勇者が死んだ! ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

勇者が死んだ!のネタバレ感想。
勇者が死んだ!について。

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!最新刊コミックス第13巻 10月12日(金)本日発売

勇者が死んだ!最新刊コミックス第13巻 10月12日(金)本日発売 | 勇者が死んだ!より引用

勇者が死んだ!最新刊コミックス第13巻 10月12日(金)本日発売 | 勇者が死んだ!より引用

  • 勇者が死んだ!最新刊コミックス第13巻 10月12日(金)本日発売
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!最新刊コミックス第13巻 10月12日(金)本日発売

魔王の死体を手に入れるのは――!?

勇者を殺してしまった村人・トウカは、
その死体に精神を移され、勇者として旅立つことに!

地獄の最下層にいち早く到着したアンリ。
目の前には魔王の死体が眠っている。
しかし、その場に居合わせたのは――…
ロゼリア王国軍!!

魔王「我こそが悪魔の王、魔王…待ちわびたぞ…勇者よ。」 | 勇者が死んだ!より引用

魔王「我こそが悪魔の王、魔王…待ちわびたぞ…勇者よ。」 | 勇者が死んだ!より引用

屍術師が地上で生きるうえでの“宿命”、
フリード率いる屍術師軍団の真の目的、
すべてを知ったアンリが下す決断とは…?

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

勇者が死んだ!第138話ネタバレ感想『打倒ラークヴァルト作戦』

ゾンビ討伐作戦の人員配置 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

ゾンビ討伐作戦の人員配置 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

  • 勇者が死んだ!第138話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 勇者が死んだ!第138話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!第138話ネタバレストーリー・あらすじ

傷を負って意識を失っていたコリンが目を覚まし、シルエラとネイガンが安堵の息をつく。

賢者の島。あの戦いから一週間も昏睡状態だったコリン。

トウカは、ニコルに魔導生物の研究の成果を聞く。

ドロシー以外の魔導生物。ここの住人は魔の濃度の濃い環境でしか生きられない。それをどうにかする研究について。

研究が上手くいけば、アンリたち屍術師たちも地獄の門封印後、魔の濃度が低くなった土地で長生きできるんじゃないか。

ニコルは事情は似てるが違う生物だと根底から否定する。

方法が見つかったといても、それを屍術師にすぐに応用できるとは思えない。ニコルは、村の人間を救うことに専念するとトウカの期待に応えられない。アンリを救う方法も考えるが間に合わせる自信はない。

魔導生物もどんづまり状況。魔のことも結晶石のことも、それを核に生きる悪魔たちだってわからないことが多すぎる。

トウカがシオンのポケットを探る。

地獄の底にあった結晶の破片。たまたまポケットに入った。最初はただの氷かと思ったがいまだに溶けない。地獄特有の鉱物。成分はなんだろうか。

地獄に漂う魔が結晶化したものではないのかとトウカは呟く。

ニコラがその結晶を調べてみると、魔だという。完全な結晶にする方法はいままでなかった。魔術で作った魔力物質も時間が経てば消えてしまう。

トウカは更にミステリーの材料を提供する。

地獄の底に廃墟があった。悪魔が建物を作るとは思えないし、放浪していた屍術師が寒いし、悪魔だらけの最下層に留まるわけがない。大昔の罪人たちはただの人間。魔が毒なのに、あんな場所で暮らす必要性がない。

地獄に人類とは別の文明を示唆 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

地獄に人類とは別の文明を示唆 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

シオンは、他の文明が存在していたのかと考える。トウカも同じ考えだった。

魔や悪魔についても未知な部分がたくさんある。結晶化した魔に覆われた建造物。もしかしたら、その文明について調べれば、何かわかるかもしれない。アンリを助け出すための方法も見つかるかもしれない。淡い期待を抱くトウカ。

謎がわからなくても地獄の結晶を大量に採掘してくるだけでも意味があるというニコラ。

ニコラは、地獄にドロシーと村のみんなでいくという。

ニコラは魔力レベルの高い魔女で、ドロシーや村人、魔導生物は、魔の濃度が高い環境に強い。地獄でも平気。

地獄はいまでも悪魔の巣窟。いくらニコラでも歩いて最下層に向かうのは危険だと指摘するシオン。飛行要塞はトウカしか動かせない。

それについては、頼りになる魔導技師を呼んであるから、飛行要塞をなんとかして見えるという。

シオンが皆を集める。

シオンとトウカが作戦を伝える。

明日、全員で賢者の島から出発するという。ラークヴァルトと戦うのは二週間後。ラークヴァルトは大陸中の街にゾンビを潜ませている。そのまま、ファロム王国に挑んだりしようものなら、そのゾンビを使って、大勢の人間が始末されてしまう。

