日別アーカイブ: 2018-10-02

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話ネタバレ感想『休息の間編:アスマのいいなりになる絹代』

アスマの命令通りいいなりになり、身をゆだねる絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマの命令通りいいなりになり、身をゆだねる絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話ネタバレストーリー・あらすじ

休息の間。

マリオは、チックタック、チックタックと首を振りながら秒を刻む。

休憩終了まであと5時間59分。

部屋の外にはガスが充満している。

部屋に複数人は入れると知り、一人で入ったことをしくじったかもしれないと考える水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

部屋に複数人は入れると知り、一人で入ったことをしくじったかもしれないと考える水嶋 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「賢者の石碑」に入った水嶋は、部屋に入ってから自分たちのやった過ちに気付く。

部屋は、ベッドとモニターだけ。ベッドには枕と掛け布団が6セット置かれている。

そのことで、この部屋に一人で入るという決まりはなかったということに気付く。モニターの休憩終了までのカウントダウンを見ながら、嫌な予感しかないと思いがこみ上げてくる。

ベッドの上で座り、アスマを見上げる絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

ベッドの上で座り、アスマを見上げる絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

「迷いの大森林」に入ったアスマと絹代。ベッドに座る絹代を見下ろすアスマ。

アスマは、絹代に自分でいったことだと言い出す。

円柱水路の間を出た後、タツキのいないところで自分の初めてを差し上げるとアスマに約束をしていた。アスマは絹代がタツキのことを覚えていないことは自分には関係ない。

契約を果たす時だとアスマは絹代に近づく。

タツキは、「憩いの湖」の部屋に入り、ドアを叩きながら「絹代」と叫んでいた。タツキは、自分がもっと強ければと自戒する。

タツキは、現状把握をしろと頭を切り替える。今、何をすべきか最善行動の選択。自分の当面の目的はなんだ。「バベルダンジョン」のゴールに到達し、絹代と生きて脱出すること。

そのために何をすべきかを考えろ。深呼吸して、自分に言い聞かすタツキ。

「今の自分」を完璧に把握する必要がある。

「何が出来て」「何が出来ない」か。

「何を覚えていて」「何を忘れている」か。

「まどろみの丘」に入った土田は、フツーの部屋にしょーもないという感想を述べる。腹が減った土田。メシをどうすればいいと考える。

「食料」がでてくるコードインジェクターとかあるのかと。水嶋が言った通り、コードインジェクターを探してみようと行動に移す土田。

バベルダンジョンに来て、まだ一日も経っていないのにもう何ヶ月も経った気分。まるで浦島太郎。いや逆かとボケツッコミをしながら、コードインジェクターを探す。

土田は、長壁の言っていた言葉から時間感覚がおかしいと考える。罪を犯したショックで記憶がかそなったのかもしれないとも考える。

彩花の心配をする土田。

彩花は、布団を頭から被り、丸まっていた。

父親のことを思い出してカラダが反応する彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

父親のことを思い出してカラダが反応する彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

父親のことを忘れていたのに思い出させたられたことに腹を立てる。二度とあんなクソを思い出したくなかった。ちくしょうと。しかし、彩花のカラダは反応していた。

絹代は、アスマは感謝する。「眠り牛の間」で突き落とされた自分を手傷を負った身でありながら助けてくれた。

助けてもらったことをアスマに感謝する絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

助けてもらったことをアスマに感謝する絹代 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

アスマはそういう絹代に、タツキを忘れているのは演技だと思っているという。

自分が知る中でも実に賢く勇気ある女だと絹代のことを評すアスマ。使えるものはなんでも利用し、何時いかなる時も反撃の機会を伺い、じっと待ち続ける。そんな抜け目なく油断のない女。

情にほだされることは諦めろ。アスマは絹代のわずかな望みを打ち砕く無上の喜びを噛みしめながら絹代を蹂躙する。

すると、絹代からアスマにキスをする。

そして、絹代はそのままベッドに倒れこみ、アスマを受け入れる体勢になる。

アスマは、絹代の両手を掴み、のしかかる。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第30話ネタバレ感想・まとめ

部屋の名前は違っても、部屋の中はすべて同じということか。休憩終了までのカウントダウンしている画面とベッドがあるだけ?

