カラダ探し解 ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

カラダ探し解のネタバレ感想。
カラダ探し解について。

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

【本日発売】カラダ探し解 最終刊コミックス第5巻 3月4日(月)本日発売

【本日発売】カラダ探し解 最終刊コミックス第5巻 3月4日(月)本日発売 | カラダ探し解より引用

【本日発売】カラダ探し解 最終刊コミックス第5巻 3月4日(月)本日発売 | カラダ探し解より引用

  • カラダ探し解 最新刊コミックス第5巻 3月4日(月)本日発売
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 最新刊コミックス第5巻 3月4日(月)本日発売

美子の呪いに、命懸けで挑む留美子達!! 消えゆく美紗や龍平達の想いを胸に留美子は再び「本当の世界」へ──。2つの世界が連なり、重なる時、「最後の日」の真実が明らかになる!! もう一つの「カラダ探し」、終幕!!

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【最終話】カラダ探し解 最終話(最終回)ネタバレ感想『龍平の告白を受け入れる留美子』

28日のことを思い出せない留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

28日のことを思い出せない留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 最終話(最終回)ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 最終話(最終回)ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 最終話(最終回)ネタバレストーリー・あらすじ

朝、自分のベッドの上で目を覚ます留美子。

今日は、11月29日。

留美子は、どうやって寝たということどころか、昨日何してたかさえ覚えていない。

28日のことがなぜか全く記憶がない。

留美子は、学校が昨日の自分を知っている誰かに聞こうと考え、登校を始めた。

龍平に公園に呼び出された留美子。

龍平は、留美子に告白する。

それを聞いても留美子は他の女の子と一緒でしょと飽きれる。

龍平は本気だと主張する。同じクラスの乱暴者で結子の彼氏の袴田武司の双子の弟。隙あらば、女子のパンツを覗こうとする変態。

一番好きだといい続けてきて、何かと助けてくれる。

学校に行くと他にも不思議なことがあった。

留美子と同様に28日の記憶がない者も多く | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子と同様に28日の記憶がない者も多く | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子と同じように28日の記憶がない人がたくさんいた。他の人に聞いてもなぜか昨日の留美子たちを誰も覚えていない。

朝一で、明日香がカラダ探しのことに触れて涙を流して喜んでいたが、カラダ探しの記憶のない留美子にはなんの話かわからなかった。

帰りによったショッピングモールで明日香と日菜子が誰かと喋っている。留美子が声をかけると誰かが振り向く。

遥と初めて出会い、みさと涙する留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

遥と初めて出会い、みさと涙する留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

顔を見た瞬間に、留美子は「みさ」と呟き涙を流す。遥も涙を流していた。

それに驚く二人。

遥は改めて留美子に三神遥だと自己紹介する。

そして、29日忘れられない出来事のトドメは龍平の告白に返事をしたこと。

龍平の告白の返事を返す留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平の告白の返事を返す留美子 | 引用元:カラダ探し解 最終話(最終回) 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平は、ガッツポーズで喜ぶ。

28日については、明日香と高広が知っているような気がするけど、二人の口が固く聞きだすことはできなかった。

それから、遥、龍平、美雪、あゆみ、健司、留美子でよく集まるようになった。

完結。

カラダ探し解 最終話(最終回)ネタバレ感想・考察

カラダ探し解が完結。

龍平が武司の双子の弟として登場できたのなら、美紗も単体で登場できたかもしれない。いや、もともと美紗の魂が巡り巡って遥として生まれたのだから結局遥になるのか。龍平は、そもそも存在してなかったから、龍平のほうがこの世に反映される可能性は低くなるのか。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第42話ネタバレ感想『次回クライマックス』

龍平に別れの言葉はいわせない留美子 | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平に別れの言葉はいわせない留美子 | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第42話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第42話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第42話ネタバレストーリー・あらすじ

「赤い人」にカラダを貫かれた武司。

「赤い人」は、次に留美子の前にやってくる。

武司は倒れ際に、心臓をと留美子を促す。

「赤い人」に迫られる留美子 | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

「赤い人」に迫られる留美子 | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

自分が始末される恐怖に留美子は怯えるも、龍平の呼びかけに自分の使命を思い出す。

ポケットの中から心臓を取り出し、美子に返す。

留美子は、「赤い人」のカラダを貫かれる。

しかし、留美子は、自分が亡くなることよりも皆との約束を守れて、ほっとしていた。結末を見ることができなかったけど、きっと大丈夫だと仲間を信頼する留美子。

儀式の部屋でも高広たちは、黒くて怖い人と格闘を続けている。

そして、美子の魂が戻ったとき、明日香が壷を破壊する。

美子の魂が解放される | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子の魂が解放される | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子が壷を破壊した明日香に感謝の言葉を贈る。

戦いが終わった。

この世界ももうすぐ崩れる。美雪は、留美子たちのところに行こうというも美紗は行かないという。

生まれることのできなかった美紗は遥として生まれていた | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

生まれることのできなかった美紗は遥として生まれていた | 引用元:カラダ探し解 第42話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

魂となった遥は戸惑っていた。そこに美紗ややってくる。

美紗や、遥は私だという。生まれることが出来なかった魂が、巡り巡って別の人間として生まれていた。今の姿ならわかるという美紗。美紗は、消える前に遥の中に入れさせてほしいという。

留美子も自分が魂になって戸惑う。そこに魂になった武司がやってくる。龍平はと聞くと、武司の中にいるという。外に出すと消えるから。

そこに美雪、あゆみがやってくる。

世界が崩れていく。

龍平が今度こそさようならだと留美子にいうと、続きがしたいて言ったのは龍平。だったら「またな」でしょうがと返事する。

強がりではなく、その時の留美子は、また皆に会えると本気で思っていた。

カラダ探し解 第42話ネタバレ感想・考察

次回、最終回なのかな。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。