月別アーカイブ: 2018年12月

地獄楽 第42話ネタバレ感想『士遠の秘策の技』

天仙様を葬り士遠の秘策の技 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

天仙様を葬り士遠の秘策の技 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第42話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第42話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第42話ネタバレストーリー・あらすじ

ムーダンと相対する士遠。失血が多く、ムーダンとの戦いに早期剣着をつけなければ、士遠が危ない。

そこに、佐切とムルガイが助太刀に近づいてくる。

士遠は離れていろという。

佐切は、ムーダンの弱点を知っているという。

力の源は丹田。ここまでで唯一手ごたえがあった箇所。先ほどは浅かったようだが芯を捉えれば倒せるはずだという佐切。

今のムーダンには丹田が二つある上、触手にかするだけでも致命傷だという士遠に、佐切は、包帯とゆずりはの粘液で肌を覆い、特殊な強度を持つ粘液ならかする程度の攻撃や花化も防げるだろうという。

佐切のカラダを舐めて粘液を移すゆずりは | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

佐切のカラダを舐めて粘液を移すゆずりは | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

ヌルガイと佐切が囮になり、正面をとる。相手も佐切を警戒している隙に背後をとってほしいと作戦を述べる。

作戦を伝えている間にもムーダンは攻撃の手を休めない。

ヌルガイも触手をかわして斬る。

触手の次は手で攻撃してくるムーダン。

それを弾き返す佐切。

佐切は、ムーダンを正面から食い止める。

それを見て士遠は、佐切が強くなったと実感する。

タオを知覚し、敵の動きの先を読んでいる。

士遠以上の正確さと速度で。

逞しくなった佐切に、佐切の作戦に乗ることにした士遠。

背後にまわろうとする士遠に触手攻撃をするムーダンだが試一刀流村時雨で弾き返される。

タオ弾を発射するもすべて回避する士遠。

士遠は、ムーダンの足を切る。ムーダンの触手の先も足も再生が遅い。

士遠は自分の命を落としたとしても敵を倒す。

ヌルガイと佐切に危険に晒したことを謝罪するも士遠は止まることができなかった。

憎しみが悔しさに支配されている士遠。

典坐を見捨てた自分を許さない士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

典坐を見捨てた自分を許さない士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

息子のように思っていた愛弟子の典坐を助けずに逃げることしかできなかった自分自身を許さない。

てんせん様を絶対に許さない。

自分の命を賭して復讐を誓う士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

自分の命を賭して復讐を誓う士遠 | 引用元:地獄楽 第42話 著者:賀来ゆうじ

佐切が、ムーダンの手を地面に縫いつけ動きを止める。

士遠が実験を重ねて編み出した秘策。カラダに流れるタオを刀身に集める。

てんせん様が亡くならないのなら、命の儚さ、重さ、恐ろしさを教えてやると、タオが集まった刀身を振り下ろす。

地獄楽 第42話ネタバレ感想・考察・まとめ

典坐を始末したのはムーダンではないから、(確か、ヂュジン)ここで命を落としたらダメだぞ、士遠。

本当の仇を討つまで生き延びろ。

しかし、このパターン。士遠の一撃でムーダンはやられないのではないだろうか。

致命傷を与えるが倒しきれず、士遠の命が尽きる。

士遠の業を見ていた佐切が、似たような業で仕留めるという流れか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編)ネタバレ感想『眼鏡秘書ティアの怪しい行動』

トゥートのメイドに相応しいか品定めするために服を破られるタミィ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

トゥートのメイドに相応しいか品定めするために服を破られるタミィ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

  • 終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム ファンタジア 概要
  • 終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編)ネタバレストーリー・あらすじ

アルクの仲間の手引きによってトゥート襲撃から逃れたウェンヌたちは、つかの間の休息をとっていた。

ウェンヌが寝ている間もアルクは剣の鍛錬をしている。

剣の鍛錬をしながらもどれだけの周辺貴族がトゥートにつくか考えていた。

残してきたタミィやリロ、ピピンが心配。

明日の夜には城に戻ろうと考えていたアルク。

アルクの後ろの空間から突如ラティが現れ、アルクの背中から迫り、挨拶をする。

アルクは、現れたラティの気配を感じ取れなかった。

アルクは、絡み付いてくるラティを退け、いままで何処にいっていたのかと聞く。

ウェンヌと最後までしていないことをアルクに聞くラティ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ウェンヌと最後までしていないことをアルクに聞くラティ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

