日別アーカイブ: 2019-01-04

寄生獣リバーシ 第22話ネタバレ感想『新しい寄生生物は野田と名乗る』

野田に友達だと笑顔を向ける海老沢コウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

野田に友達だと笑顔を向ける海老沢コウヘイ | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第22話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第22話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第22話ネタバレストーリー・あらすじ

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル。

ファミレスの食事をしながら寄生生物は食事に関する分析を行っている。

人間のボディには人間本来の食生活が必要だという寄生生物・野田 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

人間のボディには人間本来の食生活が必要だという寄生生物・野田 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

5大栄養素をバランスよく摂取することが大事。人間の消化器官に依存している以上、健康を維持するためには人間本来の食生活に寄せるべきだと持論を展開する。

脳を奪えなかったコウヘイの左手も、コウヘイの食事で共存できている。

喫煙や薬物は感心しないがと最後に付け加える寄生生物。

ヴァシュタールは、寄生生物に今食べているものが美味しいかと聞くとわからんと答える。

コウヘイは寄生生物のことを「野田」と呼び、寄生生物には詳しくないが「野田」はずいぶん変わった個体ではないかと聞く。

野田は、コウヘイほどではないという。

野田は、コロニー計画の話をコウヘイにする。

エサ場を指定して共有し、人間も仲間につけてコミュニティを形成しようとしている。

それを聞いたコウヘイは物騒だと一言。

コロニー計画に興味を失った野田 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コロニー計画に興味を失った野田 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

田村玲子を、賢い仲間もいたものだと感心したのだが、仲間同士で行為をして子供を作った。結果、出来たのは人間の子供。もうじき生まれる。それを知った時点でコロニーへの興味は失せたという野田。

野田は、繁殖のできない生物に一体どんな未来ああるのかと哲学めいた言葉を発する。

野田は、群れから離れ、外から観察することにした。そこに、海老沢とシュレドニ・ヴァシュタール、二人の存在に出くわした。

「合理性」と「可能性」。この二つの言葉に自分は興味があるという野田。

野田は、海老沢コウヘイとシュレドニ・ヴァシュタールの二人の存在に興味を持った | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

野田は、海老沢コウヘイとシュレドニ・ヴァシュタールの二人の存在に興味を持った | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

その二つを海老沢、ヴァシュタールに感じ、情報共有したい。

人間と寄生生物の間にいる海老沢たちに協力してほしいという野田。

コウヘイは少し笑い。お互いはぐれ者同士、ありかもしれないという。

僕たちは友達だと笑顔になるコウヘイ。

しかし、野田は無反応でハンバーグを3つ追加注文する。

学校では、授業が終わり、タツキのところに朝河が声をかけてくる。

人気のないところにタツキを呼び出し、朝河はあの日、警察に連行されていたことを聞く。

事件と何か関係があるのかと。タツキはないと答える。

タツキに怒鳴る朝河 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキに怒鳴る朝河 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

朝河はなんであの場所にいたのかと聞く。タツキは返答しないと、答えてと声を荒げる朝河。

タツキは、何も知らないし、あの場所にいたのはたまたまだと答える。

タツキが事件に関わっていることを察した朝河 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキが事件に関わっていることを察した朝河 | 引用元:寄生獣リバーシ 第22話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

朝河は、大声を出したことを謝る。タツキが何かを知っていて、それを隠していることはわかったと冷たい目で見る。

去り際に、気持ち悪いとタツキを罵倒する朝河。

街中を歩く一ノ瀬。

コウヘイ、野田とすれ違う一ノ瀬。

寄生獣リバーシ 第22話ネタバレ感想・まとめ

事件から何日経ったかわからないが、朝河は親友が始末された現場に居合わせて、学校によく登校できたな。

親友を失った絶望感と、始末の現場に居合わせた恐怖感と、犯人の目が自分に向くのではないかという不安感で学校どころじゃなくなる。

野田は、田村玲子並の知能の寄生生物なのかもしれない。

ただ、子供が人間の子供だったのと、自分の子供でないことから、田村玲子と出した答えが違う。

子供は、やっぱり自分の子供だけが特別だろう。個体差もあると思うけど、田村玲子は親としての自覚を持った。田村玲子は、自分の身を挺しても子供を守った。もしかしたら、野田と一緒で、子供が生まれてからはコロニー計画はどうでもよくなっていたのかもしれない。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編)ネタバレ感想『伝説の体操着ブルマを着用する椿』