打倒ラークヴァルト作戦。まず大陸中のゾンビを一掃する | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

打倒ラークヴァルト作戦。まず大陸中のゾンビを一掃する | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

だから、先にそのゾンビたちを不意打ちで倒す。全員で手分けをして。

大陸中のゾンビを同時に倒してしまえば、ラークヴァルトも手の打ちようがないだろ。

ゾンビが存在するのは、人口が三万人以上の都市。周辺の小規模な町や村、森や山、洞窟などにはソンビは潜んでいない。これはシオンが三年間何度も大陸中を調査したから間違いないという。

違う人間がゾンビになっているパターンがあったけど、小規模な町や村に現れてたパターンは一度もない。

この作戦はシオンやトウカだけでは実行は不可能。これだけの信用できる仲間が揃ったトウカたちの旅のおかげ。

王都はゾンビが多い。城内のゾンビにいたってはシオンもわからないので、城内に詳しいマルグリットと屍術で戦力を増やせるディアナ。そして、シオンとトウカ。

大陸南側は、シャリフたち。

大陸北側は、ベラーコやシルエラたち。

大陸東側は、カイル、ユナ、フェエリたち。

大陸東側は、ロゼリア王国が近いから気をつけるようにという。それを聞くと、ラークヴァルトの操るゾンビが皆やられる中、唯一無傷だったベラーコを連れて行くべきだというシルエラ。

作戦は、二週間後の深夜0時に実行 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

作戦は、二週間後の深夜0時に実行 | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

今から二時間後の深夜0時に全員で一斉にゾンビを倒す。必ず一撃でしとめろ。ラークヴァルトが気付いて反撃してきたら勝ち目がない。ゾンビを倒したら王都に集合。そこでやつらと決戦。

勇者が死んだ!第138話ネタバレ感想・考察まとめ

地獄に別の文明というのは、神の文明ということだろうか。

もし、誰かが文明を持っていたとしたら、神と屍術師の戦いで屍術師を地獄に押し込めたのは、元々の住人にとっては迷惑じゃないのか。

シオンの作戦に、ひとつ疑問があるのは、ゾンビをパッと見で判別できるのか。明らかに人間と違うなら、普通の住人にもバレてると思うけど、そうなってないならわからないだろう。

ソンビは、人口三万人以上の都市にいる | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

ソンビは、人口三万人以上の都市にいる | 引用元:勇者が死んだ!第138話 著者:スバルイチ

そして、人口三万人以上の都市に、ゾンビは一体だけなのだろうか。

三万人のなかからひとり探し出すのは至難の技ではないだろうか。

マンガワン『勇者が死んだ!』を読んで。

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

勇者が死んだ!第137話ネタバレ感想『カイル・オズメントの弟・ライルと妹・セレニア』

下級悪魔に服を破かれるエセルたち | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

下級悪魔に服を破かれるエセルたち | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

  • 勇者が死んだ!第137話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 勇者が死んだ!第137話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!第137話ネタバレストーリー・あらすじ

ロゼリア王国にやってきたフリードたち。

フリードはロゼリア国王に自分たちの軍門に下るよう通告する。

四大魔公の肢体に活動資金。いままであらゆる協力をしてきて、その報いがこの裏切り。フリードを悪魔と呼び、信用すべきではなかったおちうロゼリア国王。

フリードは、屍術師たちを捨て駒に使うつもりだったからお互い様だという。

ロゼリア国王は、息子達のようにいかないと自分の強さに自信があるが、ここで争って利を得るのはファロム王国。我らの真の敵はあくまでファロム王国。あの国を滅ぼすまでは同盟を結ぼうではないかという。