ラティは質問には答えず、ウェンヌと最後までしていないことを指摘すると、アルクは、マハトの全容をラティが教えてくれないから、慎重に研究しているという。

アルクは賢明だと褒めるラティ。

アルクは、最後までしたらどうなると聞く。

しかし、このアルクの質問もラティはちゃんとした答えを返さなかった。

マハトの取り扱いには注意と言い残して消えるラティ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

マハトの取り扱いには注意と言い残して消えるラティ | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

マハトは慎重に取り扱うようにとまた空間に消えていくラティ。

城では、病状に伏せている兄アノールを前にして、最初から領主には向いていなかったとトゥートはいう。

部屋を出ると、眼鏡秘書のティアを見つけ、探していたぞというトゥート。

ティアは周辺貴族の書状を確認していたという。約半数がトゥート側についたと報告。

半分に不満を漏らすトゥート。反抗的な家を一つ滅ぼせば、他の者も目を覚ますだろうと考える。

その前にイスティシア家に使者を送る。アルゲスが後ろ盾になってくれれば、ナーガラ支配も磐石になると考えていた。

外から騒がしい声が聞える。

兵に理由を聞くと、アルクが城に討ち入りをしたという。トゥートはすぐに兵力を確認する。

戦力は、アルク一人、メイド一人、亜人一人の三人だと報告を受けて、驚くトゥート。

頭がおかしくなったと思うも、ナーガラ領が自分のものになったと確信するトゥート。

トゥートの兵と交戦するアルク。

トゥートの兵は、アルクだけではなく、亜人とメイドにも苦戦していた。

兵を退け、城内に入ると、トゥートがアルクを呼び止める。

トゥートに襲い掛かろうとするもトゥートはアルクに静止を促し、人質を前に出す。

メイドのタミィとリロが人質になる | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

メイドのタミィとリロが人質になる | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

タミィとリロだ。

トゥートらしい汚いやる口だと罵倒するアルク。

トゥートは、剣を抜き、自分に相応しいメイドか見てやろうとタミィの服を切り裂く。

そして、剣の腹でタミィの胸を持ち上げる。

アルクは、トゥートにやめるように要求し、その代わり、剣を捨てるアルク。

トゥートは兵にアルクを取り押さえるように命令する。

ウェンヌも亜人も取り押さえられ、トゥートはウェンヌの顎を上げ、兵に目の前で嬲らせようかとアルクを挑発する。

トゥートは、罪人としてアルクを処刑するという。

トゥートが剣を振り上げた時、背中からティアがトゥートを刺す。

トゥートを背中から刺すティア | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

トゥートを背中から刺すティア | 引用元:終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編) 原作:LINK 漫画:SAVAN

終末のハーレム ファンタジア 第8話(前編)ネタバレ感想・考察まとめ

いきなり、ティアが謀反を起こした。元々、アルクの血を飲んだ人間だったのか。ラティが牢屋にぶち込んでいた女の中にティアがいて、アルクの血をティアに与え、トゥートに仕えさせた。とするなら、アルクがあれほどにタミィ、リロ、ピピンのことを心配するだろうか。スパイを忍ばせているなら、危険を冒してまで城に踊るという決断はしないだろう。

アルクがラティの姿を見てなかったというから、もしかして、このティアという女は、ラティが変身した人間なのではないか。

そして、アルクを世界の支配者にするための第一ステップとして、まずナーガラの領主にするべく、トゥートを唆し、争いごとを起こし、その中でアルクを成長させ、かつ事実上のナーガラ領支配をアルクにさせようとしたのか。

