天空侵犯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

天空侵犯のネタバレ感想。
天空侵犯について。

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・ユリ。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

【最終回】天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想『神の存在意義』

最終回 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

最終回 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレストーリー・あらすじ

ヒールの音が聞えてくる。

スナイパー仮面は、卯月の頭に手を置いて覚悟を決めさせる。

弥生は卯月を前にして、母親らしい態度をとれない。まだ自分が母親と自覚がない。

しかし、卯月にはそんなことを関係なかった。卯月は弥生に抱きつき涙を流しながら母親を呼ぶ。

弥生は卯月を抱きしめ返す。

統括者によると、停止しているのはユリに領域を壊されないための仕方ない処置。「神の誕生」「神を誕生させるためのエネルギーの生成」この目的は放置できないという。

この機関を作ったのは誰かについてはわからないが「神を誕生させる必要性」については推測できるという統括者。

スナイパーたちが存在していた次元を中心に複数の次元を巻き込んだ乱れが発生している。各次元の膜が薄くなり、他の次元と結合したりしてる状態。この危険な状態を正すために「神」が必要。いますぐ、大きな問題にならないかもしれないけど放置もできない。だから、神の誕生は絶対に必要だという統括者。

神を誕生させるためのエネルギーが全然足りない。できれば、すぐに「ルール」と「流入」を再開してエネルギーを増幅させたい。

スナイパー仮面は、エネルギーが必要なのはわかったがその方法が人間同士の潰し合いというのは納得できないという。

生命体の進化は淘汰という適度な潰し合いによって成し遂げられている。今のスナイパー仮面もたくさんの犠牲の上で大きなエネルギーを操れるようになっている。結局それが一番効率的だという。

話はここまでであとはユリが目覚めてからだという。目覚めればの話だけどという統括者。

しかし、スナイパー仮面は目覚めると信じていた。

ユリの脳内で、久遠はユリを見守っていた。

そこに吉田が現れる。

吉田はすぐに自分は消えるという。その前にユリにお礼をしたくてと、何かをユリに渡す。

吉田からの贈り物を受取り覚醒するユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田からの贈り物を受取り覚醒するユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

その瞬間、ユリが目覚める。

飛び起きたことに恥かしさを感じるユリ。

理火とニセにただいまという。

まだやることが沢山あるが、ユリは休んでいたほうがいいという理火。ユリは昔から自分の疲れを忘れて動くからすぐ寝てしまう。

そういうと、ニセが「今の本城さん」に関しては私のほうがずっと詳しいですからと対抗意識を燃やす。

ユリは、ニセと腕組みをして、おなかすいたとスナイパーが持ってきてくれた食材を食べにいこうと去っていく。

去り際に、理火に「まことお兄ちゃん」と言って去っていくユリ。

それを聞いて赤面する理火。

「まことお兄ちゃん」とユリから呼ばれて赤面する理火 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「まことお兄ちゃん」とユリから呼ばれて赤面する理火 | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

天空侵犯 第258話(最終話後編)ネタバレ感想・考察まとめ

最後の最後に血のつながってない兄妹のラブラブを見られるとは。

最後の最後に血がつながっていないことを知ってるとアピールしたユリの意図は理火も兄妹愛ではない恋愛対象になるという意味だろうか。

理火のことを「まことお兄ちゃん」と呼ぶユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火のことを「まことお兄ちゃん」と呼ぶユリ | 引用元:天空侵犯 第258話(最終話後編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想『次回完結』

もう目覚めないかもしれないユリに涙する理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

もう目覚めないかもしれないユリに涙する理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレストーリー・あらすじ

中華仮面は、赤ん坊と空を見上げていた。

空の色はいつもと変わらないが、このセカイそのものが大きく変わったことを感じる。

無表情仮面と対峙するも無表情仮面は構えていた銃をホルスターにしまう。

統括者の強制停止コマンドが実行されたため、現行のルールはすべて機能停止。次のルールが定まるまで参加者には大きな動きは自重しつつお待ちくださいとメッセージを伝える。

現行のルールの停止は、今の戦いも含めたやりあいも終わりという意味かと聞くと無表情仮面は、あくまでも一時的な措置だけどそうだと答え、去ってく。

ヤンキー仮面は、あとはこのセカイを終わらせるだけだけど、そんな終わり方でいいのかと疑問を投げかける。ここまでいろいろやってきて、その結果が「何もなし」について。これ以上、命が消えないという事実を喜ぼうという。

