするリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

ラフタリアは、ナオフミは口は悪いけど悪い人じゃないとリーシアに教える。

リーシアは早速ひとつ要望を出す。

着ぐるみを着させて欲しいと。

ナオフミは理由を訊ねる。

イツキのパーティから追い出されたときに取り上げれ荒れたのでというと、強要されていたのではないかと聞くナオスミ。強要はされていたけど、落ち込んでいるときも気付かれずにすむので良いというリーシア。

着ぐるみ着ていると落ち込んでいても気付かれずにすむと答えるリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話

着ぐるみ着ていると落ち込んでいても気付かれずにすむと答えるリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

船の目処がたったので、城に戻るというナオフミたち。

ペンギンの着ぐるみを着たリーシアはキョロキョロしている。

ナオフミは、リーシアにイツキなら別の船だからここにはいないといい、イツキに会うのはしばらく禁止と言い渡す。

リーシアにイツキに会うことを禁ずるナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第45話

リーシアにイツキに会うことを禁ずるナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

イツキもムキになっているから顔を合わせてもいいことは何もない。

リーシアは、イツキのことを悪く言わないで欲しいという。

ラフタリアは、あんな目にあったのにまだ庇うのかと聞く。

リーシアにとって大切な人なんだとリーシアの手を掴む。イツキもいつかはわかってくれると、一緒に頑張りましょうというと、リーシアはラフタリアも?聞く。そこにフィーロもとやってくる。

そんな女子三人の結束を見て、疎外感を感じるナオフミ。意気投合したならいいかと思う。

城に帰ると、メルが迎えてくれる。女王は公務もことを聞くも滞りないと報告する。

腕に覚えのある者の候補をまとめておいたと書簡を女王に渡すメル。そのなかで、三勇教に肩入れして投獄もしくは左遷されたものは省いてあると注釈をつける。

メルロマルクの次の波までは約二週間。それまでにできるだけのことをしておかなければカルミラ島での波の教訓はいかせない。

その他に要望があればできるかぎり対応するという女王。その言葉に甘えてナオフミは国の倉庫を物色させてもらう。素材を盾に吸わせてもいい許可を貰い、素材を物色するナオフミ。女王は鍛冶師に要望の品を作らせることもできるというが、ナオフミは贔屓にしている店があると断る。

武器屋のおっちゃんのところにやってくるナオフミたち。

店のオヤジは島はどうだったかと聞く。ナオフミは、数日でレベル30以上も上昇したというと驚愕するオヤジ。長い活性化の期間内でも25いったら過労で倒れるぐらいレベルで、30あがったなんて聞いた事ないという。

レベル30以上の上昇は過労で命を落とすレベルだという武器屋のオヤジ | 盾の勇者の成り上がり 第45話

レベル30以上の上昇は過労で命を落とすレベルだという武器屋のオヤジ | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

盾の性能に奴隷や魔物への成長補正などがあるのかと考える。伝説の武器の加護か。

早速、本題に入るナオフミ。今の自分たちに合う最高の武器防具を仕立ててくれ。代金は国が請け負うと紙を渡す。内容を見て、希少な素材もある。島でとった物や城の倉庫にあったものの一部だ。必要があれば、追加で用意できるというナオフミ。

