天空侵犯 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

天空侵犯のネタバレ感想。
天空侵犯について。

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・ユリ。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯 第246話ネタバレ感想『管理者の本体』

管理者の本体 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者の本体 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第246話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第246話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第246話ネタバレストーリー・あらすじ

意識を取り戻した日下部弥生。

相川の配下天使になってからの記憶は覚えている。

スナイパー仮面から逃げて、相川に連絡するために電話を探していた。自分の息子を見て不安定になり、気を失った。

自分が一児の母親だったことにショックを受ける日下部。

日下部は視線を感じ、その方向を見ると男が立っていた。

日下部は、布団で肌の露出を隠す。

無表情仮面を持っていることを確認し、自分をここに運んだのかと聞く。

無表情仮面は、管理者に報告すると、管理者はその無表情仮面に乗り移ってくる。

日下部は、今、無表情仮面に乗り移った者が何者かと聞く。

管理者は、日下部の頭の回転の良さを褒め、自分の自己紹介をする。

以前、相川が管理者の存在を示唆していたことを思い出す日下部。

そんな管理者が自分に何のようかと。管理者は、日下部が元の世界で「弁護士」だったことを知り、協力してほしいという。

ヤバそうなのでとりあえず大人しく話を聞くことにする日下部。

統括者に正当性を認めさせるために日下部を使おうとしている管理者 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

統括者に正当性を認めさせるために日下部を使おうとしている管理者 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は、「ルール違反」はしているけど「正当性」がある。その正当性を「統括者」に認めさせたい。その役を日下部にやってもらいたいという。

統括者は、管理者がルール違反をしているが、この機関や神の誕生を否定しているわけではないから、まだ様子を見る。ダメだと判断した場合はこの機関を強制停止するといっている。

統括者は管理者をすぐには処理しない意向 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

統括者は管理者をすぐには処理しない意向 | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者は、強制停止が何を意味するかわからないが、神の誕生が遠のくのは間違いない。自分自身が神になるためにそれは防ぎたいと考えている。

管理者が、神を目指してはいけないというルール自体がおかしいと主張する管理者。

管理者だってこの領域に巻き込まれた被害者。たまたま、一番最初にこの領域に関知してしまったからといって管理者なんてものをやらされている。最も納得できない事実は、自分を差し置いて、「神に近づいている者たち」。犯罪者のようなものばかりで、そんなやつらが神になってよいはずがない。

管理者もこの領域の被害者だと主張する | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

管理者もこの領域の被害者だと主張する | 引用元:天空侵犯 第246話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

この機関は間違った方向に進んでいる。自分がやっていることはルール違反ではない。この領域を改善するための行動だと主張する。

管理者は、ドアの前で足を止める。

管理長室と書かれてあった。

管理者の本体を日下部に見せるという。管理者自身もこの領域の被害者であるということをわかってもらうため。

ドアを開けると、中は暗かった。

その奥に車椅子に乗った何者かがいた。

管理者の脳はむき出しになって目を閉じていた。

天空侵犯 第246話ネタバレ感想・考察まとめ

管理者もこの領域に引きずり込まれた被害者だったのか。最初に来た人間が管理者になる。管理者の仕事としては、コードを直接脳に打ち込まれ、自動的に覚えさせられるということだろうか。

脳がむき出しになっているのは、元の世界ではどういう状態だった人間なのだろうか。手術中に転送されたのか。

それとも植物人間だったのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第245話ネタバレ感想『大天使の素顔』

無表情仮面を一撃に葬る大天使 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

無表情仮面を一撃に葬る大天使 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第245話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第245話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第245話ネタバレストーリー・あらすじ

ハルカが連れ戻った男は、白髪の知らない青年だった。

ニセちゃんは、「吉田」チームの人間ではないと考える。自分も知らないと思ったが、男が持つ鉄棒を見て、はっと思い出す。

大天使の姿を。

大天使の素顔 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

大天使の素顔 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

大天使が仮面を脱いだ素顔。

素顔を見てなかったけどイメージと全然違うと思うニセちゃん。

無表情仮面は、大天使の強さを査定する。大天使の強さは「通常天使」クラスと判定。

素顔を現した大天使の強さ | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

素顔を現した大天使の強さ | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

それを聞いて、弱くなっていると思うニセちゃん。

大天使は、あの後、病室で点滴をうっていた。

スナイパー仮面に大天使本人の強さを向上させたから、別人格もある程度制御できるようになったという。

大天使は、別人格の力は貸してほしいが、本当の正義ではないという。

スナイパー仮面は、「正義」についてはわからないが、この領域は「悪意」によってさらなる地獄になる。その悪意と戦う力がほしいという。

大天使は、あの戦いで「正義とは何か」がわからなくなったせいで弱くなったかもしれないと考える。

あの戦いについても何で生き残っているのかも覚えていない。

とりあえず、ひとつはっきりしているのは、ちびっこをイジめるやつは「悪」と、ハルカの前に立ちはだかり、無表情仮面に鉄棒を向ける。

正義を見失うも悪は認識する大天使 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

正義を見失うも悪は認識する大天使 | 引用元:天空侵犯 第245話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