理火はユリが眠るビルに走る。

ユリの横たわるベッドにはニセと無表情仮面が付き添っていた。

眠るユリに駆けつける理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

眠るユリに駆けつける理火 | 引用元:天空侵犯 第257話(最終話前編) 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火は、焦りを抑えつつ医師の無表情仮面に容態について聞く。無表情仮面は、知見に及ぶ範囲では大きな問題は見た足らない。しかし、現在のユリは理を越えた能力を発動してしまっている。その能力がこの状態の要因だとするならば、同じ能力を持つ者でない限り、対処は不可能。このまま永遠に目を覚まさない可能性もある。

理火は、涙を流し、自慢の妹だとユリの手を握る。

天空侵犯 第257話(最終話前編)ネタバレ感想・考察まとめ

あと一話で完結というなら、最後に統括者のプログラムをユリが破壊して終わりなのか。

管理者もあっさり始末されちゃったし、あっさり、このセカイを破壊して終わるという場合もある。

まさか、このセカイを破壊できないからユリだけ残ってみんなを現実に帰すというバッドエンドなのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第250話ネタバレ感想『吉田の弱みにつけこむ管理者』

ヘリコプターのコードを取得する吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターのコードを取得する吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第250話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第250話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第250話ネタバレストーリー・あらすじ

ヘリコプターのコードを吉田が取得したことを十王は確認する。

簡単にコード取得できたことに驚く沖原だが、十王はすぐに自分も沖原も取得できると余裕。

吉田の脳内にアクセスするものが現れる。管理者だ。

管理者が吉田のヘリコプターのコードの試練を飛ばし、吉田にお願いがあるという。

脳がむき出しの管理者を見て、恐れおののく吉田。

管理者は、自分をこの領域でもっとも強力な力を持つと誇示しつつ、吉田の味方だという。

管理者のお願いは、吉田の体を貸して欲しいということ。吉田の体は脳を含め、高い能力を発揮できる素質を持っているという。

この領域にきてすぐに「クチナシの仮面」を入手して、今回もコードを取得できた運の良さ。

管理者は、吉田の素質と管理者の意思さえあれば、間違いなく神の座を手に入れることを確信したという。

カラダを貸してくれたら十王を始末するという管理者。

吉田は優しすぎたと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田は優しすぎたと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は吉田を評価するが、この領域で神を目指すにはあまりにも純粋すぎたという。

天使を操る能力を人助けに使うなんて普通は考えない。優しさゆえに隠された素質を解放できなかった。

吉田に落ち度はない。悪いは吉田の周りだという管理者。

吉田にカラダを貸すようにと迫る管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田にカラダを貸すようにと迫る管理者 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は吉田を唆そうとし、チャンスは今だけだと決断を唆せる。

吉田は、変わりたい。十王を始末したいと涙を流し、管理者の手を取る。

現実で目を覚ます吉田。

吉田の異変に、十王も沖原もスグに気がつく。

管理者は、素晴らしいと言葉を発する。吉田のポテンシャルと自分との相性がバツグンだと評価する。

管理者にカラダを譲り渡した吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者にカラダを譲り渡した吉田 | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王はすぐに管理者だと気付く。

管理者は、十王と沖原に「はじめまして」と「さようなら」の言葉をかける。

十王も沖原も反撃する。

吉田の体を乗っ取った管理者は十王と沖原を始末する | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田の体を乗っ取った管理者は十王と沖原を始末する | 引用元:天空侵犯 第250話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

天空侵犯 第250話ネタバレ感想・考察まとめ

3つの神のコードを3つとも取得したら神になるのかな?

それともどれか一つでも神に進めるのだろうか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第249話ネタバレ感想『ヘリコプターのコードを取得する吉田』

ヘリコプターからの景色に感動して裏切ってよかったという沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターからの景色に感動して裏切ってよかったという沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第249話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第249話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第249話ネタバレストーリー・あらすじ

遊理の中に入った久遠は、十王よりも管理者に集中すべきだとアドバイスするも、十王のほうから挨拶にきたみたいだという遊理。

遊理の近くに十王が乗ったヘリコプターがやってくる。

ヘリコプターには十王が乗っている。

ヘリコプターに乗って本城遊理に接近する十王と沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターに乗って本城遊理に接近する十王と沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

遊理を見て、沖原はいまの自分たちでは相手にすらならないから十王に戦いをしないように進言する。十王も今は戦う気はないという。十王はヘリコプターを操縦するハルカの父に移動を命じる。