武器屋のオヤジに最高の武器防具を注文するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第45話

武器屋のオヤジに最高の武器防具を注文するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

店のオヤジは、ラフタリアやフィーロはいいとして、寝間着みたいなものを着ているのは新しい仲間とリーシアのことを聞く。獲物はなにを使っていることかと聞く。

リーシアは剣と答えるも、着ぐるみを脱いでもらわらないと見繕えないという。リーシアは「ふええ」というばかり。

ナオフミは、リーシアが魔法が得意といっていたから、できれば後衛をまかせたいと考えていることを伝えると、どっちもやりますと答えるリーシア。

リーシアの手を見て、オヤジは、レイピアが良さそうだが、後衛をやるなら魔法加護がほしい。弓か槍という選択肢もあるが、力がいるからリーシアには不向きかもという。

弓というキーワードがでてきて、リーシアは弓はダメだと叫ぶ。イツキと被るのが嫌かと聞くナオフミ。リーシアは、みなさんに当ててしまいそうでとしょぼくれる。

ナオフミはとにかくオヤジに頼んだと丸投げする。

リーシアは、せっかく着ぐるみいただいたのに、またとられてしまいましたと肩を落とす。改良に預けただけだというナオフミ。

着ぐるみが素晴らしくなると考えるとテンションあがるリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話

着ぐるみが素晴らしくなると考えるとテンションあがるリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

ラフタリアはあの店のオヤジさんは腕がいいので、きっと素晴らしい装備になるというと、リーシアは、すばらしい着ぐるみになると思ってテンション上がる。

そこにラフタリアに飛びつく少年がいた。

キールだ。ラフタリアを心配していた。

キールは、ナオフミを見て、ラフタリアを奴隷にして無理矢理戦わせているんだろと突っかかる。

ラフタリアは、キールを抱っこして、「無理矢理ではない」と訂正する。

ナオフミは、「危ない目にはあわせている」というとラフタリアが混乱させないでいう。

キールはこれから自分も波と戦うと言い出す。島で波があって、ラフタリアが危ない目にあった。ラフタリアが戦うなら自分も戦うというキール。

キールが波の戦いに参戦したいというもラフタリアが反対する | 盾の勇者の成り上がり 第45話

キールが波の戦いに参戦したいというもラフタリアが反対する | 盾の勇者の成り上がり 第45話より引用

ラフタリアは怖い目をして、軽々しく戦うというのはダメだと。

理由を聞くキール。ラフタリアは、キールは弱いといおうとしたときナオフミが止める。

ナオフミはキールに自分のところで強くなる気があるかと聞く。戦いに引き込もうとしていることにラフタリアは声を上げるもナオフミは、キールの気持ちはラフタリアと同じだという。それに強くなろうとするのは悪いことじゃないと。

ナオフミは、ラフタリアを危ない目に合わせている俺のところではいやかと聞くと、かまわない。強くなってラフタリアやみんなを守るというキール。決まりだなと笑うナオフミ。

改めて自己紹介をさせるナオフミ。

リーシア=アイヴィレッドが名乗り、キールが名乗る。フィーロもラフタリアも名乗る。

次はナオフミだというラフタリア。キールは我慢できず、挙手して、目標は一番強くなることだと宣言する。

それに負け時とリーシアもキールのように一番強くなると宣言する。

ナオフミはいい覚悟だといい、二人に奴隷になれと言い出す。

盾の勇者の成り上がり 第45話ネタバレ感想・考察

奴隷になれというのはどんな修行なのだろうか。

キールはリーシアのカンフル剤にもなって相乗効果がありそうだ。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

盾の勇者の成り上がり 第44話ネタバレ感想『目障りになったリーシアを冤罪で解雇するイツキ』

リーシアのことが気になるナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話

リーシアのことが気になるナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

  • 盾の勇者の成り上がり 第44話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 盾の勇者の成り上がり 第44話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第44話ネタバレストーリー・あらすじ

フィーロは泳ぎたい、海で泳いできたもいいとナオフミにわがままを言う。

夜の海で泳ぐ気かと咎められるも駄々をこねるフィーロ。

焦らなくてもしばらくは島で足止めだからとフィーロを宥める。

船の被害がひどい。波のボスも大きすぎて解体を頼んでいるが現状は後回し。島の活性化の影響のない沖まで出ないと転送スキルは使えない。しょうがない。

それを聞いた上でフィーロは、泳いで着て言いかとナオフミに聞く。

ナオフミは、だから明日にしろと。さっき温泉に入ったばかりで、ベタバタのまま寝るのかという。

そんな時、浜辺に人影を見つけるラフタリア。

モトヤスとリーシアの組み合わせ。フィーロは泳ぐのかなと聞くもナンパだろとため息をつく。

ナオフミはモトヤスに一言いうために近づいていく。

ナオフミに声をかけられてビクっとするモトヤス。ナオフミはモトヤスのことを節操がないといい、いくらなんでもと説教をしようとするも、モトヤスはナオフミの肩を掴んで、リーシアを頼むという。

