スラップスティック ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

スラップスティックのネタバレ感想。
スラップスティックについて。

昭和の終わり――貧しくもたくましく生きる、春人・9歳と秋介・15歳兄弟の、笑えて切なくて危険な!?、ヒリヒリする日々!! ほぼほぼ実話の衝撃作!!

スラップスティック 第40話ネタバレ感想『会食|トッティの交際相手の森と会食』

別れた後で森に悪態をつく春人 | スラップスティック

別れた後で森に悪態をつく春人 | スラップスティックより引用

  • スラップスティック 第40話ネタバレストーリー・あらすじ『会食』
  • スラップスティック 第40話ネタバレ感想・考察まとめ
  • スラップスティック 概要
  • スラップスティックを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

スラップスティック 第40話ネタバレストーリー・あらすじ『会食』

回らない寿司屋で、トッティの交際相手の森と会食していた春人と秋介。

森は春人に夢があるかと聞く。

「ない」と答える春人。

トッティの交際相手・森 | スラップスティック

トッティの交際相手・森 | スラップスティックより引用

森は、自分には子供の頃から夢があるという。なんだと思うかと聞くも春人は興味なさそうに知らないと答える。

森は、自分の家庭は貧しかった。バナナをおなか一杯食べることが夢だったという森。

いまでは毎日食べられるようになったという。

秋介は、森に寿司の追加注文がいいかと聞く。森は遠慮なくと了承する。

秋介は、ウニと中トロを4貫ずつ注文する。

森は、トッティに追加注文はいいかと聞くもトッティは満足だと答える。

春人は、寿司には一口も手をつけてない。それをみた森は、遠慮なく食べて欲しいと春人にいう。

しかし、春人は生モノは食べられないと答える。

トッティは春人の偏食を謝る。森は春人に申し訳ないと謝る。

森は、メニューを渡し、食べられるものがあったら追加してという。

春人は、蒸しエビと玉子を注文する。

森は春人に好物を聞くと、鶏肉と答える。森は次は鶏肉の美味しい店にするというも、次はないと心から思う春人だった。

春人と秋介は、森にごちそうさまだと礼をする。

森は二人と話ができて嬉しかったという。

森は、ここで別れる。

車の中で、春人は、一生バナナ食っておけばいいと悪態をつく。

ブツブツを文句をいう春人に、秋介は、森を嫌なやつではなかったという。それでも春人は、不倫相手の子供と食事をする神経が理解不能だと怒る。

家に着き、車から降りた秋介は、春人と背比べをする。

ずいぶんと秋介に追いついてきた春人。

背を抜いたら始末すると脅す兄・秋介 | スラップスティック

背を抜いたら始末すると脅す兄・秋介 | スラップスティックより引用

秋介は、自分の背を抜いたら始末すると脅す。

春人は、そんなのコントロールできないよとオドオドする。

母親も恋するのかと感慨にふける春人 | スラップスティック

母親も恋するのかと感慨にふける春人 | スラップスティックより引用

布団の中で春人はマンガを読みながら森を見るトッティのことを考えていた。

母親といえど、恋はするのかと考える春人。

朝、遅刻すると春人を起こすトッティ。春人は車で途中まで送っていってほしいという。

車の中で、森セレクションの石原裕次郎の曲が流れている。

春人は、自分を乗せるときは、森セレクションを流さないでほしいという。

スラップスティック 第40話ネタバレ感想・考察まとめ

車の中の曲だけで許しちゃうのか。

地方だと中学の学区は結構広いよね。重いカバン持って、片道40分ぐらい歩いたな。カバン重すぎて、運動部に入ってもいないのに、手にタコできたよ。

トッティも車持てるぐらいの財力になったのか。昔は自転車だったのに。

マンガワン『スラップスティック』を読んで。

スラップスティック 概要

昭和の終わり――貧しくもたくましく生きる、春人・9歳と秋介・15歳兄弟の、笑えて切なくて危険な!?、ヒリヒリする日々!! ほぼほぼ実話の衝撃作!!

