日別アーカイブ: 2019-03-02

デスラバ 第54話ネタバレ感想『聖女島の管理人は銀髪さやか』

飯田美穂もその気はないという | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

飯田美穂もその気はないという | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

  • デスラバ 第54話ネタバレストーリー・あらすじ
  • デスラバ 第54話ネタバレ感想・まとめ
  • デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ
  • デスラバ 概要
  • デスラバを連載している無料WEBマンガ『マガポケ』について

デスラバ 第54話ネタバレストーリー・あらすじ

新たな島で、DT仲間を見つけた康介。

寝泊りするところも必要ということで、原田が発見したホテルに到着した。

本格的なリゾートホテル。

康介がホテルに入ろうとするも玄関が開かない。玄関以外に入れそうなところはない。

原田に聞くも原田も入れなかったという。窓も強化ガラスで入れないという。

途方にくれていたとき、康介たちに呼びかける声が聞えた。

女五人。

新たに遭遇した女性たち | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

新たに遭遇した女性たち | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

中には、康介が見た褐色の美女もいた。

聖女機関なのかと警戒する康介たち。

鎌田は首謀者と決め付けるとメガネの女・坂口洋子が勘違いしているという。

原田は言い争いは一旦やめて、ホテルの中に入ろうという。熱帯とはいえ、夜は冷えるだろうからと。

海老原絢美は、それができるならとっくに入っているという。

女達もホテルへの入り方を知らないようだ。

ホテルの入り方も知らないということは首謀者じゃないということかと鎌田は聞く。

鎌田のDT話を汚らわしいという中淵えな | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

鎌田のDT話を汚らわしいという中淵えな | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

中淵えなは、ふざけるなと鎌田の首を絞める。想像するだけでも汚らわしい。

飯田美穂は、えなをとめて、男たちにその気はないという。

聖女機関の女性たちと態度がまるで違う。それどころか、男を目の敵にしている。

彼女らの言動が嘘でないとするなら首謀者は別にいると考える康介。

急にドアが開く。

女性たちは、ホテルの中に入っていく。康介たちもいくしかないだろうと中に入る。

中は一見、変哲もないホテルのロビー。誰かがやってくる。

女は、康介たちと女性たちを見て、全員揃っているといって、管理人と名乗る。

その管理人はさやか。銀髪のさやか。聖女島へ、ようこそ。

聖女島の管理人は銀髪になったさやか | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

聖女島の管理人は銀髪になったさやか | 引用元:デスラバ 第54話 原作:カズタカ 漫画:智弘カイ

デスラバ 第54話ネタバレ感想・まとめ

やっぱり、女性たちはSJか何かで男を毛嫌いしている設定ではないだろうか。

マガポケ『デスラバ』を読んで。

デスラバ 登場人物・キャラクターまとめ

藤代康介(ふじしろこうすけ)
女嫌いの高校生。

伊府さやか
所長。康介の幼馴染の女性。

伊良部和親(いらぶかずちか)
17歳。リーゼントの男。

助川清(すけかわきよし)
33歳。メガネで潔癖症の男。

風祭俊太(かざまつりしゅんた)
16歳。

大河原岬(おおがわらみさき)
24歳。デブ。

上条慎太郎(かみじょう しんたろう)
28歳。無表情な男。カギなど盗む。元傭兵。

愛奈(あいな)
金髪の女性。

桐島絵里奈(きりしま えりな)
貧乳の長髪の女性。

蜜子(蜜子)
黒髪の女性。

鎌田義久(かまたよしひさ)
島で遭遇した別施設にいたメガネの男。

原田隆史(はらだたかし)
島で遭遇した別施設にいたイケメンマッチョの男。

坂口洋子(さかぐちようこ)
メガネの女。

海老原絢美(えびはらあやみ)
ツインテールの女の子。

中淵えな(なかぶちえな)
髪の毛を後ろに結んだ乱暴女。

飯田美穂(いいだみほ)
黒髪の女。

デスラバ 概要

女嫌いの高校生・藤代康介は学校からの帰り道、突如何者かに拉致されてしまう。目が覚めると、椅子に縛り付けられ、見知らぬ美少女に嬲られようとしていた!!そこは男が檻に閉じ込められ、女たちに管理される謎の監獄!!ここは一体どこなのか?そして美少女たちの目的は!? 謎が謎を呼ぶ、絶望エロティック・サスペンス!!

