地獄楽 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

地獄楽のネタバレ感想。
地獄楽について。

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想『画眉丸の妻への想い』

【画像】特別出張読切 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】特別出張読切 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 特別出張読切ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 特別出張読切ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸は童ほどの背丈、ボロ布の如き風体。何より異様だったのは幽鬼のような表情。

城内に二派の忍び衆を集め、上覧試合が行われた時、相手の忍びが画眉丸を怪我人呼ばわりする。

一瞬で、怪我人呼ばわりした忍びは画眉丸に始末される。

傷だらけの子供が敵衆の中を悠々と歩く、石隠れ衆筆頭がらんの画眉丸を象徴する異様な光景。

石隠れ衆は仕事を受ける。

【画像】石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

目的は、寺社奉行の裏帳簿の奪取。藩主が石隠れ衆に依頼。

石隠れ衆の長は、むごい現場を残せば逆臣への見せしめになるという。

画眉丸をその仕事で投入するも、現場では、相手を始末せずに気絶させるだけ。画眉丸は、裏帳簿を写し、侵入した際に動いたものをすべて元の位置に戻させる。

最終確認し、任務完了で撤収しようとする画眉丸に、部下たちが画眉丸が変だという。どの現場でも始末しなくなった。

昔なら邪魔者を全員始末してきた。

しかし、画眉丸は、目的の帳簿の奪取ができたのだから、いいだろうという。

部下は、画眉丸が結婚してかわったのかと聴く。

画眉丸は図星をつかれて、わざとらしく否定する。

腕が落ちたと聴く画眉丸は、クナイを突きつけて、試してみるかという。

不満があるなら始末すればいい。石隠れのやり方だ、付き合うという画眉丸。

結婚ごときで心変わりなどしない。とにかく撤収だと現場から立ち去る石隠れ衆。

【画像】画眉丸の妻が出迎えてくれる | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】画眉丸の妻が出迎えてくれる | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

家に帰ると、妻が笑顔で迎えてくれる。

妻は、画眉丸に怪我はなかったかと心配する。

二人は、食事をする。

画眉丸は、妻の前では調子が狂う。どんな表情をしていいかわからない。

【画像】飯の仕度をする画眉丸の妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】飯の仕度をする画眉丸の妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

見つめられた妻は、恥かしそうに栗ごはんが好きだというと、返事に困る画眉丸。

現場で始末しなかったことは、依頼主も喜んでいた。石隠れの長は画眉丸の頭を下げさせ、不甲斐ない限りと謝罪する。

依頼主は、画眉丸の気持ちはわかるという。最近、結婚して無意識に浮かれている。新婚同士不問にするという。

石隠れ衆を見送った後、依頼主の部下は、画眉丸はおとなしそうな人だっというと依頼主は、バカを言うなと諭す。

侵入したのは、伝説の忍、服部半蔵の末裔の砦で、無血侵入脱出するなどむしろ神業。

次の石隠れ衆の仕事が来た。

先刻の依頼主の始末が依頼。

画眉丸は、始末を嫌がる。部下は、画眉丸の非道さに憧れていたのにと画眉丸を襲う。

しかし、画眉丸は、襲ってきた仲間をすべて始末する。画眉丸は、標的に逃げろという。

家に帰ると、妻が迎えてくれる。

返り血を浴びて、ひどい顔をしていると部屋の灯りのところまで入ってこない画眉丸。

妻は、画眉丸に抱きつく。汚れるし、怖くないのかと聴く。

妻は、どんな顔だって私の旦那様ですと笑顔を向ける。

【画像】画眉丸に笑顔を向ける妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

【画像】画眉丸に笑顔を向ける妻 | 引用元:地獄楽 特別出張読切 著者:賀来ゆうじ

やっぱりどんな表情をすればいいかわからない。

でも妻の表情を曇らせたくない。

そんなことを思い出していた画眉丸。

佐切にお役目に怖気就いたのかと聴かれ、昔のことがちらついただけだという。

役目をおえなければ、妻には会えないだからと。

地獄楽 特別出張読切ネタバレ感想・考察・まとめ

画眉丸の妻をもっと出して欲しいけど、現在は島にいってるから、画眉丸の記憶を思い出す時ぐらいしか登場しない。

画眉丸の妻は、男性から見る女性の理想の一つである、自分のすべてを受け入れてくれる女性タイプ。のように見えるけど。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【本日発売】地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売

【本日発売】地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売 | 地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売 より引用

【本日発売】地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売 | 地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売 より引用

  • 地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 最新刊コミックス第6巻 6月4日(火)本日発売

多くの犠牲を出しながらも、タオを駆使して天仙の一人・ムーダンを退けた佐切たち一行。一方、画眉丸はタオの酷使により記憶を失った状態で、死罪人・亜左弔兵衛とその弟にして死刑執行人の桐馬と遭遇、即交戦となる。タオを使えない画眉丸に勝機はあるのか…!? 生死を悟る忍法浪漫活劇、
第六巻──!!

