日別アーカイブ: 2018-11-09

寄生獣リバーシ 第18話ネタバレ感想『母親のことを愛していたのかと父親に尋ねる樹』

樹の質問の意図が理解できない広川 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

樹の質問の意図が理解できない広川 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第18話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ

樹の幼少の頃に母親は亡くなった。

葬式で父親の喪服の裾を摘んで、父親の顔を窺う。

そんなことを思い出していた樹。

車の中で、樹は父親に謝る。

そういうと広川は息子を見る。

樹は、自分が悪いことをしわたけではないと説明。警官が誤解していきなり蹴ってきたという。

広川は息子の言い訳を黙って聞く。

樹も続ける。父親が迎えにきてくれて嬉しかった。いつも仕事で忙しそうだから、自分に興味がないと思っていたという。

広川は、そういわれて、考える。

広川も運転手も樹に反応しない。

樹は続ける。

これで警察に貸しを作ったねと。

市長になるつもりなら、よくわからないけど、コネはたくさんあったほうがいい。

樹は一人で話を進めている。

広川も草野も言葉を発さない。

樹は、一つの質問をする。

母親のことを愛していたのかと父親に尋ねる樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

母親のことを愛していたのかと父親に尋ねる樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

父親は母親のことを愛していたのかと。

広川は車に乗って初めて口を開く。

樹に何を言っているんだと。

樹は唇を噛みしめ、運転手におろしてほしいと頼む。

ここから家までそう遠くない。歩いて帰るという。

このままじゃこのまま泣いてしまうからと父親にお願いする。

広川は少し考え、草野に車を停めるようにいう。

草野はそれに従い、車を停める。

樹を下ろし、車は走り去っていく。

解放されてどっと汗を流す樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

解放されてどっと汗を流す樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

樹は、汗がどっと噴出す。

その後、後ろから車がやってきて、樹のところで止まる。

深見だ。

樹は、深見の車に乗り込む。

樹の言動が理解できない草野 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

樹の言動が理解できない草野 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

広川の車では、樹がいなくなって、草野が始めて口を開く。訳がわからないと。広川も同感だと応える。

昔、家で本を読む父親の横に座って、ルービックキューブをまわしていた樹。広川は、その様子を少しみて、ルービックキューブを完成させると樹に上手いじゃないかと褒める。

父親に褒められて涙を流す樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

父親に褒められて涙を流す樹 | 引用元:寄生獣リバーシ 第18話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

樹は涙を流す。

寄生獣リバーシ 第18話ネタバレ感想・まとめ

広川は、心まで寄生生物になってしまったのか。麻痺してしまったのか。本編のあの議事堂での演説のように熱い男だと思っていたが、感情が壊れた男だったのか。熱過ぎて、世の中を憂い、寄生生物の登場で妄信的に狂信者として、動いていたと思っていたが、妻が亡くなったことで、心がぶっ壊れてしまったところに寄生生物がでてきて、妻がいなくなった広川にとっては半分かけた世の中を直す存在として寄生生物を救世主に心のなかで仕立ててしまったということだろうか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想『コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも)』

五人目の奴隷に目星をつけている鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

五人目の奴隷に目星をつけている鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第39話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第39話ネタバレストーリー・あらすじ

読書をする筋肉隆々の月ヶ瀬九十九。月ヶ瀬九十九は、二人のランカーがやってきたことを褒める。

しかし、なぜランカーがここにきたのかと聞く。

ランカーは、月ヶ瀬九十九に立ち会ってもらいたいという。

月ヶ瀬九十九は理由を訊ねる。

ランカーは、闘いに理由など求めないという。

ランカーは、実践的な柔術だという。

月ヶ瀬九十九は、本を閉じ、机に置き、メガネを外して立ち上がる。

得意の柔術で護身してみるといいという。

月ヶ瀬九十九は、ランカーの要望どおり立ち会うつもりだ。

月ヶ瀬九十九は「どうぞ」と合図を出す。

柔術が得意といったランカーが月ヶ瀬九十九目掛けて突進する。

すぐにもうひとりのランカーのところに何かが飛んでくる。

先に走った柔術のランカーの頭部だった。

戦闘の理由ではなく命を粗末にする理由を聞いたつもりだという月ヶ瀬九十九 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

