サバイバル~少年Sの記録 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

サバイバル~少年Sの記録のネタバレ感想。
サバイバル~少年Sの記録について。

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録 第92話ネタバレ感想『浸水は一時的に止まった』

地上の光が見える | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第92話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

地上の光が見える | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第92話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

  • サバイバル~少年Sの記録 第92話ネタバレストーリー・あらすじ
  • サバイバル~少年Sの記録 第92話ネタバレ感想・考察まとめ
  • サバイバル~少年Sの記録 概要
  • サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

サバイバル~少年Sの記録 第92話ネタバレストーリー・あらすじ

浸水で激流に襲われたサトルたち。

激流は止み、コージが皆の状況を確認する。

サトルとアキナは大丈夫。

アキナに膝枕をおされている新川が全身打って動けない上に手も落ちるときにロープの摩擦でケガをした。

志賀爺はエマに助けてもらって助かったが、エマは左手を骨折。

ヒドイのはマサキ。エマを庇って右横腹にケガを負った。

出血がヒドイ。タキは、応急手当をする。

マサキは焼きがまわったと痛みで顔を歪ませる。

タキは黙っていろという。タキはやれることはやったがちゃんとした治療をしないと危ないという。

浸水のケガを応急処置するコージたち | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第92話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

浸水のケガを応急処置するコージたち | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第92話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

コージは落ちてる板を使ってエマの上に添え木として応急処置をする。

浸水は収まったというコージだが、タキは安心できないという。何かが詰まって浸水を止めているだけかもしれないと。

それが決壊すれば再び浸水する。

前田を含め、地下鉄で命を引き取った遺体が浸水を防いでいてくれた。

食い止めている間になんとかしないといけない。

サトルはマサキを心配そうに眺めるしかできなかった。

新川は、サトルを呼ぶ。しかし、サトルは状況に呆然として我を忘れて新川の声が聞えていない。

新川はサトルに怒鳴る。その怒鳴り声で我に返るサトル。

新川は、サトルに上を見ろという。

新川が指差す頭上には地上の明かりが見える。

サバイバル~少年Sの記録 第92話ネタバレ感想・考察まとめ

第92話は全8頁。

1頁目:浸水が止まり、状況整理
2頁目:状況整理:マサキが重傷
3頁目:状況整理:応急処置
4頁目:浸水が止まった原因
5頁目:各人の状況描写
6頁目:新川がサトルに呼びかける
7頁目:新川がサトルに呼びかける
8頁目:頭上に地上の光

新川がロープをかけてくれたおかげで、クライマーではない人間でも登れるだろう。

この状況だと、軍人でもあり、訓練をしたコージがまず登るのが普通だと思うけど、いきなりサトルが行っちゃうのだろうか。

地上の光が見えても、何か格子があって上には上がれそうにもないけど、どうするのだろうか。

動けないマサキと新川。そして、腕を骨折しているエマと老人の志賀爺も登れないだろう。

登れるとしたら、サトル、コージ、タキ、アキナの四人。登れないのはマサキ、新川、エマ、志賀爺の四人。新川は気合で登ると言い出して、一人で登れるとしたら、三人分を背負えればいいけど、アキナに背負えるだろうか。体重の軽さからすると、次のペアになると思う。

サトルと新川は一人で登る。

コージが一番重たそうなマサキを背負う。

タキが二番目に重そうなエマを背負う。

アキナが一番軽そうな志賀爺を背負う。

それとも女性は女性でペアを組ませるのだろうか。

マンガボックス『サバイバル~少年Sの記録』を読んで。

サバイバル~少年Sの記録 概要

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

サバイバル~少年Sの記録 第91話ネタバレ感想『雨水が激流となってサトルたちを襲う』

パイプが破裂し、雨水の浸水が増し、絶望するサトルたち | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

パイプが破裂し、雨水の浸水が増し、絶望するサトルたち | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

  • サバイバル~少年Sの記録 第91話ネタバレストーリー・あらすじ
  • サバイバル~少年Sの記録 第91話ネタバレ感想・考察まとめ
  • サバイバル~少年Sの記録 概要
  • サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

