ゼツ倫 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

ゼツ倫のネタバレ感想。
ゼツ倫について。

手動開(しゅどうかい)35歳。ちょっと売れ始めてきているイラストレーター。小学生の息子・県(けん)と会社員の妻・文(ふみ)と暮らす、ごく普通の3人家族。普通だけど普通に幸せ。そんな手動が“ある女性”と出会うことによって、普通で幸せな毎日が音を立てて崩れていく―――。

ゼツ倫 第3話ネタバレ&感想『不倫をするかしないかの葛藤』

不倫について心の狭間で葛藤するも気持ちよさでどうでもよくなるカイ | ゼツ倫

不倫について心の狭間で葛藤するも気持ちよさでどうでもよくなるカイ | ゼツ倫より引用

  • ゼツ倫 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゼツ倫 第3話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • ゼツ倫 概要
  • ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧
  • ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

ゼツ倫 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

ケンの同級生の母親・シイナとキスをして行為に及ぼうとしているカイ。

シイナがカイのスボンを下ろす。

カイはゼッタイ不倫してないと断言するも行為をするのは本当にいいのかと自問自答する。

カイの人生の岐路 | ゼツ倫

カイの人生の岐路 | ゼツ倫より引用

シイナにものを握られながら、カイは、今まで通りの世界と一線を越えた世界の分岐点にさしかかっていると考える。

自分ではどっちにいけばいいか迷っている。

迷っている間にもシイナはものに口をつけようとしている。

息子の同級生の母親とするのは問題だろうと否定するも、妻とできない久しぶりの行為だからと肯定する。

不倫はいけないことだと良心が強くなるカイ | ゼツ倫

不倫はいけないことだと良心が強くなるカイ | ゼツ倫より引用

だが、その行為が人生をかけるべき行為なのか自問自答する。

そんな大げさなことなのかとも考える。

たった一度の過ちですべてが台無しになるのは有名人だけじゃないと考える。

しかし、シイナの舌が気持ちよくて考えがまとまらない。

悪い心が強くなるカイ | ゼツ倫

悪い心が強くなるカイ | ゼツ倫より引用

過ちかどうかなんかなんて誰かが勝手に決めたルールだろと自分に言い聞かせる。

しかし、これはカイだけの問題じゃない。

妻のフミ、息子のケン、シイナの家庭にも関わる問題だと言い切る。

しかし、シイナが口に含んだ瞬間、すべてがどうでもよくなる。

カイは、これはコミュニケーションだと行為を肯定する。

しかし、コンドームがないことに気がつく。

シイナはピル飲んでるから大丈夫だという。

そこにインターホンがなる。見本誌の配達だろうというもインターホンの音が鳴り止まない。

覗き穴から見ると見知らぬ男性だった。押し売りか宗教かと思って、カイはほっとこうとするも、インターホンを押している者が、シイナの夫で妻がお邪魔しているはずだと主張する。

シイナが覗き穴を覗いて確認すると夫だと頷く。

カイは罠だったんだと思う。

ゼツ倫 第2話ネタバレ感想・考察

一緒に幸せを謳歌できたであろう子供と夫婦との時間を失った上に、一生かけて稼ぐ金額の費用は消えない。代償としてはとても大きいと思うけど。

誰かが決めたルールかもしれないけど、そのルールに従わないと、享受できる幸せの権利を放棄させられた上に多額の費用を引き続き負担させられる。

1億円の行為が高いか低いかと金銭的に考えるとわかりやすいかもね。

コミックバンチweb(Bバンチ)『ゼツ倫』を読んで。

ゼツ倫 概要

手動開(しゅどうかい)35歳。ちょっと売れ始めてきているイラストレーター。小学生の息子・県(けん)と会社員の妻・文(ふみ)と暮らす、ごく普通の3人家族。普通だけど普通に幸せ。そんな手動が“ある女性”と出会うことによって、普通で幸せな毎日が音を立てて崩れていく―――。

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

手動開(しゅどうかい)
35歳。イラストレーター。

手動文(しゅどうふみ)
会社員。

手動県(しゅどうけん)
小学一年。

格子縞(こうしじま)
ケンの担任教師。

白田井(しらたい)
ケンのクラスメートの母親。

吉見(よしみ)
ケンのクラスメートの母親。

薄山(うすやま)
ケンのクラスメートの母親。

重着枚(かさねぎまい)
ケンのクラスメート。

重着椎名(かさねぎしいな)
ケンのクラスメートの枚(まい)の母親。イラストレーターとしてのカイのファンで、不倫関係を迫ってきた女性。

ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

月刊コミックバンチは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の元編集長堀江信彦、同誌に連載を持っていた漫画家の原哲夫、北条司、次原隆二らが、新潮社をパートナーとして2000年に株式会社コアミックスを設立し、翌2001年5月15日に創刊。

