地獄楽 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

地獄楽のネタバレ感想。
地獄楽について。

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽 第47話ネタバレ感想『画眉丸vs弔兵衛の次は、巌鉄斎vs桐馬』

始末に集中できるほうが余計なことを考えずにすむと笑う画眉丸 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

始末に集中できるほうが余計なことを考えずにすむと笑う画眉丸 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第47話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第47話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第47話ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸vs弔兵衛。

弔兵衛の首の骨を折ったはずの画眉丸が弔兵衛に殴り倒される。

画眉丸は確かに首の骨を折った感触があったにも関わらず動く弔兵衛のことをこの島の不死身の化物と考える。

拘束して情報を聞き出す作戦に変更する。

画眉丸は、倒れず回転して足蹴りを繰り出すも弔兵衛に受け止められる。

画眉丸の足を掴んだ弔兵衛は、画眉丸を地面に叩きつける。

弔兵衛の怪力を見るに拘束する余裕はなさそうだと判断し、全力で無力化する方向に変更する画眉丸。

画眉丸は、いつもの始末に集中するほうが簡単だと笑う。

あの違和感のことも考えずに済む。

忍法花針。

石を弾丸のように飛ばす画眉丸。

避けた長兵衛に延髄蹴りを食らわせる画眉丸。

画眉丸は、急所ばかりを狙う。不死であっても脳、眼、知覚を奪うのは有効。

弔兵衛は、画眉丸の顔面を蹴るも逆に足の腱を食いちぎられる。

画眉丸に眼をやられた弔兵衛だがすぐに再生する。

画眉丸は次々と急所を狙う。

頚動脈を噛み切られた弔兵衛だがすぐに再生し、大したことないという。

弔兵衛は、地面を強く踏みしめると地面が割れる。崖の足場が崩れていく。

画眉丸を弱いと罵る弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸を弱いと罵る弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は、本土で見たときに画眉丸が強そうだったから確かめるためにいくつか食らったが弱いという。

弔兵衛の指を噛み切るもえげつない攻撃だがそれだけだと噛み切られた指をすぐに再生する弔兵衛。

画眉丸と弔兵衛の戦いをみていた巌鉄斎たちは、前のほうが明らかに強かったと今の画眉丸が弱くなった評価を下す。

画眉丸のタオがおかしいというメイ | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸のタオがおかしいというメイ | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

メイは画眉丸のタオがおかしいという。弱いは強いの種。画眉丸に強い種がないという。大事なものがないと。

画眉丸の記憶に妻が消えていた。

画眉丸に大事なものが欠落する | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸に大事なものが欠落する | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛は、幕引きをするために桐馬に全員始末しろと命令する。

桐馬はまず隻腕の巌鉄斎を狙う。

しかし、巌鉄斎は素手で桐馬の剣を掴み受け止める。

最初に自分を狙った桐馬に腹を立てる巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

最初に自分を狙った桐馬に腹を立てる巌鉄斎 | 引用元:地獄楽 第47話 著者:賀来ゆうじ

自分を最初に狙ったのはしとめられそうだからと思ったからかと聞く。そのことを気に入らなかった巌鉄斎は、掴んだ刀を桐馬に返し、刀を抜かずに相手してやるという。

地獄楽 第47話ネタバレ感想・考察・まとめ

妻が幻覚というのはないかもしれない。実際にあったかもしれないが、今島に向かっている石隠れ衆の中に妻がいるのではないか。その妻は長に幻覚をみせられて、画眉丸を敵だと思っているという状態なのではないだろうか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第46話ネタバレ感想『新しい山田浅ェ門清丸・威鈴の実力』

罪人を全員処刑するつもりの殊現 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

罪人を全員処刑するつもりの殊現 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第46話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第46話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第46話ネタバレストーリー・あらすじ

将軍は、二日たっても仙薬を持ち帰らないからと島への増員を決める。

将軍は、山田山田浅ェ門殊現を含めた四名と石隠れ衆の精鋭四名、その部下含め五十名余りを送り込む。

石隠れの長は太っ腹だとご満悦の将軍。

青木は、将軍の思慮の浅さに頭を悩ませる。石隠れ衆がこんなお役目にこれだけの兵力を集める理由は、ただの協力ではないと察する。

殊現は青木の不安を察知し、自分たちがいると存在感をアピールするも青木は、殊現をつれた山田浅ェ門の二名は段位無しのことを心配する。

清丸と威鈴 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

清丸と威鈴 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

山田浅ェ門清丸は、齢が満たぬ故に段位はないが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴も同じ。女性だが豪剣を振るう強者。

