日別アーカイブ: 2019-04-15

インゴシマ 第55話ネタバレ感想『高崎と太一の過去エピソード』

高崎と太一の過去エピソード2 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

高崎と太一の過去エピソード2 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第55話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第55話ネタバレストーリー・あらすじ

助けにきた橘にタイマンだから手を出すなという高崎。

高崎は、コリオに太腿を噛み千切られ出血している。

以前の高崎と太一。

カラダ中に怪我を負った太一が、自分のせいでこんなことになってゴメンと高崎に謝罪する。高崎も怪我をしている。

高崎と太一の過去エピソード1 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

高崎と太一の過去エピソード1 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

しかし、高崎は水くせえと返す。

太一は、高崎まで怪我することはなかったというと、太一がやられて見過ごせないという高崎。

高崎は、コーラを太一に渡す。

仲間がボコられたんだ、100倍リベンジするという。自分がどうなろうと好きなやつが傷つくのは許せないと頑なな高崎。

高崎に感謝する太一。

高崎と太一の過去エピソード3 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

高崎と太一の過去エピソード3 | 引用元:インゴシマ 第55話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

ラストの左ハイキックは世界王者ムラコシみたいだったと高崎の武勇を語る太一。ミッチの左ハイキック世界最強説という太一。

そうやって笑う太一の思い出が高崎の頭に甦る。

コリオや突進してくる。

高崎は、突進してくるコリオの喉に左前蹴りを出し、コリオの動きととめてからの、左ハイキックをコリオの顔面にくらわせる。

そして、パンチを繰り出す高崎。

インゴシマ 第55話ネタバレ感想・考察まとめ

太一がどれだけ高崎にとって大切な存在だったかの過去エピソード。確かに、このマンガは、開始早々に船が遭難して、インゴシマについて話が進んでるので、個々の人物の人柄というものや背景が見えないので、感情移入がしづらい。これまででは橘ぐらいしかなかったから、高崎もでてきて、これからも増えるだろうけど、そういう意味では、最初にいた大量の人物は一気に始末して、個々の人物を掘り下げていったほうがよかったということなのだろうか。

若林先生も初期に比べたら、絵的にはカッコよくなったけど、どれだけ生徒のことを考えている教師なのか、いまいちぴんとこない。鮎川を個人的に親しいみたいだから、鮎加波を助ける一心だけなのか、教師としての志がある人なのかわからない。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

太一
高校生。

馬場
高校生。新聞部。シマビトの最初の襲撃で火矢を頭に受けて亡くなる。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

田村葉子(たむらようこ)
高校生。2年3組。海の儀式の生贄にされる。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

金原道夫(かねはらみちお)
フリージア船長。シマビトからフリージアを守るために自爆。

三枝智也(さえぐさともや)
フリージアサードオフィサー。山の儀式の生贄にされる。

シマビト
島の住人。島に来た人間を生贄にする。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

地獄楽 第54話ネタバレ感想『メイが再幼女化する』

腕が樹化しはじめるメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

腕が樹化しはじめるメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第54話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第54話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第54話ネタバレストーリー・あらすじ

徐福。古代中国、蓁の始皇帝に仕えた方士。「東方の三神山(蓬莱、方丈、えい州)に仙薬がある」と始皇帝に進言し、三千以上の良家の子女と百の技術者、財宝や五穀の種と数十隻の大型船を用意させ、東方の海へと旅立ったが、何年経っても蓁に戻らず、行方知れずとなった。

徐福論で付知たちが会話を交わしている間に、メイはふらつき倒れる。

メイの左腕が樹化し始める。メイは、自分の身体は不完全で、タオを使うと樹化が進む。一人で回復はできないという。

画眉丸みたいに相生のタオを探せばというもメイは自分にはタオが少なく、循環足りないという。リエンに丹田、胚珠を破壊されたからという。

新しく出てきた人物の名前、リエン。メイは、リエンは自分と同じで徐福に作られた最初の弟子だという。

リエンは、外丹法のために沢山始末した。それをとめようとしたメイは、リエンに切られ、繋がれた。メイは蓬莱から逃げた。

その話を聞いて、ほうこは、自分のタオを使えという。てんせん様は生物のタオを抜き出し、自分のタオにすることができる。メイもしているのを見たという。

ほうこは、もうすぐ自分が樹化するし、贖罪だという。メイとであったのは数百年前。メイを見つけたとき、樹化してしまった娘に見えた。ほうこは倒れていたメイを連れ帰り、家族の真似事を続けていたという。