泣いているリーシア。

自分の後始末は自分でやれと、リーシアを泣かした責任がモトヤスにあると決め付ける。

モトヤスは、手なんかだしてないナオフミじゃあるまいしというとギロリとモトヤスを睨むナオフミ。

モトヤスは、とにかく頼んだとどこかに去っていく。

リーシアは、モトヤスのせいで泣いているわけではないという。モトヤスは本当に自分のことを心配してくれていただけだと主張するリーシア。

泣くも理由を言わないリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第44話

泣くも理由を言わないリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

ナオフミは、昼間のことでイツキに咎められたのかと聞くもリーシアは原因も言わず、気にしないでというばかり。

部屋に帰ってきたナオフミだが、気になるだろと呟く。

ラフタリアも気になるけど、無理に聞き出してもかえって傷つけてしまうような気がするという。

ナオフミはイツキの部屋の前まできていた。

ラフタリアに言われたように深入りしないほうがいいとわかっているつもりだが、足がイツキの部屋に向いていた。自分はどうかしている。気なってしまうのはきっと、自分に似ているからだろうと。

部屋の中から笑い声が聞えてくる。イツキはノン気に笑っている。自分の考えすぎか。

何もないならそれでいいと帰ろうとすると、廊下の向こうでリーシアがこちらを覗いているのが見える。

ナオフミと目があって、逃げるリーシア。

ナオフミは翌日モトヤスのところにいき、リーシアのことで知っていることを全部話せと迫る。

モトヤスにくっついている女たちがナオフミを嫌がる。モトヤスがみんな嫌がっているというもナオフミには関係ない。嫌がらせておけという。

それよりも昨夜の件、頼むと言われてもなんのことかわからんでは困ると理由を説明しろと迫る。

モトヤスは人払いをして、話すかわりに、後のことは全部任されてくれと深刻な顔をする。モトヤスのそんな顔は珍しい。

モトヤスは、ああいう状態の子は苦手で。だから頼むという。

最初は、なんで泣いているのか心配でちょっとしつこいぐらいに声をかけた。

そしたら、ぽつぽつと話してくれた。

イツキの大事な腕輪が壊れている | 盾の勇者の成り上がり 第44話

イツキの大事な腕輪が壊れている | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

リーシアが部屋に帰ると、イツキが壊れた腕輪についてリーシアに質問をしてきた。

壊れた腕輪を見て、イツキが大切にしているものが壊れていることに愕くリーシア。

どうしてこんなとリーシアが口にすると、イツキは他にいうことはないのかとリーシアを責める。何も応えられないリーシアは、そのままイツキに部屋を追い出されてしまう。

何が何だかわからないリーシア。説明を求めるもイツキの部下が嘘などつかずに素直に謝っていればよかったものをという。

嘘とはなんの嘘かわからないリーシア。

腕輪を壊したのは自分だと。

リーシアはそれこそ嘘だという。自分は何も知らない。

しかし、イツキの部下全員が見ていたと証言している。

腕輪を壊したのはリーシアだと冤罪をかぶらされ、パーティから除名される。 | 盾の勇者の成り上がり 第44話

腕輪を壊したのはリーシアだと冤罪をかぶらされ、パーティから除名される。 | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