少年ジャンプ+『終末のハーレム ファンタジア』を読んで。

終末のハーレム ファンタジア 登場人物・キャラクター一覧

アルク
セリーヌから若と呼ばれる辺境の小国ナーガラの後継者。

セリーヌ
主人公の剣の訓練を行う。剣術の達人。

ウェンヌ
ナーガラ家の侍女の一人。アルクのことを想っている。

アノール
ナーガラ家。アルクの父親。

ガビアル
イスティシア家。アルクを毛嫌いしている。

アウレリア
イスティシア家。ガビアルの姉。

アルゲス
イスティシア家。ガビアル、アウレリアの祖父。

ナイル
ガビアルの筆頭騎士。

皇帝
女性をはべらせ、魔物に対抗するべく「約束の神子」を探す。

ラティフォリアザード
アルクにマハトを授けにきた謎の女性。

トゥート男爵
アノールの弟。

ティア
トゥートの秘書。

ピピン
アルクを慕う兵。

タミィ
ウェンヌのメイド仲間。

リロ
ウェンヌのメイド仲間。

終末のハーレム ファンタジア 概要

ウルトラジャンプと並行連載!話題の問題作『終末のハーレム』の完全新シリーズ!美麗絵師SAVANとLINKの新タッグによる、本格ダークファンタジー!めくるめく淫靡幻想譚に、陶酔せよ。

終末のハーレム ファンタジアを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 矢吹健太郎先生特別描きおろしイラスト大公開ミク&ココロ(水着ver.)

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 矢吹健太郎先生特別描きおろしイラスト大公開ミク&ココロ(水着ver.) | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 矢吹健太郎先生特別描きおろしイラスト大公開ミク&ココロ(水着ver.) | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 矢吹健太郎先生特別描きおろしイラスト大公開
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 登場人物・キャラクター一覧
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 設定・世界観・用語
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要
  • 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 矢吹健太郎先生特別描きおろしイラスト大公開

ミク&ココロ(水着ver.)のイラスト公開。

矢吹健太朗先生からのメッセージ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

矢吹健太朗先生からのメッセージ | 【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスより引用

次回から最大のifルートに突入。アニメ完結後に続ける漫画版の意味はここからあると考えている矢吹健太朗先生。

未知の領域に踏み出すヒロたちを見届けてほしい。

本編更新は1月13日(日)に更新。

少年ジャンプ+『【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス』を読んで。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 登場人物・キャラクター一覧

ヒロ
本作の主人公。本名「CODE:016」。幼いころはコドモたちの中心人物で神童と評されていた。物語開始以前にフランクスを扱う能力を失い、パイロットとして存在価値を見出せない日々を送っていた。

ゼロツー
本作のヒロイン。本名「CODE:002」。APE直属特殊親衛部隊に所属する、『パートナー殺し』の異名をもつエリートパイロット。一人称は「ボク」。叫竜の血を引いており、頭に生える赤い二本角が特徴。エイプ直属親衛隊ナインズとしてはナインイオタ。

ゴロー
本名「CODE:056」。パイロットとしての実力を備えた好青年。ヒロやイチゴとは昔からの親友。

イチゴ
本名「CODE:015」。コドモたちのリーダー的存在である少女。幼馴染のヒロを常に気にかけている。

ゾロメ
本名「CODE:666」。物事を熟考せず感情に任せて動くきらいがある少年。オトナへの憧憬が強い。

ミク
本名「CODE:390」。一人称は「ミク」。明朗快活な美少女だが、わがままで負けず嫌いな一面を見せる。

フトシ
本名「CODE:214」。誰とでも仲よく接する少年。楽天家に見えるが、常識的な面も持ち合わせている。

ココロ
本名「CODE:556」。おっとりした男子たちのマドンナ的存在で、思慮深い面をもつ。

ミツル
本名「CODE:326」。シニカルな物言いが特徴の少年。ヒロに対抗意識を抱いている。

イクノ
本名「CODE:196」。感情をあまり表に出さない少女。趣味は読書。

ナオミ
本名「CODE:703」。ヒロのパートナーだったが、彼が力を失ったことで落第。

ナナ
フランクス博士に付き従う女性。

ハチ
コドモたちの管理を務める男性。

フランクス博士
フランクスの建造に関わる老人。

9’α(ナインアルファ)
エイプ直属親衛隊9’s(ナインズ)のリーダー。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 設定・世界観・用語

フランクス
天才科学者集団APEが叫竜に対抗するため開発した人型ロボット兵器。英語表記は「FRANXX」。名称は「鋼鉄の乙女」を意味する。少女のようなフォルムが特徴で、頭部には目や口なども存在する。真の性能を発揮するには、雄式操縦者と雌式操縦者が男女一組になって搭乗する必要がある。