戦闘の理由ではなく命を粗末にする理由を聞いたつもりだという月ヶ瀬九十九 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

月ヶ瀬九十九は、戦闘の理由ではなく、命を粗末にする理由を聞いたという。

もうひとりのランカーが雄叫びを上げながら突進する。

月ヶ瀬九十九は、正拳突きでランカーの胴体に穴をあける。

月ヶ瀬九十九は、構え、一礼をする。

背後で拍手が起きる。鷹司だ。

人を殴るのが本当にスキだねと笑う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

人を殴るのが本当にスキだねと笑う鷹司 | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司は、メガネを男を叔父と呼び、何人目かと訊ねた。

月ヶ瀬九十九は、次で九十九回目を迎えると応える。

月ヶ瀬九十九は、酒を飲み、ヘミングウェイが好きだという。読んでいた本は、ヘミングウェイの老人と海だった。

コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも) | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

コンピラシティランキング1位・月ヶ瀬九十九(つきがせつくも) | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ランキング1位。月ヶ瀬九十九(つきがせつくも)。

鷹司は、それ、人を始末した後にいうことかと笑う。

月ヶ瀬九十九は、記念となる一人はできるだけ強者がいいと要望を出すと、鷹司は叔父の趣味はわかっているつもりだから楽しみにしていてという。

廊下を歩く鷹司にご機嫌と声をかける袴と着て蹴鞠をする男。鷹司は、その男をウィロビーと呼ぶ。

ウィロビーは自分の蹴鞠の感想を鷹司に求めるも百人一首の次はそれかかどうせすぐに飽きるんだろうとため息をつく鷹司。

今度のレックスにはあの四人を出すのかと聞くウィロビー。

鷹司一郎の「花鳥風月」を相手にする相手チームは可哀相だというウィロビー | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司一郎の「花鳥風月」を相手にする相手チームは可哀相だというウィロビー | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司一郎の「花鳥風月」。相手チームが可哀相だというウィロビー。

勝負は、5対5。もうひとり必要。あの奴隷が手に入れば、面白いチームになるという鷹司。

学校で、パンを買いにいこうと誘うトーヤ。しかし、スマホをみていて聞いていないカイ。

カイは、ガチャでレアを引く方法はあるのかと聞く。トーヤは、ガチャは運営が確率操作してるから真面目にやるだけバカらしいとため息をつく。

ソシャゲにハマっているのかと聞くトーヤ。最近のカイはどこかおかしいという。

何かを考えていたカイ。何かを思いつき、トーヤに感謝して、礼にパンを奢るとその場から立ち去るカイ。

強い仲間を手に入れる方法があるかもしれないというカイ。

奴隷遊戯 第39話ネタバレ感想・考察まとめ

ガチャで、強い仲間を手に入れる方法を思いついたカイ。本当だろうか。ガチャなんてトーヤがいうように運営の確率操作で思い通りにならないと思うけど。。。

ソシャゲだとプログラムだから確率操作しやすいけど、コンピラシティの奴隷ガチャはリアルなガチャガチャの仕様だから、一度、入れた玉を変更ができないし、確率の随時変動はできないだろう。

ガチャは運営の確率操作があるから真面目にやるだけバカらしいというトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガチャは運営の確率操作があるから真面目にやるだけバカらしいというトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第39話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司の言い方だと、元レンジャー隊賀東重一(がとうじゅういち)は手に入れようとしているみたいだな。賀東が鷹司チームに入ったら、花杜以外の4人がバリバリの正面からぶつかれる戦闘タイプ。カイチームには正面からぶつかれるのはテラノしかいないから分が悪そうだな。