原哲夫、北条司、次原隆二といった、かつての『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家らによる作品を主軸にし、その当時同誌の愛読者だった層をメインターゲットにしていた。また賞金総額1億円という漫画賞を2回行い、本誌での有力な連載作家を募集・発掘して購買層の拡大を狙った。

そんな月刊コミックバンチのweb版。

ゼツ倫 羽生生純の新連載 第2話ネタバレ&感想

カイに迫るシイナ | ゼツ倫

カイに迫るシイナ | ゼツ倫より引用

  • ゼツ倫 第2話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゼツ倫 第2話ネタバレ感想・考察
  • ゼツ倫 概要
  • ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧
  • ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

ゼツ倫 第2話ネタバレストーリー・あらすじ

シイナとランチをすることになったカイ。

駅から遠いし、静かな穴場だというシイナ。

10分ぐらい歩くと自分の仕事場だというカイ。

重着椎名(かさねぎしいな)の悪ふざけ | ゼツ倫

重着椎名(かさねぎしいな)の悪ふざけ | ゼツ倫より引用

カイは、シイナを「枚ちゃんのお母さん」というとシイナは「違います」と声を荒げる。

自分の名前は「枚ちゃんのお母さん」ではなく「椎名」で、「枚ちゃんのお母さん」と呼ばれたくないと主張する。

噴き出すシイナ。

以前のイクメンと呼ばれなくないと主張するカイのお返しだった。

シイナはAランチとビールを注文。カイはBランチとビールを注文する。

昼からビールを飲むことに驚くカイ。

シイナは、カイのことを「女が昼から飲むのか」というタイプでなくてよかったと本音をいう。カイは本音を口にしなくてよかったと内心安堵する。

シイナは、本当はひとりでバーに入って飲みたいけど、夫が酒を飲むと不機嫌になるし、姑の目もあってこういう時にしか飲めないという。

夫も保育園の送り迎えしてるだけで「イクメン」だと言いふらして女性社員に褒められたと自慢してくるところが気に入らないという。

下ネタを降るシイナ | ゼツ倫

下ネタを降るシイナ | ゼツ倫より引用

話題を変えて、シイナが「ちょこぺたぴん」が行為だという。

若い美人教師の格子縞先生が「ちょこぺたぴん」ですよというと、カイはむせる。

カイは、シイナのことを変わった人だという。

シイナは、カイの持つビールジョッキにそっと手を添える。

シイナは、カイの仕事場に行って見たいという。

やましいことはないと思って、カイは快諾する。

やましいことはないと思っていたも他の保護者に見られてないかキョロキョロするカイ。

ランチしただけで、ファンに仕事場を見せるだけだと自分に言い着させるカイ。

仕事場についたシイナは仕事場を素敵だと褒めるもカイは、これは罠なのかと考えをめぐらせていた。

シイナはカイに抱きつく。

自分から誘うシイナ | ゼツ倫

自分から誘うシイナ | ゼツ倫より引用

そして、カイの手を自分の胸に持っていくシイナ。

カイの中の何かがぶっ飛んだ。

カイはシインにキスをする。

カイは、シイナの胸を露にして舐める。

シイナはカイを止める。

カイは、こんな美味いことがないと現実を直視しようとするもシイナがとめた理由はそうではなかった。

シイナは恥ずかしい毛があるという。

笑わないことに頷くカイ。

シイナはスカートを少し下ろし、へその下を露にする。

そこには長い毛があった。

カイはとても興奮した。

カイは、こんな状況でも自分はゼッタイ不倫していないと言い張る。

ゼツ倫 第2話ネタバレ感想・考察

ゼツ倫というのは、絶倫を変形させただけなのかと思ったら、「ゼッタイ不倫してない」の略だったのか。

いやいや、不倫してることになるだろ。ここまでしておいて不倫していないって主張通らないだろ。

コミックバンチweb(Bバンチ)『ゼツ倫』を読んで。

ゼツ倫 概要

手動開(しゅどうかい)35歳。ちょっと売れ始めてきているイラストレーター。小学生の息子・県(けん)と会社員の妻・文(ふみ)と暮らす、ごく普通の3人家族。普通だけど普通に幸せ。そんな手動が“ある女性”と出会うことによって、普通で幸せな毎日が音を立てて崩れていく―――。