ストレリチア
ヒロとゼロツーの機体。本来の姿は人型だが、ゼロツーが単独で暴走した際は四足歩行の獣のような姿となる。武装は巨大な槍。

デルフィニウム
ゴローとイチゴの機体。

アルジェンティア
ゾロメとミクの機体。

ジェニスタ
フトシとココロの機体。

クロロフィッツ
ミツルとイクノの機体。

叫竜
人類を襲う謎の巨大生命体。

13都市
ヒロたちが守る都市。

ガーデン(育成所)
コドモたちがフランクスパイロットになれるように育て教育する施設。

ステイメンパイロット(雄式操縦者)
男の子のパイロット。

ピスティスパラサイト(雌式操縦者)
女の子のパイロット。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキス 概要

高いエネルギー効率をもつ「マグマ燃料」の採掘によって地殻変動や環境破壊が進んだ世界。荒廃した地上で生き抜くために人類が作り上げた巨大移動要塞都市では、叫竜と呼ばれる巨大生命体と戦うことだけを教え込まれた名前のないコドモたちが養育されていた。第13要塞都市のコドモの1人であるヒロは、叫竜の血を引く少女ゼロツーとの出会いを機に彼女のパートナーとなり、命を懸けた戦いに身を投じることとなる。

【ダリフラ】ダーリン・イン・ザ・フランキスを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

ROUTE END(ルートエンド)第51話ネタバレ感想『太慈は江崎の誘導尋問に違和感を感じる』

太慈を自ら命を絶たせるところに追い込みたかった江崎 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

太慈を自ら命を絶たせるところに追い込みたかった江崎 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

  • ROUTE END(ルートエンド) 第51話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ROUTE END(ルートエンド) 第51話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ROUTE END(ルートエンド) 概要
  • ROUTE END(ルートエンド)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

ROUTE END(ルートエンド) 第51話ネタバレストーリー・あらすじ

江崎のところにカウンセリングにきた太慈。

江崎はカウンセリングの部屋に太慈を招きいれる。

向かい合う椅子に太慈を座らせる江崎。

太慈は、俯いて顔を上げて、江崎に助けを求める。

江崎は、事件のことは追っていて、加藤をカウンセリングしていた。他人事ではないと話す。

事件関係者の方々を心配していた。特に太慈のことをという江崎。

自分のことを心配されていたことに意外と思う太慈。

弟が大切な人二人を含めた九人を始末した事実を突きつけられ、正常でいられるわけがないという江崎。

太慈は、自分は悪人として生きていくことを受け入れていた。

その言葉に、江崎は太慈は何も悪いことをしていないでしょうと聞く。

返答に困る太慈は、たどたどしく話しを進める。

出だしで躓いて転んで、治らない怪我を負い、立ち上がるときに周りを破壊して立ち上がったから、尊厳も誇りも正しさもなく、普通の正しさは憧れるしかなく、悪人として自覚して自分をあやしながら生きるしかなく。

