天空侵犯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

天空侵犯のネタバレ感想。
天空侵犯について。

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・ユリ。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯 第236話ネタバレ感想『神のコードの試練をチート技でクリアする遊理』

「次元を越える能力」を使って神のコードの試練をクリアする遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「次元を越える能力」を使って神のコードの試練をクリアする遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第236話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第236話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第236話ネタバレストーリー・あらすじ

この領域の建物は、元いた世界と同じデザインなのに、あの塔だけは、元の世界にはない変なデザインだと指摘する遊理。

その塔そのものが「神のコード」の一つだったことに驚く遊理。

神のコードが塔そのものだったことを知る遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコードが塔そのものだったことを知る遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

守護天使が解説を加える。

ただ塔を見ていればいいわけではなく、条件ごとに変化する「適切な場所」からみることによって塔にコードが浮かび上がる。あとは、適度に自分の視力を調整していけばコードを取得できる。

遊理は確認する。コードの処理中は守護天使は攻撃できない。守護天使はそうだという。もし、できたとしても遊理には近づきたくないとういう。守護天使は、自分の仕事はここまでだから、さようならと遊理の傍から立ち去る。

遊理は、視力を調整して、塔のコードを読み込む。

神のコードの脳内試練 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコードの脳内試練 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコードを読み込んだ瞬間、スナイパー仮面のように神のコードの脳内世界の試練が始まった。遊理は試練だとするに察する。

遊理の前に現れたのは、過去に遭遇したメイド仮面。

神のコードの試練が人間性を失わせるものだと察する遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコードの試練が人間性を失わせるものだと察する遊理 | 引用元:天空侵犯 第236話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

遊理はスグに試練の最低さに気付く。知り合いのイメージを始末させることで完全に人間性を失わせる。最低の試練。そのうち、兄やニセちゃんのイメージのでてくるのだろうと予想する。

遊理は、こんな試練は受け入れないという。「次元を越える能力」でこの試練を飛び越えてクリアする。

そういって、メイド仮面に向けて空間を捻じ曲げていく遊理。

メイド仮面も他のひともこの世界のせいで命を落とした。こんな世界を作り出す「神」は認めない遊理。全部、潰すと試練の空間を消滅させる。

外では、神のコードの試練が終了したことを知り、立ち去ろうとしていた守護天使が驚く。あまりにも早い。これも「次元を越える能力」の効果かと。この能力はルール違反にもほおどがある。

遊理は、守護天使に案内してくれたありがとうと挨拶をして、手を振ってバイバイし、姿を消す。

遊理の「次元を越える能力」の桁違いのチートさに管理者がその辺もわかっていて計画をたてているのだろうかと心配する。その直後、管理者から連絡が入る。

フロア8の守護天使マスク仮面が理火に追いつく。

マスク仮面はビル風がいい風だといい、理火に風は好きかと聞く。

突然の質問に戸惑うも、好きだと応える。そして、理火は、マスク仮面に礼を言っておきたいという。

先ほどのやりとりで、マスク仮面が無駄な犠牲を望んでいない。それがわかったから誰もいない場所にくることができたと。

マスク仮面はどうでもいいことだという。自らの仕事を完璧にこなすことのみ。マスク仮面はマントを脱ぎ、戦闘態勢に入る。

天空侵犯 第236話ネタバレ感想・考察まとめ

神のコードを手に入れたら、どんな能力変化があるのだろうか。

レールガンのコード、塔のコード、ヘリコプターのコードと、三つが別々に用意されているということは、それぞれに能力があるのか。それとも他の能力のように、その人間にあった特性を引き出すような仕組みなのか。

預言者はどこにいったのだろうか。十王が始末してしまったのだろうか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 最新刊コミックス第18巻 10月9日(火)発売

天空侵犯 最新刊コミックス第18巻 10月9日(火)発売 | 天空侵犯より引用

天空侵犯 最新刊コミックス第18巻 10月9日(火)発売 | 天空侵犯より引用

  • 天空侵犯 最新刊コミックス第18巻 10月9日(火)発売
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 最新刊コミックス第18巻 10月9日(火)発売