デスラバを連載している無料マンガアプリ『マガポケ』について

<「マガポケ」ってどんなアプリ? >
◎「週刊少年マガジン」&「別冊少年マガジン」の公式マンガアプリ!!
◎人気の連載最新話を “最速” で読めるのはマガポケだけ!
◎ “マンガ好き必見!” のマガポケ限定オリジナル連載も続々登場!
毎日たっぷり無料で楽しめる、「新しくて、おもしろい」 キミのためのマンガアプリ、それがマガポケ(マガジンポケット)!

魔都精兵のスレイブ 第7話ネタバレ感想『今回のご褒美は踏みつけでマゾ優希覚醒』

今回のご褒美は踏みつけでマゾ優希覚醒 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

今回のご褒美は踏みつけでマゾ優希覚醒 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

  • 魔都精兵のスレイブ 第7話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 魔都精兵のスレイブ 第7話ネタバレ感想・考察
  • 魔都精兵のスレイブ 登場人物・キャラクター
  • 魔都精兵のスレイブを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

魔都精兵のスレイブ 第7話ネタバレストーリー・あらすじ

醜鬼に乗った女と対峙する京香。

優希の姉は、桃を食べながら、弟はお姉ちゃん子だったと思い出話をする。

将来は、姉と結婚するとか毎日言ってたり、少し大きくなるとヤンチャになるけど、それをしつけるのも楽しい日々だった。

弟自慢を始める優希の姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

弟自慢を始める優希の姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

顔もイケメンだけど、家事も上手くなってどこに出しても恥かしくない自慢の弟だと弟自慢をする姉。

合体した醜鬼が咆哮を上げる。

それが気に入らなかった姉は、髪の毛を伸ばして、巨大化した醜鬼に撒きつけ、一瞬で潰してしまう。

醜鬼を潰し、ミンチにした肉団子をおやつだと一本角に差し出す。一本角は肉団子を食べる。

京香は、姉にお前が総大将かと切りつけるも京香の剣を軽々弾き、半分正解だという。京香たちが魔都について全然わかっていないという姉。

姉が口を開く。

先ほど、口から強烈な光線を放ったことを思い出し、京香は回避するために優希を残して跳躍する。

姉は最初から分離が目的だった。

変身した優希を見て醜鬼じゃなかったことに驚く姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

変身した優希を見て醜鬼じゃなかったことに驚く姉 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

姉は、優希に攻撃を仕掛ける。しかし、攻撃の直前に醜鬼でないことに気づく姉。

京香が剣を切り上げるも姉は、またも軽々回避する。

醜鬼のようなものが醜鬼でなかった。そんなことがあるのかと戦いもせず、退却していく。

京香は、逃げていく一本角を負うべく優希に追跡の同行を求めるも、優希は、やられた朱々や日万凛を残った醜鬼から助けていた。

怒りで我を忘れて部下を失いかけたことを反省する京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

怒りで我を忘れて部下を失いかけたことを反省する京香 | 引用元:魔都精兵のスレイブ 第7話 原作:タカヒロ 漫画:竹村洋平

京香は、自分の顔を殴り、残った醜鬼の殲滅に専念する。

怒りに我を忘れて、大切な部下を失うところだったと反省する京香。

寮に戻ると、勇気は褒美を貰っていた。京香の足で踏みつけられていた。

京香は、今回は普通にあきれたという。こんなことが潜在的に褒美になる優希を。

魔都精兵のスレイブ 第7話ネタバレ感想・考察

優希の姉は、京香のことを魔都を全然知らない者といったけど、醜鬼以外の化け物が存在したことに驚く姉を見ると、魔都には醜鬼以外の化け物をはいないということだろうか。

そして、優希の姉が、七番組に執着する理由もできた。醜鬼ではない何かの正体を知るべく、執拗に七番組を攻撃してくるだろう。

少年ジャンプ+『魔都精兵のスレイブ』を読んで。

魔都精兵のスレイブ 登場人物・キャラクター

和倉優希(わくらゆうき)
高校3年生。魔防隊七番組羽前京香の奴隷兼寮の管理人。

羽前京香(うぜんきょうか)
魔防隊七番組組長。能力:奴隷化。

東日万凛(あずまひまり)
魔防隊七番組。能力:身体武器化。

駿河朱々(するがしゅしゅ)
魔防隊七番組。能力:玉体革命(パラダイムシフト)。身体伸縮。三姉妹の末っ子。

大川村寧(おおかわむらねい)
魔防隊七番組。11歳。能力:千里眼。

魔都精兵のスレイブ 概要

『アカメが斬る!』のタカヒロと『パパのいうことを聞きなさい!』の竹村洋平が強力タッグを結成。日本各所に異世界「魔都」への扉が出現!化け物から人々を守る“痛快&可愛い”ヒロインたちのバトルファンタジー!!

魔都精兵のスレイブを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。