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流?位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

ヂュジン
てんせんの一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

ジュファ
てんせんの一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

てんせんの一人
女の形を好む。

てんせんの一人
機能美を好む。

てんせんの一人
雑談をうるさいと本を読んでいる。

てんせんの一人
男も女もそれぞれが美しいと評価。

宗師
てんせんをまとめる男。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第59話ネタバレ感想『天仙様のタオ属性が判明』

【画像】十禾の提案を強く拒否する殊現 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

【画像】十禾の提案を強く拒否する殊現 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第59話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

殊現は、島の生物をなるべく苦しませて始末する。そう宣言した。衛善の弔いのためだ。

道士は、自分が地天に昇格するための手土産にすると生け捕りをやめて攻撃準備に入る。

しかし、道士は一瞬にしてバラバラにされる。殊現は、タオを理解する。そして、拷問による尋問が始まる。

仲間が組織的なら詳細を説明しろと命令する。

すぐに喋る気がない道士の頭を削ぐ。そんな殊現の行動をいさめるように十禾が新しい化物もでたから一度、本土に戻ろうという。

しかし、殊現は、剣を抜かなかった十禾を責め、十禾の提案を却下する。

二人が言い争いを始め、威鈴が止めにはいる。殊現は兄弟子に失礼な言動をしたと一応謝る。

殊現は、衛善の名誉に汚すこととなると落とし前をつける前に帰る気がないという。

石隠れ衆が、拷問尋問なら忍にお任せと名乗り出る。

佐切たちは、メイの察知能力で上陸者の存在を知るも詳細は不明だった。

士遠は、ここから二手に分かれたほうがいいという。仙薬を取りにいく班と脱出経路を確保する班。

ゆずりはは、脱出班に立候補する。メイの聞いた経路だと、どちらにしても蓬莱内部を通る。

士遠は、皆に立つ位置を指定する。

そして、地面にタオの五属性を描く。

【画像】佐切たちのタオ属性 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

【画像】佐切たちのタオ属性 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

木属性は士遠と佐切、火属性は画眉丸と巌鉄斎、水属性はメイとヌルガイ、金属性は付知、土属性は桐馬とゆずりは。

自分の敵が相克なら技が通じる。逆であれば勝ち目がない。全てを捨てて逃げろ。

てんせん様の属性は、メイが覚えているという。

【画像】天仙様たちのタオ属性 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

【画像】天仙様たちのタオ属性 | 引用元:地獄楽 第59話 著者:賀来ゆうじ

木属性はタオファ、火属性はジュファ、水属性はヂュジンとラン、金属性はグェファ、土属性はリエンとムーダン。

名前を言われても誰が誰だかわからない。

士遠が、ジュファとタオファは、桐馬が遭遇した相手。士遠と画眉丸が遭遇したのはヂュジン。

ゆずりはは話にならないという。結局のところまともな情報はない。対策どころではない。そんなので敵の巣穴に入るなんて危険すぎる。いっそ、島をでて、江戸に戻らず姿をくらますほうが現実的だという。

士遠は、ゆずりはの言い分はもっともだという。ともに行動する義理も絆も本来はない。この先、何が起き、誰が命を落とすか全く予想できない。だから、どう行動するかは改めて個人で決めたほうがいいという士遠。

ともに行くものは洞窟に来てくれと、洞窟に入って行く士遠をすぐに全員でついていく。

その行動に士遠は、もう少し悩んだほうがいい、いくらなんでも即決過ぎると。

しかし、各々の思いはあるにせよ、一緒がもっとも良いとなった。

士遠は、仲間が多いほうがいい。全員で脱出しようという。

地獄楽 第59話ネタバレ感想・考察・まとめ

てんせん様の名前って、中国語で花の名前だったりするのかな。

弔兵衛は、てんせん様の仲間入りなのかな。とりあえず、いきなり天仙は、ないだろうから、道士を飛び越え、地仙の位に格上げで仲間入りといったところだろうか。

リエン以外のてんせん様で弔兵衛の仲間入りを快く思ってないものもいるっぽい。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ゆずりは、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第58話ネタバレ感想『殊現、血の涙の決意』