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

「本城遊理…貴女はこの神聖な領域に反逆する重罪人! 『管理者』として命じる…。おとなしくこの場で死になさい」 魔道に堕ち暴走状態となった遊理は、管理者から殺処分を言い渡されるが、その前に立ち塞がったのは兄・理火!! 豹変した妹を前に、理火は━━。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 最新刊コミックス第17巻 7月9日(月)発売

天空侵犯 最新刊コミックス第17巻 7月9日(月)発売 | 天空侵犯より引用

天空侵犯 最新刊コミックス第17巻 7月9日(月)発売 | 天空侵犯より引用

  • 天空侵犯 最新刊コミックス第17巻 7月9日(月)発売
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 最新刊コミックス第17巻 7月9日(月)発売

女子高生・ゆりが、いつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。見渡す限りビルが立ち並ぶその場所は、仮面をかぶった男が斧で人の頭をかち割っている「訳のわかんない世界」だった。『亜人』の原作者・三浦追儺と、『ボックス!』の作画・大羽隆廣がタッグを組んでおくる、緊迫の高層ビル群サスペンス!!

ついに邂逅を果たした理火とスナイパー! しかし、感傷に浸る間もなく、「レールガン発射権」の譲渡を要求する理火と、それを拒否するスナイパーは、交渉決裂。戦いの火蓋が切って落とされる。想定を超える「使徒」理火を相手に、スナイパーと九遠の次なる一手は!?

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第235話ネタバレ感想『第二第三の神のコード』

十王と相対する斉藤 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王と相対する斉藤 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第235話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第235話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第235話ネタバレストーリー・あらすじ

沖原が十王に「クチナシの仮面」を要求したことに吉田は驚愕した。

「神に近づいた者」になるための仮面。それを沖原はどうして。

沖原は、気絶したいたから知らないと説明をする。十王はいまでも「クチナシの仮面」を持っている。仮面を被ったあと「壊せ」という命令がきたけど、気合いれて拒否ったら壊さずにすんだと体験談を話す十王。

その後、仮面の裏をみたけど、特に何も起らなかった。壊すというのは使いまわして同じようなヤツを増やさないためなのだろうと考える十王。

十王は、せっかくだから「力」を手に入れたら楽しくなりそうなヤツに被らせようとしていた。

まだ斉藤が洗脳される前。斉藤は刀を持って十王と相対していた。

服を破かれてもまだ戦う意思のある斉藤を褒める十王。しかし、まだ誰一人として始末したことがないだろうと看破する。この世界で生き残るためにマジメな努力なんて大して意味ない。始末するための世界。始末しまくって強さを手に入れる世界なのだから。

そう語る十王。

試しに一人始末してしまえば、病み付きになる。そういう十王に斉藤は、いまから十王を始末するという。

口笛を吹く十王。十王は、気絶して倒れている吉田と山波のどちらかを始末したら、見逃してやるという。

仲間を始末すれば助けてくれるという提案を沖原は「カンタンなこと」と口走ってしまう | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

仲間を始末すれば助けてくれるという提案を沖原は「カンタンなこと」と口走ってしまう | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

そういうと沖原が、そんな簡単なことで見逃してくれるのと口にする。

予想外な言葉が沖原からでてきて驚く斉藤。自分で言って、言い繕う沖原。

十王は沖原のことを自分を同じタイプだと理解する | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王は沖原のことを自分を同じタイプだと理解する | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王は、あの時、沖原のことを自分と同じタイプだと思ったという。いい子ぶっているけど、結局は自分がいい思いしたいだけのヤツ。「レールガン使い」と同じ、自分のためならなんだってしちゃうヤツ。