スラップスティックを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。

マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。

2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。

マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

スラップスティック 第39話ネタバレ感想『才能と努力|真剣にマンガを読もうと決意する春人』

中卒で上京したい春人の理由 | スラップスティック

中卒で上京したい春人の理由 | スラップスティックより引用

  • スラップスティック 第39話ネタバレストーリー・あらすじ『才能と努力』
  • スラップスティック 第39話ネタバレ感想・考察まとめ
  • スラップスティック 概要
  • スラップスティックを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

スラップスティック 第39話ネタバレストーリー・あらすじ『才能と努力』

上野駅にやってきた春人。

静男が迎えに来る。

大きくなったなと静男がいうと、背の順だと前から4番目だという春人。

静男は、プロレスを見に行くかと提案する。春人が生でみたことないだろうと思って。

生の迫力に喜ぶ春人。

その夜、ちゃんこ屋でごはんを食べる春人と静男。

春人は、静男に今の仕事を聞いた。

静男は広告代理店でアートディレクターをやっているという。

広告代理店と聞きなれない言葉にオウム返しする春人。

コマーシャル作ったり、ポスター作ったりする仕事と業務内容をいうも、テレビのコマーシャルかと聞く。

静男は、外国人女性がアイス食べてるやつとかと具体例を出す。

なんでそんなスゴイ仕事してるのかと聞くと、デザイン事務所での仕事が評価されてヘッドハンティングされたという静男。

引き抜き、って本当にあるんだと驚く春人。

静男自身も驚いたという同僚は、有名な大学を卒業した人ばかりで、高卒は自分ぐらいだという。春人は才能だねと。昔から絵のコンクールで入賞してたもんねという春人。

それならモテるんじゃないの?彼女はと聞くもその話はしたくなかった静男。

自宅でまったりする静男と春人。静男は春人の学校生活を聞くもつまんないという春人。

春人は、中学を卒業したら上京すると静男に打ち明ける。

静男は、秋介やとし子は知っているのかと聞くも、一番離れたのはあの二人からだからまだだという。

静男は上京して何をするのかと聞く。

しかし、その答えはまだ見つけてなった春人。家族はもういらないとだけ思っていた。

手ぶらで上京するなと助言する静男 | スラップスティック

手ぶらで上京するなと助言する静男 | スラップスティックより引用

静男は、手ぶらでの上京はしないほうがいい。何かしらは磨いてこいと助言する。

自分が仕事につけたのも運が良かったと思うけど、それだけじゃないという。

春人は絵の才能かと聞くと、否定する静男。

静男はテレビだという | スラップスティック

静男はテレビだという | スラップスティックより引用

静男は、テレビだと答える。

子供の頃から真剣にテレビをみて育った。

テレビを見た過ぎて無職だった静男 | スラップスティック

テレビを見た過ぎて無職だった静男 | スラップスティックより引用

春人たちの隣に住んでいたこ頃、無職だったのはテレビを見ていたかったからだと答える静男。

アニメもドラマも映画もドキュメントも時間を許す限り観続けた。静男の言語力や表現力や雑学知識は、ほおぼテレビのおかげと言っていい。高校の頃、友達が、テレビ欄見て「今日の3チャンネル18時30分は?」というクイズに「楽しいギター」と即答してビビられたこともあった。

春人は、テレビが好きになったキッカケを聞くも静男は分からないと答える。

テレビが好き過ぎて笑えないエピソードもある。静男の母親は小学校6年生の時に心臓の病気で亡くなったんだけど、その日は毎週楽しみにしているアニメの最終回だった。

12歳の静男は、父親に帰ってきて欲しいといっていると母親の伝言を電話で伝える。

19時を知らせる時計が鳴る。静男は、母親にテレビを見ても言いかと聞き、母親も了承する。

間の悪いことに主人公の母親が亡くなるエピソードだった。

帰ってきた父親が救急車を呼ぶも母親は亡くなった。

ずっと泣いたという静男。

そんな話をして寝るかという静男。

床に入り、春人は、誰にも負けないぐらい漫画を真剣に読んでやると考えていた。

スラップスティック 第39話ネタバレ感想・考察まとめ

テレビと違って、マンガは買わないと読めないからな。静男よりも金がかかそう。今のご時世なら、ネットさえつながれば、無料で公開してるマンガは読めるけど。

マンガワン『スラップスティック』を読んで。

スラップスティック 概要

昭和の終わり――貧しくもたくましく生きる、春人・9歳と秋介・15歳兄弟の、笑えて切なくて危険な!?、ヒリヒリする日々!! ほぼほぼ実話の衝撃作!!

スラップスティックを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。

マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。

2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。

マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。