日別アーカイブ: 2019-02-01

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想『偶然にもコウヘイに接近する一ノ瀬』

一ノ瀬はコウヘイに落し物だとテレフォンカードを手渡す | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一ノ瀬はコウヘイに落し物だとテレフォンカードを手渡す | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第23話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレストーリー・あらすじ

深見、一ノ瀬は朝河に事情聴取をしていた。

その時、朝河は犯人は右手に腕時計をしていたと証言する。

警察署。

被害者は、能登宏樹36歳。元講談組構成員。過去に暴行恐喝による逮捕歴がある。

鋭器による心臓の損傷での失血死。血液から複数の薬物が検出されており、常習犯の可能性あり。

現場は夕刻。駅前喫茶店店内。容疑者は能登と同行していた男性と見て間違いない。

容疑者の容姿は、身長175~180cm。短髪で30~40代。見た目。ワイシャツにズボン、革靴。退店時にレジで接客した店員によれば、印象に残りづらい顔。入店してきたときと退店時では顔が違っていたと証言。

特に慌ててる様子もなく、極めて冷静に店を出たとの話し。能登の交流関係をさらって該当する人物がいないか捜査中。薬物がらみの線を検討。

次に遺留品について。コーヒーカップから指紋を採取。タバコの吸殻から唾液の検出。現在、指紋の照合と唾液の検査を行っている。

犯行時の状況について。店内に複数の客、店員がいたにもかかわらず、誰も気付かなかったという。口論や争いなどはなかったと思われる。つまり、抵抗する間も与えず、真正面から一撃で仕留めたと。

左胸に鋭器による創傷がひとつ。心臓にまで到達しており、これが原因なのは間違いない。その成傷器の特定がなんとも。傷口を見るに、日本刀や匕首ではないかと考える。胸骨をもろともせず、刃が縦方向に刺突されていることが気になるところ。

入り口は、その刺切傷のみ。しかし、心臓はズタズタに引き裂かれている。つまり、刺突し、心臓まで到達した後、内部で先端が変形して心臓を斬り裂き、また元に戻って引き抜かれた。果たして、そのような鋭器がありえるだろうか。

店員の証言では、容疑者は終始手ぶらだったという。

容疑者が寄生生物ではないかと質問する | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

容疑者が寄生生物ではないかと質問する | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一人の刑事が、容疑者の頭部が不自然に変形したという証言はなかったかと質問するもないと返事を受ける。

質問した刑事は、北署の平間に報告すべきかと考える。

一ノ瀬は街中で、コウヘイと野田の二人組みに、落し物ですと声をかける。

コウヘイは一ノ瀬からテレフォンカードを受取る | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイは一ノ瀬からテレフォンカードを受取る | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイが一ノ瀬が落としたというものを見ると猫のテレフォンカード。受け取り確認するも自分のではないと一ノ瀬に返そうとする。

コウヘイが触ったテレフォンカードをハンカチでくるんでポケットに入れる一ノ瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

コウヘイが触ったテレフォンカードをハンカチでくるんでポケットに入れる一ノ瀬 | 引用元:寄生獣リバーシ 第23話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

一ノ瀬は、そうですかとコウヘイからテレフォンカードを受取る。

立ち去るコウヘイと野田を見て、一ノ瀬はコウヘイから受取ったテレフォンカードをハンカチに挟みポケットに入れる。

寄生獣リバーシ 第23話ネタバレ感想・まとめ

野田が頭のいい奴だったら、落し物と出したテレフォンカードをハンカチにくるんでポケットにいれたことに疑問を持つだろうか。疑問に持ったなら一ノ瀬はこの後、野田に始末される。

勘などではなく、ただの不運であるというナレーションから一ノ瀬がやられるということか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想『股間攻撃と胸揉み攻撃でもんもんする椿』

椿を凝視しながら胸を揉む起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿を凝視しながら胸を揉む起立 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想・まとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ
  • あらくれお嬢様はもんもんしている 概要
  • あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