沖原は、なら「クチナシの仮面」がほしいという。

それを聞いて吉田は驚く。命を守るためではなく、「クチナシの仮面」を手に入れるために裏切った。「力」を手に入れるために皆を裏切ったことを信じられないでいた。

十王は、この状態で理火に勝ちたかったと悔しがる。仕方ないが「次」に行く。「クチナシの仮面」は沖原にやるという十王。

ヘリコプターの神のコードを沖原と二人で取得しにいくという十王 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターの神のコードを沖原と二人で取得しにいくという十王 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「ヘリコプター」を略奪して「神のコード」の場所にいく。どっちも場所はわかっている。そんで二人で「神のコード」を取得する。上手くいけば、守護天使もレールガン使いも俺たちに勝てなくなるという算段。

もっとダラダラしてたかったけど、遊理が世界をいつ終わらせるかわからないからと。

沖原は終始作り笑いをしている。

コック仮面が吉田を担ぐと十王たちは移動を始める。

ビルの屋上から、ディーラー仮面と巫女仮面が十王たちを見ていた。

巫女仮面は十王たちをぶちのめしたかったがディーラー仮面がほっとけばいいという。

巫女仮面は着替えている間の状況をディーラー仮面に聞く。

一人で戦いたがっていたエリア8の思惑通りに理火を追っている。スナイパー仮面のコードの脳内処理が終了。遊理はもうすぐ「第三のコード」が取得できる場所に到着する。

神のコードの脳内処理を完了したスナイパー仮面と第三のコードを取得しにいく遊理 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコードの脳内処理を完了したスナイパー仮面と第三のコードを取得しにいく遊理 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

スナイパー仮面や遊理が理火を助けにくる可能性もある。そうなる前に守護天使の手で理火を始末しなければならない。

巫女仮面はフロア9がどこにいるのか聞くもディーラー仮面はフロア9がどう動くかは知らないという。

ディーラー仮面は管理者が何を考えているのかわからない。理火を始末する命令がきて以降、何の連絡もない。

神のコード三つすべてが開放されると危惧するディーラー仮面 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

神のコード三つすべてが開放されると危惧するディーラー仮面 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

このままだと、十王が「ヘリコプターのコード」を取得することとなり、三つのコード全てが開放される。管理者は、「本体」で遊理と直接対決するつもりなのかと考える。

管理者の能力についてよく知らないが、「次元を超える能力」の他にも何かあるなら、今の命令は取り消してほしいと考えるティーラー仮面。

遊理は、守護天使に案内され「第三のコード」の取得場所に来ていた。

遊理を吊り橋の真ん中に立たせ、現在の照度、太陽高度、湿度による視程、遊理が立っている場所からごさプラマイ数センチメートル。その場所で「神のコード」を取得できるという守護天使。

天空侵犯 第235話ネタバレ感想・考察まとめ

三つの神のコードの内、一つは「レールガンのコード」、もう一つは「ヘリコプターのコード」、最後の一つは「吊り橋のコード」?。

神のコードをそれぞれ取得するなら、三人の戦いになっていくのか。スナイパー仮面(久遠)、十王、遊理。いや、十王は結局沖原に裏切られて、沖原が「ヘリコプターのコード」を取得して十王を始末するんじゃないかな。沖原が、クチナシの仮面をちょうだいと言ってから作り笑いをやめない。きっと心の中で十王が悔しがったりどう思ってるかなんて、何も思っていない。むしろ、ウザがっているのかもしれない。

「クチナシの仮面」の破壊命令は気合入れれば拒否れる十王 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「クチナシの仮面」の破壊命令は気合入れれば拒否れる十王 | 引用元:天空侵犯 第235話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

気合いれて拒否っただけで、仮面の命令は拒否できるんだな。なんでも気合で解決しそう。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第234話ネタバレ感想『マスク仮面はプロらしく契約を履行する』

守護天使「フロア8」 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

守護天使「フロア8」 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第234話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第234話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第234話ネタバレストーリー・あらすじ

