日別アーカイブ: 2019-01-07

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想『ゾンビと化す多重債務者』

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃に驚愕するトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレストーリー・あらすじ

山崎が血相を変えて部屋に飛び込んでくる。

トネガワはノックもなしにとタバコを吸いながら不満を口にする。

しかし、山崎は事の重大さにトネガワの不満を無視し、新聞を見たかと聞く。

まだだというと山崎はすぐに新聞を取り出し、トネガワにある記事を見せる。

見て驚くトネガワ。

グレーゾーン金利の撤廃と大見出しにある。

グレー金利とは、利息制限法と出資法の二つの上限金利の闇の金利帯のことで、つまり、グレー金利の撤廃とは、端的に言えば、これまで違法金利だが明確に違法とみなされなかった金利利率がアウトになるということ。

帝愛の金利はもろグレー。

アウツ中のアウツ。

今度は佐衛門が慌てて部屋に入ってきて外が大変だという。

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

グレーゾーン金利撤廃で多重債務者が帝愛ビルに押しかける | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

外は、過払い、金返せなどのプラカードを持った人だかりができている。

佐衛門は帝愛は終わりだといい、今日限りで辞めるとグラサンを取る。

山崎は止めようとするもトネガワは止めようとする山崎を止める。

トネガワは他にも辞めたいやつがいたら裏口から逃げることだといい、自分は会長のところにいくという。

会長室では、兵藤会長が爆発寸前の怒りに満ちていた。

あれだけの根回しをしたのに。

トネガワが兵藤会長を逃がそうとするも、その時権田から電話がかかり、裏口もダメだといわれる。

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口も多重債務者で封鎖されていた | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

裏口にも人だかりができ、ドアを叩き、今にも雪崩れ込んでくるという。

トネガワは権田たちを他の場所から逃げろというも権田は逃げないという。最後まで帝愛の黒服として職務を全うするつもりだった。

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

襲い掛かってくる多重債務者を迎え撃つ黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

ドアを破り雪崩れ込んでくる多重債務者に立ち向かう権田たち。

トネガワは下は危ないと兵藤会長を上へと誘導する。

帝愛のビル中に多重債務者がまるでゾンビ映画のゾンビのよういうろついている。

多重債務者が「いたぞ、会長だ」という声に見つかったと思ったが、まさやんが棒を持って立っていた。

まさやんは、襲い掛かる多重債務者を杖でいなしながら戦っている。山崎がまさやんを助けに行こうとするもトネガワが止める。

まさやんの覚悟を無駄にするつもりかと。

今のうちに、本物をおぶって逃げる。

しかし、まさやんは多重債務者に捕まってしまう。

屋上までやってきたトネガワたち。屋上では、ヘリがホバリングして空中で待機していた。ヘリから縄梯子が下ろされ、兵藤会長を誘導する。

縄梯子に登る三人だが、多重債務者が追いつき、縄橋子を掴む。

トネガワは、了承してかりたのはキサマらだと蹴落とそうとするも数の圧倒で、足を掴まれ、服を掴まれ、強引を下ろされてしまう。

落ちたトネガワにゾンビのように群がる多重債務者。

ベッドから飛び起きるトネガワ。

夢。

一連の出来事はすべてトネガワが見た夢。

トネガワは冷蔵庫の飲み物を飲んで一息つく。

ゲレー金利の撤廃なんてあるはずがないと歯ブラシに歯磨き粉をつけて、ベランダにでるトネガワ。

しかし、2018年の日本では、グレー金利は撤廃されている。払いすぎている借金が戻ってくるかもしれない。

中間管理録トネガワ 第59話ネタバレ感想・まとめ

多重債務者が完全にゾンビだった。

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

帝愛ビル内をゾンビのようにうろつく多重債務者たち | 引用元:中間管理録トネガワ 第59話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

インゴシマ 第43話ネタバレ感想『アキラの仲間アレックスが若林にイヤツコ脱出法を説く』

イヤツコからの選抜があると説明するアレックス | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

イヤツコからの選抜があると説明するアレックス | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第43話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第43話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第43話ネタバレストーリー・あらすじ