ほうこは、数百年も自分の未練につき合わせて許して欲しいとメイに懺悔するホウコ。償えるのは今だけ。どうか命を使って欲しいという。

ほうこのタオを吸い取るメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

ほうこのタオを吸い取るメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

メイは、本当の親子みたいだったと、涙を流し、ほうこのタオを吸い取る。

再幼女化するメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

再幼女化するメイ | 引用元:地獄楽 第54話 著者:賀来ゆうじ

ほうこは消滅し、メイは幼い姿に戻る。

桐馬は、巌鉄斎に土下座して、剣を教えてくれと頼む。

画眉丸に復讐するためじゃない。島を自分の手で生き抜くためだという桐馬に盗賊の言葉を信じろというのかと返す巌鉄斎。

桐馬は自分の長い髪を切り、身の証なんてこれしかできないけど本気だという。巌鉄斎のことは好きじゃないが自分よりも強い。だから剣を教えて欲しいという桐馬。

巌鉄斎は、立ち上がり、好きにしろという。

桐馬は、泥をすすってでも力とつける。一人でも戦えるように。兄と並んで闘えるように。

地獄楽 第54話ネタバレ感想・考察・まとめ

メイが幼女化した。タオが減ると大人化して、さらに樹化するのか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠
火の属性:画眉丸
土の属性:ゆずりは、ムーダン
金の属性:
水の属性:ヌルガイ

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“百本狩り”いがみの慶雲(けいうん)
上陸組の一人。傭兵修行中に武具そのものに魅入られてしまった荒法師。武芸者から奪い集めた武具は百以上。始末した中には高名な剣豪もいるとか。画眉丸に始末される。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

“殺し念仏”法流坊(ほうるぼう)
上陸組の一人。

“人食い花魁”あか絹
上陸組の一人。士遠によって始末される。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

“ころび伴天連”茂籠牧耶(もろまきや)
上陸組の一人。ゆずりはに人体実験されて始末される。

“備前の大巨人”陸郎太(ろくろうた)
上陸組の一人。熊を頭から食べる大男。空腹にしてはいけない。佐切にやられる。

衛善(えいぜん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流一位。備前の大巨人・陸郎太の監視役。陸郎太に始末される。

期聖(きしょう)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十一位。いがみの慶雲の監視役。監視対象がいなくなったので帰郷する。船でソウシンにやられていた。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

ゲンジ
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流八位。茂籠牧耶の監視役。ゆずりはの色仕掛けにかかって、ゆずりはの護衛になる。陸郎太にやられる。

仙汰(せんた)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流五位。ゆずりはの監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

典坐(てんざ)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流十位。ヌルガイの監視役。ヌルガイと士遠を逃がすためにてんせん様に始末される。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

ほうこ
木人間。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(宗師)(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

終末のハーレム 第61話ネタバレ感想『いじめられてたエリカを奴隷にする翔太』

エリカをベッドに押し倒す翔太 | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

エリカをベッドに押し倒す翔太 | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

  • 終末のハーレム 第61話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 終末のハーレム 第61話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧
  • 終末のハーレム 概要
  • 終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

終末のハーレム 第61話ネタバレストーリー・あらすじ

翔太の前に現れたのは、MKウイルス発生前では翔太をいじめていたエリカ。

エリカは薬物が抜けて元気になったというカレンが翔太の背中を押す。

カレンは、エリカとメイティングしても柚希を落胆させないと耳そばで囁く。

柚希のことを否定しようとする翔太だが、カレンは、翔太とエリカを部屋に押し込んで、ごゆっくりと言ってドアを閉める。

しおらしくなるエリカ | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

しおらしくなるエリカ | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

部屋を出ようとする翔太の手を引っ張って止めるエリカ。

香港に上陸した怜人たちは中国当局に見つかっていた。

銃口を突きつけられ、絵理紗たちも銃を構える。

絵理紗の危惧は的中していた。予め武装していた怜人たちだったが、この状況をどうすればいいかわからなかった。

中国当局も動かない。

そこにトラックが割って入り、その機に路地裏からチャイナドレスを着た女に「こっち」と逃走を促される。

謎のチャイナドレスの女に助けられる絵理紗たち | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

謎のチャイナドレスの女に助けられる絵理紗たち | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

仕方なく怜人たちはチャイナドレスの女の指示に従う。

カレンのところに火野が怒鳴り込んでくる。カレンは警備に火野を通すようにいう。

火野は、説明を求めるもとぼけるカレン。

火野はとぼけるカレンに怒鳴り散らす。

とぼけつづけるカレンに火野は、前任者やマンスフィールドを呼び出すことを要求するもカレンは聞かない。埒が明かないとわかった火野は捨てセリフを残して部屋をあとにする。