感じる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

感じる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

ミニスカートをはいてきた椿は起立に触られ、証拠の映像を残し、退学させる試みだった。

起立は、メジャーを取り出し、「スカート丈は膝の位置」という校則を述べ、椿のスカート丈を計るために膝をつく。

起立は、真剣に椿のスカート丈と膝の距離を測る。

ふとももに急接近した起立の吐く息があたり動揺する椿。

膝上29センチ6ミリも校則違反していると怒鳴る起立。

椿のような目立つ生徒の校則違反を許容するとあらゆる生徒が真似してスカートを短くし始め、学院全体の風紀が乱れると続ける。

更に、起立は下着が丸見えで恥かしくないのかというと、椿は下着ではなくブルマというれっきとした体操着だと主張。

伝説の体操着ブルマと聞いて凝視する起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

伝説の体操着ブルマと聞いて凝視する起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

伝説の体操着ブルマを見てまじまじと椿のブルマを見つめる起立。

椿は、すごい見られていると感じ、さっさと手を出しなさいと内心思うも、起立は納得したなら今すぐスカート丈を正すようにいって立ち去ろうとする。

指一本触れられないと焦った椿は、起立を呼びとめ、校則の「膝」はどの辺りのことなのか、不正確だから起立の正しいスカートの位置を示してと要求する。

強引かと思ったけど、起立はその要求を受け入れる。

近づいてきた起立は、失礼といい、椿のスカートをむんずと掴む。

椿は、腰を触られ、悶々とする。

椿のスカート丈を正す起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

椿のスカート丈を正す起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

スカートを引っ張ってるだけで、ちゃんとまさぐってほしいと思う椿。

近い起立を感じ、ヘンになっちゃうと感じる椿。

起立は、これが正しいスカート丈だと椿のスカート丈を正す。

返事もままならないぼんやりしている椿にゴミ出しに戻るという起立。去り際に、スカートには仕方なく触ったが、椿のカラダには一切触れていないという起立。

 

椿は、起立が去った後に映像の確認をするも、目の前に起立が運んでいたゴミ箱はあったために椿も起立も映像に映っていなかった。

あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編)ネタバレ感想・まとめ

あれだけ短かったスカートがどこにはいっていたのか。

胸の下スカートをあげていたということ?それとも腰のところでまるめていたのか。

履く腰の位置で多少の上下はできるだけろうけど、元々膝のところまであったスカート丈をほぼ股下のあたりまで上げられるものなのか。

ちゃんとまさぐってほしいと身悶えする椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

ちゃんとまさぐってほしいと身悶えする椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第2話(後編) 漫画:木下由一

揚げられるとしたら女性の服装ってある意味すごいな。手品だな。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

千原好雄(ちはらよしお)
イケメン男子生徒だが、椿は動悸しない男子。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

奴隷遊戯 第43話ネタバレ感想『ソサエティが桐島を守ると公言』

ソサエティが桐島を守ると公言 | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ソサエティが桐島を守ると公言 | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第43話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第43話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第43話ネタバレストーリー・あらすじ

カイの両親を始末した少年は、警察の取調室で、理不尽ないじめに遭って金を要求されたことで自暴自棄になり、押し込み強盗の末、結果的に市原夫妻を始末してしまったと供述している。

警察は、少年・桐島を褒め、ソサエティが守ると保証する。

新聞社では、カイの父親のネタを担当していたデスクが海外支社への異動の命令が下った。

本人は、今やるべきことがあるというも上の人間は、カイの父親の事件を持ち上げ、権力の監視はできても、未成年の心の闇は予測できないと脅す。

カイの自宅では事件があり、報道陣が取り囲んでいた。

被害者なのに逃げるみたいなことをしたくないと憤りを口にするカイ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