だとしたら、名前が示す異なることは、コードインジェクターだろうか。部屋名前のテーマに沿ったコードインジェクターが部屋のどこかに隠されている。

こんな特殊能力なコードインジェクターだろうか。

水嶋は「賢者の石碑」⇒対象者のプライバシーデータを見れる。

彩花は、どの部屋に入った不明なので保留。

土田は「まどろみの丘」⇒対象者を眠らせる。

アスマ・絹代は「迷いの大森林」⇒対象者に幻覚を見せる。

タツキは「憩いの湖」⇒回復のインジェクター?

こんな感じで予想してみた。そして、これを気に次のミッションでは能力バトルが始まるのではないだろうか。

部屋は何人でも入れるけど、コードインジェクターは一つしかないという結末だろうか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

長壁勉(おさかべつとむ)
広告代理店営業。タロットカード好きの妻を持つ男。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

同級生:男「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女「みさき」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想『遠藤が稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんを完成させる』

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんは「ツバメ返し」を完全には否定しない | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛の麻雀ブーム。

2対2で行われたトネガワvs黒崎のコンビ打ち麻雀対決。

まさやんにただならぬ博才を見出したトネガワはこれまでの連敗を止めるためにも、二人で打倒黒崎に挑む。

しかし、まさやんの黒崎へのトラウマを甦らせる結果になる。

あの勝負以来、まさやんはずっと月を眺めるばかり。やはり、佐衛門あたりと組むしかないと考えるトネガワ。それでは黒崎には勝てない。

そこに遠藤がやってくる。困っているなら相談にというもトネガワは遠藤に困っておらんと突っぱねる。

トネガワはいつも変なタイミングで遠藤が現れることを不思議に思う。

遠藤は実はすでに話を聞いているという。今回は遠藤からの提案。

自分にまさやんを一週間預けてみてはという。

まさやんを黒崎を倒しうる化物に化けさせることができるかもしれないという遠藤。

遠藤に任せて、結果が吉と出るか、凶と出るかはわからない。どっちかというと凶寄り。しかし、このままでは打つ手無し。

トネガワはまさやんを山に捨てたりしないだろうなと確認をしつつ、遠藤にまさやんを預けることにする。

一週間後。

遠藤がまさやんを連れてきた。

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

変貌したまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

麻雀において、運や確率は勝敗を分かつ大事な要素。しかしそういう小賢しいことと無関係なところに真の強者は存在する。

そういうまさやんは以前と雰囲気がかわった。

トネガワは、吉なのか凶なのかわからない。実際に麻雀を打ってみることとなる。

ロン、中のみ。

佐衛門はケチな点棒を拾うとまさやんに点棒を渡す。雰囲気は変わったが、打ち筋は普通。

しかし、事件が起きたのはオーラス。

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ラス親で天和、四暗刻、大三元のトリプル役満を出すまさやん | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

配牌後、まさやんは皆に謝罪し、牌を倒す。天和、四暗刻、大三元のトリプル役満だという。

佐衛門はダメだと声をあげ、席を立つ。ラス親で天和のトリプル役満なんて誰がどう見ても「ツバメ返し」、イカサマだと主張する。

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのやったことは「ツバメ返し」というイカサマだと主張する佐衛門 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんはイカサマと言われて、否定しない。理牌に夢中になっている間に牌の山を入れ替える「ツバメ返し」をしたかもしれない。確かにその可能性はある。しかし、イカサマというのは基本、どれだけ疑わしかろうが、現場を抑えるなど決定的な証拠がない限り、不問。そう主張するまさやん。

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

イカサマ「ツバメ返し」のやり方 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

トネガワは遠藤に説明を求める。

まさやんを裏世界の雀士に合わせ、徹底的に技を仕込んだ結果、稀代のイカサマ師ツバメ返しのまさやんが完成。

トネガワは、このまさやんなら黒崎に十中八九負けないだろうという。しかし、肝心なのはそこじゃない。まさやんの黒崎に対するトラウマ。根本的な問題の解決になっていない。それを直すために遠藤に預けたのにというトネガワ。

遠藤は、いまのまさやんなら克服しているという。黒崎のお面をかぶって試すという遠藤。

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやんのトラウマ黒崎のお面をかぶって麻雀 | 引用元:中間管理録トネガワ 第56話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