【画像】刃をギザギザにして島の生き物を根絶やしにすると宣言する殊現 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

【画像】刃をギザギザにして島の生き物を根絶やしにすると宣言する殊現 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第58話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第58話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第58話ネタバレストーリー・あらすじ

名は殊現。幼くして両親が亡くなり、山田浅ェ門に引き取られた。

衛善は、殊現に山田浅ェ門の仕事は辛いというも望むところだという殊現。

自分の両親を始末した罪人がまだ捕まっていないことを上げ、その罪人の首が切れるかもと期待する。

殊現は、山田浅ェ門の理想を、痛みも感情も排した一刀だと衛善に聞く。

それが理解できないという。腕は下手なほうが罪人は苦しんだほうがいいという。

衛善は、刑場を汚すのは奉行への不敬なる。それに、刃を潰しても自分が研ぐという衛善。

両親の憎しみをすぐに消すのは難しいだろうが、ここで教わり、教えるうちに向き合い方も変わるだろう。それでも刃を潰したいなら潰せばいい、何度でも私が研ぐという衛善。

【画像】衛善の亡骸に遭遇して涙する殊現 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

【画像】衛善の亡骸に遭遇して涙する殊現 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

衛善の遺体の前で号泣する殊現。威鈴は、他の者の安否もあるからと先に進むことを進言する。

殊現は、供養だけすませようと数珠を出す。

衛善の遺体を浜辺に横たわらせ、お経を唱える殊現。

威鈴も清丸も手を合わせる。十禾は、帰りたいと突っ立ってるだけ。

石隠れ衆の目的は画眉丸の命。危険な島なら山田浅ェ門を出し抜くのは簡単だろうと考える。

衛善の弔いの最中に大きな網が石隠れ衆の手段の頭にかぶさってくる。

木々をも越える背の巨大な化物、そうしんが石隠れ衆を網で捕獲する。

笛を吹き、他のそうしんを呼び出す道士。道士は、全員人間と確認し、そうしんにできるだけ生きたまま捕獲するように命令する。

意思疎通できるなら話し合おうと十禾が呼びかけるもその権限はないと拒否する道士。

殊現にも網が向けられるも威鈴と清丸が殊現に届く前に網を切断する。

弔い中の殊現の邪魔をしないように襲い掛かるそうしんを切り刻む威鈴と清丸。

石隠れ衆もそうしんを仕留めるように命令が下ると、多人数でそうしんに襲い掛かる。

個々の力は山田浅ェ門に敵わない。忍は、複数でことをなす。個の力は所詮、数の力にひれ伏す。

石隠れ衆は、そうしんを縄と杭で身動きをできなくした腕で、大勢で一斉に襲い倒す。それが下忍の戦い方だという。

【画像】石隠れ衆・下忍の戦い方 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

【画像】石隠れ衆・下忍の戦い方 | 引用元:地獄楽 第58話 著者:賀来ゆうじ

お経を読み終えた殊現は、どうかやすらかにと経本を閉じる。

そうしんの一人が殊現に向かうも、そうしんの両足を切断に動けなくする殊現。

そうしんが持っていた杖の柄に将軍から賜った刀の刃を打ちつけ、刃をギザギザにする。そして、島の全ての生き物を始末してやると宣言する殊現。

地獄楽 第58話ネタバレ感想・考察・まとめ

殊現、怒りモードに入った。ここにいるそうしんはすぐに全滅。道士は、ギザギザの刀で拷問されつつ、天仙様の場所をはかさせるのだろう。そして、殊現たちも蓬莱へ真っ直ぐ進む。

佐切たちと合流する前に、殊現たち一行は、天仙様と一度戦うだろう。そこでどれだけ苦戦するか。その戦いのどさくさに紛れて、石隠れ衆は、殊現たちと離脱するだろう。

そうしないと、このままで、佐切たちと殊現たちが合流したら、石隠れ衆が画眉丸と遭遇して戦いになるだろうし。。。

殊現の親が始末されたのは石隠れ衆のせいかな。画眉丸も関係していたり。そうでなくても殊現が罪人を逃す理由がないけど。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:画眉丸
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第57話ネタバレ感想『一途な殊現』

