月別アーカイブ: 2018年8月

寄生獣リバーシ 第13話ネタバレ感想『原作キャラの平間警部補登場』

タツキを煽る一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキを煽る一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第13話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第13話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第13話ネタバレストーリー・あらすじ

一之瀬は、野次馬の中にタツキを見つけると駆け寄り、蹴りを食らわせる。

タツキは、尻餅をつき倒れると一之瀬は更に追い討ちの蹴りをタツキの顔面に入れようとする。

しかし、冷静なタツキは、頭を後方に反らし、一之瀬の蹴りを回避する。

タツキに突然蹴りを入れる一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキに突然蹴りを入れる一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

蹴りが空振り舌打ちをする一之瀬。

突然とんでもないことをした相棒に駆け寄る深見。

一之瀬を取り押さえようと背後から迫る深見。

一之瀬は、振り向き様に深見を掴み投げる。

深見は、生活安全課と叫び、アスファルトに叩きつけられる。

一之瀬は、深見にも許しちゃいねーからと吐く。

突然のことで、野次馬の一般市民が引いている。

一之瀬は、ネクタイを調え、笑顔でお騒がせしましたと挨拶をする。

深見は笑って済ませられるレベルではないと吐き、タツキは立ち上がる。

立ち上がったタツキに一之瀬は、耳傍で「お前のせいでまた一人亡くなった」と呟く。

タツキは、そういわれて返す言葉がない。

深見は、どこまでタツキを追い込むんだと立ち上がるも再び一之瀬に投げられてアスファルトに寝転がるはめになる。

朝河は、刑事と歩いているタツキを見かける。

その後、タツキは、深見の車に乗せられる。

タツキが出来ることは情報提供だけだと説得する一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキが出来ることは情報提供だけだと説得する一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

車内で一之瀬は、タツキに友人が始末され、増田も亡くなり、そして、今度はクラスメイトがやられた。いい加減思い知っただろうという。自分の無力さと無能さに。タツキのできることは、情報を提供することだけだと。

一之瀬の説得は、正解ではあると内心思う深見。

広川市議のところにタツキの連絡が行く。

警察署では、上司が深見と一之瀬の乱闘のことに説教する。言いたいことは山ほどあるが、深見に客だという。

客は北署の平間警部補。

寄生獣リバーシ 第13話ネタバレ感想・まとめ

そのエピソードの最後のコマに原作キャラをババーンと登場させるの好きだね。私はこのパターン好き。原作を知っているほど、嬉しいんじゃないだろうか。

北署の平間警部補が深見に会いに来た | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

北署の平間警部補が深見に会いに来た | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

しかも今回の原作キャラ、太田モアレ先生のタッチで、いままでの原作キャラの中で一番原作キャラに近いんではないだろうか。オッサン描くの上手いのかな。

平間が出てきたということは深見に、寄生生物の情報が持たされるのか。原作はどうだったかな。平間が東福山署の人間と接触したのは、加奈の時だっけ?それとも私立探偵からだっけ。

島田の遺体が回収されて、北署では寄生生物の存在を知ったあたりだろうか。今回のバラバラ事件を受けて、更なる情報がないか平間が探りにきたのか。

シンイチも登場してくれると面白いけど、背景でからんでもらうだけでもいいからでてきてほしいな。

一之瀬に投げられながら一之瀬の部署名を叫ぶ深見 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一之瀬に投げられながら一之瀬の部署名を叫ぶ深見 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

なんで一之瀬に投げられるときに一之瀬の部署の名前叫んでるんだ。笑うわ、こんなん。

深見のことも許していないと言い切る一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

深見のことも許していないと言い切る一之瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第13話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一之瀬は、深見のことを許していないというし、タツキにこうも噛み付くのは、やはり、何かあるのか。増田とかなりの仲だったのか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想『黒髪美人の里崎が意味ありげな言葉をカイにかける』

意味ありげなことをカイにいう里崎 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

意味ありげなことをカイにいう里崎 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第34話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第34話ネタバレストーリー・あらすじ

横スクロールアクションゲームをテラノでクリアしたカイは、賞金の3000万デロスを受取る。

端末に入金され、カイの所持金は、30149700デロスとなる。

鷹司は、いい奴隷を持っていると拍手する。

鷹司は、もう1ステージいっておく?とカイに聞くと今日はこんなところでやめておくと返す。

道は長いからねと意味ありげな言葉を返す鷹司。

鷹司は、カイが所有する4人の奴隷も解放するつもりなんだよねと聞くと、何の関係があるのかと返す。

鷹司は、全員解放するためにいくらかかるか知っているのかと聞く。

カイは、一人一億じゃないのかというと、一人一億じゃないのかと考える。

実際に一人一億で解放したけど、どんな人間でも一律一億とはゴトウは言っていなかったことを考えて、それ以上かかるのかと予想する。

鷹司は、察しの良いカイに、その予想は正解だという。

4人の奴隷解放に掛かる費用 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

4人の奴隷解放に掛かる費用 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷をかいほうするのに、かかる費用は、その人間の地上での社会的地位に影響される。