ヘリは塔の直上を目指す。

遊理は、自分にしか対処できない管理者に集中しようと考える。管理者を倒してすべて終わらせれば、十王なんて関係ない。

ヘリコプターのコードがどこにあるか十王に質問する沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターのコードがどこにあるか十王に質問する沖原 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリの中では、沖原が十王に神のコードについて聞く。神のコードは塔の中にあるなら上から入るのかと聞く。

神のコードを手に入れるためには、ヘリを奪って塔までいく必要がある。コードは塔内部にはない。塔に入る必要もない。塔の上空からみた地上絵がコードになっていると説明する十王。

塔の周りを四角く囲んでいる壁。それとその内側にる沢山の建物。それを上空から見ればコードになる。

沖原は、景色を見て涙を浮べて裏切ってよかったという。

吉田は考えていた。

十王に土下座する吉田 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王に土下座する吉田 | 引用元:天空侵犯 第249話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

吉田は十王に土下座する。コードというよりも景色がみたいと十王にお願いする。必至にお願いする吉田を見て、十王は、吉田の髪の毛を掴み、「神に近づいた者」だったからお前も見るかと挑発する。

沖原は吉田には見せなくていいというも十王は、気弱な吉田が勇気を振り絞ってお願いしたんだから見せてやるとヘリの外に吉田の頭を突き出す。

吉田の目にはコードが映る。

天空侵犯 第249話ネタバレ感想・考察まとめ

神のコードを取得しても脳内試練に勝たなければ、力を得ることはできない。ヘリコプターを実力で奪ったわけではない吉田が、神のコードを取得しても脳内試練を突破することはできないのではないだろうか。吉田は神のコードの脳内試練に破れて廃人となってしまうのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第247話ネタバレ感想『クチナシの仮面を被った沖原』

反逆者本城遊理はチャンスだという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

反逆者本城遊理はチャンスだという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第247話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第247話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第247話ネタバレストーリー・あらすじ

管理者に連れられて日下部は管理者の本体と対面する。

管理者の本体は、車椅子に乗り、脳をむき出しにした男性だった。

脳がむき出しになっているのは、「境界維持能力」を最大限まで高めるために頭蓋を外しているという。

この機関の管理者に必要とされるものは人間ではなく、人間の脳ということだという管理者。

たまたま、一番最初にこの異世界に迷い込んでしまったというだけだと。

管理者がこの異世界に呼び込まれたとき、ゲームは始まっていなかった。戦うことも逃げることも自分に命の選択をすることさえ許されなかった。

強制的に管理者にさせられて自分も被害者だと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

強制的に管理者にさせられて自分も被害者だと主張する管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

捕らえられ、強制的に管理者にされた。

管理者は、日下部に自分は被害者だと訴える。

被害者だから権利を主張してもいいという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

被害者だから権利を主張してもいいという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

日下部は、自分が被害者だと主張する管理者の意見には少し同意する。一番悪いのはこの領域が存在することだと。

被害者だからといって、なにをやっても許されるわけじゃない。

管理者は、次に本城遊理について話を始める。

本城遊理の存在は想定外だったが、チャンスだという。この機関にとって本城遊理は悪。その悪を打ち倒せば、管理者の正当性を主張できると考えている。

統括者に管理者も神を目指す権利があると。

日下部は、弁護士として話し合いの決着を望むも管理者は話し合いなど愚の骨頂だという。

管理者は、本城遊理を甘く見ていない。

現在のカラダでは本城遊理に対抗できない。もっとポテンシャルの高いカラダが必要。強制的に奪うのではなく、同意が必要。能力にも関係してくる。

現在、この領域に存在する人間、天使、守護天使、そして「神に近づいた者」。その中から、管理者と相性、そして高みを目指す意思を持つ者を選ぶという。

新しいカラダを探している最中だという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

新しいカラダを探している最中だという管理者 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

今は、そのカラダを見極めている段階。だから、あえて管理者自身は動かず、場を荒れたままにしてある。その中で力を示すものを見極めるため。

管理者がやられた場合は、この領域と元の世界が交じり合ってしまう。本城遊理はそれを望んでいないので、本城遊理が新しい管理者となり、境界を維持するだろうと予想する管理者。

クチナシの仮面を被った沖原は、ヘリコプターを守る守護天使を撃破していた。

ヘリコプターの守護天使 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ヘリコプターの守護天使 | 引用元:天空侵犯 第247話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

十王と沖原とともにハルカの父親がそこにいた。

天空侵犯 第247話ネタバレ感想・考察まとめ

守護天使のランクは一ランク一人なら、上位は、すでにでているから、ヘリコプターの守護天使は比較的低いランクなのではないだろうか。それでも守護天使を撃破した沖原は強くなっている。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。