しかし、あやせていたのは真人がまっとうに生きてくれたから。汚いものは全部自分が引き受けるつもりだった。それが無意識に誇りだった。

太慈は、涙を流し、なぜ自分じゃないんだと嘆く。真人が責められなければならないんだと。

江崎は、太慈に、何も悪いことをしていない。真人は人を始末してしまった。その事実からは逃げてはいけないという。

太慈は頭を抱え、涙する。

江崎は、落とす太慈の肩に手を置き、心を隠すのが上手い人は、自分にも自分の心を隠してしまう。太慈が見抜けなかったのも無理はないと慰める。

江崎は、椅子に座り直し、太慈の今の心境を聞く。

わからないと応える太慈。

江崎は、もっと具体的に聞くといい、アウン橘社長が始末されてどう思うか聞く。

返事ができない太慈。

江崎は、次に加藤を始末されてどう思ったかと聞く。

すると太慈は、その二人さえ始末してなければ、自分が悪人になって真人を愛していたという。

江崎は今はと聞くと、わからないと応える太慈。

江崎は、答えが出ているのに口に出さない他事に大きく息を吐き、やつれている太慈のカラダを心配する。

江崎は、自らの命を絶とうと思わないで欲しいと太慈に言う。命を失いたいという気持ちは、実際にすることでしか表現できないのだから。

だから、その気持ちを抱いてしまったら終わり。囚われて抜け出すことは出来ない。そんな状態になってからでは手遅れになる。

そう話を続ける江崎を太慈が遮る。

江崎に加藤を始末したのはお前だろと問う太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

江崎に加藤を始末したのはお前だろと問う太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

太慈は、江崎が加藤を始末したのだろうと聞く。

返事をしない江崎。

太慈は立ち上がり、自分はずっと命を捨てたいと自分と話してきたからわかる。

さっきの江崎の会話は意図的なというと江崎は太慈を落ち着かせようとする。

太慈は頭を抱え、謝罪し、椅子に座る。

江崎は、混乱している時期だと許すも、太慈の違和感は消えない。

始末したというのは言い過ぎた。そのことは謝る。

江崎の言葉のおかしさに気付く太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

江崎の言葉のおかしさに気付く太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

江崎が言った言葉を繰り返し口にして、笑う太慈。

断定する言い方を何故する。その気持ちを持ったらどうするつもりだと聞く。

命を落として気持ちを表現しろという言葉に何の意味があると聞く。

江崎の思考の誘導に気付く太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

江崎の思考の誘導に気付く太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

江崎は「表現しろ」とは言ってないという。

五十嵐の弟を始末したのも江崎かと問う太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

五十嵐の弟を始末したのも江崎かと問う太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

太慈は、五十嵐の弟を始末したのも江崎かと聞く。

あの刑事に弟がいるのかと聞く江崎。太慈は頭をかかえてまた謝罪する。

太慈がおかしくなってと、江崎は許そうとする。

しかし、太慈はまた江崎の言葉を繰り返す。

心が思うことに罪悪感を植えつけてはいけないと訴える太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

心が思うことに罪悪感を植えつけてはいけないと訴える太慈 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

命を絶とうと思ってはいけない。それも違うという太慈。思うのは自由だ。心はどんなものが生まれてもいい。思うことに罪悪感を受け付けるべきではない。

生まれた思いは、なぜ生まれたか認識してから変化が始まるのではないか。なぜ、認識自体を妨げるようなことをする。そんな事、カウンセラーとかは常識ではないかのか。

江崎は、そんなことは言っていないという。

太慈は、帰ると椅子を立ち上がる。

そして、江崎の家から出て行く。

太慈が帰った後、書斎でカギのついた引き出しから「導きの記録」と書かれたノートを取り出し、コレクションしておきたかったが頃合かと暖炉に投げ入れる。

そこには、五十嵐晶、高橋和葉、戸崎悟、若狭仁、小田慎太郎、加藤臣の名が連なっている。

ソファに腰掛、息を大きく吐く江崎。

江崎は、焦ったかと太慈のカウンセリングを振り返る。

自ら命を絶つのエネルギーがいる。獣の生存本能に抗う。とても大きく力強いエネルギー。ストレスの爆発が自殺の方向へ向いているというだけの話。しかし、一度、向いてしまえば方向転換は難しい。患者たちは元々弱っているとはいえ、ここにくる時点で良くなろうという指向を持っている。それを命を絶つに導くには極限まで張り詰めた繊細さがいる。

神の御業だと評する。

太慈は命を絶ちたそうにしていたのに。ずっと命を絶ちたい自分と話してきたという太慈の言葉を思い出す。それがわかっていれば、もっとじっくり。惜しいことをしたと悔やむ江崎。春野太慈にぜひとも命を絶ってほしかったと物思いに受ける江崎。

ROUTE END(ルートエンド) 第51話ネタバレ感想・考察まとめ

五十嵐の弟・晶とも面識があったのに、顔がそっくりな阿久津を見て、なんとも思わなかったのだろうか。

江崎は、自分の患者を自ら命を絶たせることへの喜びを感じていたのに、患者がエンドの被害者。ここで、エンドと江崎に関係が無かった場合、江崎は失望するのではないだろうか。江崎はあくまでも自ら命を絶つためにカウンセリングしているのだから。コレクションまでしてるわけだから、自分の行動については陶酔していると言っていいだろう。

患者を自ら命を絶たせたコレクション「導きの記録」 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

患者を自ら命を絶たせたコレクション「導きの記録」 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

それが、エンドによって阻止されている。歯がゆくてコレクションなんかとっておかないだろう。それなのにコレクションをとっておくまでのサイコパス具合の状況を考えると以下の可能性が考えられる。

・江崎が真人に患者リストを渡していた
・江崎がエンドの事件を見て、自分のリストが流出していると想定することで、自分の導きは成功していると推測している。

前者は、江崎と真人との間につながりがある場合。後者はない場合。後者の場合は、真人がどうやって江崎の患者のリストを手にしたかは不明。カギに掛かった棚に入っているわけだし。