イヤツコの配給に並ぶ男たち。

自分の分を少なくよそったとイヤツコの女の髪の毛をひっぱる男。

女に殴りかかっている男を見て、若林は声をあげるもアレックスはターゲットにされるから無視しろと若林を座らせる。

二人は、静かにゴミの残飯を漁る。

チャンスについてアレックスに聞く若林 | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

チャンスについてアレックスに聞く若林 | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

若林は、アレックスにチャンスがあるといった意味を教えてくれという。

アレックスは、ハエたかる骨にへばりついている肉を噛み千切り食べる。

若林は、自分には助けにいかなければならない奴等がいると苛立ちをアレックスに見せる。

この島には支配する者とされる者がいる。島の人間とそれ以外の人間。シンプルだがその差は圧倒的で絶対だというアレックス。

支配する者のトップ。絶対的キングがインゴ。

外から来る者は、ヤツラに狩られ、選別される。その結果、支配される者スレイブに落とされたのが自分たちだというアレックス。

イヤツコの説明を若林にするアレックス | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

イヤツコの説明を若林にするアレックス | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

スレイブ、シマビトはイヤツコと呼んでいる。

卑しい奴隷かと、自分の足に重りをつけられた若林はしみじみ思う。

この島の社会における支配のロジックは力。強き者が弱き者を支配できるという野蛮なヒエラルキー。

若林は、アレックスの島に関する講釈を聞き、チャンスのことを聞く。

アレックスは「セレクション」だという。選抜。

シマビトが「強き者」をリクルートとして吸い上げる。

支配者がより強い力を維持しようとすれば、その組織にはそれ相応に従える兵隊の数が必要。こんな環境ではすぐに欠員が出る。

アレックスは、シマビトの警備にわかりやすいように食った骨を投げ捨てる。

シマビトは、若林とアレックスに気付く。

アレックスは、補充兵として選ばれるには、シマビトの仲間と認められる力を示す必要がある。

シマビトは、若林たちのところに来て、何を喋っているとナタを突きつける。

アヤシキイヤツコは罰するとナタを振り下ろすシマビト。

若林に振り下ろされたナタ。アレックスは若林の腕を引いて、回避させる。

インゴシマ 第43話ネタバレ感想・考察まとめ

アレックスという名前は、アキラが持っていたタグに刻まれていた名前と同じ。

そして、アレックスの首から下がるタグにもアキラの文字。

アレックスが首からさげているタグ | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

アレックスが首からさげているタグ | 引用元:インゴシマ 第43話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

アキラの仲間なら軍人だし、この品祖な食事でこの肉体をどうやって維持してきたのかは不明だけど、アレックスは相当強いだろう。

アレックスはどうしていままで、補充兵として認めてもらえてなかったのだろうか。それとも最近になってその法則に気付いたのか。

これほどの屈強な肉体を持っているアレックスをなんでイヤツコに落としたのだろうか。

まともな食事もとれないようなイヤツコでリクルートすることが本当だとしたら、シマビトの警備兵たちも相当貧弱だと思われる。

だから、アキラのようなカラダの女性にもやられてしまうのか。

いや、全身焼きただれても高崎を襲ったように何かの薬で痛覚を麻痺して戦っているのが現状か。

いずれにしてもインゴにしてみれば、使い捨てのコマなんだろうな。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

地獄楽 第43話ネタバレ感想『天仙様の弱点は花弁』

仙汰の最後はゆずりはの胸の中で逝く | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

仙汰の最後はゆずりはの胸の中で逝く | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第43話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第43話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第43話ネタバレストーリー・あらすじ

佐切がムーダンの動きを止め、その隙に士遠が秘策の剣を振り上げる。

二箇所の丹田を同時に斬る。

振り下ろした直後、士遠の脳に疑問が過ぎる。

丹田が弱点か疑問に思う士遠 | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

丹田が弱点か疑問に思う士遠 | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

丹田が本当に弱点なのか。佐切の話では力の源。だが強いタオは感じない。

ムーダンが再生していく。迷っている時間はない。

植物の丹田にあたるのは胚珠だという仙汰 | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

植物の丹田にあたるのは胚珠だという仙汰 | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

そこに仙汰が胚珠だと叫ぶ。

植物の化物なら丹田は胚珠。花の養分が集まったところ。花弁の中心だという。

仙汰の言葉で、剣先の目標を即座に変更した士遠。

花弁の中心が割れ、中にはムーダンの無数の顔があった。

斬られたムーダンは士遠を見て美しいという。自分らではたどり着けない完璧な陰陽。リエンに教えたい。

士遠の姿が美しいというムーダン | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

士遠の姿が美しいというムーダン | 引用元:地獄楽 第43話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンが血しぶきをあげる。

ムーダンは最後に千年待ったと士遠に感謝の言葉を贈り倒れる。

ムーダンを倒した後、仙汰に駆け寄る佐切。

しかし、ゆずりはは持って半刻だという。佐切はゆずりはの軟膏を聞く。ゆずりはは一人分はあるけど、士遠に使ったほうがいいという。軟膏はあくまでも止血用で、怪我人を連れて行けるほど先は甘くない。仙汰を諦めるように佐切にいう。

佐切は涙を浮かべ、ゆずりはに訴えるもゆずりはは、現実主義だと頑な。

ゆずりはは、倒れる仙汰にしゃがみこみ状況を話す。

もう長くないから役目を捨てて楽にしていいという。最後くらい正直に好きなことだけ考えてればいい。家族の事、故郷に残した好きな人。その人の胸の中でも思い浮かべて美しい景色の中でいきなさい。優しい言葉をかけてゆずりはは仙汰に胸を貸す。

仙汰は最後に笑顔でいく。

仙汰の墓の前にして佐切はゆずりはに感謝する。ゆずりはの冷静さにまた助けられた。罪人も処刑人も関係ない。すべてを生きて帰ることに集中させようという。

全員で必ず生きてこの島を出ると決意を新たにする佐切。

地獄楽 第43話ネタバレ感想・考察・まとめ

千年かけて、男女の肉体を変化させ、一人で陰陽を巡回させられる化物に変容していったのに、数十年生きた人間(士遠)のタオにやられてしまうって、天仙様は相当なポンコツなのか、それとも士遠が神がかりなのか。

それとも天仙様たちも数十年生きた辺りが一番強かったのだろうか。千年生きていくうちに弱くなっていったのか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

画眉丸の妻
画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。