月別アーカイブ: 2018年9月

終末のハーレム 第50話ネタバレ感想『カレンの目的は国務長官の席』

怜人と行きたくても行けないと涙する美来 | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

怜人と行きたくても行けないと涙する美来 | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第50話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第50話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第50話ネタバレストーリー・あらすじ

UWから一緒に脱出する条件として、怜人にこの場でメイティングを要求する美来。

突然、迫られて困惑する怜人。理由を聞く。

しかし、美来は、UWを離れる危険を冒せというなら簡単なことではないかと理由を話さない。

怜人は、自分とそんなに行きたくないのかと美来に聞く。怜人がメイティングのことを断るとわかってて聞いているということは行きたくないのだと察する。

しかし、美来は自分も行きたいと声を荒げる。でも行けないと涙を流す。

涙を流す美来 | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

涙を流す美来 | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

涙を流したまま、美来は浴室でへたり込む。

怜人は、美来に悲しませるつもりはなかったと優しく肩を抱く。

雰囲気のまま、二人はキスをしようと顔を近づける。

そこにUWの職員二名が乱入してくる。

クロエの補佐官ホープ | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

クロエの補佐官ホープ | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

その後ろにクロエの補佐官ポープが立っていた。

ホープは美来も含めて来るようにと怜人の命令する。

ホープは自分の自己紹介をすると、朱音と翠をすでに拘束していると怜人に告げる。

美来もそうだが、朱音も翠も怜人に肩入れしている。立場を忘れて勝手な振る舞いをしては困る。怜人には、我々とともにアメリカに渡ってもらうという。

日本には、イザナミという危険な集団がおり、世界で最も貴重な存在である怜人の安全を考えれば当然の措置だというホープ。

クロエからくれぐれも丁重に扱うように言われていると。

空港へ連れて行くために車両のドアを開けると、運転手がすでに気絶していた。

中から銃弾が飛んできて、ドアを開けた女が倒される。

車両の中から朱音がでてくる。

朱音に銃を向けるもうひとりも背後から翠が手刀で気絶させた。

美来を人質にするホープ | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

美来を人質にするホープ | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

ホープは動くなと怜人たちに命令する。美来を人質にとり、美来の頭に銃口を突きつける。銃には実弾が入っていると脅すホープ。

動けない朱音と翠。ホープは後ろから撃たれ、美来を離す。

ホープを後ろから撃ったのは、片桐だった。朱音も翠も片桐に助けられたという。片桐は急いでと逃走を急かせる。

ビル内はあわただしくなる。

国務長官室で、クロエと面会している翔太とカレン。

クロエはわざわざ挨拶するために慶門市から来たわけじゃないでしょと本題を聞きだそうとするクロエ。

カレンは取引したいとクロエにいう。

取引の内容は、クロエも検討する価値があるという。

その言葉をもらった上で、カレンはお願いがあるという。

三賢者に合わせて欲しいという。その言葉に動きが止まるクロエ。

三賢者の存在を知るカレン | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

三賢者の存在を知るカレン | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

UW世界本部を統治する三人の天才たち。年齢も出身地もバラバラ。共通しているのは類稀な知性と男嫌いというとこ。

軽い返事をしないクロエに、冗談のつもりだったけど当たっちゃったと笑うカレン。

翔太が協力的な姿勢が見られれば、そういうチャンスもあると直接の回答をさせるクロエ。

カレンはもう一つお願いがあるという。

クロエは、このまま日本に進駐するつもりかと聞くカレン。

クロエは、日本国民を保護するために世界本部から派遣されているわけだから進駐という言葉は相応しくないという。

カレンは、言葉遊びはどうでもよくて、日本の統治は日本人がやったほうがいいと思う。

国務長官のポストを欲するカレン | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

国務長官のポストを欲するカレン | 引用元:終末のハーレム 第50話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

カレンは、国務長官の席を自分にくれないかという。

終末のハーレム 第50話ネタバレ感想・考察まとめ

例え、日本の国務長官の席をもらったとしても結局、世界本部の傀儡になるんであれば、国務長官の席も意味ないのではないか。それとも国務長官の席に座ることで目的の第一段階ということなのだろうか。

美来は、怜人と脱出したいという気持ちがあってもできないというのは、何か理由があるのだろう。例えば、親がUWに囚われているとか。それとももっと複雑な関係があるのか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保院長の妻
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。

出芽(いずめ)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想『賢人と叫竜との確執』

ヒロにキスするイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロにキスするイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

