日別アーカイブ: 2019-04-12

奴隷遊戯 第50話ネタバレ感想『有村の反撃』

指を噛み千切る有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

指を噛み千切る有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第50話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第50話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第50話ネタバレストーリー・あらすじ

有村無き、中条組では、本部長杉咲がタバコをふかしている。

舎弟が指が入った器をキレイに磨き、指は簡単に落ちないものなんだと杉咲に話す。

杉咲は、組によっては指の詰め方も多少違うという。縦に裂いてから落とす組もあるというと舎弟は身震いする。

有村は、全部食いちぎるという。有村から連絡ないのはどんだけ美味しいシノギにありついているんだと勘違いしている。

当の有村は、現在、足を負傷し、風間と対峙している。

カイ陣営のボックス処理も遅くなり、天秤は傾いてきている。

カイとのボックスの処理の連携ミスで、300キロのボックスを直撃を受け、風間の攻撃を受けた有村はすでに血ダルマ状態。一方、風間は無傷状態。誰もが早期決着が予想できた。

風間は、手負いの有村ではなく、次のターゲットを物色し始める。

余所見をしている風間にケリを入れようとする有村だが、簡単にかわされてしまう。

かわされただけでも折れた足に激痛が走り、尻餅をつく有村。

ガトーは有村を心配するもテラノは憎まれ口を叩く。

有村は借りた金はちゃんと返すもんだとテラノに返す。

足が折れていても勝負はもう終わるという有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

足が折れていても勝負はもう終わるという有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

立つこともままならない有村を心配するガトー。

そこに風間がやってきて有村の首を掴み、トドメを誘うと手をふりあげる。

その瞬間、有村は風間の身体を引き寄せ抱きつく。

そして、風間の鼻を噛み千切る。

風間に抱きつきキスをする有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

風間に抱きつきキスをする有村 | 引用元:奴隷遊戯 第50話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

奴隷遊戯 第50話ネタバレ感想・考察まとめ

有村の足は、完全に骨折しているのか。だとすると、立つのもやっとだろうから、このまま風間が有村に接近するのを待つしかない。鼻を噛み千切ったのはいいけど、次の攻撃はかわせないのではないか。でも、有村がリタイアするような場面でもないし。。。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

アラタプライマル 第10話ネタバレ感想『原始人に連れて行かれたアラタ』

アラタに来るように要求する原始の民 | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

アラタに来るように要求する原始の民 | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

  • アラタプライマル 第10話ネタバレストーリー・あらすじ
  • アラタプライマル 第10話ネタバレ感想・考察
  • アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • アラタプライマル 概要
  • アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

アラタプライマル 第10話ネタバレストーリー・あらすじ

スミロドンに襲われそうになったアラタと大和を助けたのは原始の民。

原始の民は、倒したスミロドンの牙を折り取る。

大和は、原始の民が襲ってくるかもしれない。怪我人を早く避難所へと促す。

スミロドンの牙を取る原始の民 | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

スミロドンの牙を取る原始の民 | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

原始の民は、スミロドンに致命傷を負わせた槍を抜き取り、大和の頭を跳び箱のように飛び越え、アラタのほうに走ってくる。

更に跳躍し、アラタの前に着地する。

原始の民は何か話しかけてくるが言葉がわからない。

気がつくと、ジャングルのほうには数人の原始の民がやってきていた。

複数の原始の民がアラタの前に現れる | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

複数の原始の民がアラタの前に現れる | 引用元:アラタプライマル 第10話 原作:及川大輔 漫画:村瀬克俊

原始の民の目的がわからない。

一人の男が、倒したスミロドンのところにやってきて、膝をつき、何か言葉を発し、そして、虫の息のスミロドンの首をかっきり、とどめを刺す。その後も男は言葉を発し、スミロドンの目を閉じさせる。

その男を見たアラタは、不思議な感覚に包まれた。

それは川。激流になればいとも簡単に全てを奪われるような。命を生み、時には命をも絶つ大自然のような。絶対的存在感。

森からやってきた原始の民の一人がアラタの前に躍り出た原始の民に何か叫んでる。最初に来た原始の民も何か言い返している。言い争いをしてるようだ。

原始の民の目的はアラタだ。

最初に来た原始の民が槍をアラタに突きつけて何かを言っている。

スミロドンのトドメを刺した男が何かをいうと、アラタに突きつけていた槍を引く。

そして、男はアラタにこっちにくるようにというようなジェスチャーをする。

大和がこっちに来いということかと動こうとすると、原始の民は大和を静止させ、アラタを指差す。

辰雄は、自分が代わりになるというも原始の民は声を荒げてる。

アラタは大和に担架を持つ役を変わってほしいという。辰雄はアラタが原始の民のところにいくつもりだと知り、ダメだと否定する。

しかし、アラタは大丈夫だという。

避難所では、大和たちが戻ってきたことに歓喜する。

辰雄はすぐに自衛隊に息子が攫われたと助けを求める。

アラタプライマル 第10話ネタバレ感想・考察

アラタという人物に興味があったから誘ったのか。原始人=知能が低いと思ったけど、そうでもないのか。

アラタを連れて行ってどうするつもりなのか。

自然を知り、動物に愛されている人間を観察したいだけなのか。それとも原始人の文化のなかで言い伝えかなにかあって、言い伝えの人物にアラタが当てはまるのか。

でも槍を突きつけた奴がいるから、少なくとも崇拝対象ではないだろう。

このまま、仲良しになっちゃったら原始の世界が発生しても障害がなくなってしまう。障害は大きく、害虫・害獣と原始人だったけど、原始人が仲良くなれば、害虫・害獣の対処も教えてくれるだろう。

そこで、原始の世界でサバイバルといっても電気は使えないとはいえ、現在の器具などがあるから、それほどサバイバル感も必要なくなってくる。

タイムスリップ、原始時代、サバイバルの要素でいままでなかったようなストーリー展開になっていくのか。

少年ジャンプ+『アラタプライマル』を読んで。

アラタプライマル 登場人物・キャラクター一覧まとめ

皆素新太(みなもとあらた)
近づくと電子機器が不調を起こす特殊体質を持つ少年。

皆素辰雄(みなもとたつお)
アラタの父親。

堀口(ほりぐち)
辰雄の親友。

蓮実(はすみ)
アラタの母親。停電の理由を知る女性。

伊藤美空(いとうみそら)
肩にサルのマヨミチを乗せている。

マヨミチ
美空のペットのサル。人に懐かない。アラタには懐いている。

大和(やまと)
美空のボルダリング仲間。

忠信(ただのぶ)
美空のボルダリング仲間。

陽(よう)
美空のボルダリング仲間。

カンナ
美空のボルダリング仲間。先輩?

黒髪の子。
美空のボルダリング仲間。アラタと同じ学校の子。

アラタプライマル 概要

世界を救う鍵は原始の世界に有り!?つながる現在と過去。燃ゆる情熱が未来を切り拓く!!時代と文明を超える原始サバイバルミステリー!!

アラタプライマルを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。