前者かなとも思うけど、前者の場合だと、江崎が頃合かとコレクションを焼いたり、焦ってないのが解せない。コレクションを焼いたところで、真人が捕まっているのだから、つながっている江崎のところに警察がくるのは間違いないのでコレクションを焼いたところで、時間稼ぎにしかならない。そして、逮捕の可能性があるのに余裕の構え。

自ら命を絶たせるのに導くのは極限の繊細さがいるという江崎 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

自ら命を絶たせるのに導くのは極限の繊細さがいるという江崎 | 引用元:ROUTE END(ルートエンド)第51話 著者:中川海二

逮捕されても失うものがないと思っているなら焦らないだろうけど、それなら、自分の尊厳であるコレクションを燃やすのも解せない。逮捕されようが自分の行動は神の御業なのだからと燃やすという否定はしないだろう。

少年ジャンプ+『ROUTE END(ルートエンド)』を読んで。

ROUTE END(ルートエンド) 概要

人の死が日常的となる職業、“特殊清掃業”を生業とする青年・春野。彼が近隣で続発する連続猟奇殺人事件、「END事件」に足を踏み入れて…。生と死の在り方を問うサイコ・サスペンス開幕!!

ROUTE END(ルートエンド)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第40話ネタバレ感想『存在しないはずの世界で龍平は武司に呼びかける』

明日香を助ける美雪 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

明日香を助ける美雪 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第40話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

留美子は、八代が運転する車で移動中。道を走っている健司を発見する。

健司は、車の中にいる留美子に訴える。

留美子は、高広に健司を乗せるように指示する。

魂となった美紗、美雪、あゆみは、美紗の家に向かう高広たちを見つける。

高広は、門を蹴破り、中に入っていく。

美紗たちの魂が近寄ると、明日香や遥、高広は驚く。高広たちにも美紗たちの魂は見えている。

美雪は、魂になったからわかるのか、美紗の屋敷から冷たくて大きな力を感じるという。

あゆみは怖がる。美紗は、自分たちも気をつけないと取り込まれる可能性があると示唆する。

一方、龍平は、留美子たちが乗る車を発見する。

車の前方に、「赤い人」が立っている。

車は、「赤い人」を避けたために下り坂で横転してしまう。

龍平はどうやって助ければいいか迷っていると、車から健司が出てくるのを発見する。

「赤い人」を妨害する健司 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

「赤い人」を妨害する健司 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

健司も龍平の魂を感じる。健司は、「赤い人」は自分が止めるから龍平は留美子を任せたと「赤い人」に向かって走って殴りつける。

美紗の屋敷の地下に向かう高広。美紗たちは黒い元凶を感じる。

そして、間違いなく呪いを解く、明日香たちを始末しにくる。

呪い解除を妨害する黒くて怖い人 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

呪い解除を妨害する黒くて怖い人 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

留美子たちが美子に心臓を返して「赤い人」のカラダが消滅して、「赤い人」がこの地下室の壷に吸い込まれた時に明日香たちが壷を割る。美紗たちは、黒くて怖い元凶の妨害を全力で止めること。

黒くて怖い人が高広たちを吹き飛ばす。

壁に激突する寸前で美雪が明日香のクッション代わりになる。

明日香も高広も遥も何か苦しみ出す。

このままでは三人が始末される。美紀の力を帯びている自分なら対抗できるはずだと美紗が黒くて怖い元凶に突進する。

その頃、龍平はまだ助ける方法に悩んでいた。

こんな姿になってどうやって助ければいいんだと。

健司はおかしな力があるからともかく、こっちの世界では誰も自分のことを知らない。

悩んでいるうちに留美子を見失ってしまう龍平。

武司と結子を見つける龍平。

武司は、結子に病院につれていけといって単独行動にでる。

龍平は、ダメ元で武司に呼びかけると、走っていた武司が足を止め、振り返り、龍平と口にする。

龍平の呼びかけに反応する武司 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平の呼びかけに反応する武司 | 引用元:カラダ探し解 第40話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

カラダ探し解 第40話ネタバレ感想・考察

健司も龍平の記憶があるし、武司は元々武司の世界だったから龍平の存在は知っているのではないか。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。