被害者なのに逃げるみたいなことをしたくないと憤りを口にするカイ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

叔父はカイに引っ越してうちにくるといいと薦めるも、カイは、叔父の気遣いを感謝するも、自分たちは被害者で悪いことをしていないのに、逃げるみたいなことはしたくないと憤りを口にする。

父親も最後の最後まで逃げなかったと涙する。

しかし、だからこんなことになったと考える。

振り返れば、奇妙な日々だった。事件後はしばらく要人のような扱いで学校には覆面パトカーで投稿していたカイ。ソラノは登校拒否。

学校では、みんながカイのことをヒソヒソ話をする。

カイが学校を休んでいる間のノートをとっておいてくれるトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイが学校を休んでいる間のノートをとっておいてくれるトーヤ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

トーヤは、最近の授業の要点をまとめたやつだとカイに渡す。

その優しさに涙するカイ。高校受験も無事に合格。

トーヤもリンナも同じ高校に合格した。

トーヤとリンナの変わらぬ態度に少しずつ癒されていくカイ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

トーヤとリンナの変わらぬ態度に少しずつ癒されていくカイ | 引用元:奴隷遊戯 第43話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

トーヤとリンナはあんな事件があっても変わらず接してくれてることに涙を流して感謝するカイ。

ある日、買出しから戻るカイに記者のひとりが近づいてくる。

記者は、カイの両親を始末した犯人の桐島が医療少年院のプログラムを異例の早さで終え、出所してくるという情報をもたらす。

奴隷遊戯 第43話ネタバレ感想・考察まとめ

桐島が出所してから、カイに接触するのだろうか。

奴隷遊戯の最初の頃のカイは闇があるようにもトラブルに巻き込まれているようにも見えなかった。

桐島は、ソサエティの命令でカイの両親を始末したのだとしたら、カイに接触する必要はない。むしろ、接触しないほうがいい。メリットが何もないから。それとも、ソサエティは、カイの父親のネタを家族がみている可能性も考えて、全員始末したかったのだろうか。

だとするなら、デスクも始末しておかないといけない。海外支社に異動し、海外で始末したのだろうか。

さらに疑問なのは、桐島を保護するというソサエティがその後、奴隷ガチャで桐島を奴隷扱いにしていること。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

カラダ探し解 第41話ネタバレ感想『龍平が来ていることを知り涙目の留美子』

美紗たちが黒くて怖い人を抑え、高広が殴る | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美紗たちが黒くて怖い人を抑え、高広が殴る | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

  • カラダ探し解 第41話ネタバレストーリー・あらすじ
  • カラダ探し解 第41話ネタバレ感想・考察
  • カラダ探し解 概要
  • カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

カラダ探し解 第41話ネタバレストーリー・あらすじ

魂となった龍平の呼びかけに反応する武司。

龍平は喜ぶも、武司はかまっているヒマはないと走り出す。

走る武司の前に「赤い人」が横切る。

美紗の屋敷では、黒くて怖い人を押さえ込もうとする美紗、美雪、あゆみだが、黒くて怖い人は手ごわい。

美紗は、自分たちの力だけで倒すことは無理だと判断する。

倒すことはできないけど、抑えることはできそう。

あとは、実態である黒いモヤを霧散させることができればというとあゆみはそれができるのは高広だと思い呼びかける。

あゆみの声が高広に届く。

黒くて怖い人をどうにかしないと「赤い人」が戻ってきても壷には払いないと高広に訴える。

高広は、明日香に下がっていろといい、黒くて怖い人に殴りかかる。

黒くて怖い人は、声をあげ、一部が壷に戻っていく。

留美子たちは、「赤い人」に襲われて、八代がすでにやられていた。

そこに武司たちが到着する。八代がやられているのを見て、留美子がやられるとダッシュする武司。

「赤い人」に飛び蹴りを食らわせる武司 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

「赤い人」に飛び蹴りを食らわせる武司 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

武司は龍平に力を貸せといって、「赤い人」に飛び蹴りを食らわせる。

武司は留美子に喝を入れる。棺桶は全部掘り出さなくても開けられる。

立ち上がる「赤い人」は俺たちに任せて終わらせろという武司。

俺たちという言葉で留美子は龍平を感じ取る。

涙を浮べる留美子。

美紗たちも来ていると留美子に教える龍平 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美紗たちも来ていると留美子に教える龍平 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

