日別アーカイブ: 2018-11-01

出会って5秒でバトル 第82話ネタバレ感想『万年青伊織に興味を持つアキラの父親』

アキラにリタイアを強要する父親 | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

アキラにリタイアを強要する父親 | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

  • 出会って5秒でバトル 第82話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 出会って5秒でバトル 第82話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 出会って5秒でバトル 概要
  • 出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

出会って5秒でバトル 第82話ネタバレストーリー・あらすじ

アキラの父親が、プログラム参加者の能力者だった。

アキラの父親もアキラが66人の一人だったことに驚いた。

アキラは、父親の肩に乗る「何か」を警戒する。

「何か」は、ネジとナットと針金で構成されている虫のようなものだった。

父親は、ただの護衛で警戒態勢にはいっただけで、何もしなければ危害は加えないという。

さらに父親は、下手な芝居ではなく、本心だと訂正する。

話をしないまま、行ってしまうのは困るから引っ掛けようしたのは事実だと認める父親。

むしろ、試していたのはアキラのほうだろという父親。

会った時から言動の端々で探りを入れ窺っていた。頼みを切り出して大丈夫かとどうか。

そういわれて、逆にアキラは、会う前から息子が参加者だとわかっていたみたいだということを感じていたという。

父親は、正直に話す。数時間前にアキラのチームの情報がリークされた。友達の緊急事態もそれが原因だろう。

父親は話を続ける前に先に言っておくと断りを入れる。

察しの通り、車にいるのは部下はなく仲間。アキラに手出しするなといってあるからアキラも下手な真似はするな。自分も何もしない。逃げる手段を用意しているはずだろうからと警告と攻撃意思がないことを伝える。

この機会が二人で話せる最後のチャンスだと思ったから、自分から手の内を明かしたと説明する父親。

だから、自分に託してリタイアしろと強要する父親。

その頃、ユーリと熊切は、紗道京介《影法師》と相対していた。

紗道京介からの情報で自分たちのチームの情報がリークされていると知り、ユーリは霧崎だけではなく、アキラやりんごが危ないと焦る。

熊切は、ユーリを落ち着かせ、目の前の敵に集中させようとする。

ユーリは能力不明の敵にいきなり飛び込んでいく。

影法師に足を捕まれるユーリ | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

影法師に足を捕まれるユーリ | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

ユーリのカラダはスグにとまった。影から出てきた紗道京介の能力《影法師》に足を掴まれる。

影は、ユーリの形をしていた。

紗道京介は、さっきのユーリの動きを見て素晴らしいという。その能力がそのまま武器になる。

影は、ユーリの足を掴んだまま、石階段にユーリを叩きつける。

その後、ユーリにパンチを何発も浴びせる。

熊切が変身して影の首を掴む。影は裏拳で熊切を殴るも無敵時間のある熊切には無効。熊切は、影を倒し、ユーリに合図をして、殴らせる。影はすぐに消えた。

ユーリは熊切に謝罪する。

熊切は、ユーリには霧崎のところにいけという。紗道京介は自分ひとりで請け負うと。

ユーリの影も五倍で動いていた。敵とユーリの相性が悪過ぎる。ここは自分に任せて、アキラや霧崎を助けにいけという。

ユーリは、影の攻撃をどうやって倒すのか聞く。

熊切は、紗道の行動に疑問を感じるという。

熊切を攻撃したときは、姿を見せずに影を操ったのに、今は見せている。何故なのか。リスクを冒すには理由があるはず。おそらく能力に関係する理由。その理由が紗道京介の弱点。

そういって、ユーリを行かせる熊切。

アキラの父親は万年青のことも自分に任せなさいという | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

アキラの父親は万年青のことも自分に任せなさいという | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

アキラは、父親に託してリタイヤという言葉を聞き返していた。父親に何を託す。父親はプログラムで背負っているすべてだという。彼のことも引き受けるという父親。彼とは万年青伊織のこと。

アキラは、万年青について一体何がでてきたと聞く。

リークされたアキラのチームの10人の素性を部下に調べさせた。数時間あれば十分な仕事。それを読んですぐにわかった。アキラの頼みは万年青に関すること。そして、アキラがどれほど危険な状況にいるかもわかったという。

父親の虫が警戒音を鳴らす。

二人の周囲に複数の人間が近寄ってくる。みな、同じような服装をしている。

22番の導きの通り、アキラがいたという。その中の一人が電話でアキラと情報にない男が接触していると方向する。電話の主は男もろともアキラを始末しろと命令が下る。

父親の仲間が車からでてくる。父親は自分が参加する以上、アキラに勝ち目はない。賢明な判断をしろともう一度、リタイヤを促す。

出会って5秒でバトル 第82話ネタバレ感想・考察まとめ

<紗道京介の能力《影法師》について>

紗道京介の能力《影法師》については、影を出現するには、一度対象を見て、見た後に目を閉じるかなにかで視界を塞ぐというのが発動条件ではないだろうか。

紗道は傘を持っていて隠すような仕草をしてたから。

紗道の能力の弱点 | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

紗道の能力の弱点 | 引用元:出会って5秒でバトル 第82話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