エセルは、力の差を示しておいたほうがいいというが、アンリは仲間が増えるのはいいことだという。フリードはアンリの案に賛成する。

戦力になるならどんな形でもかまわない。いずれ、対立することになろうとも。

ロゼリア国王は、同盟の証としてフリードたちに贈り物があるという。

城の内部にフリードたちを招きいれる。

そこには、閉じ込められた悪魔たちがいた。

フリードたちが部屋に入ると、部屋の出口がすべて封鎖される。

ロゼリア国王は、自分たちが捕らえた悪魔たちだと紹介する。

罠にはめることが贈り物かと返すと、魔王の力なら操れるだろう。魔王を手に入れたときのために捕まえておいた悪魔たちだと説明するロゼリア国王。

悪魔たちは、フリードたちをぶちのめせば自由にしてくれるんだなとロゼリア国王に確認を取る。ロゼリア国王はどんな手を使ってもかまわないと悪魔たちとフリードたちを隔てる壁を取り除く。

開放された悪魔たちは一斉にフリードたちに襲い掛かる。

魔王の光 | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

魔王の光 | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

アイン・サタン

アンリが魔王を使い、魔王の光を悪魔たちに浴びせる。

すると、悪魔たちは魔王に対して膝をつき従順になる。

エセルたちが従順になった悪魔はありがたい贈り物だと近づくと悪魔に服を斬られる。

悪魔が勝手に動いたというアンリ。

エセルたちの服を斬った悪魔がしゃべる。

魔王の魔術は純粋な悪魔の精神にしか干渉できない。屍術師の精神に対しては無効。

下級悪魔のカラダをのっとったディエゴ | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

下級悪魔のカラダをのっとったディエゴ | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

その悪魔は、目から血の涙を探している。その悪魔がディエゴだった。

ディエゴは、悪魔に食べられたはずだが、魔晶石ごと丸呑みされて、逆に下級悪魔をのっとることができたというディエゴ。

ロゼリア国王が作戦会議を始める。

魔王の力を手にしたとはいえ、ファロムの力は未知数なところが多い。どう攻めるか、フリードたちの考えを聞かせて欲しいという。

フリードの四大魔公ポータクエスの移転門を使って、ファロム王都に一気に攻め込めるとディエゴが提案するもエセルが知能も低下したのかと却下。

ロゼリア国王が千里眼で覗いた現在のファロム王国の現状を会議場に投影する。

王都周辺の諸侯と騎士たちを集め、その大半をゾンビ兵に変えてしまった。

これだけの数のゾンビ兵を常に使役できるラークヴァルトたちの魔力はいったいどうなっているんだと考える。

今、攻め込めば、数万のゾンビを相手にすることになる。王都に直接攻め込むのはリスクが高い。

フリードは、移転門を使って、乗り込むディエゴの策を押す。

しかし、まず先にオズメント伯爵家の領地を攻めるという。

カイルの家の領地だ。

ライルはセレニアを探していた。

入浴中のセレニアを呼びに来るライル。

密偵からの報告で、ロゼリア王国に屍術師たちが接触したと受けた。戦争の予感をするセレニア。

執事が、ライルとセレニアに服を着るようにと申し上げるが、邸内なら問題ないというライル。

オズメント領は、ロゼリアから近い。ここが戦場になる可能性は覚悟しておいたほうがいいというライル。

勇者が死んだ!第137話ネタバレ感想・考察まとめ

ラークヴァルトが本当に馬鹿でかい魔力を持っていて、無尽蔵に使えて数万のゾンビ兵を常時使役できているという可能性もあるが、大体のパターンとしては、以下のパターンがある。

数万のゾンビ兵を常に使役するラークヴァルトたちの魔力 | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

数万のゾンビ兵を常に使役するラークヴァルトたちの魔力 | 引用元:勇者が死んだ!第137話 著者:スバルイチ

・魔力が無尽蔵に生み出す特別な何かがあって、そこから供給している。
・魔力を増幅する装置があって、それを常に身につけている。

ラークヴァルトがファロム王国を1000年統治しているのは、その場所に何か特別なものがあるのかもしれない。ファロム城の地下深くに魔力が溢れ出る何か。もしくは、賢者の島のように、地獄と直接繋がっている穴があるとか。そこに定期的に浸かることで、魔力が補給されるということなのか。

それとも神との戦いで魔力を増幅させたり、魔力が巻き上がる神器みたいなものを奪って使っているとか。

無限に魔力が使えて、その使用量にも制限なく使えるとしたら、無敵で倒せそうにもないから、上記の何かしらのアキレス腱があるはず。神の1/100しか出せないトウカたちは、そういうアキレス腱を絶たない限りは勝てないのではないだろうか。