寝相の悪いフトシに起こされるゴロー。

イチゴとヒロが寝袋にいないことに気付く。

ヒロとイチゴは海岸を歩いていた。いろいろあったから目が冴えてというイチゴ。同意するヒロ。

ヒロは寝てたらもったいない気がしたという。

ヒロは星空がきれいだとイチゴに教える。

その中からイチゴがオリオン座を見つけて指差す。昔、オリオン座は冬の星座代表といわれていたらしいと薀蓄を披露するヒロ。

イチゴは、小さい頃もそうやって星の話を教えてくれたという。ヒロが教えてくれたことは全部覚えているというイチゴ。

オリオン座の15番星をイチゴの星と呼ぶヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

オリオン座の15番星をイチゴの星と呼ぶヒロ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

イチゴの星もと聞く。オリオン座の15番星イチゴの星。暗くて肉眼で見るのは難しいと本に書いてあったけど本当に見えないものだなというヒロ。

いつか施設を出たら一緒に見ようって約束したのにとヒロが言うと、覚えているじゃんとヒロを肘でつつくイチゴ。

リーダーとして覚悟をしないとけないのは自分のほうだと前の戦闘でもゴローに迷惑かけたと反省しているイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

リーダーとして覚悟をしないとけないのは自分のほうだと前の戦闘でもゴローに迷惑かけたと反省しているイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

みんなの前でこれからリーダーとしてビシビシ行くからとエラソーなことを言ったけど、ホントに覚悟しなくちゃいけないのは自分だというイチゴ。この前の戦闘でもゴローに迷惑をかけて全然ダメ。どうせならヒロがリーダーやってくれたらいいのにと思ったり。

それを聞いたヒロは、イチゴはいいリーダーだという。

模擬戦でのキスのことを持ち出すヒロ。コネクトできない自分のためにキスしたら上手くいくかもという不確かなことのために、リーダーとしてイチゴはキスしてくれた。

あの時は、余裕がなくて、キスが特別な行為だってことも知らなくて、結果としてイチゴの大切なキスを無意味にさせることになってしまった。

ヒロは振り向き、謝罪する。

イチゴは振り向いたヒロに再びキスをした。

二人のキスを岩陰からみていたゴロー。

ヒロにゼロツーだけじゃなく自分も見て欲しいと告白するイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

ヒロにゼロツーだけじゃなく自分も見て欲しいと告白するイチゴ | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

突然のキスに理由を聞くヒロ。イチゴは、ヒロとのキスは特別だと思っているというイチゴ。リーダーとして頑張るから、ゼロツーだけじゃなくて自分のことも見てて欲しいと笑顔をつくるイチゴ。

賢人たちは、ゼロツーとヒロについて会議するしている。落第寸前の特殊検体にあれほどの力があったとはというも、フランクス博士のこだわっていたゼロツーの婿探しもこれで終わったという。

ヒロにはゼロツーをあるところまで無事に運ぶ指名がある。

長きに渡る叫竜との戦いを終わらせる。我らの悲願、忌まわしき叫竜の姫に城グランクレバスの制圧。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話ネタバレ感想・考察まとめ

賢人は仮面を被っているのか人間の顔をしていない。やっぱり、ロボットなのだろうか。

だとすると、叫竜側のほうがもともと人間なのか。叫竜の姫と呼ばれる者が元々人間で、暴走したAI(賢人)を止めるために叫竜を作っているのか。

七賢人の一人 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

七賢人の一人 | 引用元:【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 第30話 原作:Code:000 漫画:矢吹健太朗

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

1日外出録ハンチョウ 第28話ネタバレ感想『遠足前のワクワク不眠を解消する大槻メソッド』

大槻流安眠重装備 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

大槻流安眠重装備 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

  • 1日外出録ハンチョウ 第28話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 1日外出録ハンチョウ 第28話ネタバレ感想・まとめ
  • 1日外出録ハンチョウ 概要
  • 1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

