月別アーカイブ: 2019年5月

奴隷遊戯 第53話ネタバレ感想『毒攻撃を無効にするガトー』

【画像】感じる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】感じる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第53話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第53話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第53話ネタバレストーリー・あらすじ

犯罪者は桐島だけではない。

花杜も院内の患者を点滴で事件を起こした毒婦。名前と顔を変えてレックスに参戦。チャンピオン陣営の選手層が厚い。

花杜の毒の仕込みナイフを掠めたガトーは膝をつく。

ガトーを心配するカイに対し、花杜の活躍に拍手を送る鷹司。

花杜を高い金払って勝ち取ったことに意味があった考える。

ガトーが膝をついたことで、ボックスを落としていた役の柏崎と浜口が武器を手にする。

ガトーの体内には毒が巡っていた。それをガトーは楽しんでいた。

これまでの戦地や野生生活の中で自ら積極的に毒を摂取し、体内に血清抗体を精製してきた記憶と戯れていた。

アマゾン流域。

ガトーは息荒げに倒れていた。ガトーの横には、クロドクシボグモがいる。アマゾン流域に生息し、その毒性を世界に誇る毒蜘蛛は、指されると猛烈な痛みを齎す。

そこに黒ヒョウが現れる。そんな危険な状況を解決してきたガトー。

【画像】後ろからガトーに羽交い絞めにされる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】後ろからガトーに羽交い絞めにされる花杜 | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

ガトーは花杜を後ろから抱きつき羽交い絞めにする。

ガトーは、花杜に毒は効かない。男女差別はしないといい、襲ってきた黒ヒョウのように花杜の体を締め上げる。

そして、花杜の首の骨が外れる音がして、力なく倒れる。

花杜の頭蓋骨と頚椎の骨を外した。なんでもありの柔術でも数少ない禁じ手・ネッククランク。ガトーのミックスドマーシャルアーツが炸裂。

【画像】カイに敬礼するガトー | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】カイに敬礼するガトー | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

鷹司陣営では、重りボックスを端に寄せて、九十九が重りボックスの周りの床をナックルをつけて殴り始める。

殴った箇所が弱くなり、重りボックスの重りで分厚いプレートに穴が空く。

奴隷遊戯 第53話ネタバレ感想・考察まとめ

九十九は、床にくぼみをつけて、重りを固定する。敵陣営の反対側に重りを寄せることで、敵陣営のプレートに対して上り坂のような角度にして、そこから走ってジャンプして、敵陣営に飛び移るということをやろうとしているのだろうか。

【画像】九十九がパンチでプレートに穴をあける | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】九十九がパンチでプレートに穴をあける | 引用元:奴隷遊戯 第53話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売 | インゴシマより引用

【本日発売】インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売 | インゴシマより引用

  • インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 最新刊コミックス第5巻 5月24日(金)本日発売

無残な姿に成り果てた太一が残された力を振り絞るように語る、異形のシマビト「コリオ・インゴ」の残虐非道。怒りに衝き動かされた高崎は復讐の意志を固めるが、生き延びることが先決だと市原に諭される。啓太とアキラは合流を急ぐも、先に高崎たちを発見したのはコリオの手勢だった。一方、島における奴隷の身分「イヤツコ」に落とされた若林は、同じ立場にいる西洋人アレックスから脱出プランの話を聞き出す。アレックスは語る。リスクはあるがチャンスもある。飛び込めるか否かは、お前次第だ――荒ぶる運命の渦の中で、うねりに翻弄される者は闇に呑まれてしまうのか――希望を紡ぐ者を照らす光はあるのか。選択の重みそのものが生死を選り分けていく、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

【先読み】ケンガンオメガ 第19話ネタバレ感想『光我の弱点である脱力を克服させる暮石』

【画像】王馬からの呪縛から解き放たれる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】王馬からの呪縛から解き放たれる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第19話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第19話ネタバレストーリー・あらすじ

クレイシ道場、修業初日。

ダッドリーのパンチを受ける暮石。

ダッドリーのパンチは、のけぞった状態で下からの打ち上げパンチ。

暮石が持つグローブを天井に弾き飛ばすほどの威力。

光我は、コスモに変則的な打撃の練習をしているのかと聞く。ダッドリーは特別。ダッドリーは生まれつき体幹の筋肉が異常に強い。だからあんな体勢から強い打撃が出せる。セオリーから外れているけど、「長所を生かす」が師匠のモットーだという。

