地獄楽 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

地獄楽のネタバレ感想。
地獄楽について。

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽 第40話ネタバレ感想『ゆずりはに想いを馳せる仙汰』

仙汰が描いたゆずりはの絵 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

仙汰が描いたゆずりはの絵 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第40話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

ムーダンを倒した佐切たち。

ほうこがまだ存命なことに安堵する佐切。

謎の妖術タオについて佐切は、ほうこから聞いてた以上に人智を超えた力だったと実感する。

万物に宿っている。自分にも扱えるといっていたけど、正直よくわからないと思う佐切。

宿る量には個体差、精神的な増減がある。

タオ同士には相性がある。

どれも推測の域をでない。謎のほうが一層多い。

この異様な疲労。てんせん様が本当にあんなにあっさり倒せたのか疑問を思う佐切。

なにより、仙薬が存在しないという問題。

佐切が悩むもゆずりははどうにかするしかないという。悩んでもないものはない。別の方法を考えようと現実的。

ゆずりはは、蓬莱にある装飾が全部金だとしり、代わりならないかと考える。

仙汰は、ゆずりはのことを逞しいと称える。佐切は仙汰にゆずりはについて何かの思い入れがあることを聞く。

仙汰は焦る。思い入れなどないと否定する。ただ、あの自由さは羨ましいと。自分には縁遠いものだからと答える仙汰。

幼い頃、仙汰は画家になりたかったという。でも家では、代々男子は山田家の門下に入るのが仕来り。逆らうことは許されなかった。

山田浅ェ門を嫌っていた仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

山田浅ェ門を嫌っていた仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

本当は、山田家も御様御用も嫌いだった。人の命を落とすのが大嫌いだった。

自分の行為を正当化しようと悩み続けた。宗教に詳しいのも正当化を求めたから。皮肉にも勤勉な姿勢と評価され、段位は上がっていった。

やがて諦め、心を閉ざし、ただ役目に従うようになった。

そんな自分にゆずりはに自分に嘘をついていることを見抜かれた。

ゆずりはの見透かされたような眼や残虐で冷酷な振る舞いの数々に困惑した。

心が自由なゆずりはに惹かれる仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

心が自由なゆずりはに惹かれる仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

それなのに、自分に嘘をつき続けてきた自分には、他人にしか嘘をつかない彼女の姿が自由でまぶしくて胸がつまるほど羨ましいと眼鏡を外し、涙を流す仙汰。

きっと忍術にかけられたのでしょう。罪人に憧れるなんて山田浅ェ門失格だという仙汰。

その意見に佐切は、ほんの少しだけ気持ちはわかると返す。佐切は、島にきた皆がどうにかなる方法を探さないかと仙汰に提案する佐切。

ゆずりはは、ムーダンの遺体に、花が咲いてたっけと佐切たちに聞くと、ムーダンの遺体から触手が伸びてくる。

触手は、ゆずりはを突き刺そうとする。

身を挺してゆずりはを守る仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

身を挺してゆずりはを守る仙汰 | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

仙汰は身を挺してゆずりはを守る。

山田浅ェ門の仕事で山となった人の首。

仙汰は、自分がなした業に悩む。

そんな首の山を蹴り上げるゆずりは。

蹴り上げた首が雨となって振ってくる。傘で凌いで楽しむゆずりは。

そんなゆずりはが不謹慎で残酷で罪深い山田浅ェ門の業を、仙汰の常識をすべて吹き飛ばした強い風。

近づけない。近づかなくてもいい。ただ傍らにずっと見ていられたら。

仙汰は、ゆずりはの絵を描いていた。

今、絵を描いてもいいんだっけと思うももう一枚描こうと考える仙汰。

そんな仙汰は、ムーダンによって花化していた。

腰を抜かす佐切。ムーダンは巨大な花になっていた。

花のつぼみが咲き、男女の体を持つムーダンが現れる。

ムーダンが化物化する | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンが化物化する | 引用元:地獄楽 第40話 著者:賀来ゆうじ

佐切は、ゆずりはにどうすればと頼るもゆずりはもこんな化物とはもう戦えないと心が折れる。

仙汰を花化させた触手が佐切とゆずりはに迫る。

助けたのは士遠。士遠が触手を切断する。

士遠はヌルガイに花化した仙汰に処置を促す。

そして、みんなとこの場を離れるように指示を出す。

佐切が士遠に話しかけようとするも、士遠は話は後だという。

地獄楽 第40話ネタバレ感想・考察・まとめ

士遠は、すぐに終わるというほど勝算があっての戦いだろうか。一度、天仙様と戦っているから実力は知っている。知っていて尚且つ、この発言は勝算ありなのか。

盲目ゆえに一番タオが見えている剣士の士遠が天仙様を始めて撃破できるのか。

仙汰は、自由なゆずりはに憧れて恋をしていると思うけど、実際は一緒にいたらついていけなくてつらくなっていくだけだと思う。憧れてそわそわする気持ちになるのは最初だけだよ。次第に自分との差がありすぎて、ついていけなくなって辛くなっていくだけ。このまま花化したほうが幸せのまま逝ける。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

今週(12/3)の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開!