突如現れたプロレスラーのような格好をし、マスクを被った仮面。

マスク仮面の腰には怒りの仮面。守護天使だと察する。狙いは理火。

自分を狙えば、遊理がこの領域に叛逆をやめると考えると推理する。

自分のところに守護天使がくることは読めていた。そこまでは読めていたけど、こんなふざけたやつがくるとは思わなかった理火。

別のビルからホワイトフェザーがスコープ越しにマスク仮面を捉える。

子供の頃、テレビショーで見たようなと感想を思いつつも、狙撃してもいいのかなと考える。

するとマスク仮面は、ホワイトフェザーに向かって掌を見せる。撃っても無駄というアピールだ。

マスク仮面は、理火と十王の戦いはいい戦いだったと賞賛し、もう戦いは終わりだと終結宣言をする。

ここからは、本城理火と守護天使「フロア8」の戦いとなる。他の者は邪魔だから、ただちにこの場所から立ち去れと警告する。

十王は、守護天使と戦ってみたくてこうしてきてるのに何もしなくてもいいのかとマスク仮面を挑発する。

守護天使「フロア8」はプロは余計な仕事をしない主義 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

守護天使「フロア8」はプロは余計な仕事をしない主義 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

地上に降りているものたちは、すでに守護天使の攻撃対象となっている。しかし、自分が管理者から依頼された仕事は本城理火の首をとること。自分はプロ。余計な仕事はしない主義だという。

しかし、他の守護天使たちは見逃すような真似はしない。命が惜しくば、ルールに従い、さっさと屋上に戻れという。

相原は、守護天使を刺激して余計な戦いはしないほうがいいと十王にいうと、格下扱いを受けたことが気に入らなかったのか舌打ちをする十王。

山波が理火に指示を仰ぐ。

理火は、吉田の救出は難しい。ハルカを頼むと山波に渡す。理火は山波の銃を受取る。理火が人質になっていたビルに向かえば仲間がいると山波に伝える。

狙いは理火だけで他の者には手を出さない確認をする | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

狙いは理火だけで他の者には手を出さない確認をする | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火はマスク仮面に、狙っているのは自分の命だけ。他の者には一切手を出さない。間違いないなと確認する。マスク仮面は、プロは契は絶対に守るという。

理火はそれを聞いて、それならと逃げ出す。

するとマスク仮面は建物の上から飛び降り、山波の傍に着地する。

理火が逃げた理由 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火が逃げた理由 | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

マスク仮面は、理火は逃げたわけではないという。証拠に気配を隠していない。戦いの場所を変えようとしているだけ。仲間を戦いに参加させぬように。この場に残っていたら他の守護天使もくる。先ほど言ったように、他の守護天使は、山波たちが地上に残っていたら確実に始末される。仲間の命を救うために、自分ひとりで戦いに挑む。

マスク仮面は、そう分析し、本城理火のことを情報以上の立派な若者だと称える。理火となら素晴らしい戦いができそうだといい、他の守護天使には邪魔させないと歩き出す。

山波は、十王たちがこちらを見ていない間にその場から離れる。

十王は、落胆する。吉田は自分が余計なことをしなければ十王の命だけはとれたのにと嘆く。

相原は、理火のことは関係ないといい、それよりも十王が持っている「クチナシの仮面」をくれてもいいでしょという。

天空侵犯 第234話ネタバレ感想・考察まとめ

守護天使「エリア8」は、話の通じるような人格のようだけど、戦いに関しては崇高な戦い以外は認めなさそう。崇高な戦いになるならどんな犠牲も払うパターンだろうか。しかし、守護天使だから、管理者やルールに縛られる存在か。いや、地上にいる人間の命を狙うのが守護天使のルールなら、そのルールは無視しているから、やっぱり、崇高な戦いになるならある程度のルール違反はOKという考えか。だとすると、かなり危険な正確かもしれないな。

フロア8は理火に高評価をつけ、素晴らしい戦いになることを予感する | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

フロア8は理火に高評価をつけ、素晴らしい戦いになることを予感する | 引用元:天空侵犯 第234話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。