日別アーカイブ: 2019-06-06

【先読み】ケンガンオメガ 第21話ネタバレ感想『二徳の流儀はサンボ』

【画像】二徳の流儀はサンボ | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】二徳の流儀はサンボ | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

  • ケンガンオメガ 第21話ネタバレストーリー・あらすじ
  • ケンガンオメガ 第21話ネタバレ感想・考察まとめ
  • ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • ケンガンオメガ 概要
  • ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

ケンガンオメガ 第21話ネタバレストーリー・あらすじ

15年前、豊田出光は裏格闘技団体「煉獄」を立ち上げた。煉獄の闘士はA(~30人)、B(~200人)、C(~2000人)の三段級に分かれている。

元A級闘士の試合を見るのは初めてだという山下。

コスモが師匠の暮石が以前に煉獄にいたことを聞いた事があるという。暮石が参戦したのは随分昔だから、参考程度に聞いて欲しいという。

C級は光るやつもいるけど、全体レベルはそれほどじゃない。B級もピンキリ。A級は別格。A級にいるのは「強い奴」と「超強い奴」だけだという。暮石がいう「超強い奴」は拳願仕合のトップクラスかそれ以上に強いかもという。

コスモが話している間に、闘技者二徳と、元煉獄A級闘士・幽崎の仕合が始まった。

幽崎が動き、間接狙いの蹴りを出す。二徳は軽く引く。幽崎は、二徳の顔を狙う。

【画像】幽崎無門の流儀は蛇形拳か!? | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】幽崎無門の流儀は蛇形拳か!? | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

幽崎は、蛇形拳の使い手かと考える。蛇形に特化した拳。あるいは、形意拳のように型のうちのひとつか。

二徳は、幽崎の手の内をもう少し探ろうとする。

幽崎の腕の攻撃がフリッカーのような特殊な動きをする。

幽崎は、二徳が逃げられないように、二徳の足を踏みつける。

【画像】幽崎の拳を大胆に倒れて回避する二徳 | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】幽崎の拳を大胆に倒れて回避する二徳 | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

踏みつけてからの突き。しかし、二徳は倒れるように幽崎の突きを回避。

踏まれた足を掴む。幽崎は、すぐに後ろに後退。二徳はそのまま追いかけ、中段蹴りを幽崎に入れる。

更に二徳のラッシュが続き、幽崎を押す形となる。

二徳の右フックをかわし、幽崎はタックルで二徳を転ばせる。そのままマウントを取って頭部への攻撃。

龍鬼は秋山に、拳願のルールを再確認する。仕合で死なせたら罰則。龍鬼は、二徳と幽崎の戦いを見て始末するつもりだと感じた。

【画像】マウントから腕ひしぎ十字固めで返す二徳 | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

【画像】マウントから腕ひしぎ十字固めで返す二徳 | 引用元:ケンガンオメガ 第21話 原作:サンドロビッチ・ヤバ子 漫画:だろめおん

幽崎が二徳に決め技を入れようとしたとき、二徳は幽崎の腕を取り、マウントから脱出し、腕ひしぎ十字固めを決める。

コスモは、光我に二徳の流儀は何かわかるかとクイズを出す。

柔術でも柔道でもない。サンボではないかと光我がいうとコスモは光我の洞察力は半端じゃないと感心する。

サンボは、ロシア発祥の格闘技で、柔術や柔道に似てるけど、本質的には「剛の技」。柔術の「柔の技」と正反対だというコスモ。表でも裏でも剛のサブミッションで二徳よりも上の人を見たことがないという。