まさやん以外は黒崎のお面をして麻雀をプレイする。

こんな状況耐えれるわけがないと思うトネガワだが、トネガワの予想を裏切って、まさやんはなんとか耐えている。恐怖で手が震えているが、まさやんは「ツバメ返し」を成功させる。

怖いということは、すなわち生の証明。

まさやんは玄人として目覚め、ツバメ返しの技術を得るとともに内面、自分自身の恐怖をも達観しうるほどのメンタリティを獲得。

黒崎との勝負の当日、トネガワとまさやんは麻雀卓の前で棒立ちになる。

ツバメ返し絶対不可の最新全自動麻雀卓を黒崎が導入していた。

これにより、まさやん硬直、、思考停止。トネガワ敗北。

中間管理録トネガワ 第56話ネタバレ感想・まとめ

イカサマ覚える前のまさやんで黒崎のトラウマを解消してやったほうが強かったんじゃないかな。でもトラウマの解消のために「ツバメ返し」習得の訓練があったからトラウマ解消できたのか。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話②ネタバレ感想『指輪のデッサンノートを発見』

シルバーアクセサリーの指輪のデッサンノート | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

シルバーアクセサリーの指輪のデッサンノート | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話②ネタバレ感想・考察まとめ
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要
  • 俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話②ネタバレストーリー・あらすじ

松根春賀の自宅に侵入したリョウ。風呂場で松根春賀と遭遇してしまう。

睡眠スプレーで眠らせたリョウ。

濡れたカラダに赤面してしまうリョウ。

シャワーを浴びて濡れたカラダの松根春賀 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

シャワーを浴びて濡れたカラダの松根春賀 | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

しかし、そういうゲームじゃないと邪念を頭から振り払うリョウ。

眠っている松根春賀を脱衣所に置いて自宅の調査を始める。

部屋に不審なところはない | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

部屋に不審なところはない | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

洗面所や棚、リビングを見る限り、特に不審に思えるところはない。二人はラブラブな関係だとわかる。

室内に人間一人を隠しておけるスペースはない。桜井のときのような同じネタは使わない主義なのかと考える。

彼氏の持ち物は車雑誌ぐらい | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

彼氏の持ち物は車雑誌ぐらい | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

彼氏の持ち物といえば、車雑誌ぐらい。

松根春賀の鞄を漁るリョウ。財布の中にも特に気になるものはない。

リョウはあるノートを発見する。朱峰のときは日記が攻略のヒントとなった。

ノートに何かのデッサンが描かれてあった。リョウはそのデザインに見覚えがある。

松根春賀を助け、カフェに行った時、お礼に出されたあの指輪のデザインと同じだった。

何か意味があるのかもしれないと考えるリョウ。

しかし、今の情報ではわからない。手がかりなし。

リョウは、行き詰まり、別の方向から考える。

新しい攻略に新しいアイテムが追加されているかもしれないと、アイテムショップを開く。

新しいアイテムが4つ追加されている。

ストップウォッチ:3000万
サングラス:100万
イヤホン:80万
鉛筆:40万

ストップウォッチは高いと他の三つを見てみることにするリョウ。

鉛筆:40万
その場面を思い浮かべるだけで、過ぎ去った記憶を写真のように書き出すことが出来る。

これは今は役に立たないと考えるリョウ。

サングラス:100万
すべてのアイテム効果を無効化する。

自分が使ったアイテムということなのか、あるいは他にもアイテムを使う人間がいるのか。いずれにしても今の調査には使えないと判断する。

イヤホン:80万
録音したい場所で使用することで設置される。解除するまで、その場所の全ての音が録音される。各種の音を区分して、希望する部分だけを確認可能。希望する音を選択すると、その音が文字で転送される。

これは便利な機能だが、使うべきか悩む。

何の収穫もないが手がかりは彼女自身にあるだろうと考えるリョウ。

ロードでやり直し、今度は気付かれないように侵入。イヤホンを設置する。

録音したい音を思い浮かべてくださいと指示がある。

リョウは松根春賀の声を思い浮かべる。

松根春賀の音声を録音して、テキスト化したデータをメールで送ります。そうアナウンスされる。

今やれることがこれぐらいだと退散して帰宅するリョウ。

しかし、待ってもイヤホンからの報告メールがやってこない。部屋の中にいないのか。それともまったく喋らないのか。普通、みんなは独り言を喋ったりしないのか。外出したのか。しかし、シャワー浴びてたしと考える。何かあったという可能性もある。リョウは妙な胸騒ぎがする。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話②ネタバレ感想・考察まとめ