イツキはリーシアをパーティから外すことを告げる。

それを聞いて、リーシアはへたりこみ、涙を流す。

事情を聞いたナオフミはすぐにイツキの部屋に殴り込みにいく。

波で活躍したリーシアが許せなかったのかと聞く。

イツキはリーシアが言ったのかと聞くと、リーシアは俺にはなにもいってないというナオフミ。慌てるところをみると図星かとイツキを指摘するナオフミ。

イツキは、笑いに来たのかと怒るも、ナオフミは、イツキを含めてパーティ全員に怒っているという。それ以上でもそれ以下でもない。

リーシアはモトヤスに事情を話した後、懇願した。イツキは悪くない。疑われる自分が悪いと。

モトヤスは、痴情のもつれでこの世界にきたらしく、リーシアのように病的なほど一途なヤツが苦手らしい。だから、これは俺のただの怒りだというナオフミ。

リーシアに自分よりも活躍されて許せなかったのかとイツキに聞く | 盾の勇者の成り上がり 第44話

リーシアに自分よりも活躍されて許せなかったのかとイツキに聞く | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

ナオフミは、イツキがリーシアに謝れという。

イツキの部下が、ナオフミに食って掛かる。自分らが嘘をついている根拠はどこにあると。

ナオフミは、女王が使役する隠密部隊に話を出す。

やつらは忍者のような連中で、いろんな情報を逐一女王にあげている。

ナオフミは腕輪を壊した真犯人を知っているという | 盾の勇者の成り上がり 第44話

ナオフミは腕輪を壊した真犯人を知っているという | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

指輪を壊した真犯人が、この中にいるってことも。

もちろん、女王は、そのことでお前らを責めたりしない。ただ、常に監視されている。いつでも弱みを握れるように。

イツキはため息をついて、本当のことを話す。

開き直るイツキ | 盾の勇者の成り上がり 第44話

開き直るイツキ | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

これはすべてリーシアのためだと開き直る。

イツキは知っているという、皆が話し合って自ら悪事を背負うと決めたことを。仲間想いな話だという。リーシアは戦いに向いていない。故郷で暮らしたほうが幸せだというイツキ。

彼らは、ただ彼女のほうから言い出す機会を与えようとしただけだと部下を擁護するイツキ。

そんなものは嘘だと考えるナオフミ。ただ単にリーシアを解雇したかっただけ。だが、イツキに心酔しているリーシアに言っても聞きそうにない。波で主よりも活躍したリーシアは、お荷物から目障りになった。

ナオフミはイツキにとんだ正義だとくってかかる。ただが一人を解雇するために冤罪をでっちあげて。リーシアが戦いに向いていないだと。前に出て傷つく覚悟のない役立たずが言えたことかとイツキを罵るナオフミ。

リーシアがやめてと叫ぶ。

リーシアはイツキに、ご迷惑でしたか。いらないですか。お役にはこれっぽちも立ちそうにありませんかと聞く。

イツキは、リーシアみたいに弱い人とはやっていけませんときっぱりという。

リーシアは涙を流してイツキの言葉を受けいれる。

リーシアは走り去る。

追いかけるナオフミ。

リーシアは、イツキに謝りながら海に入っていく。

なんてベタなことするんだと愕くナオフミ。

ナオフミはリーシアを助けるべく、海に入っていくも間に合わない。

リーシアが海に沈んでいく。

そのとき、海中からフィーロがリーシアを助け出す。たまたま海に泳ぎにきていたフィーロだった。

浜辺にリーシアを上げる。リーシアはそのままいかせてほしいという。イツキに捨てられてしまったら。。。

イツキを見返したくないのかとリーシアを説得するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話

イツキを見返したくないのかとリーシアを説得するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

ナオフミはそれでいいのかという。イツキに「お前が必要だ」と言わせたくないのかと。

冤罪ではめられ、弱いと蔑まれてきた昔の自分に重なる。

これから先、ずっと弱いままだなんて誰が決めた。リーシアに合うやり方がほかにもあるかもしれない。これは俺のお節介。それでもいきたいというならとめない。

リーシアを自分のパーティに誘うナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話

リーシアを自分のパーティに誘うナオフミ | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

俺のところに来い。リーシアを強くしてやるとリーシアに手を差し伸べるナオフミ。

リーシアは、イツキへの気持ちは変えられない。ナオフミはそれでもいい。リーシアは自分のことだけを考えろ。どうするかはリーシアが決めればいい。

イツキへの気持ちは変わらないというリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第44話

イツキへの気持ちは変わらないというリーシア | 盾の勇者の成り上がり 第44話より引用

そういうと、リーシアは、ナオフミの手をとり、ナオフミを受け入れた。

盾の勇者の成り上がり 第44話ネタバレ感想・考察

いくらイツキに救われたからといって、この扱いを受けてもまだ尚、イツキのことを思ってるリーシアって。。。モトヤスがいう、病的なほどの一途なのか。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレ感想『リーシアのふぇええ!?』

盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレ感想『リーシアのふぇぇぇ!?』 | 盾の勇者の成り上がり

盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレ感想『リーシアのふぇぇぇ!?』 | 盾の勇者の成り上がりより引用

  • 盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレストーリー・あらすじ

傷を癒した四聖勇者たちが再び話し合いのテーブルに。

先日の波での陰の功労者は、まさに彼女でしょうという。それに同意するナオフミ。生返事を返すイツキ。

その彼女とは、イツキの従者のリーシアだった。

モトヤスは、リーシアのことを可愛いのになんで着ぐるみを来ていたのかと疑問に思う。

あのシリーズの付与効果はバカにできないからだと応えるイツキ。

女王は、うかつに魔法や武器で攻撃できずに考えあぐねいたいたおりに、リーシアはルコル爆弾の不発弾を抱えて、ナオフミのすぐ近くまで行っていたという。

おかげで、効果的なサポートを行うことができた。女王は、イツキにいい仲間をお持ちだと褒められるも、感謝の言葉は受け入れるも、リーシアがその場にいたのは偶然だという。

リーシアを買いかぶりだというイツキ | 盾の勇者の成り上がり

リーシアを買いかぶりだというイツキ | 盾の勇者の成り上がりより引用

仲間になって日が浅く、心配することが多いので、お役に立てた奇跡にただただ感謝しかないと仲間の努力を奇跡や偶然と片付けるイツキ。

そんなイツキにむっとするナオフミ。

ナオフミは、昨日まで島の治療院で寝込んでたやつらには奇跡も起きやしないと嫌味を言う。

その言葉にいきり立つモトヤス、イツキ、レン。

収めようとする女王。

波に魔物以外の勢力があるのは誤算だった。相手が知性ある人間となると、レベルに頼る強化の方法では太刀打ちできないだろうと分析する女王。

城に戻り次第、四聖勇者には、戦闘訓練を受けてもらったほうがいいという女王。

返す言葉もないモトヤス、イツキ、レン。

イツキは、レベル上げの成果を発揮できず残念だ。それぞれの分野での指南役を募るという女王の提案に、いままで独学だったから助かるというイツキ。しかし、イツキは不満の目をしていた。

解散したのち、ナオフミは女王に、モトヤス、イツキ、レンの不満そうな顔に努力が嫌いな奴らだと毒づく。三人ははっきり言ったほうがいいと抗議するも女王は、現時点では逆効果だという。

闇雲に説教などすれば、より頑なになるだけ。特にナオフミの前では尚。非を認めないのは劣等感の裏返しともとれる。もっともいつまでもアメがなければ、気概がわかないようでは困るのだがという女王。

