終末のハーレム ネタバレ感想」カテゴリーアーカイブ

終末のハーレムのネタバレ感想。
終末のハーレムについて。

終末のハーレムは、難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描くSFサスペンス。

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想『木根渕覚醒。イザナギ降臨』

木根渕を打つ女性 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を打つ女性 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

イザナミの女性たちに叩かれ快感を得る木根渕。

一番乗りでその行為にのったいとだが、この行為になんの意味があるのかと疑問に笑う。

亜咲美は、この行為を経て、木根渕は誠の聖心に至る。

その時、このイザナミを統べる片がここに降臨するという。

いとは、亜咲美のいう憧れの女がイザナミに降臨するのかと予言を軽く受取る。

いとは、やれりゃなんでもいいという。

木根渕を打つイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を打つイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

イザナミの女性たちは代わる代わる「聖心祓わい」と叫びながら木根渕をぶつ。

恋子も楽しそうに木根渕をぶつ。

木根渕を楽しそうに打つ恋子 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を楽しそうに打つ恋子 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

全員が木根渕を打ち終わると、出芽は木根渕を振魂の池に連れて行くよう指示を出す。

池に中央で木根渕を立たせ、各班のリーダーが木根渕を囲う。

亜咲美が木根渕に聖心を欲するかと訊ねると欲すると答える木根渕。

鎖を引っ張り、木根渕を倒す。

亜咲美は言葉を続け、木根渕の頭を水中に沈める。

木根渕を池に沈めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を池に沈めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

それに続き、各リーダーたちも木根渕を体を水中に沈める。

しばらくすると木根渕は抵抗もなく力が抜ける。

水面に浮ぶ木根渕 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

水面に浮ぶ木根渕 | 引用元:終末のハーレム 第57話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

女達は木根渕を離すと木根渕の体は水面へと浮かび上がる。

木根渕は動かない。

いとは、木根渕が息を引き取ったのではないかと心配するも木根渕が自力で水面から顔を上げ、咳き込む。

いとは、木根渕を心配して、起こそうと体を支えるも木根渕はいとを突き飛ばす。

いとは、起ころうとするも亜咲美がいとに控えなさいと制止する。

木根渕が立ち上がる。

亜咲美は、この片がイザナミの主、イザナギの降臨だという。

終末のハーレム 第57話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

木根渕が奴隷になって選択権のないハーレム状態でいくのかと思ったら、覚醒イベントを経て、本格的なハーレム状態になるということだろうか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

兵州手亜咲美(へすてあさみ)
イザナミのメンバー。建設班のリーダー。

保世いと(ほせいと)
イザナミのメンバー。漁業班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第57話(前編)ネタバレ感想『祭りでイザナミの女性たちにいたぶられる木根渕』

カラダにレモン汁をかける出芽 | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

カラダにレモン汁をかける出芽 | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第57話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第57話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第57話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ

イザナミの女性たちは湖で水浴びをしていた。

いとは、村に人が随分増えたというと、周囲の集落からどんどん女が集まってきてるという出芽。男がいるとわかれば誰だって来る。

いとは祭りが本当に必要中と疑問視するも、イザナミの団結のためでもあるという出芽。

水浴びを終えると、切ったレモンの汁をカラダに塗り始めるイザナミの女性たち。

イザナミの女性たちはレモン汁を体中に塗りたくる | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

イザナミの女性たちはレモン汁を体中に塗りたくる | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

いとは、以前男がいたときは一晩でせいぜい二回まででこんな人数相手できるのかと疑問を持つも恋子は大丈夫だという。

木根渕は聖なる奴隷。

心から私達にイジメて欲しくてたまらなくなってるという。

木根渕はたまらなくなっていた | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕はたまらなくなっていた | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

出芽は、みんなに祭りを楽しみましょうというと女性たちの中でも期待が高まる。

いとは、亜咲美に祭りで何か企んでいるのかと聞くも亜咲美は企んでいないと否定。今晩の儀式の果てに我らの待ち人がくるという。

外の磔上に木根渕は縛られる。

イザナミの女性たちは一列に並ぶ。

先頭のいとがある薬品の香りを嗅ぎ、あの液体を飲む。

木根渕を前にテンションが高まってきた保世いと | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を前にテンションが高まってきた保世いと | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

