【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスのネタバレ感想。
【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスについて。

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話ネタバレ感想『ナインズメンバー登場』

ヒロがコドモに男女の違いが残る理由を聞く | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロがコドモに男女の違いが残る理由を聞く | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話ネタバレストーリー・あらすじ

ナインズのアルファが会議を開催。賢人が都市の召集をかけて、叫竜の本拠地グランクレバスに挑む。

ナインズの任務はその時がくるまで最前線の叫竜の数を減らすこと。それを聞いてデルタは今までと変わらないと笑う。

ナインズメンバー、ナインベータとナインガンマ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ナインズメンバー、ナインベータとナインガンマ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ガンマはザコ狩りの日々にガッカリする。ベータは、グランクレバスの周辺はグーテンベルグ級も多いからナインズが掃除してやらないと普通の部隊に荷が重いと自分たちの任務の重要性を説く。

ナインズメンバー、ナインイプシロン | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ナインズメンバー、ナインイプシロン | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

イプシロンは、凡人の世話を焼いてあげるのもエリートの務めとベータの言い分を受け入れる。デルタは、叫竜をぶっつぶすだけで楽しいと。コアを潰すときの中がクチョットはじけるあの感触がゾクゾクすると笑う。

ナインズメンバー、ナインデルタ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ナインズメンバー、ナインデルタ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

デルタは、量産型人間ゼータ、イータ、シータに同意を求めるも返事をしない。

ナインズメンバー、ナインゼータ、ナインイータ、ナインシータ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ナインズメンバー、ナインゼータ、ナインイータ、ナインシータ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ベータは、イオタがいれば、少しは楽できたのにというと、デルタはイオタはいらないという。イオタは一人で大暴れするから自分の取り分が減っちゃう。態度も目つきも悪いし、髪の毛の色もピンクだしとゼロツーの悪口が止まらない。

それを聞いて、イオタにデルタは厳しいなと笑顔で答えるアルファ。アルファは連れ戻せなかったが遠からずイオタはナインズに戻ってくると予言するアルファ。いくらコード016がコドモのなかで優秀でも所詮不完全なニンゲン。叫竜の血を引くイオタの番いにはなれない。

コドモは不完全な人間 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

コドモは不完全な人間 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

イオタは永遠に一人だというアルファ。

大量の叫竜を前にナインズは出動する。

書庫でゼロツーを見つけるヒロ。

何しているのと聞くと探している本があるという。手伝うというヒロだが、一人で探すというゼロツー。

ココロはベッドの中で、はじめての赤ちゃんの本を読んでいた。

みんなのところに顔をださないココロを心配するフタシ。ミクは体調が悪いから部屋で休むとフトシに伝えると、お見舞いにいかなきゃという。ミクは男子にはわからないやつだからフトシを追い払う。女子だけ毎月苦労しなきゃいけないと不公平だと不満を漏らすミクとイクノ。

ココロは、毎月のこの痛みは意味があるのかと考える。パパたちの言葉を追い出すココロ。

コドモの身体には旧時代の、古い人類の生体システムが残っている。それゆえに男女の違いに苦しんだり、不要な感情にかき乱されてしまう。これはコドモたちが不完全な存在だから仕方ないことだと説明する。

オトナは完全な存在だと豪語するオトナ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

オトナは完全な存在だと豪語するオトナ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

科学の発展の末に肉体を改良し、不老不死。性の問題の解消。欠点のない完全な存在。それがオトナ。フランクスの操縦者となり、都市を守るため尽くせば、いつかきっとコドモたちもオトナの仲間入りができるでしょう。

昔の人はこんなに大切にしていたことなのに、オトナには必要のないシステムなのかと疑問を抱くようになったココロ。

その時、ヒロが挙手して質問をした。

男女の違いが人類にとって不要なシステムなら、なぜコドモたちにはそれが残されているんですかと。誰も気にしなかったことをヒロだけが疑問に思った。

オトナは、知る必要がないと応えた。

あの頃、オトナはヒロの知りたいことに何一つ応えてくれなかった。そこにゴローがしけた顔してんだと声をかけてくる。ゴローはイチゴとのキスのことを持ち出す。ヒロは見てたのかと聞くと、驚いていないと応えるゴロー。昔からイチゴはヒロのことを見ていたことを知っている。イチゴの素直な気持ち、受け止めてやれというゴロー。