サバイバル~少年Sの記録 第91話ネタバレストーリー・あらすじ

豪雨で地下鉄に侵入してきた雨水が、サトルたちのところまで浸水してくる。

ものすごい勢いで雨水が浸水してきたことに驚くサトルたち。

そこにきて、パイプなどが破裂。破裂したパイプからも大量の雨水が流れ込んでくる。

激流に押し流されるサトルたち。

壁をよじ登っていた新川は皆を心配するも、自分の頭上のパイプも破裂し、そこから雨水が流れ出す。

破裂し、切断されたパイプが志賀爺目掛けて倒れてくる。

破裂したパイプが倒壊し、志賀爺を庇うエマ | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

破裂したパイプが倒壊し、志賀爺を庇うエマ | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

エマが志賀爺を庇い助ける。

助けたはいいものの、金属製のボンベのようなものが大量にエマのほうに流れていく。

エマは、それを見て覚悟を決める。

激流からボンベが流れてきてエマは覚悟するもマサキが身を挺して庇う | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

激流からボンベが流れてきてエマは覚悟するもマサキが身を挺して庇う | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第91話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

エマを覆いかぶさる形でマサキがボンベからエマと志賀爺を守る。

新川は頭上からの水で折角登った鉄柱からずり落ち、ロープを掴むも出血する。新川は自分のカラダを支えきれず、下まで転落。水の中に落ちる。

新川を心配するサトル。

サバイバル~少年Sの記録 第91話ネタバレ感想・考察まとめ

第91話は全8頁。

1頁目:雨水の浸水に気付くサトルたち
2頁目:パイプの破裂
3頁目:パイプの破裂による全員の絶望
4頁目:激流に飲まれる。新川にも水。
5頁目:パイプ倒壊による被害
6頁目:激流からのボンベでエマ絶望
7頁目:荒川落ちる
8頁目:荒川落ち、サトル心配

新川が落ちる場面は2頁もいらないような気がするも今回はトラブル発生回としては良いのではないでしょうか。

マサキがエマたちをかばったことで致命傷にならなければいいが。新川は水の上に落ちたから致命傷にはならないだろう。

マンガボックス『サバイバル~少年Sの記録』を読んで。

サバイバル~少年Sの記録 概要

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

サバイバル~少年Sの記録 第90話ネタバレ感想『豪雨の浸水がサトルたちの足元に迫る』

豪雨の浸水で押し流される前田の遺体 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第90話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

豪雨の浸水で押し流される前田の遺体 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第90話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

  • サバイバル~少年Sの記録 第90話ネタバレストーリー・あらすじ
  • サバイバル~少年Sの記録 第90話ネタバレ感想・考察まとめ
  • サバイバル~少年Sの記録 概要
  • サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

サバイバル~少年Sの記録 第90話ネタバレストーリー・あらすじ

豪雨の雨水が地下鉄にも浸入。

ものすごい勢いの水流で地下鉄に流れ込む。

その水圧は、地下鉄線路に止まっている車両の中の遺体を押し流すほど。

前田の遺体も一緒に流される。

サトルたちは、新川のクライミング待ちだった。

柱を登って地上までの脱出経路を探る。

新川は、柱を登り始める。

その様は圧巻。下で待つ者たちは新川のクライミング技術に感嘆を漏らす。

その途中、壁の一部が崩れ、体勢を崩す新川

新川は、カラダを反転させ、壁を蹴って、頭上にある飛び出た鉄骨にジャンプ。

ギリギリのところで鉄骨を掴み、転落を阻止する。

新川自身もビビったといい鉄骨に昇る。

ここまできたら上までいけたも同然だという新川。

鉄骨にロープをくくりつける。

マサキたちに迫る浸水 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第90話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

マサキたちに迫る浸水 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第90話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