【画像】殊現は、赤子までも斬首対象とする | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

【画像】殊現は、赤子までも斬首対象とする | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第57話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第57話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第57話ネタバレストーリー・あらすじ

殊現たちは、島に上陸した。

メイが殊現たちの気配を感じ、士遠は殊現たちかと察する。

画眉丸は、殊現は味方かと佐切にきくと肯定する。

殊現は、山田浅ェ門でも一番の腕。実戦剣術も一流だという。しかし、巌鉄斎は一流というだけでは、この島では生き残れない。タオを使えないと。

士遠は、殊現ならタオを認識できているはず。本来、タオは誰もが無自覚に使う力。稽古するなかで、士遠の持つ感覚に気づいた。士遠から学ぼうと熱心だった。「波」という名も殊現がつけた。

殊現は、威鈴に刀を預かるように渡す。その刀は将軍から賜った物。猪狩りには使わないという。付知から教わったという人体の構造から素手で倒すという殊現。そうしんの両腕を掴み返す殊現。

そして、士遠から教わった「波」で生命の構造が推測できると、そうしんの首を素手で跳ねる殊現。

そんなに強いなら頼もしいというヌルガイに、快い返事ができない士遠。

ゆずりはは知っているかもという。例の事件の人ではないかと。銀蛇一家の親分が捕縛された時、親分が密かに一家のシノギを城下町の一部まで広げようと捕まった。すでに潜伏している部下達の所在を頑なにはかず、役人も手を焼いていた。

【画像】銀蛇一家全員を斬首した殊現 | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

【画像】銀蛇一家全員を斬首した殊現 | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

そこへ呼ばれたのが殊現。すでに捕まっていた部下を親分の目の前で斬首し、潜伏先を博士、結局見つかった部下も含め、銀蛇一家二十名全員を斬首。

それを喜んだ将軍が殊現に特別な装束と名刀「振仏兼明」を賜り、その威光によって幕府内でも影響力を持つようになったという。

佐切は、殊現を頭は固いけど、優しい人だという。

事情を知れば、きっと力になってくれるという。

しかし、士遠はそうは思えないと反論。

殊現が処刑したのは、一家全員だという。銀蛇組二十名とその一家全員。

彼らの親族、老いた両親、幼い子供まで、全員分の一家族合わせて百名以上。

赤子を始末され、涙する親分だが、殊現は、致し方ないという。親分だけを処刑しても業は家族へ受け継がれる。来世で善人として生まれ変わるように願うと涙する殊現。

侍としての彼は好きだし、友人。だが、殊現は罪人を誰一人許さないという士遠。どんな事情があってもという。それどころか、罪人を庇う山田浅ェ門も許さないだろうという。

【画像】罪人を庇う山田浅ェ門も殊現は許さないだろうという士遠 | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

【画像】罪人を庇う山田浅ェ門も殊現は許さないだろうという士遠 | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

そして、殊現は衛善の亡骸を発見する。

地獄楽 第57話ネタバレ感想・考察・まとめ

殊現自身が、「要因は個人の心のみならず、育った環境より生じるからだ」といってるのに、赤子を手にかけるって。

【画像】殊現は、育った環境から生じると罪人の親戚や一家を全員許さない | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

【画像】殊現は、育った環境から生じると罪人の親戚や一家を全員許さない | 引用元:地獄楽 第57話 著者:賀来ゆうじ

銀蛇一家と大人の家族を全員始末して、赤子は、施設で育て、銀蛇一家と関係ない環境で育てれば問題ないのではないか。江戸時代にはそういった施設や仕組みがないから、自分の理論を実現できる術がないから切り捨てるというのが殊現のやり方なのか。

士遠に言うとおり、罪人には一切の容赦はないだろうな殊現。

頭が固くて、決められたルール上を疑うことなく、完遂する。サラリーマンとしては超優秀だな。ブラック企業の無能社長なら殊現ほどの逸材が欲しくてたまらないだろう。無能社長が自分で決めたルールの上を歩いているうちはいいだろう。しかし、自分だけ例外とか作ろうとした途端に殊現は正しにくるだろう。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:画眉丸
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。