美紗も、美雪も、あゆみもこの世界に来て戦っているという龍平。

高広たちも黒くて怖い人を殴り続けている。

留美子は棺桶をあけると中に赤い服と一緒に。

武司の怒号が聞える。

武司は、「赤い人」にカラダを抉られた。

カラダ探し解 第41話ネタバレ感想・考察

ここで、武司と龍平がやられてしまっては、留美子一人になってしまう。そうなれば、「赤い人」にやられてしまう。

龍平の存在を知る留美子 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

龍平の存在を知る留美子 | 引用元:カラダ探し解 第41話 原作:ウェルザード 漫画:村瀬克俊

ここは、武司の傷を龍平が肩代わりして、龍平は聞けるけど、まだ武司が生き残って戦うというパターンか。

龍平と武司がやられるけど、「赤い人」は棺桶の中の赤い服を見て、何かを感じ変化するパターンか。

前者だと、龍平とのわかれば簡単すぎるからないか。

武司と龍平は重症を負ったけどまだ生きている状態で、「赤い人」は留美子に向かってくるが赤い服を見て止まるという展開だろうか。いずれにしても「赤い人」が攻撃的のままだと、武司が無傷でも美紗の屋敷までたどりつけなさそう。

強大な敵は、黒くて怖い人の登場で、「赤い人」が中立のポジションになっても大丈夫だからこのパターンではないだろうか。

少年ジャンプ+『カラダ探し解』を読んで。

カラダ探し解 概要

すべてが明らかになる。かつてないカラダ探しがはじまる。最叫&最恐!累計200万部突破の人気絶望サバイバルホラー最新シリーズ!

カラダ探し解を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

1日外出録ハンチョウ 最新刊コミックス第5巻 1月4日(金)本日発売

1日外出録ハンチョウ 最新刊コミックス第5巻 1月4日(金)本日発売 | 1日外出録ハンチョウより引用

1日外出録ハンチョウ 最新刊コミックス第5巻 1月4日(金)本日発売 | 1日外出録ハンチョウより引用

  • 1日外出録ハンチョウ 最新刊コミックス第5巻 1月4日(金)本日発売
  • 1日外出録ハンチョウ 概要
  • 1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

1日外出録ハンチョウ 最新刊コミックス第5巻 1月4日(金)本日発売

劣悪な環境の地下にいながら、「1日外出券」で地上での休み方を模索する男・大槻班長‥‥! 夏の夜の餃子パーティー‥‥! ザワークラウト発酵‥‥! 話題の最新映画鑑賞‥‥! 横浜中華街で中華店はしご‥‥! 休み方ならワシに聞けっ‥‥! 大槻ハンチョウ外出録、絶好調第5巻っ‥‥!

1日外出録ハンチョウ 概要

福本伸行の代表作『賭博破戒録カイジ』に登場するハンチョウハンチョウ大槻を主人公としたスピンオフ作品。同シリーズ内では『中間管理録 トネガワ』に続く第2弾。普段は地下労働施設で働くハンチョウハンチョウ大槻が1日外出券を使い、地上でのグルメや旅行に興じる様子が描かれている。なお『週刊ヤングマガジン』での連載開始告知のページには「理外の飯テロ漫画」と記されていた。時系列は『賭博破戒録カイジ』第1巻でのカイジが地下労働施設に入る前に当たるが原作が90年代を舞台にしていたのに対し、本作は連載時点での現代(2010年代)を舞台にしている。『中間管理録 トネガワ』同様に本編に似せた絵柄で描かれている。

1日外出録ハンチョウを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「1日外出録ハンチョウ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」