大天使の力が解放される。

無表情仮面は再度、大天地の強さを測定する。

しかし、測定不能。

大天使は、無表情仮面の頭上高く舞い上がり、そのまま落下とともに一気に鉄棒を振り下ろす。

大天使の鉄棒を受け止めようとした無表情仮面の一人は、頭から真っ二つに割れる。

そのままビルを半壊させる大天使。

もうひとりの無表情仮面はビルの倒壊で体制を崩す。その隙をついて、ニセちゃんが無表情仮面を撃退。

無表情仮面のカラダが粉になっていく。

それを見て驚くハルカと山波。

ニセちゃんは、簡単に無表情仮面が人間ではないと説明する。

この領域に、「50人」ぐらいの参加者が残っていて、自分たちの目的は、その残された参加者を「助ける」こと。山波やハルカは、目的のビルに向かってほしいというニセちゃん。そのビルは守りを固めてあるからと。

詳しくは、そのビルにいる人たちに聞いてという。

そういって、ニセちゃんは大天使と次に向かう。

山波は、ニセちゃんを見て、現実世界に返ったら、ニセちゃんを主人公にしたゲームをつくると目を輝かせる。

天空侵犯 第245話ネタバレ感想・考察まとめ

白黒なのでわからないが、大天使はぱっとみスーパーサイヤ人かと思った。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第244話ネタバレ感想『ハルカに迫る謎の人物』

力を解放するニセちゃん | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

力を解放するニセちゃん | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第244話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第244話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第244話ネタバレストーリー・あらすじ

山波はニセちゃんにはあったことないが知っていたのは過去、理火に遠くの仲間として写真を見せてもらっていた。

実物をみて、もっと可愛いと思う。

ニセちゃんは、山波に下がっていてと警告する。

ニセちゃんは力を解放。

それを見た無表情仮面は、情報を更新する。

第二審判、誠勇火の持つ「強さを上げる能力」の効果を確認。

現在の二瀬真由子の強さは守護天使フロア6クラス。

ニセちゃんの強さは守護天使フロア6クラスに上昇 | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ニセちゃんの強さは守護天使フロア6クラスに上昇 | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

対応設備の増強を推奨。

ハルカはニセちゃんを見てプリキュアみたいにカッコイイと思う。そんなハルカに何者かが近づいてきた。

交戦するニセちゃん。

無表情仮面と互角以上に戦う。

スナイパー仮面のおかげで強くなったニセちゃん。無表情仮面の秘密について、スナイパー仮面から聞いていることがあった。

無表情仮面は、仮面以前に人間ではないという。

詳しいことは、久遠からのメールを読んでほしいといい、ニセちゃんに預けていた仮面とライフルを受取るスナイパー仮面。

「スナイパー仮面」でいようとするスナイパー仮面 | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

「スナイパー仮面」でいようとするスナイパー仮面 | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

スナイパー仮面が去った後、その場にいた無表情仮面に話かけるニセちゃん。

無表情仮面が人間じゃないということの説明を求める。

無表情仮面は言葉通りだと返事する。管理運営のために作成された擬似生命体。この領域に存在する建造物や武器・兵器と同じく、情報を元にエネルギーによって構成された「設備」の一つだと説明する。

会話もできるし、人間と何が違うのかと聞くニセちゃんに、無表情仮面は仮面を脱ぐ。

無表情の目を見開いた男がいた。

脳を含めた人間の形態は完全に再現できるが、意識だけは再現も復元も不可能。よって、表情を作ることはできない。会話についてもプログラムに基づいた反応をしているだけ。人間が非生命体に意識を感じるケースは錯覚だという。

無表情仮面は人間ではない | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

無表情仮面は人間ではない | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ニセちゃんは、聞いておいて自分には関係ない話だったという。遊理の邪魔をするヤツを始末するだけの話。人間じゃないというなら動かなくなるまでぶった斬るという。