そのとき、マサキの足元に水が浸水してきた。

サバイバル~少年Sの記録 第90話ネタバレ感想・考察まとめ

第90話は全9頁。

1頁目:雨水が地下鉄に浸水>遺体が押し流される
2頁目:雨水が地下鉄に浸水>前田の遺体が押し流される。
3頁目:クライミング>登り始める
4頁目:クライミング>登り中
5頁目:クライミング>新川は賞賛
6頁目:クライミング>アクシデント
7頁目:クライミング>華麗に解決
8頁目:クライミング>安堵
9頁目:浸水がマサキまで到達する

今回は、あからさまな無駄はなかったと思う。新川のクライミングの描写も起承転結というか、間にアクシデントをいれてまとまっていると思う。前田の遺体が押し流された描写もサトルたちに浸水が到達するんだなと思わせる描写としてもあってると思う。

密閉空間での浸水は体験したことないけど、カナヅチではない限り、浸水の水かさが増えていけば、柱の上に自動的にいけるから案外楽なのかもしれない。

ただ、浸水した後、柱の上が、さらに上に行くまでに時間を費やすような場所だったらアウトだから、先に登れるなら登ったほうが安全。

マンガボックス『サバイバル~少年Sの記録』を読んで。

サバイバル~少年Sの記録 概要

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

サバイバル~少年Sの記録 第89話ネタバレ感想『地下鉄に雨水が浸入してくる』

地下鉄に雨水が浸入 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

地下鉄に雨水が浸入 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

  • サバイバル~少年Sの記録 第89話ネタバレストーリー・あらすじ
  • サバイバル~少年Sの記録 第89話ネタバレ感想・考察まとめ
  • サバイバル~少年Sの記録 概要
  • サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

サバイバル~少年Sの記録 第89話ネタバレストーリー・あらすじ

エマたちと救出にいったオスプレイが米軍ベースキャンプに戻ってくる。

着地に成功。地上部隊は先ほど戻ったと報告を受ける。

アメリカ本国からの気象衛星からのデータを解析したところ、この地域において数十年に一度の降水量が予測されると報告を受ける。

他の避難所でも雨の影響で川になっているところもでてくる。しかし、スタジアムを避難所にしているところは、スタジアムの中までは大丈夫。

タケルは一人、スタジアムの高台に登って浮かれている。

北参道駅のホームでは、雨の影響で埋まっていた土砂を押しのけ雨水が浸入してきていた。

サバイバル~少年Sの記録 第89話ネタバレ感想・考察まとめ

地震で崩れた建物や土砂が押し流されたり、元々川じゃなかったところも川になったり、通常よりも被害は大きそう。

毎回思うけど、この漫画、進みが遅いのはどうしてだろうか。

今回のエピソードを分析してみよう。

第89話は全8頁。

1頁目:扉絵
2頁目:米軍>オスプレイ帰還
3頁目:米軍>地上部隊の報告と本国からの気象予報
4頁目:避難所>雨の様子
5頁目:避難所>雨が川をつくるとタケル
6頁目:避難所>タケルの謎行動
7頁目:地下鉄>雨水が滴る
8頁目:地下鉄>雨水が多量に流れ込む

タケルは今後、重要なキャラになっていくような描写。これがなんでもないなら、1頁半は返して欲しい。

地下鉄に雨水が流れ込んでくる部分などは、滴り、その後、一気に流れ込んできたという表現をしたいのだろう。その描写として2頁6コマ使うのは否定しないが、どうも前段階の描写にコマ数を割き、重要な登場人物の心理描写にコマがされていないような気がする。いままでは、頁ごとのウォッチしてなかったので、これからはしていこうと思う。

人物の心理描写や情報のコマが少ない、もしくは読者に曲解されるような描写があるから、アキナ疑惑が腑に落ちなかった。なんでもないならあそこまで引っ張る必要があったのだろうか。

米軍基地 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

米軍基地 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

雨のことを深刻に描写したいなら、オスプレイ帰還とかはどうでもよくて、アメリカ本国からの気象予報を分析し、米軍が豪雨対策を採り始めるような描写にし、その上で、地下鉄に多量の水浸入でよかったんじゃないかなと思う。