世話のかかる三人にため息がでるナオフミ。

とはいえ、役に立ってもらわなければ困ると考えるナオフミ。

廊下を歩いていると何にぶつかるナオフミ。

ナオフミにぶつかって驚くリーシア | 盾の勇者の成り上がり

ナオフミにぶつかって驚くリーシア | 盾の勇者の成り上がりより引用

気ぐるみをきたリーシアが大荷物を運んでいたところにぶつかった。

ナオフミは大丈夫かと声をかけるも盾の勇者だと知り、慌てて落とした荷物を集めて大丈夫だというリーシア。

ナオフミはまたパシリかと聞くと、みなさんのための買出しだというリーシア。

イツキの部屋まで運ぶなら手伝うというナオフミに滅相もないというリーシア。

着ぐるみを着て、大荷物を持っていたら、また落とすと指摘するも煮え切らないリーシア。その態度にイラっとくるナオフミ。

ナオフミは、いいから貸せとリーシアから荷物を奪い取り、一緒に運ぶ。

ナオフミは、イヤな目に会ってるからリーシアの気持ちはわかるが、よく耐えているなと思う。

それはイツキに恩があるからかと。ナオフミはリーシアに聞いて見る。

イツキに弱みを握られているのかと聞かれて「ふぇええ!?」となるリーシア | 盾の勇者の成り上がり

イツキに弱みを握られているのかと聞かれて「ふぇええ!?」となるリーシア | 盾の勇者の成り上がりより引用

イツキに何か弱みでも握られているのかと聞くと、悲鳴をあげてなんてこと言うんですかとイツキはそんな人ではないというリーシア。

リーシアの扱いを見ていたらそう思うというナオフミ。

何かの縁だから、事情を聞いてもいいかとナオフミが聞くと、リーシアは自分如きの話を聞いてと、また煮えきれない態度を取る。

ナオフミは、いいから話せと怒鳴る。

リーシアは、貧乏貴族の出。領民との折り合いも良く、慎ましやかに日々を過ごしていた。

ある時から領地の畑が荒らされたり、ひどい商談にのせられたり悪いことが続くようんあった。そんな折のこと、隣町の住民がやってきたいった。娘を担保として奉公に出すなら金と用心棒を貸してやると。

話の続きを看破されて「ふぇええ!?」となるリーシア | 盾の勇者の成り上がり

話の続きを看破されて「ふぇええ!?」となるリーシア | 盾の勇者の成り上がりより引用

ナオフミはそれを聞いて、その悪いことというのは、隣町の貴族の仕業で、さしずめ理由は領地の乗っ取りてトコかと看破すると、ナオフミのことをスゴイというリーシア。

イツキの好きそうな話だ。

波の被害も重なって、生きるのもやっとの中、お金がなかなか集まらず、リーシアも奉公とは名ばかりに監禁されて、そんな時に、手を差し伸べてくれたのがイツキだったという。

その後、悪徳貴族はどうなったと聞くナオフミ。

隣町ごと、リーシアの両親が管理することに。しかし、正直、その後のことはよく知らないというリーシア。

家を飛び出し、イツキの元へ。魔法は少し得意と思っていたけど、イツキのパーティは前衛を増やしたいと。ぐじぐじするリーシア。

ドアを開けて、リーシアがやっと帰ってきたとイツキが声をかける。

イツキはナオフミがいることで不機嫌に何用かと聞く。

ナオフミは、イツキにリーシアに着ぐるみをいつまで着させておくつもりだと通行のジャマだと文句をいって帰る。

部屋に帰るとラフタリアが会議はどうだったかと聞くも、ソファに座ったナオフミは、いつも通り。他の勇者はもうアテにしないほうがいいと口にする。それを聞いて、いつも通りだというラフタリア。

大きいため息をついて、新しい戦力を考えないといけないというナオフミ。

フィーロがナオフミにフィトリアが話したいことがあるという。

フィトリアと通信するフィーロ | 盾の勇者の成り上がり

フィトリアと通信するフィーロ | 盾の勇者の成り上がりより引用

ナオフミはフィトリアと通信できるのかと聞くと、フィーロは羽根を媒介して状況を見ているという。フィトリアは、波の亀裂から、人が出てくるのはたまにあるという。

ナオフミは、グラスやラルクたちに会ったことがあるのかと聞くと、あの人たちではなかったという。

フィトリアはラルクたちの正体、亀裂の向こう側のことを知っているのかと聞く。

魔物と吸ってドロップアイテムを出すのは勇者武器だけだというフィトリア | 盾の勇者の成り上がり

魔物と吸ってドロップアイテムを出すのは勇者武器だけだというフィトリア | 盾の勇者の成り上がりより引用

フィトリアもわからないという。しかし、魔物を吸ってドロップアイテムを出す武器は勇者武器だけだという。

四聖勇者以外の勇者の存在に驚愕するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり

四聖勇者以外の勇者の存在に驚愕するナオフミ | 盾の勇者の成り上がりより引用

四聖勇者以外に勇者が存在することに驚くナオフミ。

四聖以外にも勇者武器は存在する。でもそのどれとも違う気がするというフィトリア。この世界とは違う。亀裂の向こうの世界の勇者。

フィトリアは、どこかの波で会ったら倒しておくという。だから、他の勇者のことは見限るなというフィトリア。ナオフミは完全に見限るつもりはない。したいのはやまやまだけどという。