意識、感情、意思、人間は複雑。ゆえに人間は強い。そして、それゆえに人間は弱い。

無表情仮面と戦うニセちゃんは、勝てはするけど、倒すまでに時間がかかるパターンだと考える。

そこに、二人目の無表情仮面が登場する。

ハルカと一緒に戻ってくる男を見る山波。

天空侵犯 第244話ネタバレ感想・考察まとめ

ハルカと一緒にいる人間は、服装やシルエットの髪型からすると、「相川」のように見えるが、相川は胸を槍で貫かれたからな。終末段階に意向して何か変化が起きたのかもしれない。

謎の人物がハルカに近づく | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

謎の人物がハルカに近づく | 引用元:天空侵犯 第244話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

無表情仮面が「脳を含めた人間の形態は完全に再現できるが、意識だけは再現も復元も不可能」ということは、元は生きていた人間をコピーしているということだろうか。だとすると、この領域で亡くなった人間をコピーして無表情仮面としているのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 今週は休載!第244話は来週掲載へ

ユリからの休載のお知らせ | 天空侵犯

ユリからの休載のお知らせ | 天空侵犯より引用

  • 天空侵犯 今週は休載!第244話は来週掲載
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 今週は休載!第244話は来週掲載

ユリからの休載のお知らせ

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

天空侵犯 第243話ネタバレ感想『ニセちゃんからのご褒美』

ハルカが自分も戦うという | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

ハルカが自分も戦うという | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第243話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第243話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第243話ネタバレストーリー・あらすじ

終末段階に突入し、無表情仮面に攻撃されて手を怪我した山波。

無表情仮面は、神の誕生が近い。もっと生贄をと切断した山波の指を踏み潰す。

無表情仮面に切られる山波 | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

無表情仮面に切られる山波 | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

山波は、理火に習って落ち着いて状況を整理しようとする。

非戦闘員のはずの無表情仮面がリュックから刃物を出して襲い掛かってきた。

避けたと思ったが指を切断された。

自分も強くなっているはずなのにこの仮面のほうが強い。

生贄を求める無表情仮面 | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

生贄を求める無表情仮面 | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

生贄と呟く無表情仮面は生贄のために始末しようとしてきているのか。

山波は整理しても何が起きているかまるでわからない。

このままではやられる。

ハルカが自分も強くなってるし、戦っちゃうというもその振り上げた拳は震えている。

山波は、無表情仮面は自分たち二人よりも強いし、武器を持っている。二人とも生き残るのは難しいと説明する。だから、ハルカは逃げて。ハルカが一番吊り橋に近いから逃げられる。山波が足止めをするという。

足止めしたら上手いこと逃げるからというも山波の覚悟を感じ取るハルカは涙ぐむ。

ハルカは、吊り橋に向かって走る。

山波は、理火のように「主人公」にはなれなかった。でも小さい女の子を助けるために命を捨てるキャラクター。それも悪くないと思う山波。

山波は理火を真似て冷静に状況整理してみるも何が起きているのはわからなかった | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

山波は理火を真似て冷静に状況整理してみるも何が起きているのはわからなかった | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

自分の人生には何もない。元の世界でも普通に学校いってダラダラゲームやってただけ。彼女もでkなかった。

この世界にきてからもいろいろ頑張ったけど、結局何もなかった。沖原のように力を求めて仲間を裏切ることもできない。

最後の最後にカッコイイ真似できたけど、何か欲しかった。ご褒美的なモノとか。

ハルカが逃げるつり橋の向こうから何者かが走ってくる。

その者が山波の頭上を越えるとき、スカートの中が見えてしまう。

山波にとってご褒美だった。

その者は二瀬ちゃん。二瀬ちゃんの攻撃もかわす無表情仮面。

二瀬ちゃんは無表情仮面も強いと確認する。

天空侵犯 第243話ネタバレ感想・考察まとめ

この無表情仮面が「強い」仮面ではなく、全体的に「強さ」は底上げされて、どの仮面も強くなっているということっぽい。

二瀬ちゃんは、「やっぱり」と言っているからコレまでも強くなった仮面を何人か倒してきているのだろう。

助けにきたニセちゃん | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

助けにきたニセちゃん | 引用元:天空侵犯 第243話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

だとするとこの無表情仮面も一応倒せそう。

山波は二瀬ちゃんからご褒美もらった上に生き残れたラッキーじゃん。

仮面が強くなる設定なら、仮面を被ったことのあるニセちゃんやスナイパー仮面も強さが底上げされるということだろうか。

ニセちゃんもスナイパー仮面もそれ以上に強くなっているからならない。もしくは、壊れた仮面の状態だから適応されないというようなことだろうか。守護天使も強くなってるということだろうか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。