そして、服を脱ぎ楽しくなってきたといういと。

いとは、ロウソクを持って、蝋を木根渕に垂らす。これで俗世の魂は浄化されるといういと。いとは、さらに草を木根渕に叩きつける。

木根渕は、いとに感謝の言葉をいう。

後四回、草を木根渕に叩きつけるいと。

木根渕を打つ保世いと | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕を打つ保世いと | 引用元:終末のハーレム 第57話(前編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

終末のハーレム 第57話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ

一人目からこれだけ痛めつけて、何人いるかわからなけど、さすがに持たないんじゃないのか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

兵州手亜咲美(へすてあさみ)
イザナミのメンバー。建設班のリーダー。

保世いと(ほせいと)
イザナミのメンバー。漁業班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第56話ネタバレ感想『木根渕を一週間もお預けして計画するイザナミの女性たち』

毎晩木根渕を求めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

毎晩木根渕を求めるイザナミの女性たち | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第56話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

木根渕は、くる日も、くる日も女性の相手をしていた。

間隠しし、上に跨られて、腰を振られる。

その行為を部屋の外から女性たちに見られる。

上顎をこすられて気持ちいいかを聞かれ、答える木根渕。

毎日、搾り取られる生活を繰り返していくうちに、これが現実ではないような感覚に陥っていた。

ころんと恋子がやってきて、立つようにいわれる。

木根渕の工場は活発になっているとアソコを触って確かめるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕の工場は活発になっているとアソコを触って確かめるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

着かれきった木根渕を見て、ころんはさすがに疲れているねというも、木根渕のあそこをさわり、そのおかげで木根渕の工場は今はとても活発になっているという。

木根渕が荒い息になる。

恋子は、稼動させすぎて壊れてないか心配するも、ころんは使えば使うほど能力は上がるという。

橘絵理紗が考案した勢力剤をつくるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

橘絵理紗が考案した勢力剤をつくるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

乾燥させたサソリ、朝鮮人参、ハブ酒、不思議な薬。ころんは怪しげな材料を入れてすり鉢で粉々にしている。それは何かと木根渕が訊ねると、シャトー・マルゴーのビンテージよりもステキな飲み物だと、口に含み、それを木根渕に口移しで飲ませる。

恋子は、そんなんじゃんだめだと、不思議が飲み物を足にかけた恋子はそれを木根渕に舐めるよう命令する。

足を木根渕に舐められ、快感を得る恋子。

勢力財を足にかけて木根渕に舐めさせる恋子 | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

勢力財を足にかけて木根渕に舐めさせる恋子 | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

恋子は、木根渕を蹴飛ばし、今日はお預けと部屋を出て行く。

部屋を出たあと、どれぐらいお預けをすればいいのかところんに聞くと、一週間ぐらいだと答える。

木根渕の体がおかしかった。

ずっとおさまらない。

ころんが木根渕のところを訊ね、体の異変を訴えるもころんは、木根渕を柱に縛り付ける。

興奮状態の木根渕にカラダを見せるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

興奮状態の木根渕にカラダを見せるころん | 引用元:終末のハーレム 第56話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

そして、ころんは服をはだけさせ、自分のカラダを木根渕に見せつけ、どうかと聞く。興奮する木根渕はキレイだと答えるもころんは服を着て、お預けをする。

その後も木根渕はお預けをくらっていた。

初めて見る顔の女性が入ってきた。

建築班のリーダーで兵州手亜咲美(へすてあさみ)と名乗る。

亜咲美は、木根渕を抱きしめ、可哀相という。頬にある刻印にキスをしてほしいと亜咲美は頬を木根渕に差し出す。

木根渕がキスをすると亜咲美は、もうすぐ教祖がくるからそれまでの我慢だと部屋をでていく。

漁業班リーダーの保世いと(ほせいと)は、ころんが作った薬がまずいと文句をいう。

ころんは、医者ではなくナースだったのに薬なんて作れないだろといとが指摘すると、レシピは橘絵理紗が作ったという。

いとは、亜咲美は自分たちが合流する前に随分木根渕とお楽しみしたみたいだなと嫉妬する。

美鈴は、もうすぐでゲップがでるぐらいできるといとを諌める。

終末のハーレム 第56話ネタバレ感想・考察まとめ

イザナミというのはUWに対して反対運動しているだけの団体かと思ったら宗教団体だったのか。。。

教祖とは誰なのか新キャラなのか。

絵理紗は、イザナミに組しているだけで、その思想は全然支持していないようだけど。。。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