でも、イチゴがヒロのことを思っている時、苦しくなるというゴロー。どうしてだろうと。

13都市の進路上に叫竜が出現。グランクレバスへの進行を妨害している。ハチは、フランクスの出撃準備を発令する。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第31話ネタバレ感想・考察まとめ

オトナたちは全員、サイボーグなのかな。でもオトナには男女の差がないとなると、もうそもそも生物ではなくなっているから、人間をベースにサイバネティックを身体に埋め込むサイボークという存在ではなく、ゼロから無機物から作られたアンドロイドなのではないだろうか。人間ベースのオトナはフランクス博士のサイボーグだけなのかもしれない。

ナインズたちは、ヒロたちのことを不完全な人間と呼んでいるから、もしかしたら男女の差がないバイオテクノロジーで生命を誕生させる技術が生まれたのかもしれない。なら、ヒロたちもそういうカラダにすればいいのに。ナインズたちは、ゼロツーのみならず、叫竜の血を受け継いでいるのか。叫竜の血がなければ男女の差を消すことができないということだろうか。

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 最新刊コミックス第3巻 10月4日(木)本日発売

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 最新刊コミックス第3巻 10月4日(木)本日発売 | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 最新刊コミックス第3巻 10月4日(木)本日発売 | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 最新刊コミックス第3巻 10月4日(木)本日発売
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 最新刊コミックス第3巻 10月4日(木)本日発売

移動要塞都市同士の燃料交換を狙って、叫竜の大群が迫る。かつてない規模の戦いを前に、沸き立つコドモたちだったが、ヒロの身体は2回の戦闘で限界を迎えていた。さらにゼロツーには帰還命令が下ってしまう。引き止められなかったヒロは…

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想『賢人と叫竜との確執』

ヒロにキスするイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロにキスするイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

寝相の悪いフトシに起こされるゴロー。

イチゴとヒロが寝袋にいないことに気付く。

ヒロとイチゴは海岸を歩いていた。いろいろあったから目が冴えてというイチゴ。同意するヒロ。

ヒロは寝てたらもったいない気がしたという。

ヒロは星空がきれいだとイチゴに教える。

その中からイチゴがオリオン座を見つけて指差す。昔、オリオン座は冬の星座代表といわれていたらしいと薀蓄を披露するヒロ。

イチゴは、小さい頃もそうやって星の話を教えてくれたという。ヒロが教えてくれたことは全部覚えているというイチゴ。

オリオン座の15番星をイチゴの星と呼ぶヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

オリオン座の15番星をイチゴの星と呼ぶヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

イチゴの星もと聞く。オリオン座の15番星イチゴの星。暗くて肉眼で見るのは難しいと本に書いてあったけど本当に見えないものだなというヒロ。

いつか施設を出たら一緒に見ようって約束したのにとヒロが言うと、覚えているじゃんとヒロを肘でつつくイチゴ。

リーダーとして覚悟をしないとけないのは自分のほうだと前の戦闘でもゴローに迷惑かけたと反省しているイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

リーダーとして覚悟をしないとけないのは自分のほうだと前の戦闘でもゴローに迷惑かけたと反省しているイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

みんなの前でこれからリーダーとしてビシビシ行くからとエラソーなことを言ったけど、ホントに覚悟しなくちゃいけないのは自分だというイチゴ。この前の戦闘でもゴローに迷惑をかけて全然ダメ。どうせならヒロがリーダーやってくれたらいいのにと思ったり。