今週(12/3)の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

今週(12/3)の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

  • 今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!

第40話は、次週12月10日(月)に配信。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第39話ネタバレ感想『天仙様の仙術と方術』

佐切がどんな作品になるのか楽しみのムーダン | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

佐切がどんな作品になるのか楽しみのムーダン | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第39話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第39話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第39話ネタバレストーリー・あらすじ

ムーダンに近づいた時、独特な気配を感じ取った。あれがタオなら佐切は知っているという。

画眉丸や陸郎太にも同じ気配を感じるときがあった。

無意識のうちにタオを使っていたとするなら、陸郎太の首を切った佐切は、タオの切り方を知っている。

タオの斬り方を知っているという佐切 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

タオの斬り方を知っているという佐切 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

敵に傷を与えるには一定以上のタオが必要。佐切は呼吸法で一時的にタオを高められるけど、敵の再生ができない理由はそれだけではないと推測するゆずりは。

ムーダンは、珍しいタイプのタオでムーダンにとっては毒だという。

それを最高だと恍惚の笑みを浮かべる。

どんな作品になるか。または自分を始末してくれるのか楽しみにするムーダン。

任せてという佐切に個々で当たるのは危険で連携しようという仙汰。

ムーダンは印を結ぶ。

方術 己の位 夜詣

方術 己の位 夜詣 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

方術 己の位 夜詣 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

するとムーダンの姿が消える。

一瞬で佐切の前に現れ、攻撃しようとするがムーダンの手は佐切に届かなかった。

寸前のところでゆずりはがムーダンのカラダを忍法粘糸で絡め取る。

忍法変わり身と同じ原理で、自分のタオを極限まで薄めて、相手の認識から外れる術だと説明するゆずりは。消えたのではなく、認識できなくなった。動きを止めているうちに斬ってと佐切を促す。

佐切は、心を静と動、その両立にと息を吐く。

仙術 遠当て

ムーダンは口からタオの気弾を発射し、佐切をひるませる。そして、蹴り。

ムーダンは、キョウシにゆずりはの始末を命令する。

キョウシは仙汰が撃退する。

ムーダンは忍法粘糸で縛られた腕を噛み千切り、忍法粘糸を振りほどき、ゆずりはに遠当てを放つ。

ゆずりはは、仙汰を盾にして避ける。

ゆずりはに向いている間にムーダンの背後から近寄り、切りつける佐切。

しかし、ムーダンは避ける。佐切の刀はムーダンに当たらない。

タオで動きが読めるから、一呼吸、間があれば避けやすい。

ムーダンの片足がもげる。ゆずりはの忍法線斬鞭で切断される。

すぐに再生するも、また同じ足を切断するゆずりは。

連携すれば動きを封じられる。その隙に佐切が斬る戦法だ。

ゆずりはと、仙汰がムーダンの両手両足を切断しつづける。

ムーダンを斬るための呼吸法は、消耗が激しい。

ムーダンはいい連携だと余裕の笑み。でも甘いと、ムーダンは空を飛ぶ。

方術 戊の位 空詣| 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

方術 戊の位 空詣| 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

方術 戊の位 空詣

タオは生命を操る力。大気に宿るタオに干渉し、操れば宙に足場も作れる。それを知らぬ者からすれば神に等しいかもとカラダを再生させるムーダン。

ムーダンは空中に何かの弾を無数に作り出す。

仙術 錫刺

その弾を佐切たちに落としていく。

佐切の鼻から血が流れる。ムーダンを斬る呼吸は体力以外の何かを奪う。これ以上はと考える佐切に、諦めるのは早いと喝を入れるゆずりは。

ムーダンの動きを分析するゆずりは | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンの動きを分析するゆずりは | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンの攻撃は焦りの裏返しだと分析。佐切の攻撃だけは必ず避ける。タオには相性があって、佐切のタオはムーダンにとって弱点なんだという。