彼らは裏許しと呼ばれる者。取り決め上、段位無しだが実力は免許皆伝と同等。故に屋号を冠する。加えて腕は確かな十禾。そういって青木を安心させようとする殊現。

清丸は、自分たちのことを舐めていることを気に入らない青木に剣技をみせるといいだす。威鈴はやめようというも清丸は剣を抜き、目の前の忍びに切りつける。

すると目の前の忍びの横にしゃがんでいた忍びの仮面が割れる。

清丸は、わざと隣を切ったのに本当に動かないのはつまらないという。

清丸の暴走を止める威鈴 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

清丸の暴走を止める威鈴 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

威鈴が、剣を抜き、刃の背中で清丸の首にあてがって清丸の行為を御する。

仮面をつけた忍びは仮面を取り、忍びの命は主の者。このお役目では山田浅ェ門が主だという。疑うなら誰でも指名すれば、その者は下船か無礼打ちにするという。主への忠義を示すためにと。

清丸は、仮面を脱いだその忍びを指名する。降りるか切られるかしてと指名する。

清丸に指名されて自分の首に刀を突きつけう石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

清丸に指名されて自分の首に刀を突きつけう石隠れ衆 | 引用元:地獄楽 第46話 著者:賀来ゆうじ

忍びは、後は任せたといって、突然歌いだす。歌の最中に自分の刀の刃を自分の首につき立てる。そして、倒れる。

忍びには個々の志や心はない。ただの道具であることこそ本懐だという。

その場は、青木が納める。

石隠れ衆の長に、画眉丸を始末してこいと命令を受けている忍びたち。

清丸は、殊現に忍びを信用してもいいのかと聞くも殊現は最初から信用していないという。忍びなど罪人と変わらない。仙薬も山田浅ェ門で探せばいい。清丸は島にいる罪人はどうするのかと聞くと、仙薬で罪人が無罪放免になったら人々が恐怖に怯える。そんなことは許されない。罪人も発見次第全員処刑。山田浅ェ門は皆連れて帰るという殊現。

地獄楽 第46話ネタバレ感想・考察・まとめ

性格に難ありの若き侍が追加されてしまった。清丸は、若者特有の奢りとワガママ。威鈴は臆病で礼儀正しいと思えばキレると何するかわからないタイプ。十禾はのらりくらりと雲のような存在。殊現は真面目だけど真面目すぎて融通がきかないカタブツ。うーん。山田浅ェ門四人とも性格に難ありか。

巌鉄斎のほうが、まだいい奴そうに見える不思議。

石隠れ衆の主要メンバーの一人がいきなり首に刀を刺したけど、歌で幻覚を見せて、実は亡くなっていなかったというパターンだろうか。それとも本当に亡くなったか。

それよりも石隠れ衆の中に画眉丸の妻が混じってるパターンだろうか。妻のことが長の幻覚なら、幻覚をよりリアリティあるものにするために、現実にいる人間をモデルにするのもあると思う。長が「けじめ」といっていた者がそうなのか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第45話ネタバレ感想『画眉丸vs弔兵衛』

弔兵衛と遭遇する画眉丸たち | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

弔兵衛と遭遇する画眉丸たち | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第45話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第45話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第45話ネタバレストーリー・あらすじ

画眉丸は思い出せないでいた。

妻どころか、島であったすべてを思い出せない。

いま、めい、巌鉄斎、付知という人間といることも。

画眉丸がわかっていることは、自分が「がらんの画眉丸」で、現石隠れ衆筆頭の「がらんの画眉丸」であるということ。

直近の記憶を失い、抜け忍ということも忘れてしまった画眉丸 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

直近の記憶を失い、抜け忍ということも忘れてしまった画眉丸 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

話を合わせながら情報を得るしかない。ボロが出たとしても全員始末すればいいと考えていた。

いざとなったら全員始末するつもりでいる画眉丸 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

いざとなったら全員始末するつもりでいる画眉丸 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

メイは画眉丸のカラダを気遣っていた。一人座る画眉丸に声をかけるメイ。振り向いた画眉丸の頭部のタオがごっそりと削れていた。

画眉丸のタオの頭の部分がごっそり削れて要る | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸のタオの頭の部分がごっそり削れて要る | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