それなら物陰に隠れてやればいいのではないかとなるので、能力発動には距離も関係しているのではないか。

離れ過ぎると能力が使えないか、弱体化するという制限があると予想。

マンガワン『出会って5秒でバトル』を読んで。

出会って5秒でバトル 概要

主人公、白柳 啓(しろやなぎ あきら)は現在16歳の高校生。趣味はゲーム。成績は全国模試でもトップクラス。そんな彼は公式、文法、単語、年表・・・単にどれだけ記憶できるかを競うだけの受験戦争などに興味はなく、さまざまなテーマを与えられ、それに従った効率的な攻略法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する。そういったゲームを求めていた。そのため、普通の日常というものに退屈していたのだが・・・

突然現れた謎の包帯男により、その日常は崩壊した。啓は、その包帯男をゲーム感覚で撃退することに成功した。ほっとしたのもつかの間、新たに現れたマジシャン風の女に「負けイベントだ」と つげられ、あっけなくやられてしまうのだった。その後、どことも知れない病院に似た施設にて手当を受けた後に、似たような境遇の人ばかりが集められた会場に再びマジシャン風の女が出現。それぞれに与えられた「能力」を使って戦うことになるのだった・・・。

出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

天空侵犯 第238話ネタバレ感想『理火覚醒』

かっこ悪いと言われて激怒する理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

かっこ悪いと言われて激怒する理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

  • 天空侵犯 第238話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第238話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第238話ネタバレストーリー・あらすじ

エリア8のレスラー仮面に「カッコ悪い」と言われ、黙っていられない理火。

スナイパー仮面との「カッコ良く生きる」という勝負がある。

レスラー仮面は「十王」は、理火にそういう表情をさせたのかったのだろうが、こんな簡単なこともできないとはアマチュアは仕事が甘いとバカにする。

さらにレスラー仮面は、怒ったとしても「カッコ悪い」理火が自分に敵うはずがないと更に挑発する。

挑発に乗る理火。

レスラー仮面に突進し、パンチを繰り出す。

しかし、理火のパンチを腹で受け止め、跳ね返すレスラー仮面。

弾き変えされ、水溜りに背をつく理火。

そんな自分が確かにかっこ悪いと思う。

レスラー仮面のカラダに触れたことで、肉体そのものが「硬い」というわけではないとわかった。ちょっとの動きで攻撃エネルギーを処理していることがわかった。

理火との処理能力が段違いに違う。これが思いの差なのか。

レスラー仮面は、理火に思いが弱いせいで使えるべき強さを発揮できていないという。現状を打破でき泣ければ、永遠に力はそのままだという。

理火は、相川の言葉を思い出していた。変化を恐れていては進化などないと。

理火は、今の自分は弟なのか、兄なのか。

レスラー仮面は覚醒の兆しがない理火に見切りをつけて、街灯の上に飛び移る。

せめてもの情けでレスラー仮面の飛び技系超絶秘技「スーパーアルティメットダイビングスットスタンプ」を味あわせると宣言する。

弟しての理火。兄としての理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

弟しての理火。兄としての理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

自分の思いをハッキリさせなければ、思いは強くならないということ。

「弟」としての理火の思い。

「兄」としての理火の思い。

現状の変化を恐れずにどっちかを「選ぶ」ということは、どちらかを「捨てろ」ということなのかと葛藤する理火。

理火が迷っている間に、レスラー仮面は街灯から飛び上がる。

レスラー仮面は、空中で回転とひねりを加えて、足を理火に向けてそろえる。

そして、そのまま急降下してくる。

理火はあえて選ばない | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火はあえて選ばない | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火には選べなかった。いや、違う。選ばない。それでいいと考える理火。

レスラー仮面の飛び技系超絶秘技「スーパーアルティメットダイビングスットスタンプ」が炸裂し、地面は抉れ、破片が飛び散る。

しかし、理火はやられていなかった。

起き上がり、レスラー仮面に殴りかかる。

レスラー仮面は理火のパンチを受けることなく後ろに後退する。

やっぱりこの世界はふざけてると思う理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

やっぱりこの世界はふざけてると思う理火 | 引用元:天空侵犯 第238話 原作:三浦追儺 漫画:大羽隆廣

理火は涼しい顔をして、この世界は適当に出来ていると飽きれる。ちょっと自分の中で結論を出しただけで、こんなに大きく変化する。

レスラー仮面は、ちょっとではないという。見事に現状を打破したと評価する。その証拠に、今の理火はとてもいい顔をしている。

天空侵犯 第238話ネタバレ感想・考察まとめ

レスラー仮面は理火を覚醒させて、戦いに参加せることで不確定要素の遊理を正面から潰すのではなく、間接的に行動を制限させてから、行動不能にするか、暴走を止めようとしているのだろうか。

守護天使が管理者に完全に背くことはできないだろうから、レスラー仮面の一存でやっているとは思えない。そこも管理者の思惑通りなのか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。