ケンガンオメガ 第21話ネタバレ感想・考察まとめ

幽崎は、右腕を壊れてでも脱出するつもりなのか。それともここから返せるのか。

蛇的な動きをマスターしているところから、するりと抜けるのかもしれない。

マンガワン『ケンガンオメガ』を読んで。

ケンガンオメガ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

成島光我(なるしまこうが)
真の強さを求める男。

浅利孝介(あさりこうすけ)
光我の友人。

臥王龍鬼(がおうりゅうき)
滅堂を頼ってきた。顔が王馬とそっくりな男。

今井コスモ(いまいこすも)
打撃レベルを上げてきた組み技主体の格闘家。

打吹黒狼(うつぶきこくろう)
デビュー一年で、7勝を上げ、内3勝の相手は20勝以上挙げた闘技者。

呉風水
拳願会と呉一族との窓口担当。

片原鞘香
拳願会職員。

豊田出光
煉獄のオーナー。拳願会を吸収するべく対抗戦を提案。

エドワード・呉
煉獄の枠ひとつをもらいに豊田に交渉する男。呉一族と関連あり。

ケンガンオメガ 概要

企業同士の争いを、雇った闘技者のタイマン勝負で決着をつける…裏格闘技。

拳願仕合(ケンガンジアイ)の存在を知った一人の男が、山下商事を訪れる。

あのトーナメントから2年後…「ケンガンアシュラ」から続くシリーズ最新作、開幕。

ケンガンオメガを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想『愛之助の究極の正拳突き』

【画像】愛之助の究極の正拳突き | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】愛之助の究極の正拳突き | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレストーリー・あらすじ

ジーフェイの化勁を食らって、立っているのも限界の愛之助だが、ここで負けるわけにはいかないと踏ん張る。

さっきの正拳突きは、本領の正拳で撃てたわけではないのに、いつもと違う手ごたえがあった。

もう少し、その先にいける気がすると感じる愛之助。

視界が歪む。頭を抑え、ふらつく愛之助。

フェンメイの目からでも愛之助は限界だった。

ジーフェイも愛之助にやめておいたほうがいいと警告する。

それでも愛之助はかかってこいと強がる。

愛之助は、ジーフェイが仕掛けてこない限り、倒れるつもりはないといい、自分如き倒せないようではツヨシの足元にも及ばないとジーフェイを挑発する。

ジーフェイは、ため息をつき、一撃で終わらせるという。八極拳が二度打ちいらずと呼ばれる所以を見せてやる。

愛之助は奇遇だと返す。空手にも一撃必殺ってのがあると。

互いににらみ合い、ジーフェイが動く。

愛之助は、あの時の感覚を思い出せと体に言い聞かせる。

この時、愛之助の体からあらゆる感覚が消えた。視覚、聴覚、痛覚、触覚、平衡覚、、、極限状態により至る脱力の境地。

そして、究極の正拳突きが放たれる。

神槍脚

【画像】神槍脚を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】神槍脚を食らう愛之助 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

愛之助の究極の正拳突きはジーフェイに届かず、ジーフェイの足が愛之助の腹に深く突き刺さる。

通常八極拳において、中段以上の蹴り技を使うことは極めて少ない。幾多の実戦においてジーフェイの体に刻み込まれていたのは型ではなく、常識の裏切り方だった。

倒れて起き上がってこない愛之助を確認し、ジーフェイはツヨシに相手を願う。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話ネタバレ感想・まとめ

威力があっても当たらなければ意味がない。

しかし、ジーフェイは常識の裏切り方というが、愛之助は八極拳たるものを知らないだろうから、八極拳からみたら常識はずれに中段蹴りだったとしても、八極拳の常識をしらない愛之助からしたら裏切られたという感じにならないだろう。

単純に、蹴りが来て、究極の正拳突きがあたらなかっただけではないだろうか。

【画像】ジーフェイは常識の裏切り方が体に染み付いていた | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

【画像】ジーフェイは常識の裏切り方が体に染み付いていた | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第24話 漫画:丸山恭右

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】出会って5秒でバトル 第96話ネタバレ感想『<厄災>の発動条件はフィールドトラップ』

【画像】<厄災>の発動条件を推理するアキラ | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

【画像】<厄災>の発動条件を推理するアキラ | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

  • 出会って5秒でバトル 第96話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 出会って5秒でバトル 第96話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 出会って5秒でバトル 4thプログラムチーム別能力まとめ
  • 出会って5秒でバトル 概要
  • 出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