化物は倒せないというと、ゆずりはは、化物を肯定する。神じゃないなら倒せると。動きを止めるから佐切は斬ってとゆずりはは忍法粘糸を空中にいるムーダンの足を掴む。

ムーダンはゆずりはに攻撃を集中させる。

傷だらけになっても忍法粘糸を離さないゆずりは | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

傷だらけになっても忍法粘糸を離さないゆずりは | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

避けないゆずりは。攻撃はゆずりはに何度も向かう。傷だらけになってもゆずりはは忍法粘糸を解かない。ゆずりはは、忍法粘糸を引っ張りムーダンを空中から引き摺り下ろす。

ゆずりはは佐切に合図を送る。ムーダンに向かう佐切。ムーダンが起き上がりも後ろから刺される。ムーダンの後ろから仙汰が胸を突き刺し、そのまま抱きついて離れない。

再生関係なく、これなら動けない。空飛ぶなら自分がデブだからという。ムーダンは一緒に斬られる気かというと仙汰は佐切に皮一枚でお願いする。

ムーダンを斬る佐切 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンを斬る佐切 | 引用元:地獄楽 第39話 著者:賀来ゆうじ

佐切は、ムーダンの臍を胴体ごと切る。

ムーダンは口から血を吐き、倒れる。

地獄楽 第39話ネタバレ感想・考察・まとめ

まだ倒していないんじゃないかな。

再生系の化物のパターンとしては、斬られた肉片のほうに本体が移っていて、斬ったほうが末端のほうだった。だから、別のところから再生して復活するパターンがある。

今回は、そのパターンになるのかな。でもそのパターンを使うと、臍のところの丹田でタオを練る的な話じゃなくなるから、やっぱりこのままやられちゃったパターンにするのかな。

他にも天仙はいるからいいのか。でもこれだと目下最大の敵が佐切の刀ならあっけなく倒せるということになっちゃって盛り上がらない。

天仙を倒す術をもうちょっと苦労した末に獲得してほしい。

この考え方は昔のジャンプの考え方なのか。

あ、そのためのタオの相性があるのか。残りの天仙には佐切の刀は「毒」ではないのであまり効かないという話か。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

地獄楽 第38話ネタバレ感想『タオを爆発させる佐切の一刀』

くノ一ゆずりはのデロデロ体液忍法 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

くノ一ゆずりはのデロデロ体液忍法 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第38話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第38話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第38話ネタバレストーリー・あらすじ

蓬莱に到着した佐切たちを待ち受けていたのは天仙様の一人ムーダン。

ムーダンは、速攻でほうこの首を落とし、ほうこたち島民がやってきた信仰は方便だと暴露する。

ムーダンは、山田浅ェ門の二人は別として、戦闘能力の高いゆずりはを仲間にしようとする。

仙汰も剣を抜く。佐切は罪人のために剣を抜く仙汰が、ゆずりはに何か特別な思いいれがあるのかと考える。

ムーダンは、ゆずりは以外は興味がないからどいててと突っ込んでくる。

遠当てで佐切を吹き飛ばす。

佐切を心配するゆずりは。ムーダンは、遠当てはタオを集めて飛ばしたけど、普通の人間には習得できないから忘れていいよとゆずりはに説明する。ゆずりはには、もっと基礎から覚えてほしいと話かけると、ムーダンの手首足首が次々と切断されていく。