ダッドリーは以前、試合で戦ったことあるけど、あのときよりずっと強いというコスモ。

関林やホセでもダッドリーのような真似はできない。プロレスラーとはベクトルが違う凄さ。

光我は、鍛えたらダッドリーのような打撃が使えるようになるかとコスモに聞くも無理だろうと答える。

技術というより能力に近いと考える。

ダッドリーの練習がひと段落したところで暮石は、光我を見る。

実力を見るために、サンドバッグを殴ってみてという。

150kgある大きなサンドバッグを1分全力で打ってみてほしいという。

光我はサンドバッグに向かって拳を構える。

一ヶ月のプロレス修行で他の力があがってる。龍鬼の運足鍛錬で動きの無駄も少なくなった。成果を見せる時。

【画像】暮石に感覚を思い出すように言われる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】暮石に感覚を思い出すように言われる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

暮石が、光我の服を後ろから引っ張り、サンドバッグではなく、シャドーからやろうと切り替える。

暮石は、スケートの時と同じ。あの感覚を思い出してという。

光我は、思い出す。

【画像】いままでの修行のことを思い出す光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】いままでの修行のことを思い出す光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

空気が変わる。力まず構えた光我は、シャドーを始める。

暮石は、筋はいいと見る。余計な力みが消えた。

光我は、ずっと王馬を追ってきた。ここまで強くなれたのは王馬のおかげ。それと同時に王馬に縛られている。王馬は通過点。光我の目標は「誰よりも強くなること」だと再認識する。

【画像】シャドーをやる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】シャドーをやる光我 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

暮石は、拍手をして、「スタートライン」に立ったと光我を褒める。

力みと脱力のアンバランス。超初歩的なことだけど、はまると一流格闘家でもなかなか抜け出せない蟻地獄。これまでの光我は、力みすぎて、自分が思う以上に力を無駄にしていた。

光我はいままでと全然違う感覚を覚える。スケートをさせたのも「脱力」の感覚を掴んでもらうためだという暮石。

【画像】力みと脱力のアンバランスだという暮石 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】力みと脱力のアンバランスだという暮石 | 引用元:ケンガンオメガ 第19話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

ケンガンオメガ 第19話ネタバレ感想・考察まとめ

ホセたちが言っていた、光我のもうひとつの弱点というのは「脱力」なのかな。

言い方からして、初歩的にして重要というよりも、根幹的に重要な欠点という印象だったけど、前者だったのか。

つまり、これで光我は、格闘家としての致命的な弱点はなくなったということかな。

王馬の呪縛から解き放たれて、真の格闘家としての意識に目覚めたことこそが、弱点の克服だったのではないだろうか。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想『ボーンクラッシャー愛之助』

【画像】ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレストーリー・あらすじ

ジーフェイの鉄山コウを食らった愛之助は、息が出来ないほどの衝撃を受ける。

内臓がダメージを受け、愛之助は倒れる。

咳き込みながら、今のは何だったのだとジーフェイを見る。

いままで受けたことがない打撃だった。

カラダの内側が気持ち悪い。

【画像】ジーフェイの発勁を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイの発勁を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

ジーフェイは、愛之助に発勁を食らうのは初めてかと聞く。

初めてではないと答え、しかも骨までは砕けていないという。

愛之助は立ち上がる。立ち上がるも全身に力が入らない。

このまま攻撃しても威力は6割が限界。まずは、立て直さないと。

愛之助は、呼吸を整える。一撃で倒すのは無理。まずはジーフェイの攻撃を凌ぐことを考える。

【画像】空手の基本の型サンチンの構えをする愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】空手の基本の型サンチンの構えをする愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

愛之助の構えを見て、ロウランは白鶴拳かと考える。似ているが、空手のサンチンと呼ばれる基本の構えだとロウランに教えるシェンメイ。

ジーフェイの突きに対して、いなす愛之助。

ジーフェイの肘の攻撃を肘で迎え撃ち、ジーフェイの動きを止める。

そこに正拳突きを繰り出す愛之助。

正拳突きを回避するジーフェイ。屈んだまま、蹴りを出し、足にヒットさせるも愛之助はびくともしない。

【画像】正拳突きをジーフェイに食らわせる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

【画像】正拳突きをジーフェイに食らわせる愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話 漫画:丸山恭右

そして、愛之助は改めて、正拳突きを繰り出す。ジーフェイはガードしつつも正拳突きの威力で後ろに飛ばされる。

シェンメイは、愛之助は空手においてかなりの実力者。周りから、「ボーンクラッシャー」と呼ばれているという。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第22話ネタバレ感想・まとめ

ボーンクラッシャーの異名を持つ愛之助が、ツヨシの発勁で逆に骨を砕かれたのか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話ネタバレ感想『メイドコスプレのドメスティカ・ノーヴェ』

【画像】メイドコスプレのドメスティカ・ノーヴェの胸の谷間に指を入れる冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】メイドコスプレのドメスティカ・ノーヴェの胸の谷間に指を入れる冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