出会って5秒でバトル 第96話ネタバレストーリー・あらすじ

アキラは<厄災>のトリガーに気づいた上で、わざと<厄災>に飛び込む。

15分前。

霧崎の道場にやって来たアキラ。

霧崎の祖母に事情を聞く。霧崎とユーリともう一人の女の子が姿を消したという証言を聞く。

それを聞いて動じないアキラに、祖母はあの出来事は本当にあったということかと納得する。

アキラは、霧崎の道場に向かう前に、メールが二通来ていることに気づく。

メールの一通目は、北島からの報告だった。

霧崎の道場に来て見ても誰もいなかった。

アキラは、長髪の男はいなかったかと祖母に聞くも孫と娘二人しかいなかったと答える祖母。

途中の階段で熊切のジャケットが落ちていた。別の場所にいたはずの熊切も行方不明。

熊切とユーリが別行動をとったのは敵に遭遇したから。階段で敵と遭遇し、熊切が残った。ユーリは霧崎の元に向かった。その途中でアキラに連絡した。

熊切やユーリたちを消したのは、その「階段の敵」の能力か。それだけ辻褄が合わない。

熊切が「階段の敵」を一人で引き受け、ユーリを霧崎のもとへ向かったのは、霧崎も襲われていることを知ったからだろう。つまり、霧崎の祖母が目的した「砂糖を操る女」は「階段の敵」の仲間のはず。だが、「階段の敵」の能力が熊切を消したとしたら、その後に、誰にも姿を見られずにユーリと霧崎をけし、さらに仲間をも消し去った?

自分の能力を秘密にするため、そういった何かの理由で全員始末することにしたのか。

自分の能力を目撃した霧崎の祖母は「消さず」に放置。仲間までも消すやつなら目撃者だって始末するはず。「階段の敵」も含め、霧崎家にいた参加者だけが全員いなくなった。

アキラは二通目に来た万年青からのメールとつながる可能性が高いと考える。

万年青からは、3thプログラムでの貸しを返してくれ
<厄災>で待つ。

<厄災>で待っている。ユーリたちが消えたのは敵の能力じゃないとすれば、知っていた万年青がこんなメールを送りつけてきたのではないか。

魅音は<厄災>は、強制的にクリアを早めるシステムといった。つまり、参加者の数を減らしていくということ。何かの条件を満たした参加者を隔離するのが<厄災>だとすれば、万年青の言葉とも魅音の説明とも合致する。

そして、ユーリも熊切も敵さえも<厄災>によって隔離された。隔離されなかった自分やりんごとの違いは一つ。霧崎家にいた参加者。それを「位置」だと推理するアキラ。

魅音は、東京をフィールドに設定し、最後まで出る事はできないといったが、あえていわないことでヒントを出していた。

【画像】フィールドから出たものを隔離して間引くのが<厄災> | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

【画像】フィールドから出たものを隔離して間引くのが<厄災> | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

フィールドから出たものは隔離され間引かれる。それこそが<厄災>というシステム。

そのフィールドは狭くなっていく。ユーリ達が戦っているうちにこの霧崎の家がフィールド外になってしまった。

【画像】フィールドはどんどん狭まっていく | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

【画像】フィールドはどんどん狭まっていく | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

さっきから、アキラの周囲でどんどん増えていく羽根。これがフィールドを出た者を隔離するトラップ。

ここまでの推理が正しいとするなら、<厄災>は予想不能。アキラの能力は一人だと無力も同然。ユーリ達と合流できる保証もない。何も予期できない場所へ単独で飛び込むのは自殺行為。

【画像】予期不能な<厄災>に単独で飛び込むのは自殺行為だと認識するアキラ | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

【画像】予期不能な<厄災>に単独で飛び込むのは自殺行為だと認識するアキラ | 引用元:出会って5秒でバトル 第96話 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

ユーリとした約束をやぶって、もう一回だけ無茶するとアキラは羽根を手に取る。

すると、男が現れる。

万年青のメールの最後にあったことが本当なら<厄災>で決着をつける。

万年青は最後に、「魅音も必ず来る。ここならあいつを殺せる」と。

出会って5秒でバトル 第96話ネタバレ感想・考察まとめ

<厄災>の発動条件がフィールドから出た者というアキラの推理は、ユーリたちが消えた霧崎の道場に来て、道場に不自然に散乱している羽根が増えていて、霧崎の祖母がそれを気味悪がっていないという点は大きな点だろう。