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

手動開(しゅどうかい)
35歳。イラストレーター。

手動文(しゅどうふみ)
会社員。

手動県(しゅどうけん)
小学一年。

格子縞(こうしじま)
ケンの担任教師。

白田井(しらたい)
ケンのクラスメートの母親。

吉見(よしみ)
ケンのクラスメートの母親。

薄山(うすやま)
ケンのクラスメートの母親。

重着枚(かさねぎまい)
ケンのクラスメート。

重着椎名(かさねぎしいな)
ケンのクラスメートの枚(まい)の母親。イラストレーターとしてのカイのファンで、不倫関係を迫ってきた女性。

ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

月刊コミックバンチは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の元編集長堀江信彦、同誌に連載を持っていた漫画家の原哲夫、北条司、次原隆二らが、新潮社をパートナーとして2000年に株式会社コアミックスを設立し、翌2001年5月15日に創刊。

原哲夫、北条司、次原隆二といった、かつての『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家らによる作品を主軸にし、その当時同誌の愛読者だった層をメインターゲットにしていた。また賞金総額1億円という漫画賞を2回行い、本誌での有力な連載作家を募集・発掘して購買層の拡大を狙った。

そんな月刊コミックバンチのweb版。

ゼツ倫 羽生生純の新連載 第1話ネタバレ&感想

手動開(しゅどうかい) | ゼツ倫

手動開(しゅどうかい) | ゼツ倫より引用

  • ゼツ倫 第1話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゼツ倫 第1話ネタバレ感想・考察
  • ゼツ倫 概要
  • ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧
  • ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

ゼツ倫 第1話ネタバレストーリー・あらすじ

ヒトはいつから一夫一妻制なのだろうか。

ヒトが繁栄したのは、ウソをホントに思い込める力を持ったからだと昔読んだ本に書いてあったことを思い出す。

ヒトはいつから一夫一妻制を信じるようになったのだろう。

カイは最近そんなことばかり考えるようになった。

ヒトは生まれながらに唯一の相手を求めるようにできているのか。それとも夫婦という「物語」を信じているだけなのか。そして、35歳になってまで自分の欲望がバカになってるのだろうかと自問自答するカイ。