でも賀東は、鷹司がゲットしそう。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第35話ネタバレ感想『健司vs赤い人』

健司は「赤い人」と戦いにいったと説明する美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

健司は「赤い人」と戦いにいったと説明する美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第35話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第35話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第35話ネタバレストーリー・あらすじ

最終日・七日目。

マネキンを見て何かに気付いた美雪。

美雪はマネキンが見つめる角度に注目。

その視線の先を指差す美雪。

指差す方向は中庭。

美紗は美雪の夢の中では頭が明日香だったことを思い出し、美雪を褒める。

マネキンの頭の部分に異様な何かを感じるという。

美紗は、留美子にマネキンを動かすように指示を出す。

留美子がマネキンを回転させる。

すると首だけが元の向きに向き直る。

マネキンの体を回転させても頭だけは同じ方向みようとする | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

マネキンの体を回転させても頭だけは同じ方向みようとする | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子は更にマネキンのカラダを回転させ、後ろ向きにするむ首だけは元の方向に戻る。

マネキンが見ている探そうとするその時、誰かの叫び声が聞える。「赤い人」ではないと不安になる美雪。

誰かがやってくる。

階段からあがってきたのは、あゆみと龍平。

叫び声は健司だというと留美子はカラダが揃う前に「赤い人」に始末されたのと心配する。

龍平は、カラダは揃ったというもその瞬間に健司に異変が起きて、「赤い人」のほうへと走っていったと伝える。

健司はおかしくなって「赤い人」に向かっていったと説明する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

健司はおかしくなって「赤い人」に向かっていったと説明する龍平 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

それを聞いて意味がわからない留美子。自分で説明して自分も訳がわからないと応える。

美雪は、マネキンが見つめる先を腕と指を使って方向を定める。その指の先を美紗が計る。

美紗は、壁をつきぬけ、その先にある中庭のものを透視する。

木の横におかれば岩をマネキンは見つめていた。

場所がわかったという美紗。

龍平は健司はどうすると聞くと、カラダが全部揃ったことで山岡泰蔵が目覚めたという。山岡は、健司の祖父の兄で、美子と一緒に始末された人物。

山岡泰蔵と小野山美子はとても仲がよかった。だから始末された泰蔵の魂は美子を守るためさまよっていた。

本当の世界では健司に取り付き、美子を守るため美子の敵となる人間を攻撃していた。

留美子は、健司が「赤い人」と協力して襲ってくることを恐れるも否定する美紗。

健司の記憶から泰蔵は美子に悪霊が取り憑いていることを知っている。そして、今、「赤い人」のところへ向かったのならば、泰蔵は美子を守るために「赤い人」と闘いにいったという。

美紗たちは走る。

健司が「赤い人」と戦っている今しかないという。

中庭にやってきた美紗たち。

マネキンが見ていたのはあの岩だという美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

マネキンが見ていたのはあの岩だという美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子はマネキンの視線の先を美紗に聞く。マネキンが見ていた先はあの岩だと指差す美紗。

留美子は岩を龍平にどかすように指示する。

しかし、岩は予想以上に大きく簡単にはどかせない。

龍平が何度も蹴るも動かない。

龍平と留美子と美紗が力を合わせて、岩をどかそうとする。

何度も力を合わせて岩を押す。

美紗は美紀の力も使う。やっとのことで岩をどかすも心臓は見当たらなかった。

美紗は何かを感じ、岩の下を掘る。

美子の心臓を見つける美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子の心臓を見つける美紗 | 引用元:カラダ探し解 第35話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美子がバラバラにされて、建設中のこの校舎に隠されたとき、遺体からこぼれた。やっと見つけたと大事に美子の心臓を拾い上げる美紗。

美紗は、留美子に元の世界に戻ってという。

カラダ探し解 第35話ネタバレ感想・考察

中庭を巡る「赤い人」との攻防が続くかなと思ったけど、あっさりと心臓が見つかった。

健司がおかしくなって「赤い人」と闘いにいったのは予想外だった。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。