1日外出録ハンチョウ 第28話ネタバレストーリー・あらすじ

大槻、沼川、石和、三人が解放。

大槻は、今日はすぐに寝るという。理由は明日のキャンプのために。

キャンプ | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

キャンプ | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

三人はあえて遅くに外出し、簡単に食事を済ませると格安ビジネスホテルに直行。

翌朝からキャンプを楽しむため。大槻は、沼川と石和に明日は五時半に出発するから夜更かしせずに早めに寝るぞという。

沼川は、大槻が飲んでいるものが気になる。大槻は、ホットミルクを飲んでいるという。

眠りたいときは、これが一番だと。へーという石和はコーヒーを飲んでいる。

大槻は電気を消す。

22時10分消灯。

布団に入り、暗闇の中、大槻は明日のキャンプで期待に満ちていた。朝早くからやっているスーパーに行き、肉や酒を飼って、マシュマロなんかも買おうと考える。

沼川も石和もマシュマロを焼いたことなんかないだろうと二人が驚く顔が浮かび楽しくなる大槻。

大槻は柄にもなく、明日のことを考えすぎてワクワクがとまらない。

ホタテなんかも網焼きにしてそこにバターを溶かし…。

遠足前の小学生気分の大槻 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

遠足前の小学生気分の大槻 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

おっといかんと我に返る大槻。早く寝なければ、遠足前の小学生かと自分を戒める。

余計なことは考えず寝ようとするも30分後。妙に目が冴えて眠れない。

沼川が咳き込む。沼川もまだ起きていると察した大槻。偽りの寝息を立て始めると、沼川は自分だけ眠れないと焦る。

大槻は、自分はもう眠ったぞという無意味なアピールする悪癖があった。

10分後。石和がイビキをたてはじめる。

石和の「ガゴゴ」の合間に「クピー」と聞えるのは沼川の寝息かと出し抜かれてしまった大槻。

ホットミルクを飲んだ自分がなんで一番最後なんだと悔しがる大槻。

石和なんてコーヒーを飲んでいたのに。

そして、なぜかドンキの曲が頭のなかで鳴り響く。

眠りを誘発するための無心 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

眠りを誘発するための無心 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

焦れば焦るほど眠れなくなる。ゆっくり深呼吸して、ただただ自分の瞼の裏を見ればいい。瞼の裏をうごめく謎の光を見ていれば、自ずと雑念は消え、無心。必然訪れる眠気。

数分後。

宮本が三人いる。仮に沼川と石和が合体しても大した影響はない。三日後に出発して、十分巻き返す余力がある。慎重派の岩沼もそう。。。

眠る一歩手前 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

眠る一歩手前 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

石和が寝相で壁を殴る。その衝撃で、大槻は我に返る。ワケのわからないことを考えていたことを自覚する。つまり、眠る一歩手前だった。それが石和のせいで眠りにはいれなかった。しかし、落ち着けと自分に言い聞かせる。

大槻は、ここで外出をする。まぶしく輝く深夜のコンビニに入店。大槻の狙いはリスタート。

外出してリスタートをする大槻 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

外出してリスタートをする大槻 | 引用元:1日外出録ハンチョウ 第28話 福本伸行/萩原天晴/上原求/新井和也

ホテルのロビーのPCで不眠解消などの情報収集をし、部屋に戻り、カップスープとフライドポテトをビールで煽る。

ダメ押しのツボ押し半身浴。眠れないのであれば、不眠の流れを本腰いれて断ち切ればいい。

ついに就寝。トイレに起きた沼川がみたのは、椅子で安眠重装備で眠る大槻の姿だった。

翌朝。沼川も石和も焼いたマシュマロの美味さに感動するそれを見て笑う大槻。しかし、大槻は夢から覚めていなかった。7時ですよと起こす沼川。

1日外出録ハンチョウ 第28話ネタバレ感想・まとめ

今回のエピソードはキャンプかと思わせて、キャンプいけなかったw

遠足の前の晩のよくあるパターンを大人になった場合の対処法を大槻なりにやってみたけど、結局ダメだった。

遠足前の興奮は何をやってもダメなのかもしれないな。ワクワクは消せない。

コミックDAYS『1日外出録ハンチョウ』を読んで。

1日外出録ハンチョウ 概要

福本伸行の代表作『賭博破戒録カイジ』に登場するハンチョウハンチョウ大槻を主人公としたスピンオフ作品。同シリーズ内では『中間管理録 トネガワ』に続く第2弾。普段は地下労働施設で働くハンチョウハンチョウ大槻が1日外出券を使い、地上でのグルメや旅行に興じる様子が描かれている。なお『週刊ヤングマガジン』での連載開始告知のページには「理外の飯テロ漫画」と記されていた。時系列は『賭博破戒録カイジ』第1巻でのカイジが地下労働施設に入る前に当たるが原作が90年代を舞台にしていたのに対し、本作は連載時点での現代(2010年代)を舞台にしている。『中間管理録 トネガワ』同様に本編に似せた絵柄で描かれている。

1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「1日外出録ハンチョウ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

『1日外出録ハンチョウ』がTVアニメ化!

アニメ『1日外出録ハンチョウ』キービジュアル | アニメ『1日外出録ハンチョウ』より引用

アニメ『1日外出録ハンチョウ』キービジュアル | アニメ『1日外出録ハンチョウ』より引用

  • 『1日外出録ハンチョウ』がTVアニメ化!
  • 1日外出録ハンチョウ 概要
  • 1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

『1日外出録ハンチョウ』がTVアニメ化!