マンガワン『勇者が死んだ!』を読んで。

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

勇者が死んだ!第136話ネタバレ感想『魔力レベル10のトウカ』

戦の神フェムリア | 勇者が死んだ!第136話

戦の神フェムリア | 勇者が死んだ!第136話より引用

  • 勇者が死んだ!第136話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 勇者が死んだ!第136話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!第136話ネタバレストーリー・あらすじ

トウカが目覚める前の「聖剣の世界」。

トウカは、シオンがソーマの雫を大量に集めたという話を蒸し返す。

戻ったら場所を教えて欲しい。シオンを召喚するために。

しかし、シオンはそれをしたらトウカの精神に負担がかかると心配する。

トウカの元の魔力レベルだと廃人になるリスクがあるという。

トウカは二人で一緒に勇者をやると決めただろという。

そのやり取りをみて美しい友情だとトウカたちの前に現れるフェムリア。

巨大がフェムリアが現れて、虫が如く巨大フトモモに飛びつくトウカ。

虫が如くフェムリアに叩き落されるトウカ。

戦の神フェムリアの登場に驚くシオン。

でっかいフトモモが神様だということにトウカは驚く。

フトモモ以外にもあるとトウカを摘み上げるフェムリア。

フェムリアがトウカを助けるというのは、フェムリアの魔力を1/100をトウカに貸すという。

本当はもう人間に干渉してはいけないらしいが、心を動かされてフェムリアはトウカに力を貸す。

戦の神フェムリアの魔力を1/100借りれば、人間の限界魔力レベル10になる | 勇者が死んだ!第136話

戦の神フェムリアの魔力を1/100借りれば、人間の限界魔力レベル10になる | 勇者が死んだ!第136話より引用

トウカは、1/100しか貸さないのはケチだというと、フェムリアは、それ以上貸すとトウカの肉体と精神が耐え切れなくて破裂してしうという。つまり、人間の限界である魔力レベル10になるということ。

魔力レベル10あればシオンをずっと召喚し続けることができる。

賢者の島。

事の成り行きを皆に説明するトウカ。

ニコルが魔力視の眼鏡でトウカの魔力レベルを測ってみると確かに10だった。

世界を救うまでの間貸してくれるという。これで聖剣の力を完全に発揮できる。巨大フトモモで敵を蹴散らせると、聖剣をフトモモにして振り回すトウカ。

トウカが強くなって嬉しいというカイル | 勇者が死んだ!第136話

トウカが強くなって嬉しいというカイル | 勇者が死んだ!第136話より引用

トウカは、カイルに出来損ないに追いつかれる気分はどうだと聞く。カイルは、トウカのことをもう出来損ないとは思っていない。ライバルが強くなるのは素直に嬉しいと答える。

ディアナにシオンの憑依屍術を頼む。

しかし、トウカはディアナのことはまだ信用していないという。

ディアナはトウカと助けてくれたが、元々は敵で、マルグリットを始末しようとしていた。ディアナに頼るのは怖いと白状するトウカ。

ディアナは自分の恋は想像以上に険しい道だという。トウカに敗北した時、本当は亡くなるはずだった。今、こうして生きているのはトウカが情けをかけたおかげ。トウカに尽くすのは当然のこと。もちろん、トウカに惚れたのは、ディアナの初めて(敗北)を奪ったからだと顔を赤くするディアナ。

初めてを奪ったという言葉に過剰に反応するユナ。

トウカに尽くすのは当然だというディアナ | 勇者が死んだ!第136話

トウカに尽くすのは当然だというディアナ | 勇者が死んだ!第136話より引用

今のディアナのすべてはトウカのもの。トウカが使役するゾンビだと思ってかまわない。トウカの望むことならなんでもする。許せないというなら今すぐ始末されてもかまわない。

トウカは望むことならなんでもという言葉を聞いて、ディアナを信用すると手を取る。ユナたちがトウカを最低のクズ呼ばわりする。マルグリットはディアナのことを信用していいと思うという。

トウカの望むことならなんでもやるとベッドにトウカを押し倒すディアナ | 勇者が死んだ!第136話

トウカの望むことならなんでもやるとベッドにトウカを押し倒すディアナ | 勇者が死んだ!第136話より引用

顔を見ればわかる。ディアナが自分と同じ、トウカに本気で恋をしている。

マルグリットは、ディアナのことを許す。この戦いを最後まで共に戦って欲しいとディアナにいう。ヒドイことをしたのに、見た目だけではなく心まで美しいとディアナはマルグリットの顔を掴む。