全部で、23億5000万デロス。

浜口が5000万。

テラノが5億。

有村が8億。

柏崎が10億。

浜口は5000万、テラノが5億、有村が8億。柏崎が10億 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

浜口は5000万、テラノが5億、有村が8億。柏崎が10億 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ただの女子高生と政治家とでは口封じや監視のコストが違うのは当たり前でしょと鷹司。

鷹司は、自分の奴隷をみてくるから今日はここで。せいぜい頑張って稼いでという。

思いもよらない金額に何も言い返せないカイ。

自宅に戻ったカイは窓から夜空を見る。

ドアがノックされる。招き入れるカイ。

入ってきたのは妹のソラノだった。

ソラノは、黙ってカイに抱きつく。

ソラノは、兄がいなくならないかと確認する。ソラノは心配だという。昨日まで当たり前に一緒だった人が、明日も当たり前にいるわけじゃないと知っているからと、両親のことをいうソラノ。

カイは、ソラノを抱きしめ返し、どこにもいかないと誓う。

カイは屋上で、スマホを見ていた。

23億5000万デロス。横スクロールアクションゲームを20回クリアしてもとても貯まらない。

突然、後ろから声をかけられ、咄嗟にスマホの画面を隠すカイ。

声をかけてきたのは、里崎だった。

里崎は、カイの雰囲気が変わったという。地獄をみてきたという顔になったと。

カイは、中間模試が散々だったから、ある意味地獄だったかもとごまかす。

そこにリンナが何を話しているのと割ってはいってくる。

リンナは、里崎が誰かと喋っているのは珍しい。カイに何の用かと最初から喧嘩腰だった。

里崎は、カイと喋るにはマネージャーの許可が必要ってわけねとふざけたことをいうと顔を真っ赤にして怒鳴るリンナ。

スマホのバイブが鳴り、画面を見ると鷹司からのメールだった。

カイは、用事ができたと急いでその場から離れる。

カイが呼び出されたのは相撲部の部室。

相撲をコンピラシティの新しいアトラクションに考えているという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

相撲をコンピラシティの新しいアトラクションに考えているという鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

中に入ると土俵の上に、相撲部の人間が人間ピラミッドをしている。

その一番上に鷹司が胡坐をかいて座っていた。

早かってね爽やかな笑いを向ける鷹司。

何のマネかと聞くカイ。

鷹司は、コンピラシティの新しいアトラクションを考えていて、相撲という日本色がでてて面白いと思うという。でも大銀杏じゃないと雰囲気でないよねと、高校生の相撲で大銀杏をしているものはいない。

カイは、相撲部の皆がどうしてそんなことをしているのか聞くと、色々あって、相撲部は鷹司のオモチャだという。

鷹司の権力は学校まで及んでいることに驚く。

相撲部の部員は苦しそうにしていると思ったら、一番下の者の腕が折れる。

そのせいで、人間ピラミッドは崩れていく。

鷹司は、ジャンプで回避する。

鷹司は、カイにもうちょっと我慢しようと思ったけど、もうやらないかと聞く。

ライブラエクソダスにカイを誘う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスにカイを誘う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第34話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

何の話だと聞くと、コンピラシティの特別なゲームだという。ライブラエクソダス。

奴隷遊戯 第34話ネタバレ感想・考察まとめ

23億5000万デロスなら、報酬3000万デロスのスーパーマリオゲームを79回やれば溜まるけど、簡単ゆえにテラノはやらないだろうな。あと、ソサエティもやらせないだろうな。20回でもやらせないだろうな。。。

鷹司は、カイのことを目にかけていて、同年代がいないからと言っていたけど、里崎はどうなのだろうか。あの感じから、ソサエティの住人っぽいけど、名が知られていないとなれば、貴族会員ではないのか。そもそも会員ではないのか。

里崎について考えてみよう。

一度、ゲーム画面を向けたときに捕縛できるとアラートがなったということは、ソサエティが選定した人間で、奴隷でも会員でもないということだろうか。だとするなら、ソサエティのことを知らずに、カイに近づいてきたのか。

それとも会員でも奴隷でも、捕縛はできるのだろうか。もちろん、捕縛アイテムは特別なものでないとできないだろうけど。

一番、有効そうなのは、自由を与えられた奴隷。ソサエティの頂上に君臨する支配者の奴隷で、ある意味、準会員よりも自由の聞く奴隷なのかもしれない。

スコーピオエクソダスに続き、ライブラエクソダスと来て、12のシティを潰していく必要があるのか。それだとちょっと長い気がする。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第28話ネタバレ感想『武司に二度始末される龍平』

武司に殴られ倒れる留美子 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司に殴られ倒れる留美子 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第28話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