仙汰がムーダンの四肢を切断していく。ゆずりはと話すときはまず、自分を通してからだと天仙様相手に意気込む仙汰。

ゆずりはは、ムーダンから距離をとり、何をしても始末できないならありったけためせると、何かの薬を飲むゆずりは。ゆずりはの全身からデロデロの体液が放出する。

忍法粘糸。

ゆずりはは、粘度の高い体液を糸のようにムーダンに向けて飛ばす。

クモの糸みたいに分泌された体液は、飲んだ薬物によって効果が変わる。ゆずりはが先ほど飲んだのは毒に変化する薬物。

糸がムーダンにかかり、ゆずりはは攻撃の手を休めない。

忍法蜜牢からの忍法線斬行。

それにより、ムーダンは毒性のある粘糸で全身をからめとられ、かつ粉々に切り刻まれる。

ゆずりはの体液忍法も効かないムーダン | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

ゆずりはの体液忍法も効かないムーダン | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

上半身がバラバラになったムーダンだが、ゆずりはの忍法はタオの応用だと関心するだけで、ダメージはない。ムーダンのカラダは再生されていく。

毒液を代謝している時点で常人ではない。でも使いこなせていないという。もっと練り方を学んだほうがいいと解説する。

再生されるムーダンの目を切り取る仙汰。目さえ作らせなければ勝機はあるという。

ムーダンはそういわれて、目が無い状態のままで戦ってみようとわざと目を再生させずにカラダを再生する。

目が無い状態でも、ゆずりはと仙汰の二人の同時攻撃を回避していくムーダン。

ムーダンは、ゆずりはの足を掴んで、ゆずりはのカラダごと仙汰にぶつける。

タオは感じるもので見ているわけではない。衣のようにまとうことであらゆる方向から感じることができる。ゆずりはの故郷ではちゃんと教えていないんだねというムーダン。

タオは精神状態や才能によって大小あるけど、使いこなせなければ所詮人間の領域。天仙には遠く及ばない。ムーダンは目を再生させる。

仙汰はこんな化物どうやって倒せばいいのかと途方にくれる。

佐切は、ほうこに天仙の弱点はないかと聞くも、ほうこはまだムーダンのことを神だと崇める。佐切は、このままでは皆始末されてメイには会えなくなると説得する。

ムーダンは、忍法変わり身は、タオの応用でしかも自分と同じ属性だと説明する。独自の修行法でも方術に近づけることが面白いという。

ムーダンの背後から佐切が切りつける。それを軽く避けるムーダン。

ムーダンは、佐切のタオの量が並だから何もできないという。

佐切はムーダンに向かう。仙汰は天仙は動きを読むと警告すると、佐切は刀を投げる。意思のない軌道ならと。

投げつけられた刀を避けられず臍に刀が突き刺さる。

ほうこはそのまま臍を切り下げろと佐切に指示を出す。

ムーダンの丹田の臍を切り払う佐切 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンの丹田の臍を切り払う佐切 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

突き刺さった刀の柄を掴み、佐切は天仙の臍を切り払う。

言い伝えでは、タオは丹田から生み出され、全身を巡り、再び丹田に戻る。天仙様の力もすべて丹田が源。そこを経てば必ずと助言をするほうこ。

しかし、天仙は佐切では無意味だという。

天仙の臍の傷はすぐに再生する。

タオの総量が少ない。どこ斬っても再生するという。

ゆずりはを含め、この中でムーダンを倒せるほどのタオを練れる人間はいない。最初から勝負になっていないという。

佐切はムーダンに近づいて確信したという。やはり同じだったと。

タオを爆発的に増加させる佐切 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

タオを爆発的に増加させる佐切 | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

佐切のタオが瞬間的に膨れる。それに驚くムーダン。

佐切の切り上げを咄嗟に後退して避けるも胸と顔に貰うムーダン。

タオは精神に左右されるが、瞬間的に発揮するタイプ。確実に佐切もタオを扱っている。重要なのはそこではないというムーダン。

仙汰は、ゆずりはに促すとゆずりはもわかっているという。佐切がつけたムーダンの傷が再生していない。

地獄楽 第38話ネタバレ感想・考察・まとめ

<タオについて>

ムーダンが、タオのことを量ばかり言及して、佐切のタオの量が少ないと相手にしていないから、タオは量と質があって、量は少ないけど質がものすごい高いのが佐切なのかと思ったら、爆発的にタオの量を増大させる佐切。ドラゴンボールみたいな感じになっていくのか。ジャンプの王道だからいいんだけど。

佐切のタオの量は並だと評する | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

佐切のタオの量は並だと評する | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

<仙汰の強さ>

これまで仙汰は大して戦っていなかったし、今回の闘いでも役に立ちそうにもないけど、一応第五位の実力者だし、佐切よりも格上の位だから、仙汰が全然タオを扱えませんってことはないだろう。

<ムーダンの最後のコマのニヤけ顔>

最後のコマ。これニヤけてるよね。「この女、まさか」と言っててニヤけてるということは、天仙様の房中術にもってこいの人材ということだろうか。

ニヤけるムーダン | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

ニヤけるムーダン | 引用元:地獄楽 第38話 著者:賀来ゆうじ

<天仙様の属性>

ムーダンが、ゆずりはと同じ属性といっていたけど、天仙様があれだけの数がいるから、属性で分けていって闘いに色を持たせるということかな。今のところ、再生やタオという基本的な能力しか見えていないから天仙様と戦っても皆一緒だけど、属性でかわってくるのか。

属性といっても、強力な再生能力やタオが出てきているので、ただ火属性とか風属性とかよくあるパターンだとなにか見劣りする。ワンピースもいろんな能力あるのに、覇気という強力な基礎能力がでてきたせいで悪魔の実のわくわく感が消えてしまったからな。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開!

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別カラーイラスト公開! | 引用元:地獄楽 著者:賀来ゆうじ

  • 今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

今週の『地獄楽』は休載!書き下ろし特別イラスト公開!

第38話は、次週11月19日(月)に配信。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。