憑依屍術を施し、トウカの精神はシオンの肉体に入る。

次はシオン。シオンのカラダに入ったトウカは、聖剣を使って、シオンを召喚する。

シオンを召喚するトウカ | 勇者が死んだ!第136話

シオンを召喚するトウカ | 勇者が死んだ!第136話より引用

トウカの肉体に召喚されたシオン。起き上がったシオンに飛びつくカイル。

カイルの抱きつきを避けるシオン。

ロゼリア王国、ロゼリア王城。

そこにフリード・アンリの屍術師軍団が到着した。

アンリたちを迎えたのは、ロゼリア王国国王、ベルダンテス・ロゼリア。

ベルダンテスは、魔王を見て強そうだと感想を述べる。

アンリは、ロゼリア王国に軍門に下るよう命令する。

勇者が死んだ!第136話ネタバレ感想・考察まとめ

魔力レベル10のカイルでさえも、ラークヴァルトが憑依するゾンビすら倒せなかった。魔力レベル10だけではラークヴァルト軍団は倒せないだろう。

神がまだ生きていて、多数存在するなら、どうして屍術師たちを野放しにしているのだろう。もう干渉しないから放っておくということなのだろうか。

マンガワン『勇者が死んだ!』を読んで。

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

勇者が死んだ!第135話ネタバレ感想『新章・屍術戦争編』

風呂でトウカの傷を癒すディアナ | 勇者が死んだ!第135話

風呂でトウカの傷を癒すディアナ | 勇者が死んだ!第135話より引用

  • 勇者が死んだ!第135話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 勇者が死んだ!第135話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 勇者が死んだ!概要
  • 勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