2~6頁までが本国から気象予報を元に豪雨対策をする米軍。
7~8頁で地下鉄に雨水侵入。

今回のエピソードで達成すべきは、脱出口になりえそうなところを見つけたサトルたちが危ないと思わせること。そのための地下鉄の水に侵入であり、その雨水がどれほどまでに膨れるかわらかないから迅速に動かなければ水没してしまうと読者にサトルたちを応援する気持ちを煽ること。

避難所 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

避難所 | 引用元:サバイバル~少年Sの記録 第89話 原作:さいとうたかを 漫画:宮川輝

避難所は、今後重要な役割を果たすとしても今回のエピソードでなくてもいいと思う。

マンガボックス『サバイバル~少年Sの記録』を読んで。

サバイバル~少年Sの記録 概要

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

サバイバル~少年Sの記録 第87話ネタバレ感想『豪雨で更なる困難がサトルたちに迫る』

新川は何かの世界二位の実力者 | サバイバル~少年Sの記録 第87話

新川は何かの世界二位の実力者 | サバイバル~少年Sの記録 第87話より引用

  • サバイバル~少年Sの記録 第87話ネタバレストーリー・あらすじ
  • サバイバル~少年Sの記録 第87話ネタバレ感想・考察まとめ
  • サバイバル~少年Sの記録 概要
  • サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

サバイバル~少年Sの記録 第87話ネタバレストーリー・あらすじ

志賀爺がサトルたちを案内したところは戦後復興のときに途中まで作られた地下鉄。

戦後復興の威信をかけて、頑丈で立派な地下鉄の駅だから今でも残っている。確証はないが、上まで行けば、出口のひとつぐらいはあるんじゃないかという志賀爺。

しかし、志賀爺が指指す上には、足場のない柱だけ。

マサキは新川にどうかと聞くも新川は誰にいうとんねんと返す。

新川は世界二位というマサキ。新川はほぼほぼ一位だったという。

エマとコージは、新川が何の二位かわからないけど、この柱を登ろうとしていることはわかった。

一方、地上では、米軍がエマとコージの捜索を続けていた。

しかし、地上では豪雨のために、捜索にはタイムリミットがあった。

豪雨が強くなるために、基地へ退避する。

豪雨が迫ってきて米軍はエマとコージの捜索を中止 | サバイバル~少年Sの記録 第87話

豪雨が迫ってきて米軍はエマとコージの捜索を中止 | サバイバル~少年Sの記録 第87話より引用

米軍の隊員が、地下にいるエマとコージにいるなら早く出てこいと訴える。

でないと豪雨がやってきて、地下も浸水してしまうぞと。

地下にいるサトルの頭に水が落ちてくる。

軍用ヘリが強い雨雲の接近で現場を離脱し、基地に帰還する旨を司令部に伝える。

先日からの地震により、該当地域の地盤はかなり緩んでいる。さらなる建物の倒壊がありそうだと見る。

河川の氾濫や土砂崩れが発生し、広い地域での浸水など被害の拡大が予想される。

各コミュニティへの通達の状況の確認をすると、できるだけ高台の安全性の高い建物などへ避難するよう伝えてあると報告。

地下に雨水が流れ込む可能性はと聞くと十分に考えられる。それも大量の雨水。

サバイバル~少年Sの記録 第87話ネタバレ感想・考察まとめ

池袋辺りは、土砂崩れするほどの高低さなさそうだけど、地震で変動があって、土砂崩れするような状況なのだろうか。それよりも雨水による浸水か。東京は、撥水の機能があったとしても、地震で壊れているからもしれないし、地下鉄に充満する可能性がある。

マンガボックス『サバイバル~少年Sの記録』を読んで。

サバイバル~少年Sの記録 概要

さいとう・たかを原作。突如発生した世界的な地殻変動による巨大地震に遭遇して生き残った少年・鈴木サトルが、過酷きわまる環境で生き抜こうとする姿を描くサバイバル漫画。

サバイバル~少年Sの記録を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。