それを聞いたヒロは、イチゴはいいリーダーだという。

模擬戦でのキスのことを持ち出すヒロ。コネクトできない自分のためにキスしたら上手くいくかもという不確かなことのために、リーダーとしてイチゴはキスしてくれた。

あの時は、余裕がなくて、キスが特別な行為だってことも知らなくて、結果としてイチゴの大切なキスを無意味にさせることになってしまった。

ヒロは振り向き、謝罪する。

イチゴは振り向いたヒロに再びキスをした。

二人のキスを岩陰からみていたゴロー。

ヒロにゼロツーだけじゃなく自分も見て欲しいと告白するイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロにゼロツーだけじゃなく自分も見て欲しいと告白するイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

突然のキスに理由を聞くヒロ。イチゴは、ヒロとのキスは特別だと思っているというイチゴ。リーダーとして頑張るから、ゼロツーだけじゃなくて自分のことも見てて欲しいと笑顔をつくるイチゴ。

賢人たちは、ゼロツーとヒロについて会議するしている。落第寸前の特殊検体にあれほどの力があったとはというも、フランクス博士のこだわっていたゼロツーの婿探しもこれで終わったという。

ヒロにはゼロツーをあるところまで無事に運ぶ指名がある。

長きに渡る叫竜との戦いを終わらせる。我らの悲願、忌まわしき叫竜の姫に城グランクレバスの制圧。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想・考察まとめ

賢人は仮面を被っているのか人間の顔をしていない。やっぱり、ロボットなのだろうか。

だとすると、叫竜側のほうがもともと人間なのか。叫竜の姫と呼ばれる者が元々人間で、暴走したAI(賢人)を止めるために叫竜を作っているのか。

七賢人の一人 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

七賢人の一人 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話ネタバレ感想『過去の生活環境とミストルティンの類似』

昔のヒロは、本を読みつくしてもまだ足りないという目をしていたと語るゴロー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

昔のヒロは、本を読みつくしてもまだ足りないという目をしていたと語るゴロー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話ネタバレストーリー・あらすじ

建物の天井が崩れ、ココロに降りかかるところをミツルは助ける。

ココロの身を案じるミツル。

助けたときに不可抗力で、手がココロの胸を鷲づかみにしていることに気付いて赤面するミツル。

ココロが気がつく前に離れるミツル。

ミツルは顔を背け、安全の保証がないといったことを持ち出す。

ココロは素直に謝罪と感謝をミツルに伝える。

ココロを捜索しに、ゾロメやミクたちも廃墟とし化した街跡にやってくる。

ゾロメは探索気分で浮かれるもフトシはココロの身を心配し、ゾロメを注意する。ゾロメはわかってるというもワクワクした気持ちに嘘はない。

イチゴたちも手分けして探そうという。

ヒロとゴロー。

ヒロは、ゴローに不思議だという。この町の生活の跡を見ていると、洗練されたオトナの街より、むしろ、ミストルティンのイメージに近い。まるでこれをモデルにコドモの生活環境が作られているみたいだという。

過去の街の生活の跡とミストルティンが類似していることを指摘するヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

過去の街の生活の跡とミストルティンが類似していることを指摘するヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロに言われればそうかもしれないと考えるゴロー。

ゴローはヒロのことを見つめ、ヒロはその視線の意味を聞く。

ヒロのそういう発言は、昔のヒロみたいだと思ったというゴロー。そうやって見たこと聞いたことなんでも疑問に持って。ガーデンにあった本は全部読みつくして色々なことに詳しくても、それでもなお「まだ足りない」という目をしていた。

他のコドモたちはと明らかに違う特別なやつだと思ったというゴロー。

でもいつの頃からかうつむいてばかりで、あの頃感じた「凄み」みたいなものは薄くなったと思っていた。フランクスに乗れるかどうかでくすぶっていたから仕方ないけど。

そういうゴローの背中を見て、ヒロは、胸の腫れがおさまってから頭の中がスッキリした感覚がある。何年も立ち込めたモヤが晴れたような。小さい頃に突き動かしていたあの気持ちが戻ってきた。