兵州手亜咲美(へすてあさみ)
イザナミのメンバー。建設班のリーダー。

保世いと(ほせいと)
イザナミのメンバー。漁業班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第55話ネタバレ感想『恋子と母親のころんと親子丼をいただく木根渕』

恋子の母親のころんが今夜が楽しみましょうと微笑んでくる | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

恋子の母親のころんが今夜が楽しみましょうと微笑んでくる | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第55話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

奴隷生活を強制されていた木根渕の前に現れたのは、恋子だった。

恋子は、5年ぶりと笑顔を振りまく。

木根渕はコールドスリープしていたので5年という時間の感覚はなく、成長した恋子に驚く。

恋子は、儀式の時に、木根渕に胸を据われた時に全然気付いてくれなかったという。

そういう恋子の胸には、イザナミの刻印があった。

恋子は、木根渕の猿轡を外す。

木根渕は、両親のことを聞くと、父親は自身の病院でコールドスリープについていて、母はそれを管理している。でも、ここは東京から離れているし、いつスリープ解除できるかわからないし、どうでもいいという恋子。

木根渕は、自分の父親だよというもこの歳の女からしたら父親の存在なんてそんなものだという恋子。

父のことを嫌っていたことを知っているという恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

父のことを嫌っていたことを知っているという恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

恋子は、木根渕に顔を寄せて、父親のことを嫌っていたことを知っていたよと悪戯っぽく笑う。

恋子は、ハゲて太ってたし、金と権力があったから母親と結婚できたみたいなものだから仕方ないという。

木根渕は、ミキのことを聞く。しかし、恋子はとぼける。

木根渕は、何でもいいから教えてほしいと抱きつくと、恋子はナイフを出して木根渕を静止させる。

木根渕のことを同情する恋子。皆は警戒しているけど、過去の木根渕を知る恋子はわかっているといい、言うこと聞くねと木根渕に訊ねると木根渕は首を縦に振る。

すると恋子は、村を案内するとつながれた鎖を外す。

首輪をつけて木根渕を連れまわす恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

首輪をつけて木根渕を連れまわす恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

村に女性は5、60人いて、十代から四十代の女性がいて、十代後半から二十代がほとんどだという。

狩猟・採集班は、有手美鈴が担当。木根渕の昨日の相手。

他に建築班や漁業班などいろいろ班が別れている。

村のほとんどが旺盛で適齢期だという恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

村のほとんどが旺盛で適齢期だという恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

一番人数が多いのは農耕班。それを統括しているのが、出芽輝奈。

出芽は、木根渕を勝手に連れ出している恋子を叱る。

出芽は、また逃亡したらどうするのというも恋子は縛り付けているのはストレスになるし、奴隷として働いてもらうために、もっと丁寧に扱ったほうがいいという。

出芽は、恋子に祭りまでに橘が戻るのかと聞くも班長同士でやってくれという恋子。

出芽は、木根渕に所有物だから二度と逃げ出さないようにと警告する。

頷く木根渕。すると出芽は木根渕にキスをする。

いい子にしていたらまたご褒美をあげると立ち去る出芽。

そこに安保ころんがやってきて恋子がママとかけよる。

ころんは、木根渕に久しぶりと声をかける。

ころんは、木根渕の額の焼印を見て、かわいそうにという。ころんは、木根渕に今夜はたっぷりと楽しみましょうと笑う。

森の中で、ある薬品を嗅がされる。これを嗅ぐと、嫌なことを忘れられると思う木根渕。

効いて来たかなと待ち遠しそうにする恋子。

ころんは、木根渕に尽くすのは好きでしょうと聞くと頷く木根渕。

木根渕に唾液を飲ませるころん | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕に唾液を飲ませるころん | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