佐切は眠れなかった。着替えた士遠が佐切に声をかける。

着替えた士遠を指摘すると、見栄えが悪くてと士遠の盲目ネタを披露する。

しかし、ネタには反応しない佐切。そのことをツッコむ士遠。佐切は、あまりの多くの仲間がなくなり、画眉丸とも合流できなかったと肩を落とす。

士遠は、佐切が画眉丸に惚れているのかと聞くもかぶりぎみに否定する佐切。

士遠は色恋でなくても、立場を逸脱するほどに思いいれがあるのは確かだと指摘し、画眉丸は佐切にとってなん何だと聞くも正直わからないと応える佐切。

忍びの里に生まれ、言われるまま人を始末しつづけ、愛を知ってもそれがまた過去の自分を苦しめる。その上、原動力までもがニセモノだとしたら哀しすぎると画眉丸のために涙を浮べる佐切。

画眉丸は、凶悪な人を始末する術を持っているが悪人とは思えない。士遠はゆずりはのは推論だという。

士遠は佐切のことはいえなかった。自分も同じように立場を逸脱していると。

翌朝、画眉丸たちは、崖を上っていた。昇ったところにでかい門があるとメイがいう。画眉丸は、付知たちからの会話の中で現在の任務を知るもあまりにも馬鹿げた任務。なぜ、自分がついたのかと考える。何かほかに理由があるのか。しかし、画眉丸は思い出せない。

崖を上っている最中に、弔兵衛と桐馬とばったり遭遇する。

人間なら仲間かと笑う弔兵衛だが、突然、画眉丸を蹴る。突然の蹴りを褒める巌鉄斎。付知は共闘すればいいのにという。桐馬は、弔兵衛の行動から共闘しないのかと確認する。

画眉丸に不意の蹴りを浴びせる弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

画眉丸に不意の蹴りを浴びせる弔兵衛 | 引用元:地獄楽 第45話 著者:賀来ゆうじ

蹴られた仕返しに画眉丸が仕掛ける。掴もうとする弔兵衛をかわし、後ろに回って弔兵衛の首を捻って骨を折り始末する。

しかし、メイが画眉丸に注意を促す。

クビの骨を折って倒したはずの弔兵衛が起き上がり、画眉丸を持ち上げ地面に叩きつける。

地獄楽 第45話ネタバレ感想・考察・まとめ

画眉丸の記憶は、佐切に触れられるまで復活しないだろうな。そして、メイは密かに画眉丸に思いを寄せるも自分では画眉丸を治せない存在と思い知られ、少し悲しむというようなシーンがありそう。メイは、画眉丸を助けるために蓬莱の門まできたけど、属性としては木・土以外の何かなのだろう。

今のところ、タオ戦で一番強そうな画眉丸と弔兵衛だけど、弔兵衛との戦いで更に記憶を失う画眉丸になってしまうのか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第44話ネタバレ感想『タオを陰陽五行で例える士遠』

ゆずりはの憶測で画眉丸の妻は幻術ではないかという | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

ゆずりはの憶測で画眉丸の妻は幻術ではないかという | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第44話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第44話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第44話ネタバレストーリー・あらすじ