起立は眼鏡を落とし、眼鏡を探すためにずり這いをする。

そのまま、椿に覆いかぶさる形となった。

椿は、起立が覆いかぶさってきたことに動揺するも、これは絶好のチャンス。

この先に監視カメラがあったはずだから、そこまでいければ、言い逃れできない犯行現場を映像に収めることができると考える椿。

しかし、その作戦も一瞬で頭から吹き飛ぶ事態が起きる。

起立に股間をアタックされる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

起立に股間をアタックされる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿の股間に起立が膝が当たる。

全身に衝撃が巡る椿。

目の見えない起立には、何が当たったのかわからなかった。

起立は、それでも眼鏡を探そうとぐりぐりと膝を動かす。

それに感じる椿。

胸を揉まれる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

胸を揉まれる椿 | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

次に起立は、椿の胸に手がいく。

前が見えない起立は、触った柔らかいものを揉みしだく。

起立は、椿の胸を揉みながら、じっと椿のことを見つめる。

椿は襲われると感じた。

起立は、間近で椿の顔を凝視してやっと椿だと理解する。

起立は、なんでこんなところに椿がいるのか驚愕する。転ばせたのも罠かと椿を罵る起立。

椿は、勝手に一人で転んで勝手にかぶさってきたと事実をいうと、起立はすごすごと失礼したと椿の上から降りる。

そして、眼鏡を発見する起立。

起立は振り向きもせず、暗いから帰るようにと椿に言い放ち、その場を去って行く。

続きをしてもらえなかった椿はもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

続きをしてもらえなかった椿はもんもんする | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

椿は、ひとりでもんもんしてバカみたいとモジモジしながら帰っていく。

起立は、椿の女子バレーのユニフォーム姿が最大の弱点だった。ユニフォーム姿に動揺して、転倒してしまい、その後のことはよくわからなかったが眼鏡が見つかってよかったと思っている起立。

起立の弱点は女子バレーのユニフォーム姿だった | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

起立の弱点は女子バレーのユニフォーム姿だった | 引用元:あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編) 漫画:木下由一

あらくれお嬢様はもんもんしている 第3話(後編)ネタバレ感想・まとめ

目が見えず、触ったことがなければ、胸を触っても胸とはわからないかもな。

コミックDAYS『あらくれお嬢様はもんもんしている』を読んで。

あらくれお嬢様はもんもんしている 登場人物・キャラクターまとめ

口無 椿(くちなしつばき)
天衣無縫学院の理事長の孫娘。 自分が男に好かれる容姿だと一応把握している。

起立匡史(きりつただし)
時代遅れの風紀委員。 曲がったことを正す快感に、生きる喜びを得ている。

千原好雄(ちはらよしお)
イケメン男子生徒だが、椿は動悸しない男子。

あらくれお嬢様はもんもんしている 概要

学園の女王様・口無 椿(くちなし つばき)は理事長の孫娘という立場を利用し、 ムカツク男共に色仕掛けをしては退学に追い込んでいた。
────だけど今度のターゲットだけは全然上手くいかない。 風紀委員の起立匡史(きりつただし)を前にすると、 椿のハニートラップはなんだか過激になってっちゃうの!

たとえばの話だけど、嫌いなヤツに発情しちゃうとしたら――どうする?学園の女王様はいつもどおりハニートラップするだけ ‥‥ハズでした。色欲から学ぶ恋愛事始めラブコメ爆誕!!!

あらくれお嬢様はもんもんしているを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

奴隷遊戯 第45話ネタバレ感想『ガトーの合流とライブラエクソダスの開催』

ガトーに敵意むき出しにするテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガトーに敵意むき出しにするテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第45話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第45話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第45話ネタバレストーリー・あらすじ