更に、羽根の増え方次第でもあるが、一方方向から順に羽根が増えているとするなら、フィールドの中心もおおよそ予想できる。ただ、そのフィールドの狭まる時間、タイミング、狭まり方によって、一定時間毎に狭まる中心点が移動する可能性もある。

とはいっても、ある程度、狭まれば、最終中心点がどこかは予想できるだろう。

フィールドが狭くなっていき、最後には皆近距離で戦うということか。接近戦が得意な能力者はできるだけ粘ることができたら有利になるな。

 

マンガワン『出会って5秒でバトル』を読んで。

出会って5秒でバトル 4thプログラムチーム別能力まとめ

<第一監視人 ガナシャチーム>

【監視人】ガナシャ:能力の詳細不明
白柳燈夜(しろやなぎとうや):相手にひとつだけ使命を授ける能力
天那:ハリガネを自在に操る能力
九龍(ガウロン):暗器能力
紗道京介:対象の影を実現化して同じ能力で戦わせる能力
甘村千歳:食べた砂糖を綿菓子に変える能力





<第二監視人 ペルコチーム>

【監視人】ペルコ:能力の詳細不明
飯塚怜司(いいづかれいじ):目の前で起きたことをなかったことにする能力
間狩翔(まがりしょう):物を回転運動させる能力








<第三監視人ラウィールチーム>

【監視人】ラウィール:能力の詳細不明
X:価値のある物を爆弾に変える能力
残りのチームメンバーは4thプログラムスタート時にXに始末される。

<第四監視人 ウロモフチーム>

【監視人】レオンハルト:<厄災>を仕切る。能力の詳細不明
【監視人代理】ウロモフ:能力の詳細不明
13番:感覚を共有する能力
49番:影から影へ瞬間移動できる能力
73番:指の力を30倍にする能力
男1(小太り):対象二人の足を鎖で繋げる能力
102番(目ぱっちり):木の枝をあらゆる武器に変える能力
65番(目閉じてる):手から放電する能力
22番:探しものの在処を把握する能力
不明:不明
不明:不明
不明:不明
不明:不明

<第五監視人 魅音(みおん)チーム>

【監視人】魅音(みおん):手を大砲に変える能力
白柳啓(しろやなぎあきら):相手があなたの能力だと思った能力
天翔有利(あまがけゆうり):身体能力が5倍になる
熊切真(くまきりしん):2秒間無敵になる能力
多々良りんご(たたらりんご):相手の能力を1/10でコピーする能力
北島浩二(きたじまこうじ):手が地面に触れている時、相手の能力を無効化する能力
霧崎円(きりさきまどか):木の棒が何でも切れる剣に変わる能力。他人の能力を強制解除する能力。
香椎鈴(かしいれい):体液から拷問具を生み出す能力
万年青 伊織(おもと いおり):能力の詳細不明(手を大砲に変える能力)
如月葵(きさらぎあおい):対象をゴム化させる能力
万年青の仲間(男):能力の詳細不明
獅子堂:能力の詳細不明

<第六監視人 ノルドチーム>
※ノルドはライハルトに始末され、代理がいるが能力の詳細不明。

【監視人】ノルドの代理・星野王子:能力の詳細不明
黒木クレア:
猪瀬竜次:
郡山新太郎:
柏原シソ:
鬼土丈:





出会って5秒でバトル 概要

主人公、白柳 啓(しろやなぎ あきら)は現在16歳の高校生。趣味はゲーム。成績は全国模試でもトップクラス。そんな彼は公式、文法、単語、年表・・・単にどれだけ記憶できるかを競うだけの受験戦争などに興味はなく、さまざまなテーマを与えられ、それに従った効率的な攻略法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する。そういったゲームを求めていた。そのため、普通の日常というものに退屈していたのだが・・・

突然現れた謎の包帯男により、その日常は崩壊した。啓は、その包帯男をゲーム感覚で撃退することに成功した。ほっとしたのもつかの間、新たに現れたマジシャン風の女に「負けイベントだ」と つげられ、あっけなくやられてしまうのだった。その後、どことも知れない病院に似た施設にて手当を受けた後に、似たような境遇の人ばかりが集められた会場に再びマジシャン風の女が出現。それぞれに与えられた「能力」を使って戦うことになるのだった・・・。

出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。