最悪のケースにそなえて、グラスレベルと対等に戦える戦力。新しい仲間はやはり必要になるだろうと考えるナオフミ。

仲間を増やすとヴィッチと同じように裏切られる可能性が高まることを懸念するナオフミ | 盾の勇者の成り上がり

仲間を増やすとヴィッチと同じように裏切られる可能性が高まることを懸念するナオフミ | 盾の勇者の成り上がりより引用

ナオフミのトラウマが甦ってくる。仲間を増やすということは、裏切られる可能性が増えるということ。

この世界には信じられるものがあることはわかっている。

ラフタリアは、波では島の冒険者が多く参加してくれた。その中に信頼できて実力のある人となると難しそうという。

信頼できる冒険者と思い浮かべるも、ラルクたちを思い出すナオフミ。

その時、ナオフミは、ラルクたちを信頼していた自分に気付く。

女と廊下を歩くモトヤス。浜辺に人影が一つ。

気になって、一人でその人影に向かう。モトヤスは、リーシアと勘付き、ひとりで何をしているのかと声をかける。

リーシアは涙を浮かべていた。

盾の勇者の成り上がり 第43話ネタバレ感想・考察

リーシアの涙の原因は、イツキが自分よりも活躍したリーシアを嫉妬からパーティから外したのだろうか。そうだとしたら、心がくっそ狭いなイツキ。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

盾の勇者の成り上がり 第42話ネタバレ感想『ルコル爆樽|ナオフミvsグラス』

ラルクの回復アイテムを頭からぶっかけられたグラス | 盾の勇者の成り上がり

ラルクの回復アイテムを頭からぶっかけられたグラス | 盾の勇者の成り上がりより引用

  • 盾の勇者の成り上がり 第42話ネタバレストーリー・あらすじ『ルコル爆樽』
  • 盾の勇者の成り上がり 第42話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第42話ネタバレストーリー・あらすじ『ルコル爆樽』

波の亀裂から次々と魔物が降って来る。

魔物が次々と海に落ちてくる。

爆樽投下用意という号令とともに船の側面に樽が並ぶ。

投下の号令とともに、一斉に樽を魔物がいる海に落とす。

樽は海に落ちると爆発する。

左舷の魔物群を排除したと報告を受け、女王は亀裂の真下に向けて前進と号令をかける。

女王を魔法使い達を集め、亀裂への攻撃を開始する。

グラスは、ナオフミの実力を認める。

次に相対することがあれば、ナオフミは更に強さを手に入れる。グラスは、今回で決着をつけなければと覚悟を決める。

グラスの攻撃を見て、明らかに弱まっていると知るナオフミは、このチャンスを逃すなと、ラフタリアとフィーロに攻撃を仕掛けるように仕向ける。

ラフタリアはグラスを、フィーロはテリスを仕掛ける。

ラフタリアの剣を受けるグラスは、魔法剣はもうおわりなのかと聞く。

ラフタリアは剣ばかりが武器ではないという。

エアストシールドとチェンジシールド | 盾の勇者の成り上がり

エアストシールドとチェンジシールド | 盾の勇者の成り上がりより引用

エアストシールド!チェンジシールド!ソウルイーターシールド!

