日別アーカイブ: 2018-10-21

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想『黒の暴牛メンバーが若返ったヤミ団長をみた反応』

マグナの炎魔法攻撃も耐え切るヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

マグナの炎魔法攻撃も耐え切るヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 登場人物・キャラクター一覧
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 概要
  • ブラッククローバー外伝 カルテットナイツを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

団長ヤミが不在の黒の暴牛魔法騎士団のアジトでは、マグナが黒の暴牛魔法騎士団の音頭をとろうと躍起になるも、メンバーからは空返事しか返ってこない。

名家を追放された酒好き魔女バネッサ・エノテーカ。

本囚人シスコンのゴーシュ・アドレイ。

変身魔法の達人グレイ(本名不詳)。

止まらない食いしん坊チャーミー・バピットソン。

呪術魔法のエキスパート、ゴードン・アグリッパ。

笑顔の戦闘狂ラック・ボルティア。

アジトに戻ってきたアスタたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

アジトに戻ってきたアスタたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

そこにフィンラルの空間魔法で帰ってきたアスタたち。

調査のほうはどうだったとマグナたちが聞くも、人一倍暴れる者が一人。うるさいガキだというマグナ。ラックが団長っぽいというと、団長だと応えるアスタ。

ヤミ団長が若返って驚愕するメンバーたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

ヤミ団長が若返って驚愕するメンバーたち | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

もう一度、改めていう。縛られて喚いているのが団長。黒の暴牛メンバーは驚愕する。

ガキになったヤミを認めないマグナ。ガキガキいうマグナにケンカ売ってるのかと威嚇するヤミ。その威圧はヤミと似ていた。しかし、マグナは認めない。目標であり、理想のヤミが、いくら見た目が似てても認めない。

いきなり炎魔法をヤミ団長に投げつけるマグナ | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

いきなり炎魔法をヤミ団長に投げつけるマグナ | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

そういってマグナは、炎魔法の火の玉をヤミに投げつける。

突然の行動にアスタは抗議の声をあげるも本物のヤミ団長なら、これしきの攻撃でくたばらないという。

実際、ヤミはマグナの炎魔法を打ち消していた。

縛られた縄が解け、ヤミはマグナに覚悟できてるんだろうなと凄む。

ヤミ団長とわかったとしてもここまでつっぱっちまったら男として引けないとマグナはもう一度炎魔法を使う。

マグナが投げ飛ばした炎魔法をアスタは追いかけ、断魔の剣でマグナに打ち返す。アスタは仲間同士での争いはさせないつもりだったが、マグナの方向に飛んでいったのは不可抗力だった。

跳ね返ってくるスピードからマグナは自分の炎魔法に対処できない。

直撃必至だったものをヤミが炎魔法に追いつき、真っ二つに叩き斬る。

マグナの魔法を素直にすごかったと褒めるヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

マグナの魔法を素直にすごかったと褒めるヤミ団長 | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

ヤミは、よくわからんが、アスタたちが自分の仲間なら、仲間は必ず守ると決めているといい、また今度ケンカしようとマグナにいう。

とにかく、ヤミ団長を元に戻す方法を探そうとするアスタたち。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話ネタバレ感想・考察まとめ

アジトにも戻れたし、完全にヤミだけが過去の姿に戻ったという案じか。

若返ったヤミ団長の謎を追う黒の暴牛メンバー | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

若返ったヤミ団長の謎を追う黒の暴牛メンバー | 引用元:ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 第3話 田代弓也/「ブラッククローバー」(原作:田畠裕基)/監修:バンダイナムコエンターテインメント

少年ジャンプ+『ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ』を読んで。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 登場人物・キャラクター一覧

アスタ
黒の暴牛メンバー。魔力がなく魔法が使えない。アンチ魔法剣の使い手。

ノエル
黒の暴牛メンバー。水魔法を使う。魔力はあるがコントロールが苦手。

フィンラル
黒の暴牛メンバー。空間魔法を使う。

ヤミ・スケヒロ
黒の暴牛。団長。

フレーゼ
先見のフレーゼという異名を持つ未来を見通す魔法が使えたといわれた貴族。現在は一族が滅亡している。

カルナ
謎の人物。

マグナ
黒の暴牛メンバー。炎魔法を使う。

バネッサ・エノテーカ
黒の暴牛メンバー。名家を追放された酒好き魔女。

ゴーシュ・アドレイ
黒の暴牛メンバー。本囚人シスコン。

グレイ(本名不詳)
黒の暴牛メンバー。変身魔法の達人。

チャーミー・バピットソン
黒の暴牛メンバー。止まらない食いしん坊。

ゴードン・アグリッパ
黒の暴牛メンバー。呪術魔法のエキスパート。

ラック・ボルティア
黒の暴牛メンバー。笑顔の戦闘狂。

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツ 概要

大人気ゲームのシナリオをコミカライズ!!まさかのバトルが飛び出す…新たなブラッククローバー堂々開幕!!

