月別アーカイブ: 2019年7月

彼方のアストラ 第3話ネタバレ感想『5012光年先に飛ばした球体が再び出現』

【画像】あの球体の出現で驚くカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

【画像】あの球体の出現で驚くカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

  • 彼方のアストラ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 彼方のアストラ 第3話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 彼方のアストラ 登場人物・キャラクターまとめ
  • 彼方のアストラ 概要
  • 彼方のアストラを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

彼方のアストラ 第3話ネタバレストーリー・あらすじ

最初の惑星の大気圏に突入したアストラ号。ザックは、カナタにキャプテンとしてちゃんと指示をしてくれというも宇宙船のキャプテンをやったことのないカナタはふわっとした指示しかだせない。

ザックは、水確保のために川沿いがいいだろうという。

キトリーは、危険がすぐに察知できるように見晴らしがいいところがいい。

森で木の実のようなものから採取していくといいとシャルス。

山を迂回して川に着陸しようとしたとき、空を飛ぶ大型獣を見て、テンションを下げる一同。

とりあえず、空とぷ大型獣がいない場所に着陸する。

この惑星で、20日分の水と食料を備蓄しなければならない。

カナタは心新たに頼れるリーダーに向けて意気込む。

カナタは、班分けをする。ザックとフニシアは船に残って船の整備、ウルガーとユンファは、川の水質調べて給水作業。残りは、森に入って食料採集。

キトリーは危険なことはいやだと拒否する。

食料といってもどういうものを探せばいいのかと手を挙げるアリエス。

【画像】サバイバル知識を披露するカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

【画像】サバイバル知識を披露するカナタ | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

ねらい目は栄養価の高いナッツ類やベリー類。キノコ類は毒に注意。白いベリー類、赤い植物も安全が確認できない限りは食べないほうがいい。

カナタは、サバイバル知識をいきなりペラペラ喋り出す。

森に入ると、みたこともない植物だらけで、カナタのサバイバル知識は役に立たなかった。

シャルスが、植物の形状を見てペラペラと語り出す。

カナタは、できるだけいろんな種類を手当たり次第採集して、後で危険かを判断しようという。

キトリーの足元に生物が這い回る。悲鳴を上げるキトリーだがシャルスは森の中だからそりゃいるという。

どんな危険があるか予想もできないというシャルスはすでに馴染んでいるようだった。

トランポリンのような植物を見つけて、アリエスたちと跳ねた遊ぶカナタ。

キトリーはそんなアリエスたちには混ざらず、植物を粛々と採集する。その中のひとつで果実をとろうとすると、ロケットのように空に発射され、パラシュートのように降下する植物を発見。それにより、キトリーはアリエスたちのトランポリンのような植物のところにやってくる。

★の形の花を見つけ、見るもの全部見たことないなんてすごいと知らない惑星にきたことを実感するカナタたち。

【画像】可食性テストのやり方 | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

【画像】可食性テストのやり方 | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

沢山の植物を採取したカナタたち。可食性テストは、かなり大変。

そこにユンファがやってくる。給水作業はウルガー一人で大丈夫ということでカナタたちを手伝いにきたという。

その時、森の中で、マクパで遭遇した球体が出現する。

【画像】5000光年飛ばした原因の謎の球体が再び出現した | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

【画像】5000光年飛ばした原因の謎の球体が再び出現した | 引用元:彼方のアストラ 第3話 漫画:篠原健太

彼方のアストラ 第3話ネタバレ感想・考察・まとめ

可食性テストは、本当に食べられるものがわからない場合は、実際に小量食べてみて実験していくことになるから、食料を採集するのはある程度体力がある早い段階でやらないと危ない。

カナタたちは、惑星を転々とするわけだから、時間のかかる可食性テストは、惑星が変わるたびにやる必要がでてくるから、本来はものすごい時間がかかるけど、それを簡単にするアイテムがこの後登場。

少年ジャンプ+『彼方のアストラ』を読んで。

彼方のアストラ 登場人物・キャラクターまとめ

カナタ・ホシジマ
本作の主人公でもある男子。将来の夢は宇宙探検家。リーダーシップはあるが抜けたところもある。中学1年生のときに山で遭難したことがあり、サバイバルの経験と知識を持っている。陸上十種競技の選手で運動能力が高い。メンバー顔合わせの時にキャプテンに立候補する。

アリエス・スプリング
本作のヒロインにしてもう一人の主人公。朗らかな性格でやや天然なところがある。オッドアイの持ち主。よく言葉や名前を言い間違える。一度見たものを忘れない映像記憶能力がある。B5班の書記で、航海日誌という形で帰還までの旅を記録している。好奇心が旺盛で大食漢。

ザック・ウォーカー
IQ200を誇る男子で眼鏡をかけている。宇宙船の操縦免許を持ち、科学者志望。船のジャンクパーツで可食判定機を作ったり、壊れたスーツを修理したりと、機械的な知識も豊富。

キトリー・ラファエリ
褐色の女子。素直に周囲と打ち解けられない性格だったがほどなくして心を開いた。ザックと家が隣同士の幼なじみ。家は病院で、本人も跡を継ぐため医学を専攻している。その知識を活かし、メンバーの救護も担当する。

フニシア・ラファエリ
キトリーの義理の妹[注 3]で、フニと呼ばれている。「10歳の少女を同行させる」というキャンプの課題のためにメンバーとして参加した素直な少女。ビーゴ(声 – 龍田直樹)という、思っていることをアニメキャラの喋りで再生するパペット人形を持っている。

ルカ・エスポジト
誰とでも積極的にコミュニケーションを取ることができる、調子のいい性格の小柄な男子。一人称はオイラで語尾は「っす」。手先が器用で絵も上手く、船内のちょっとした修繕やメンバーの整髪も担当する。父親は上院議員だが実の親子ではない。

シャルス・ラクロワ
生物に関する知識が豊富な男子。二枚目だが、生物への愛情が強すぎて、変態っぽいと思われることもある。料理も得意でメンバーの食事を作っている。ヴィクシア王政地区の貴族出身ということが途中で明かされる。

ユンファ・ルー
黒髪で眼鏡の女子。長身。引っ込み思案であまり喋らず、自分が皆の役に立っていないという劣等感を持っている。母親はルーシー・ラムという有名な歌手であり、本人も歌が好きで母親ばりの歌唱力を持っている。

ウルガー・ツヴァイク
ニット帽を被って片目が前髪で隠れている男子。態度は尊大で皮肉っぽく「うるさい黙れ」が口癖。中盤までは他のメンバーと積極的に関わろうとしなかった。父親はケアード高校の教頭。

ポリーナ・リヴィンスカヤ
惑星イクリスの宇宙船で、コールドスリープ状態になっていた宇宙飛行士の女性。コールドスリープ開始時の年齢は28歳。機関士として惑星探査の任務に当たっていた。同乗していた仲間はイクリスに棲む生物に襲われ全滅。カナタたちにより救助され、以後の旅に同行する。メンバーからは「ポリ姉」と呼ばれる。

彼方のアストラ 概要

西暦2063年、「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプの目的地である惑星マクパで、ケアード高校の生徒たちが遭難する。5012光年の彼方からメンバー全員が協力しながら様々な苦難を乗り越え、最後には遭難事故を起こした犯人を突き止める。無事に帰還してからは、遭難事故の裏にある陰謀を暴き、メンバーそれぞれが人間的に成長を果たす。

彼方のアストラを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。