朝起きると、妻と息子が朝食をとっていた。

ごはんではなくトーストを食べていることにカイは妻にご飯セットするのを忘れてたと謝罪する。

妻は気にしてないようでパンを焼くか聞く。

カイは飲みすぎたからコーヒーでいいと朝食をとらない。

息子が時間を知らせる。

妻は会社、息子は小学校に出かける。

主人公は、手動開(しゅどうかい)35歳。息子は県(けん)小学一年生。妻は文(ふみ)会社員。

家族三人、ふつうに幸せを感じるカイ。

フミとケンを見送った後、カイは食器洗い、掃除、洗濯をして、仕事場に出勤する。

カイはイラストレーターとして収入もようやく安定してきて仕事場を借りられるようになった。

アラームがなり、学校へ行かなければと仕度を急ぐカイ。

今日は授業参観。

ケンの担任美人教師・格子縞(こうしじま) | ゼツ倫

ケンの担任美人教師・格子縞(こうしじま) | ゼツ倫より引用

ケンの担任教師の格子縞は「ちょこぺたぴん」だよと生徒に正しい姿勢で椅子に座るように促す。

カイは格子縞は美人だと眺める。

ケンの入学式の担任教師の発表のときにガッツポーズを心の中でとったカイ。

「ちょこぺたぴん」というやりかたは自分の子供の頃にはなかったなと思う。

自分が生徒になったつもりで、格子縞に「ちょこぺたぴん」を手取り足取り教えてもらっているところを妄想する。

その後の保護者会。

同じ保育園だったママ友グループは、ガヤガヤと盛り上がる。そういう雰囲気が苦手なカイ。

保護者会も終わり、ママ友グループの白田井がファミレスにいこうとみんなを引っ張っていく。

ケンがクラスメートの女の子と別れの挨拶をしている。

カイはその母親に挨拶をし、ママ友グループと一緒にファミレスにはいかないのかと聞くと、重着は苦手だという。

重着は、カイのことをイクメンだというと、カイはムキになって否定する。イクメンという言葉が無意味だと思っていて、イクメンと呼ばれたくないと。

呆然と立つ重着。

我に返るカイはすぐに謝罪するも重着はそそくさと帰って行く。

その夜。

夫婦の夜の営みを拒絶されるカイ | ゼツ倫

夫婦の夜の営みを拒絶されるカイ | ゼツ倫より引用

カイは、フミに夫婦としての夜の営みを迫りたかったが、以前に疲れているからと断られ、断らせるのもストレスだと妻のことを考えてモーションすらかけないカイ。

コウノトリ中も乗り切ったと言い聞かせるも頭でわかっていても湧き上がる欲望の衝動を消すことはできない。

コウノトリ中も夜の営みを拒絶され乗り切ったことを思い出すカイ | ゼツ倫

コウノトリ中も夜の営みを拒絶され乗り切ったことを思い出すカイ | ゼツ倫より引用

カイはトレイに籠もり、スマートフォンで動画をみながら抜く。

次の日、カイが仕事していると、メッセージが入る。

メッセージは昨日あった、ケンのクラスメートの母親・シイナからだった。

一応、返信しておくかと昨日の謝罪をメッセージに入れるカイ。

すると、カイのイラストの大ファンだと返信がくる。

それにびっくりするカイ。自分が売れてきた証拠だとテンションがあがる。

カイのスタンプを使ってメッセージを送ってくるシイナ。

お買い上げありがとうございますと返事するカイ。

いろいろと学校の話などしたいのでランチしませんかというお誘いを受けるカイ。

知り合いになって損はないだろうと快諾するカイ。

ゼツ倫 第1話ネタバレ感想・考察

本当のファンなのか、有名な人間に近寄りたいだけでファンを装っているのか。

前者でも後者でも厄介ではあるんだけど。後者のほうが厄介か。でも後者の場合は、利点が少ないと感じれば離れていく。前者は利害うんぬんじゃないから泥沼化する。やっぱり、どっちも厄介だな。

コミックバンチweb(Bバンチ)『ゼツ倫』を読んで。

ゼツ倫 概要

手動開(しゅどうかい)35歳。ちょっと売れ始めてきているイラストレーター。小学生の息子・県(けん)と会社員の妻・文(ふみ)と暮らす、ごく普通の3人家族。普通だけど普通に幸せ。そんな手動が“ある女性”と出会うことによって、普通で幸せな毎日が音を立てて崩れていく―――。

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

手動開(しゅどうかい)
35歳。イラストレーター。

手動文(しゅどうふみ)
会社員。

手動県(しゅどうけん)
小学一年。

格子縞(こうしじま)
ケンの担任教師。

白田井(しらたい)
ケンのクラスメートの母親。

吉見(よしみ)
ケンのクラスメートの母親。

薄山(うすやま)
ケンのクラスメートの母親。

重着枚(かさねぎまい)
ケンのクラスメート。

重着椎名(かさねぎしいな)
ケンのクラスメートの枚(まい)の母親。

ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

月刊コミックバンチは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の元編集長堀江信彦、同誌に連載を持っていた漫画家の原哲夫、北条司、次原隆二らが、新潮社をパートナーとして2000年に株式会社コアミックスを設立し、翌2001年5月15日に創刊。

原哲夫、北条司、次原隆二といった、かつての『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家らによる作品を主軸にし、その当時同誌の愛読者だった層をメインターゲットにしていた。また賞金総額1億円という漫画賞を2回行い、本誌での有力な連載作家を募集・発掘して購買層の拡大を狙った。

そんな月刊コミックバンチのweb版。

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧まとめ

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

  • ゼツ倫 概要
  • ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧
  • ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

ゼツ倫 概要

手動開(しゅどうかい)35歳。ちょっと売れ始めてきているイラストレーター。小学生の息子・県(けん)と会社員の妻・文(ふみ)と暮らす、ごく普通の3人家族。普通だけど普通に幸せ。そんな手動が“ある女性”と出会うことによって、普通で幸せな毎日が音を立てて崩れていく―――。

ゼツ倫 登場人物・キャラ一覧

手動開(しゅどうかい)

手動開(しゅどうかい)

手動開(しゅどうかい)
35歳。イラストレーター。

手動文(しゅどうふみ)

手動文(しゅどうふみ)

手動文(しゅどうふみ)
会社員。

手動県(しゅどうけん)
小学一年。

格子縞(こうしじま)

格子縞(こうしじま)

格子縞(こうしじま)
ケンの担任教師。

白田井(しらたい)
ケンのクラスメートの母親。

吉見(よしみ)
ケンのクラスメートの母親。

薄山(うすやま)
ケンのクラスメートの母親。

重着枚(かさねぎまい)
ケンのクラスメート。

重着椎名(かさねぎしいな)

重着椎名(かさねぎしいな)

重着椎名(かさねぎしいな)
ケンのクラスメートの枚(まい)の母親。イラストレーターとしてのカイのファンで、不倫関係を迫ってきた女性。

ゼツ倫を連載している無料WEBマンガ『コミックバンチweb(Bバンチ)』について

月刊コミックバンチは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)の元編集長堀江信彦、同誌に連載を持っていた漫画家の原哲夫、北条司、次原隆二らが、新潮社をパートナーとして2000年に株式会社コアミックスを設立し、翌2001年5月15日に創刊。

原哲夫、北条司、次原隆二といった、かつての『週刊少年ジャンプ』黄金期を支えた作家らによる作品を主軸にし、その当時同誌の愛読者だった層をメインターゲットにしていた。また賞金総額1億円という漫画賞を2回行い、本誌での有力な連載作家を募集・発掘して購買層の拡大を狙った。

そんな月刊コミックバンチのweb版。