「週刊ヤングマガジン」にて連載中の『1日外出録ハンチョウ』のTVアニメ化が決定!

『1日外出録ハンチョウ』は、シリーズ累計2000万部を超える福本伸行先生の『賭博破戒録カイジ』の登場人物の1人である大槻を主人公としたスピンオフ作品。現在コミックスは4巻まで刊行されており、シリーズ累計発行部数120万部を突破するなど、同じスピンオフ作品の『中間管理録トネガワ』同様、高い人気を誇っている。

1日外出録ハンチョウ 概要

福本伸行の代表作『賭博破戒録カイジ』に登場するハンチョウハンチョウ大槻を主人公としたスピンオフ作品。同シリーズ内では『中間管理録 トネガワ』に続く第2弾。普段は地下労働施設で働くハンチョウハンチョウ大槻が1日外出券を使い、地上でのグルメや旅行に興じる様子が描かれている。なお『週刊ヤングマガジン』での連載開始告知のページには「理外の飯テロ漫画」と記されていた。時系列は『賭博破戒録カイジ』第1巻でのカイジが地下労働施設に入る前に当たるが原作が90年代を舞台にしていたのに対し、本作は連載時点での現代(2010年代)を舞台にしている。『中間管理録 トネガワ』同様に本編に似せた絵柄で描かれている。

1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「1日外出録ハンチョウ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

カラダ探し解 第30話ネタバレ感想『六日目終了。最終日に突入』

朝になっても回復しない美紗 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

朝になっても回復しない美紗 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第30話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

六日目。

健司が「赤い人」に発見されて襲われるも美紗が健司の窮地を助ける。

「赤い人」に蹴りを入れて窓から外に蹴り飛ばす。

健司は、なんで助けるのか聞く。美紗は、健司がカラダをみつけないと困る。生き残る健司がそれを台無しにしてどうすると逃げながら説教をする美紗。

窓ガラスを割って入ってくる「赤い人」。

美紗は、「赤い人」と戦うべく、健司を逃がす。

屋上では、あゆみの腰を回収して残るは頭のみとなった。

頭を回収するために、玄関に戻ろうとする。

頭以外がそろってホッとするあゆみの顔を見て少し安心する留美子。

「赤い人」に見つかる留美子たち | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

「赤い人」に見つかる留美子たち | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

階段を下りていったところに「赤い人」に遭遇する。

手を離さなかった龍平が、留美子の手を話し、自分が止めると「赤い人」に向かっていく。

龍平は、「赤い人」を蹴り飛ばす。

その隙にみんなを逃がそうとする。

階段を駆け下りていると上から、何かが飛んでくる。

手だ。龍平の切断された手が飛んでくる。それを見て留美子は、この手は絶対に離さないという龍平の顔を思い出す。

留美子は、美雪たちを先に行かせ、自分は残るという。

「赤い人」にやられた龍平が階段から落ちてくる。

片腕と片足を失った龍平は留美子に逃げろという。

負傷した龍平を庇う留美子 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

負傷した龍平を庇う留美子 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

しかし、留美子は、龍平の手を掴み、カラダの上に覆いかぶさる。

留美子は涙を流しながら、謝る。逃がしてくれたのに、でも放っておけなかった。

玄関のほうで光が見える。あゆみが頭を回収した。その後、留美子と龍平は「赤い人」に始末される。

健司も、美雪も、あゆみも「赤い人」の手にかかる。

「赤い人」の心臓を探す美紗 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

「赤い人」の心臓を探す美紗 | 引用元:カラダ探し解 第30話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美紗は、「赤い人」の心臓を探すも見つからない。健司以外のカラダを見つけたことを確認する美紗。このままカラダ探しが終わってもと考える。

目の前に「赤い人」が現れる。美紗は力を使おうとするも激痛が走り、悶える。そして、「赤い人」に始末される。

七日目。

記憶を見ることはなく目覚める留美子。健司はカラダが見つかっていないことに頭を悩ませる。

美紗が探していた「赤い人」のカラダは見つかったのだろうかと考え留美子。

美紗なら大丈夫だと考えるも美紗に異変。

カラダ探し解 第30話ネタバレ感想・考察

今回の整理。

美紗が復活しないということなのか。でもカラダ探しを始めたのは美紗だから七日間は維持するのかと思っていたけど。

▼留美子
回収済:7

▼美雪
回収済:7

▼あゆみ
回収済:7

▼龍平
回収済:7

▼健司
回収済:3
未回収:2
未発見:1
頭未回収:1

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。