ソウルイーターシールドをラフタリアの前に出現させ、グラスにぶつける。

ソウルイーターシールドで悲鳴をあげるグラス | 盾の勇者の成り上がり

ソウルイーターシールドで悲鳴をあげるグラス | 盾の勇者の成り上がりより引用

悲鳴を上げるグラス。

ナオフミのシールドに閉じ込められていたラルクがシールドを破壊し、でてきてグラスを救う。

ラルクは、ナオフミに手段を選んでるヒマがないと、大鎌を構える。

ラルクは、切り札を使わせてもらうというと、ラルクの大鎌から、小瓶のアイテムをドロップする。一つだけではなく無数の小瓶をドロップし、それをグラスにとテリスに手渡す。

回復するつもりだと、ラフタリアとフィーロを向かわせる。

ラルクは節約したかったけど、アイテムは使うときに使わないとという。

テリスは受け取った小瓶をすべてあけて、グラスの頭からぶっかける。

回復したグラスに悪寒を感じるラフタリア。

グラスの驚異的な強化 | 盾の勇者の成り上がり

グラスの驚異的な強化 | 盾の勇者の成り上がりより引用

グラスは一瞬にしてラフタリアとの間合いを詰め、攻撃してくる。

その攻撃は海を割り、女王の船をも揺らす強力なものだった。

女王は、ナオフミを心配して部下に安否を確認させる。

ナオフミは、ラフタリアとグラスの間に割って入り、グラスの攻撃をシールドで防いでいた。

ナオフミは、カースシールドを発動させていた。

グラス自身も自分の力に驚いていた。ラルクが出したアイテムは自分には技に使う力を回復させるものだけど、グラスには驚異的な強化道具だろうという。

グラスは、ナオフミのカースシールドをみて、互いに本気でやりあえると笑う。

それを見ていた女王は何か手はないかと考える。

カースシリーズでどうやって戦おうか考えるナオフミ | 盾の勇者の成り上がり

カースシリーズでどうやって戦おうか考えるナオフミ | 盾の勇者の成り上がりより引用

回復どころか強化したグラスに手ごわいラルク。このままでは劣勢になる。致命傷になるシールドの力を使うかと迷うナオフミ。

せめてスキがあればと考えるナオフミに、女王が助け舟を出す。

上空から樽が飛んでくる。

樽はグラスたちの上空で爆発し、中身を辺りに撒き散らす。

煙となった中身を吸うグラスたち。樽の中身はルコルの実。

酒に異常に強いナオフミ以外は、ルコルの実の煙を吸って泥酔状態になる。

ナオフミは、女王の機転に感心し、弱ったグラスの前にいく。

ルコルの実で動けなくなったグラスをしとめようとするナオフミ | 盾の勇者の成り上がり

ルコルの実で動けなくなったグラスをしとめようとするナオフミ | 盾の勇者の成り上がりより引用

そして、これで最後だと攻撃をしようとしたとき、ラフタリアがナオフミを止める。カースシールドを使わせないために。

ナオフミの代わりにフィーロがグラスにトドメを刺そうと踏みつける。

しかし、ラルクが間一髪でグラスを助け出す。

ナオフミはラフタリアに放せというも言うことを聞かない。

ラルクに抱えられたグラスは刺し違えてもというもラルクは時間切れだといい、テリスが魔法を使って逃げる。

姿を消したラルク、テリス、グラス。

逃したことを悔やむナオフミ。

カースシールドを解除しているナオフミ。ため息交じりにラフタリアに感謝し、女王にも感謝するナオフミ。

女王は、労いの言葉は、自分にではなく彼にという。勇敢にもルコル爆樽にしがみつくあのものだという。

女王が指す樽の上にリスのような見たこともない動物がいた。

ルコル爆樽を運んだ謎の生物 | 盾の勇者の成り上がり

ルコル爆樽を運んだ謎の生物 | 盾の勇者の成り上がりより引用

ナオフミもラフタリアも誰だかわからなかった。

盾の勇者の成り上がり 第42話ネタバレ感想・考察

ルコルのシールドとか解放されないのだろうか。アルコールを散布するシールド。アルコール耐性が強いナオフミ的にはかなり強いシールドになると思うけど。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。