気を失っていた画眉丸が目を覚まし、咄嗟に後ずさりをして、みんなから距離をとる。

その行動を見て巌鉄斎は、警戒しすぎの猫かとツッコミを入れる。

状況を確認する画眉丸。谷の中腹の洞窟で一晩過ごすと付知。

佐切たちは、安全な場所を求めて日が暮れるまでに異動しようとゆずりはに提案する。

門の中に移動する佐切たち。

門の中、蓬莱に入って、その中のある建物に入る。

中で着物を見つけたゆずりはは、佐切に似合うんじゃないかという。ヌルガイは着たいという緊張感のなさ。

士遠は、佐切に気を休めるようにいう。士遠は手を叩き、ながらでいいから聞くようにと、その場を仕切る。

士遠は、生還するために必要な情報だけに特化し、把握しようという。

まずはてんせん様の対策。天仙様のいうタオについて。

本来は誰もがもつ力。使いこなすことで超人的な能力を手に入れることができる。古くより逸話を残すような剣豪、武人は、皆無意識でもタオを使っていたのかもしれない。

佐切は島の経験でタオを強くなった。

だが、乱用は危険。タオはまさに命。使いすぎればただの疲労ではすまない。

具体的な影響は不明だが、精神や体に異変が起きたり、意識、記憶などにも影響がでる。最悪、命を落とすことになる。

だから、タオを消費しすぎないように練ることが重要。放出したタオをまた体に戻すように循環させる。

これにより、身体能力全般が更に向上する。更に発展させると、天仙様も使う妖術になるだろう。

コスプレで楽しむゆずりはに釘を刺す佐切。

ゆずりはの「変わり身」の術の解説 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

ゆずりはの「変わり身」の術の解説 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

ゆずりはの「変わり身」も同じ仕組みと言っていたと佐切が聞くも、ゆずりはは、動いても気付かれないほど存在感を薄める術だけど、天仙様は目の前で認識できなくなった。だから次元が違うという。

士遠は、タオの扱いも天仙様が上。短期間で上回るのは無理だろうという。

光明は、属性。タオには種類がある。ほうこの話を元に、陰陽五行思想の属性になぞらえるなら、木、火、土、金、水の五種類。この属性はそれぞれ影響しあう。

佐切は木の属性で、ヌルガイは水の属性 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

佐切は木の属性で、ヌルガイは水の属性 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

触れることで、相手のタオを高める相生。逆に相手のタオを弱める相克。仮に士遠と佐切が木の属性として、ヌルガイはおそらく水。ヌルガイが触れるだけで士遠や佐切のタオが回復するのは相生だからだ。

ゆずりはは土の属性 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

ゆずりはは土の属性 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

逆にゆずりはは、土。士遠や佐切に触れるだけでタオが弱まる。おそらく、ムーダンも土の属性。だから相克によって再生を封じることができた。これを活用すれば天仙様も始末できる。

ヌルガイは仙薬についても考えないといけないと指摘。

しかし、ムーダンが言っていた。似たものはあるけど、不老不死の薬はないといっていたというと、幕府には「ありませんでした」は通じないという士遠。佐切は画眉丸が里の長が不老不死だといっていたからどこかにはあるのではないかという。

ゆずりはがその話は、幻じゃないかと指摘。忍の使う幻術。忍の里の常套手段。幼いうちに超常現象を見せておいて、徹底的に支配関係を植えつける。長には絶対逆らえないと刷り込む。自分の里もそうだったという。事情を知るのは限られた幹部のみ。

付知たちもめいの話を介錯して、陰陽五行の相生と相克について推測していた。

画眉丸は記憶を一部失っていた。

ゆずりはは画眉丸について気になることがあるという。忍びは、ただのコマ。女ならまだしも男があの歳で所帯を持たせるとは思えない。恐怖心だけでは人は操れない。恐怖以上の動悸がないと人は動かない。あくまで推測だけど、画眉丸の妻は本当に存在するのか。長の幻術ではないかと考える。

地獄楽 第44話ネタバレ感想・考察・まとめ

陰陽五行をまとめると、

タオの属性を陰陽五行に準える士遠 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

タオの属性を陰陽五行に準える士遠 | 引用元:地獄楽 第44話 著者:賀来ゆうじ

触れることで相手のタオを高める相生は、

木→火→土→金→水→(木)

逆にタオを弱める相克服は、

木→土→水→火→金→(木)

木の属性、佐切、士遠
水の属性、ヌルガイ
土の属性、ゆずりは、ムーダン

現在の士遠の予想。この予想はそのまま当てはまると思う。

画眉丸が佐切といて、いままでの自分じゃなくなっていくということは、タオが高まっていることだろうから、佐切の木の属性と相生の関係の火の属性。

火法師も使うし、画眉丸は火の属性だろうと予想する。

そうすると、画眉丸とゆずりはが組めば、ゆずりはが強くなる。ゆずりはが、画眉丸についてのらりくらり調子がいいことをやってるのはこういう効果があったからかもしれない。

そして、金の属性の天仙様で、木の属性と相克の関係のために佐切は苦戦し、ピンチに陥るが、火の属性の画眉丸が助けるという流れになりそう。

巌鉄斎は画眉丸に強気だったりするし、水の属性か。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

今週(1/14)の『地獄楽』は休載!書き下ろしお正月特別カラーイラスト公開!

今週(1/14)の『地獄楽』は休載!書き下ろしお正月特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

今週(1/14)の『地獄楽』は休載!書き下ろしお正月特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

  • 今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!

第40話は、次週1月21日(月)に配信。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。