自分のいる世界を知りたいという気持ち。

そして、赤い角の子を思い出すと頭痛がする。

自分の中に深い霧に阻まれて見えない何かがある。

キスする映画のポスターを見るイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

キスする映画のポスターを見るイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

イチゴは、映画のポスターを見て、「キス」のことを知る。

口と口。そこにゼロツーが現れ、ダーリンとしたことあるという。

イチゴは何をしたと聞くと「キス」と応えるゼロツー。

ゼロツーは、イチゴにはまだ早いかなと挑発すると、イチゴもしたことあるという。

キスは特別なヒトとする行為。特別なヒトがいるのかとイチゴを挑発するゼロツー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

キスは特別なヒトとする行為。特別なヒトがいるのかとイチゴを挑発するゼロツー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ゼロツーは誰とと聞く。キスは、特別な人とするもの。その人は、イチゴにとって特別な人なのかと聞く。

イチゴは、ヒロとしたことを思い出す。

そこに、ヒロとゴローが声をかけてくる。

ココロとミツルが見つかったという。ココロが見つかってフトシが怪我はないかと心配する。

ヒロは、ミツルに無事でよかったと声をかけるも、ミツルは心配するフリなんていい。そんな人間じゃないでしょとヒロと距離をとる。

ミクは疲れたと駄々をこねる。イクノはこの街はなんだろうというとゼロツーは、捨てたと応える。かつてニンゲンが地上で生活し、そして、捨てた。世界中にはこんな場所はたくさんあるという。

砂浜に戻ると、寄宿舎と同じように「見えないお手伝いさん」による夕食が用意されていた。ヒロとゼロツーの13部隊への編入を祝う。ミツルはそっぽむたいまま。ゼロツーもみんなの輪に入ることなく海で泳いでいた。

人はなぜ地上を捨てた。何故叫竜は襲ってくるのか。人がマグマエネルギーに手を出さなければ、叫竜は現れなかったのだろうか。ヒロにはわからないことばかりだった。

眠れないヒロに声をかけるイチゴ。イチゴは、夜の海にヒロを連れ出す。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話ネタバレ感想・考察まとめ

<過去の生活環境とミストルティンの類似>

コドモが育つ環境と過去の生活環境が類似し、オトナの都市とは違う。

ヒロが見て、そう思う要素を考えてみよう。

階段、ピアノ、窓、植物。たしか、ミストルティンかガーデンでは人口の雨を降らせているというから、逆にいうとオトナの都市には、これらがないということか。

階段はエスカレーターで自動化し、ピアノのような楽器や娯楽はない。外をみたり、灯りを室内に取り入れる目的の窓というものがなく、植物もないということだろうか。すべてが自動化された世界。

オトナは実は、アンドロイドなどの完全な人工生命体なのだろうか。人工生命体なので、娯楽も必要なく、自然に左右される活動環境は排除されていると考えられないだろうか。

クローン技術を用いたとしても細胞で生きているのはコドモたちだけということなのか。フランクス博士は、実はサイボーグ?

「見えないお手伝いさん」によるバーベキュー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

「見えないお手伝いさん」によるバーベキュー | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

寄宿舎と同じで「見えないお手伝いさん」というのは、制御されたナノロボットが何か作り出しているのだろうか。ロボットがお手伝いだとしたら、見ることもあるだろうが「見えない」といっているから、本当に目にはみえないものだろう。

もしくは、分子結合を再配列するレプリケーション技術と物質を空間転送させるテクノロジーがあって、すべて、オトナの都市から自動操作で送られているのか。

<ミツルがヒロと距離を置く理由>

ミツルは過去にヒロに何か見捨てられたことがあって、頑なにココロを閉ざしているのだろうか。それともヒロとそっくりな誰かと勘違いしているのか。

ヒロと距離を置くミツル | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロと距離を置くミツル | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第29話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話ネタバレ感想『古都で見つけた赤ちゃんの本』