カイの奴隷となるガトーは、ゴトウからカイと因縁の桐島のことを聞く。

それを聞いてもどこ吹く風で聞くガトー。

ゴトウは、ガトーのことを戦地で重大な国際法の違反でソサエティに来たと聞いたというゴトウに両手を挙げて誤魔化すガトー。

本来では、鷹司側で戦うはずだったという思いもあるのではとカマをかけるゴトウだが、ガトーは腹が減ったというだけ。

そこに、廊下にでてきたテラノと遭遇。テラノはガトーに敵意むき出しで睨みつける。

間に入ったのはゴトウ。無用な争いをやめさせる。

テラノは別室にいかせ、ゴトウはカイの元にガトーを届ける。

カイは、ガトーに頭を下げて挨拶する。

ガトーは、ゴトウから1通り話は聞いたという。

余ったデロスで飯を食べさせて欲しいとねだるガトー | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

余ったデロスで飯を食べさせて欲しいとねだるガトー | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

持ち金6000万デロスで自分を引くチャンスは3回。2回目で引き当てた。残りの2000万デロスで飯を食わせてほしいという。

突然の申し出に目が点になるカイ。

ガトーの要望通り飯を食べさせる | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガトーの要望通り飯を食べさせる | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

カイはガトーの申し出通りに飯を用意する。

次の戦いの場所となるライブラエクソダスの会場が見れる一室で豪華な食事。

ガトーとテラノが勢い良く食べる。

ガトーが熊の手にありつけることにご満悦。ヒグマの手は高級食材だと柏崎がいうと、ゴリラの手より美味いというガトー。

岩塩で焼いただけという自分の料理にも問題があるかもだけど、ゴリラの手よりもヒグマの手のほうが美味しいという。

ゴリラが食べられることに驚くカイ。

ガトーは、食べるよりも倒すことのほうが骨が折れるという。ゴリラに限らず、目に入る動物は1通り食べたという。アルパカとかセイウチとか。

それを聞いて有村が大笑いする。

キリンもカバも食べたことないからまだまだだと謙遜するガトー | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

キリンもカバも食べたことないからまだまだだと謙遜するガトー | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガトーは、キリンもカバも食べたことないのでまだまだだと謙遜する。

テラノは何枚の皿を食べ尽くすと柏崎がムキに食べなくてもと指摘する。それに威圧するテラノ。

箸で魚を突いて飛び出た目玉を食べ、吐き出すテラノは気に入らないと唸る。

気に入らないというのは浜口も同じだった。始末されるかもしれない戦いを控えているのに何のお祝いなんだとテーブルを叩く。楽しくメシを食べる余裕なんてないと。

ガトーは、戦争はそういうものだという。昨日まで守っていたはずの村に戦況がひとつ変わればミサイルを撃ち込む。生まれたばかりの子供がいる家を焼き尽くす。神も仏もない。

カイは、このメンバーなら戦えると考える。そして、全員生きて地上に戻すと心に決める。

外の世界では、カイは妹のソラノに付き合っていた。

パフェを食べるソラノを見て、大きくなったソラノを両親はしらない。涙がでてくるカイ。

父親が、毎日戦っていたのか最近少しずつわかる気がする。それは命に代えても守らないといけないものがあるからだと。

ソラノは自分だって子供じゃない。バイトだってするし、少しはアテにしてという。

レックス当日。会場控え室。カイは、みんなに言う。

ライブラエクソダスは解放のための戦いと弔い合戦だということを肝に銘じるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスは解放のための戦いと弔い合戦だということを肝に銘じるカイ | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

相手はランキングのトップ集団らしい。ここで勝てば、俺らでコンピラシティの上位ランキングを独占できるはず。この戦いはみんなを解放するためと同時に自分にとってみたさないといけない両親の弔い合戦なんだと自分に言い聞かせるカイ。

ライブラエクソダスの開催を宣言する。

ライブラエクソダスに挑むカイチーム | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ライブラエクソダスに挑むカイチーム | 引用元:奴隷遊戯 第45話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷遊戯 第45話ネタバレ感想・考察まとめ

うろ覚えだけど、鷹司との勝負でもらえるのは、いくらだったっけ?

ガトーの分も入れると、ライブラエクソダスに勝利しても全員分の解放する金は得られないのではないだろうか。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。