鬼頭は、岩楯にアスマがコードを所持していなかったことを確認する。

岩楯はボディチェックの際にBDPスキャンをかけたがコードはひとつも所持していないし、使用もしていなかったという。

それを聞いて大笑いする鬼頭。

ボスのアスマへの特別扱いっぷりが滑稽に見えてきたという。しょぼいかめはめ破しか打てないような落ちぶれた元力士相手に負けてしまうポンコツだと罵る。

さらに、岩楯の腕の後遺症をハンドカノンの反動なら回復コードで回復しておけという。コードが不足しているならトレードしてやるというも断る岩楯。

鬼頭は、メシにしようとコードでバベルバーガーセットを注文する。

すると、どこからとも無くウェイトレスが現れ、注文のバベルバーガーセットを持ってくる。

その姿は、メイドで一瞬アンフィルかと思う容貌だった。土田はアンフィルかと思ったが似てるけど違った。

その様子を見ていた冴木は、名前を聞く。

ドメスティカ・ノーヴェと名乗り、トレジャーハントの魔でお世話をする案内人の一人だという。

【画像】メイドコスプレのドメスティカ・ノーヴェの服をめくる冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】メイドコスプレのドメスティカ・ノーヴェの服をめくる冴木 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

冴木は、ノーヴェの胸元を指で押し下げ、俺も世話をしてもらおうという。

ノーヴェは、喜んでというと、冴木は、この深い谷間で温めてほしいと、ノーヴェの胸の谷間に指を入れる。

ノーヴェは、こういうことは専門担当を呼び出すコードまたは、「案内人」に対して絶対命令を強制するスキルコードをご利用してほしいという。

そんなのいいじゃんという冴木に、股の下から威嚇するノーヴェ。一度目はサービスだけど、二度目はちょんぎると脅す。

そんなやりとりを見て、鬼頭は笑う。そういうのは人間相手にしなという。新人歓迎パーティで「狩り」にいこうという鬼頭。クアドリなんとかという集団に宮本といういい女がいるという。

鬼頭は、土田に腹減ったんならコードポイント使うくら構わないという。しかし、土田はコードを所持していない。

鬼頭は、索道の間はどの駅で降りたのかと聞く。土田は「牛の駅」と答えると鬼頭は、全回復コードを大量ゲットできるサービスミッションで収穫ゼロなことに大笑いする。

鬼頭たちも「牛の間」だったという。

鬼頭は、まどろみの丘で亡くなった後藤が持っていたアイテム「猿の手」があれば、ノーヴェとも楽しめたかもしれないという。

【画像】コードのやりとりは可能だという岩楯 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】コードのやりとりは可能だという岩楯 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

土田は、岩楯に一度誰かにインプットしたコードでもまた別の者が使えたりするのかと質問するとBDPさえのこっていれば「コードポイント」でスキャンしてデータを取り出せる。再インプットもしくは、シリンジ状態に戻せるという。

土田は、アンフィルが教えてくれていたら、眠り牛の間で余計ないざこざが起きなかったのにと悔しがる。

これまで生き延びられたのは、水嶋、タツキ、アスマがいたおかげで、自分が何の役にもたっていないと自己嫌悪に陥る土田。

その時、緊急事態の放送がなる。体育館に至急集合。

体育館では、ボスであるサイモンに襲い掛かるアスマを毒島が必死に止めていた。

エリカは、駆けつけた鬼頭たちに、ボスをコードポイントに運んで全回復の指示を出す。

状況をつかめない岩楯たちだったが毒島がアスマを抑えきれないとサイモンの移動を急かさせる。

土田も体育館にやってきていた。アスマが土田の背後を取って、首を絞める。

【画像】土田に頼み事をするアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】土田に頼み事をするアスマ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

土田は、自分だとアスマにいう。アスマは、小声でそのままで聞けといいながら首絞めは続ける。

アスマは、土田に絹代の居場所を探すようにいう。そして、頼むと土田に頼み事をするアスマ。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第45話ネタバレ感想・まとめ

アスマがコードなしでもこんなに強いにはどうしてだろうか。もし、カラダを鍛えているだけというなら、鍛えればバベルダンジョンをクリアできるというぐらいのレベルになってしまう。

アスマは、アンフィルのように、カラダ自体、作られたもので、コードが入っていない状態でも四肢自体がコードを持っていたりするということなのだろうか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

毒島
「ビッシオーネ」の一員。岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
「ビッシオーネ」の一員。毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
「ビッシオーネ」の一員。吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
「ビッシオーネ」の一員。阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
「ビッシオーネ」の一員。円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

真衣
「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
真衣たちの仲間。

岩田
真衣たちの仲間。モヒカン。

須藤遊哉
彩花の彼氏。

江木心
遊哉の師匠。

メロ
江木の仲間。

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

サイモン・F・ネッド
「ビッシオーネ」のボス。

鬼頭
「ビッシオーネ」の一員。

ドメスティカ・ノーヴェ
トレジャーハントの間の案内人のひとり。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!