その後に首藤総務長官がやってきて、わざわざ揉めるようなリスクを負わなくてもというもカレンは、揉めることが目的だったと考えないのかと笑う。

エリカと部屋に残った翔太。

エリカは、地震の時の感謝の気持ちを伝える。大した意味はないとそっけない翔太。どうしてもいじめられてたときのことを思い出す。

エリカは翔太のことをカッコよくなったというもお世辞はいらないと冷たい態度の翔太。

エリカは、薬を取り出し、中毒は治ったけど、今も飲んでる薬だといい、翔太に飲ませた欲しいという。

翔太はそんな態度を取るエリカを見て、面白い時代になったといい、エリカの要望に応える。

薬を取り出し、エリカの口の中に指を突っ込み、エリカの口の中をかき回す。

エリカの表情に興奮した翔太はエリカをそのままベッドに押し倒す。

終末のハーレム 第61話ネタバレ感想・考察まとめ

カレンの目的が世界を手中に収めたいと思っているなら、ナンバーズを使って、UWに反乱を起こすということだろうか。

ナンバーズは、人類にとって貴重だとしても、権力は皆無。ナンバーズ自体に争うつもりの人間が一人もいない。

そこに闘争心を煽って、ナンバーズ同士の争いを作り、権力闘争まで拡大していくという狙いなのか。

揉めること自体が目的だというカレン | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

揉めること自体が目的だというカレン | 引用元:終末のハーレム 第61話 原作:LINK 漫画:宵野コタロー

少年ジャンプ+『終末のハーレム』を読んで。

終末のハーレム 登場人物・キャラクター一覧

<ナンバー1:火野恭司グループ>

火野恭司(ひのきょうじ)
最初に目覚めた男性。メイティングに積極的。まひるを狙っている。

石動寧々子(いするぎねねこ)
恭司の専属担当官。

<ナンバー2:水原怜人グループ>

水原怜人(みずはられいと)
医大生。2番目に目覚めた男性。幼馴染の絵理紗を想う気持ちが強く、メイティングには消極的。

周防美来(すおうみら)
怜人の専属担当官。絵理紗によく似た容姿。詳しい情報は謎に包まれている。

片桐麗亜(かたぎりれあ)
怜人の専属担当官の一人。男嫌いなため怜人に厳しい。美来とは旧知の仲。

黒田マリア
怜人の専属担当官の一人。ウイルス専門の研究者。服を着るのを忘れがち。

翠(すい)
怜人の専属担当官の一人。普段は温厚だが仕事時はスイッチが入る。

龍造寺朱音(りゅうぞうじあかね)
怜人の専属担当官の一人。酒好き。ことあるごとに怜人に迫る。

水原まひる
怜人の妹で極度のブラコン。難民地区に出入りしている。

橘絵理沙(たちばなえりさ)
怜人の幼馴染で3年前から行方不明。怜人に手がかりを残す。

<ナンバー3:土井翔太グループ>

土井翔太(どいしょうた)
高校生。3番目に目覚めた男性。過去にいじめを受けていた。担任のゆず先生こと羽生柚希に憧れている。

神谷花蓮(かみやカレン)
翔太の専属担当官。翔太にメイティングさせるため、あらゆる手を尽くす。

柊春歌(ひいらぎしゅんか)
声優やアニメが大好き。熱中すると周りが見えなくなる。

一条奈都(いちじょうなつ)
名家出身のお嬢様。文武両道を地で行く優秀な生徒。

東堂晶(とうどうあきら)
スポーツ万能。クールな外見とは裏腹に乙女な一面も。

黒田・レイン・ちふゆ
飛び級で高校生になった天才少女。運動はとても苦手。

羽生柚希(はにゅうゆずき)
翔太の元担任教師。翔太の初体験の相手となったが…?

エリカ
過去に翔太をイジメていたグループの女。

小雪
新体操。翔太に積極的になる。

葉句露(はくろ)
小雪と同室のクラスメート。小雪と一緒に翔太に迫る。

柳律香(やなぎりっか)
黒ギャル。

<ナンバー4:木根渕善グループ>

木根渕善(きねぶちぜん)
4番目にコールドスリープから目覚めた男性。30歳。製薬会社勤務。睡眠カプセルごと強奪されて目覚めさせられ、聖なる下僕にされる。

安保ころん(あぽうころん)
木根渕が勤務する製薬会社の取引先のアポロン病院の安保院長の妻。イザナミでは医療班。

安保恋子(あぽうここ)
安保院長の娘。イザナミでは医療班。

出芽輝奈(いずめてるな)
木根渕が勤務する製薬会社の女上司。課長。木根渕に当たりがキツい。イザナミでは農耕班のリーダー。

ミキ
木根渕の恋人。木根渕の赤ちゃんを身籠る。

有手美鈴(ありてみずす)
イザナミのメンバー。狩猟・採集班のリーダー。

兵州手亜咲美(へすてあさみ)
イザナミのメンバー。建設班のリーダー。

保世いと(ほせいと)
イザナミのメンバー。漁業班のリーダー。

<その他・UW関連>

ナンバー5
詳細不明。

クロエ・マンスフィールド
UW世界本部幹部。

鬼原
国務長官。

終末のハーレム 概要

難病を治療するためのコールドスリープから目覚めた主人公が、男性だけを死滅させるウイルスによって男性が99.9%死滅していた世界に直面し、出会ったばかりの女性たちとの子作りを懇願されて困惑する一方、残りわずかな男性たちを救うために必要な特効薬の開発を目指す日々を描く。

終末のハーレムを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。