ブラッククローバー外伝 カルテットナイツを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想『マハトの力でウェンヌを従順な奴隷にするアルク』

アルクの指を丹念に舐めまわすウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクの指を丹念に舐めまわすウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

  • 終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム ファンタジア 概要
  • 終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

セリーヌは、より一層剣の稽古をつけていた。

そこにアルクがウェンヌを連れてやってくる。

セリーヌはアノールの容態を心配する。アルクは今は落ち着いているという。それを聞いて安堵するセリーヌ。

アルクは、セリーヌに明日、剣の勝負をしないかという。

アルクから剣の稽古の申し出とは嬉しい。いつでもかまわないというとアルクは、勝負は明日。そして、セリーヌと戦うのは自分じゃないというアルク。

アルクが自分のことを厄介払いしたいと思っていると感じるセリーヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクが自分のことを厄介払いしたいと思っていると感じるセリーヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

セリーヌと戦うのはウェンヌだという。侮辱されていると感じるセリーヌ。しかし、アルクは本気だった。

さらにアルクは剣の勝負にセリーヌが勝ったら、法王庁の神聖騎士団に推薦状を書くという。以前興味を持っていたからだというアルク。神聖騎士団は、異教徒との戦争があって、現在優秀な剣士を探している。

ウェンヌ相手では勝敗は明らか。セリーヌが勝てば、神聖騎士団に入隊することになる。アルクがセリーヌを厄介払いしたいと感じた。

セリーヌはいたたまれない気持ちになり、その場から立ち去る。

書斎で、何かを書いているアルクにウェンヌが先ほどのセリーヌに対しての言動は酷だというと、アルクは書く手を止めて、そうかもと否定しない。

アルクが自分のことが好きかとウェンヌに聞く | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクが自分のことが好きかとウェンヌに聞く | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクは、ウェンヌに自分のことが好きかと聞く。突然のことで顔を紅くするウェンヌ。

アルクは、マハトについてもっと知る必要がある。

アルクは、椅子から立ち上がり、ウェンヌに近づく。

ウェンヌに迫るアルク | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ウェンヌに迫るアルク | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクは、これからすることを誰にも内緒だと前置きをして、ウェンヌに近づく。

触られると思って声をあげるウェンヌだが、違った。

アルクはナイフと取り出し、自分の指先をナイフで切る。血が出る。

アルクは、血が出た指を舐めてくれないかとウェンヌに問う。

ウェンヌは、手紙についてはいけないともっともらしい理由をのべてから、息を荒げて膝をつき、アルクの指を口の中に入れる。

アルクの指を丹念に嘗め回すウェンヌ。キレイに舐め取った頃、ウェンヌに変化が現れる。

ウェンヌのカラダは熱くなる。

アルクは服を脱ぎ、ウェンヌに手を差し伸べる。

我慢できずアルクに抱きつくウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

我慢できずアルクに抱きつくウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ウェンヌは、アルクの招きに抗わず、アルクを抱きしめる。

そこから、アルクのカラダを嘗め回すウェンヌ。

そして、舌を絡ませた濃厚なキス。

アルクに濃厚なキスをするウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

アルクに濃厚なキスをするウェンヌ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

終末のハーレム ファンタジア 第5話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

マハトの力というものが、ただ女性を虜にするだけだと物足りない。洗脳したり、強化したりしないと今後使えないことになる。いや、お色気漫画的にはそれだけで十分かもしれないけど。。。

ウェンヌをマハトにハメて、明日のセリーヌの剣の勝負で、剣の素人であるウェンヌが少しいい勝負をする展開になるのかな。アルクのマハトを受け入れた女性は、肉体的にもパワーアップするという仕様かもしれない。

少年ジャンプ+『終末のハーレム ファンタジア』を読んで。

終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧

アルク
セリーヌから若と呼ばれる辺境の小国ナーガラの後継者。

セリーヌ
主人公の剣の訓練を行う。剣術の達人。

ウェンヌ
ナーガラ家の侍女の一人。アルクのことを想っている。

アノール
ナーガラ家。アルクの父親。

ガビアル
イスティシア家。アルクを毛嫌いしている。

アウレリア
イスティシア家。ガビアルの姉。

アルゲス
イスティシア家。ガビアル、アウレリアの祖父。

ナイル
ガビアルの筆頭騎士。

皇帝
女性をはべらせ、魔物に対抗するべく「約束の神子」を探す。

ラティフォリアザード
アルクにマハトを授けにきた謎の女性。

トゥート男爵
アノールの弟。

終末のハーレム ファンタジア 概要

<5/20から隔週日曜更新!>※ウルトラジャンプと並行連載!話題の問題作『終末のハーレム』の完全新シリーズ!美麗絵師SAVANとLINKの新タッグによる、本格ダークファンタジー!めくるめく淫靡幻想譚に、陶酔せよ。

終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。