キス談義をするヒロたち | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

キス談義をするヒロたち | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

海にやってきたヒロたち。

ミツルが一人どこかにいくのを見て、心配でココロが後を追いかける。

ミツルを追いかけているときにココロが見つけた廃れた街。

草が生い茂り、放置されてはいるが、人が住んでいた建物が立ち並ぶ。

ココロが理解できないでいると、ミツルが小さな都市のようだと朽ち果てた空き缶を拾っていう。

ミツルが近くにいたことに驚く。

ミツルは、ココロが自分のことを気にしていることをよく思っておらず、放っておいてほしいという。

せっかくの海なんだから皆で楽しんだほうがいいというも興味がないというミツル。

ココロは、話題を目の前の風景に変える。

自分たちが知っている都市と全然違うと。それにはミツルも賛同する。

ドームの中に広がる大人たちの都市は人類の英知の結晶。それにくらべたらこれはと見下すミツル。

ミツルは、もう少し探索するといってココロから離れる。ココロには安全が保障できないから戻ったほうがいいという。

浜辺で、ゾロメに押し倒されるヒロ。

ヒロを囲む、ソロメ、フトシ、ゴロー。

キスについてヒロを尋問するゾロメ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

キスについてヒロを尋問するゾロメ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ゾロメは、ヒロに「キス」とはなんだと問い詰める。

ヒロはとぼけるも、さっきゼロツーと話していたのを聞いていると主張するゾロメ。

フトシは初めて聞く言葉だけどなんだかステキな響きだという。

ゾロメは、キスの存在が知りたくて、ヒロを締め上げる。

ゴローも親友として、キスを知りたいと迫る。

ヒロは、キスについて説明する。

フトシは、ご飯を食べる以外に口の意味があったことに驚くと、ゴローが息吸ったり吐いたりしてるだろとツッコミを入れる。

ゾロメは、キスをしたらどうなんだと感想を聞く。

やわらかくて、あったかくて、なんだかドキドキしたというと、テンションがあがる男ども。

ゾロメは、俺にもさせろとヒロに迫る。

ヒロは「好きな人」としかしちゃ駄目だと説明するもゾロメは「好きな人」の定義も知らない。

そこにイチゴがやってくる。

フトシは、イチゴに「キス」のことを知っていると聞く。

イチゴは、ヒロとキスしたことを思い出すも知らないとシラを切る。

そこに、ミクもイクノもやってきて、ココロとミツルが見当たらないという。

結局、街を探索するミツルについていくココロ。

ミツルは、人のいうことを聞かないココロに飽きれる。

ココロは自分のこの街のことが気になる。誰も住んでいないようだ。

古い都市でもコミュニティがあったと確信するミツル | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

古い都市でもコミュニティがあったと確信するミツル | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ミツルは、通学路の標札を見ながら、昔ここに何らかのコミュニティがあったと確信する。

しかし、ココロからの返事がない。見渡すとココロの姿が見えない。

ココロは、病院の建物の中に入っていた。

赤ちゃんの冊子を病院で見つけるココロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

赤ちゃんの冊子を病院で見つけるココロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

そこで、はじめての赤ちゃんという察しを拾う。

ミツルはココロを見つける。

ココロのいる天井に異変を感じ、ミツルはココロをかばいに飛び掛る。

その頃、13都市では、ナナが子ども達だけで海水浴に行かせた博士に驚いていた。

マグマエネルギーを用いた科学文明の構築。そして、叫竜に対抗する力フランクスの開発。人類のため貢献し続けた博士のことだから何か深い考えがあってのことだろうとナナの不満をいなすハチ。

フランクス博士は、ヒロの何かを顕微鏡で調べていた。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話ネタバレ感想・考察まとめ

ココロたちは、昔の街で人間の生態を知るのだろうか。知った上でどうなるのか。

フランクス博士が、地球を荒廃させて、人類をいびつなマグマエネルギー依存の状態にしたともとらえることができるけど、そこまでの悪者になるだろうか。

知っている都市と全然違う都市を見つけるミツルとココロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

知っている都市と全然違う都市を見つけるミツルとココロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第28話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

マグマエネルギーはいいとして、叫竜ができてくる原因を調べたほうがいいだろう。

今の街に植物が生えているので、地球上の全植物は途絶えていないとしても、生物が生きているとおは思えない。ほとんどが砂漠みたいな状態なら生物の生存はかなら薄い。地球上の生物のほとんどが絶滅しているなかで、叫竜という大型生物がどうして活動できるのか。

叫竜を生物と定義すればなのだが。。。

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。