勇者が死んだ!第135話ネタバレストーリー・あらすじ

新章・屍術戦争編

中央大陸北西部バーンズ男爵領「モアラン」

領民は、町長が朝早くどこかに出発することを気にかけ声をかける。

町長は、国王陛下の招集。近々、悪魔との大規模な戦が始まるという。

領民は、無事に帰ってくることを祈る。

一週間後、ファロム王国王都「ファロム王城」。

全国から集められた人々の前で、ラークヴァルトは皆に真実を伝える。

ファロム王国は我ら屍術師が1000年統治してきた。

ラークヴァルトが1000年統治してきた屍術師を紹介 | 勇者が死んだ!第135話

ラークヴァルトが1000年統治してきた屍術師を紹介 | 勇者が死んだ!第135話より引用

ラークヴァルトを中心に、元侍従長アイザック・ガードナー、宰相のクラウディア・エーベルハイト、宮廷魔術師長のロザル・カリスの4人で1000年統治してきたという。

その言葉は集まった誰もが信じない。

ラークヴァルトの説明に不服を立てる者が空から降って来た。

屍術師ネイド・ダナンヴェイン | 勇者が死んだ!第135話

屍術師ネイド・ダナンヴェイン | 勇者が死んだ!第135話より引用

ロザルは自分のゾンビ。本物はこっちで、屍術師ネイド・ダナンヴェインと名乗るツノの生えた少年が舞い降りる。

ツノを見て本物かと動揺する民衆。ツノは本物。悪魔の血が濃いから悪魔の特徴が強くでていると説明するネイド。

クラウディアは、真実を知り、それでも忠誠を誓うなら受けいれる。そうでない者はこの場で魂を捧げてもらうと宣言する。

悪魔に忠誠を誓えるかと声を上げたのは南部最強の戦士。針の騎士アルゴ・アゲノルが成敗する前にでる。

宰相のクラウディア・エーベルハイト | 勇者が死んだ!第135話

宰相のクラウディア・エーベルハイト | 勇者が死んだ!第135話より引用

アルゴが、話し終える前にクラウディアは大鎌を振り払い、アルゴとその周辺にいた人間を薙ぎ倒す。

鎌には魂が付着し、アルゴだけでなく多くの魂をとってしまったことを驚くクラウディア。

クラウディアは魂を壷にいれて、アイザックにあげるという。自分は若い魂しか興味がないからという。

南部最強の戦士があっさりと倒され、一部の人間は屍術師たちに忠誠を誓う。

しかし、ネイドが、忠誠を誓った者達を始末する。すぐに命乞いをする人間は使えない。まだゾンビのほうが使えるというのが理由だった。

それを見たほかの者達は、ここにいては始末されてしまうとこの場から逃げようとする。

四騎士の炎剣のアゼルスタイン・オルトリクスと同じ四騎士の氷剣のギルフォード・ヴェルギリス | 勇者が死んだ!第135話

四騎士の炎剣のアゼルスタイン・オルトリクスと同じ四騎士の氷剣のギルフォード・ヴェルギリス | 勇者が死んだ!第135話より引用

しかし、出口の門には、四騎士の炎剣のアゼルスタインと同じ四騎士の氷剣のギルフォードが立ちはだかる。二人は、ラークヴァルトに忠誠を誓っている。この場から逃げるのは反逆者。この場で処刑するという。

町長の従者はネイドに胸を貫かれ、絶体絶命のピンチ。

その時、馬が動き、町長を乗せて、城壁を駆け上り、逃げる。

賢者の島。ルルス村・大浴場。

トウカはカラダ中が痛い。シオンが霊体連結でカラダに無茶な負担をかけたせいだと愚痴る。

ニコラが調合した薬を混ぜてある風呂だから、2~3日定期的に入れば治るだろうという。

トウカの湯治中に入ってくるディアナ | 勇者が死んだ!第135話

トウカの湯治中に入ってくるディアナ | 勇者が死んだ!第135話より引用

湯船の中からディアナが現れ、トウカの治療の手伝いうをするとカラダを押し付けてくる。

痛いのはここぉ?とトウカのカラダを舐める。

そんな行為を顔を赤くして見るニコラ。ディアナは、トウカにキスしようとすると、ユナとマルグリットがディアナに飛び蹴りを食らわせる。

トウカとたぶらかして悪の道にひきずりこむことはさせないという。

ディアナは、二人もトウカのことが好きなのと聞くと、ユナは顔を真っ赤にして否定する。

ニコラは、アンリが消えて、ディアナが仲間になっていることがまだ信じられないという。

ニコラは、アンリやファロム王国の事情を聞いて、賢者の島の周りにも魔導具を置いて監視しているという。賢者の島はファロム王国に見つかっていないし、戦争までの準備でまだ時間がかかるはずだから、焦らずに傷を癒すのが先決だとカイルとベーラコがたまにはまともなことをいう。

今は、作戦を考えながら傷を癒すべきだとユナも賛成する。

トウカは、カイルに回収したシオンの遺体はどこかと聞く。

ユナは、シオンの遺体を使って憑依屍術をするなら魔力レベルが低くて危険だと注意するも、トウカの今の魔力レベルは10だという。

勇者が死んだ!第135話ネタバレ感想・考察まとめ

全国から召集しなくても、全国にばらまいたゾンビを使って、力のある人間を始末してゾンビにしてしまったほうが速いし、強いんじゃないのか。

ゾンビを操る数が多すぎるとやっぱり魔力が足りないから、有能の人間はできるだけ、人間のままで忠誠を誓ってもらったほうがいいということだろうか。

1000年統治してきた屍術師は、

ファロム国王ラークヴァルト13世、
元侍従長アイザック・ガードナー、
宰相クラウディア・エーベルハイト、
屍術師ネイド・ダナンヴェイン、
この四人は別格で強いのか、それとも
ラークヴァルトが別格に強くて、
その他は、魂を貰っているだけでラークヴァルトほどではないのか。

マンガワン『勇者が死んだ!』を読んで。

勇者が死んだ!概要

3年前、勇者シオン・ブレイダンが聖剣の力により地獄の門を封印したことで、人と悪魔との闘いが終結した。しかし時は経ち、再び地獄の門が開いてしまい、世界各地に悪魔が現れ人々を襲撃するようになった。

地獄の門が開いてから3か月後、チェザ村の農夫トウカ・スコットは自分が掘っていた落とし穴によりシオンを死なせてしまい、村人と共に勇者を埋めて証拠隠滅を図るも、屍術師のアンリ・ヘイズワースによってシオンの死体に精神を移されてしまう。そして、死にたくなければシオンに代わって世界を救うよう脅迫され、幼馴染のユナ・ユニスと共に地獄の門を封印するために旅立った。

勇者が死んだ!を連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。