六日目。

あゆみが登校していないことと、世界の主が武司であることを知った龍平は、あゆみの家に向かう。

龍平を心配する留美子。

美紗は、龍平が武司に始末されたとしても夜になって「カラダ探し」が始まれば生き返るという。一番守りたいあゆみを奪いにくる龍平に武司の行動の予想は容易い。

留美子は自分がいっても何もできない。それでもいてもたってもいられなかった。

龍平は、自分が武司の目を覚まさせるしかないというも美紗が、夜になれば「カラダ探し」にくるという。

男としての問題だという龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

男としての問題だという龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美紗のことは事実だが、龍平は、そういう問題じゃないと美紗の言い分を否定する。

男としての問題だという龍平。

龍平の言葉は意味わからないし、自分は何の力にもなれないけど、龍平を放っておけない。

もしかしたら、龍平ならあゆみを連れ出せるかもしれないと思う。

しかし、現実はそう甘くなかった。

龍平は、公園で武司に殴られ、膝をついていた。

武司は、どれだけ殴ればくたばる。昨日始末したはずだという。

武司と対峙する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司と対峙する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

息を切らせながら龍平は立ち上がり、あゆみを学校に行かせてほしいと頼む。

そんなことをはダサイことだと。

武司は、龍平に襲い掛かる。

龍平は防御だけではなく、武司を殴ろうと手を出すも一枚上手の武司は、龍平の攻撃をいなしながら、攻撃を龍平に当てていく。

龍平は、何度も殴られ、蹴られながらも、耐える龍平。

倒れた龍平の顔面を踏んづけようとする武司。

龍平をかばい、武司の蹴りを受ける留美子。

留美子は武司にあゆみはどこかと聞く。

あゆみに危険な目にあわせる二人をこの場で始末するという武司。

カラダ探しのことを話してはいけない。それ以外で説得しようとする留美子だが、聞く耳を持たない武司。

全員始末すればあゆみは無事だと暴行を続ける。

結局、龍平と留美子は武司に殴られ始末され、六日目の夜を迎える。

留美子が目を覚ますと、美雪が心配そうに見ていた。

龍平もいて、地面を殴っている。

健司は、何かブツブツ言っている。

あゆみは、また二人にヒドイ目にあわせてしまったと涙を流す。

留美子は、何があったのかとあゆみに事情を聞く。

朝起きたら武司が部屋のドアを開かないように、板で釘打ちして、携帯も取られていたという。

美雪が留美子を呼び、今日は東棟を調べるから、留美子は龍平と1階をお願いと頼む。

美紗の姿が見えない。美紗は東棟を調べたらからといって別行動になった。

留美子たちが1階を調べ終わったら、南側の階段から2階に上がってきて、美雪たちが早かったら1階にいくからという。

あゆみを連れて出発した美雪。

留美子は残る龍平のもとにいく。

龍平は、なんで来たんだと聞く。助けらてばっかりだからと返事する。

龍平は、同じ憧れでも高広はカッコよくて強くて優しい。そんな男になりたいという憧れ。武司は、空手の頃から強さの目標。ずっとビビってたけど、いつか絶対勝って越えてやると思っていたという。昨日勝ったじゃんという留美子にあれは違うという。

怒らせてだまし討ちしただけ。武司は根っこは優しいやつ。龍平がいくら全力で挑んでも最後どこかで手加減を加える。

それを聞いた留美子は、思いっきり始末されたでしょという。

武司の目を覚まさせて男を上げるつもりが負けて情けないと感じる龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司の目を覚まさせて男を上げるつもりが負けて情けないと感じる龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

だからだと。おかしくなって本気で始末しにくる武司を正々堂々真正面から倒して目を覚ます。武司への感謝であって、超えて男になるということ。なのに手も足も出ず負けた。あゆみを助けることも、留美子も助けられなかった。

そういう龍平に、今越えなくても慰める留美子。

龍平は、時間がない。消える前に越えなきゃと。

龍平は留美子の手を握る。手を握ってきた留美子を守るどころか握り返すことすらできなかった。

龍平は、手を離さないと約束し、手をつないだまま校舎の中へ入っていく二人。

美紗は、美子の心臓を捜していた。

カラダ探し解 第28話ネタバレ感想・考察

今回の整理。

武司が、留美子たちを目の仇にしているのは、現実であゆみがカラダ探しに巻き込まれて絶命したから、その記憶からカラダ探しに関係している人間に対して憎悪があるのだろう。龍平は現実にはいないが、やはり、武司自身の良心なのではないだろうか。これほどまでに留美子たちを守ろうとするのは、現実であゆみを守れなかった裏返しではないだろうか。

消える前に越えたいと強く願う龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

消える前に越えたいと強く願う龍平 | 引用元:カラダ探し解 第28話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

▼留美子
回収済:6
未回収:0
未発見:0

▼美雪
回収済:4
未回収:0
未発見:2

▼あゆみ
回収済:4
未回収:0
未発見:2

▼龍平
回収済:5
未回収:0
未発見:1

▼健司
回収済:2
未回収:3
未発見:1

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。