<新アイテムについて>

ストップウォッチは前にもリストにあったと思うけど。。。ストップウォッチの効果は、企画モノでよくある対象だけを止められるやつだろうな。

新アイテムリスト | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

新アイテムリスト | 引用元:俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 第15話② 原作:わるいおとこ 漫画:彭傑&奈栩 キャラクター原案:夕薙

サングラスのアイテム効果を無効化するのは、もし、自分の使ったアイテムが対象なら、今わかっているアイテムのなかでは、睡眠スプレーぐらいしか使いところがない。睡眠スプレーを使用すると一定時間眠っている。その時間の調整が睡眠スプレー自体に機能としてないので、任意で目覚めさせたいときは、このサングラスを使うしかないのか。

用途が狭すぎる。だとすると、リョウ以外にもアイテムを使う人間がでてくるということか。もしくは、リョウのようなプレイヤーがいるという可能性もある。

<デッサンにあった指輪>

デッサンは彼氏が描いたもので、シルバーアクセはすべて彼氏が制作したもの。松根春賀は売ることによって、彼氏を知る人間に遭遇しないかとフリーマーケットに出店していたのかもしれない。リョウに渡した指輪の意味がそれぐらいのほうが自然。

マンガUP!『俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった』を読んで。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 設定・アイテム

ロード:10万

LV1スカウター:10万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

LV2スカウター:15万
スカウターを使用した状態で
対象の女性を見つめると
攻略に必要な情報がでてきます。

睡眠スプレー:25万
その名の通り睡眠スプレー。強力な性能を誇る。
アイテムウィンドウでタッチし、対象を見つめる。
持続時間:1時間 効果範囲:1メートル

万能キー:60万
どんなドアでも開けることができる。
ドアの前に立ってウィンドウをタッチ。
使用回数;6回
再購入しても回数は変わらない。
レベルアップ後、再購入により回数の回復が可能。

カメラ:10万
透視カメラ。どんなものでも撮ることができる。
使用をタッチし撮りたいところを視界に収め瞬きする。
使用回数:3回

望遠鏡:70万
透視望遠鏡。壁のように分厚いものは透視不可。

眼鏡:50万
暗闇でも昼間のように明るくしてくれます。

変身薬:100万

無形剣
目に見える全ての攻撃を無形の剣が弾きます。
ただし、目に見える攻撃のみ可能。予測不可能な奇襲には対応できない。

外車:5000万

国産車:800万

ストップウォッチ:3000万

鉛筆:40万
その場面を思い浮かべるだけで、過ぎ去った記憶を写真のように書き出すことが出来る。

サングラス:100万
すべてのアイテム効果を無効化する。

イヤホン:80万
録音したい場所で使用することで設置される。解除するまで、その場所の全ての音が録音される。各種の音を区分して、希望する部分だけを確認可能。希望する音を選択すると、その音が文字で転送される。

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだった 概要

平凡なニート長谷川亮は目を覚ましたら、現実そっくりな恋愛ゲームの世界にいた。
ゲームの世界から脱出するには、女たちを攻略するしかない。
与えられた能力「セーブ&ロード」と「アイテム」を駆使し、攻略に乗り出す長谷川。
だが、長谷川が巻き込まれたのは、危ない女たちを命がけで攻略するゲームだった!

俺の現実は恋愛ゲーム??かと思ったら命がけのゲームだったを連載している無料マンガアプリ『マンガUP!』について

マンガUP!は毎日10作品以上をアップ!常時100タイトル以上の作品が読める国内最大級の漫画アプリです!

人気のファンタジー、コメディー・ギャグ、バトル・アクション、恋愛・ラブコメ、ホラー・サスペンスなど、15種類以上のジャンルから作品を検索できます!
少年漫画から少女漫画、青年コミックなど多彩なマンガジャンルが勢揃い!恋愛マンガが好きな方もホラー漫画やアクション漫画にハマっている方も満足していただけます!
更に運営がまとめた作品テーマも!好みのジャンル・テーマからお気に入りの漫画を見つけよう!