ころんは、木根渕に自分の唾液を飲ませる。

我慢できない恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

我慢できない恋子 | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

恋子はころんに私からいっていいかと聞くと、ころんは仕方ないわねと、自分のは木根渕の顔に押し付ける。

ころんは娘の恋子に先手を譲る | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

ころんは娘の恋子に先手を譲る | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

ご無沙汰だったからたっぷり楽しませてほしいと木根渕にねだるころん。

行為を終わらせ、ころんは気持ちよかったといい、木根渕に同意させる。恋子は、木根渕に奴隷を再認識させる。

ころんは、もっとすごいことになると教えてる。近々、祭りがあって、村全員の女が木根渕のカラダを貪るという。

終末のハーレム 第55話ネタバレ感想・考察まとめ

ころんは、優しそうに見えて、何気に自分の意見を強要してくるな。優しく接されてるときは、大丈夫だけど、木根渕の中ところんの意見が大きく開きがある時は、かなりのストレスになる。しかも、同意しないとお仕置きがありそう。境遇ややり方は違うけど、ミザリーのような恐怖がある。

共感を強制するころん | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

共感を強制するころん | 引用元:終末のハーレム 第55話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

村全員というと50人を一度に相手するということだろうけど、さすがに無理じゃないか。根元を閉められて出さないようにしても、一晩で50人は相手できないんじゃないか。

ま、棒が目的じゃない女性もいるから大丈夫なのか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第54話(後編)ネタバレ感想『木根渕のハーレム奴隷生活』

木根渕に跨る美鈴 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕に跨る美鈴 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第54話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第54話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第54話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

木根渕は目隠しされて拘束されていた。

木根渕は、イザナミに拉致されてどれぐらいの時間が経ったかわからなくなっていた。

見知らぬ場所で、イカれた女達と狂った生活を送っているうちに、何もわからなくなっていた。

何度か脱出を試みたが徒労に終わり、頻繁に行われる聖なる儀式で木根渕は疲れ果てていた。

女が三人入ってくる。

美鈴たちが木根渕に食事を持ってくる | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

美鈴たちが木根渕に食事を持ってくる | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕は、今日もかとうんざりする。

何かいいにおいがする。食事のニオイ。

美鈴と呼ばれる女が木根渕のことを元気にしてたかと乱暴に扱う。

食事を運んできた女が乱暴について言及するも美鈴は男が頑丈だからとなんともおもってない。

木根渕の腹の音を聞いて、今日は暴れるなと木根渕に言い含める。

木根渕は猿轡を外されると水を要求する。

美鈴は女たちに一滴も零さないようにと促す。

女は、水を口移しで木根渕に与える。

木根渕に口移しで水を与える女 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕に口移しで水を与える女 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

次は食事。食事も女達の口移しで分け与える。

この異様な食事の仕方はまるで家畜になった気分だった。

すべて食べ終わると美鈴は木根渕をつねり、奴隷がエサを貰ったらいうことがあるだろうと詰問する。

木根渕に食事を口移しで食べさせる女 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕に食事を口移しで食べさせる女 | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕は、ご馳走様と返すとよくできましたとご褒美を木根渕にやる。

美鈴との濃厚なキス。

今日は、三人。一晩たっぷりと奉仕してもらうという。そのために、先に元気をだしてもらうと木根渕の服を脱がせる美鈴。

美鈴は待ちに待った順番。たっぷりと中をかき回してもらうと木根渕に跨る。

翌朝。

寝ている木根渕を足でつついて起こす女。

女は、奴隷生活は慣れたかと木根渕に聞く。

猿轡をしているのもあるが返事をしない木根渕。

女は、覚えていないと落胆し、こうしたらわかると、髪を後ろに結ったポニーテールの髪型にする。

木根渕は、恋子ちゃんかと思い出す。

終末のハーレム 第54話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

拘束されてるから自由は全くないし、食事の仕方の自由もない。監禁してる場所には見張りもいないっぽいから、排泄の自由もないということかな。

その上、毎晩、夜の相手を複数でさせられる。行為も自分リードではなく、拘束されたままの状態でやられる。

これは、男女の人数でいうとハーレムなのに全く嬉しくない状況だな。。。

イザナミの中の、木根渕を攫ってきた一派は、欲求不満の塊が爆発して行動を移した集団だとするなら、恋子も欲求不満の塊なのか。それとも、ナンバー4が木根渕だと知って、イザナミにやってきたのか。

木根渕の前に恋子が現れる | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

木根渕の前に恋子が現れる | 引用元:終末のハーレム 第54話(後編) 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

ナンバー4が誰かというのは公開されてたっけ?

恋子も木根渕を奴隷としてオモチャにするのか、それとも昔好きだった男を助けに来たのか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保院長の妻
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。

出芽(いずめ)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

美鈴
イザナミのメンバー

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。