月別アーカイブ: 2019年7月

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想『第一部完』

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】旅立つ桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

  • ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ
  • ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ
  • ドンケツ 概要
  • ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ドンケツ 第182話③ネタバレストーリー・あらすじ

ロケマサは野良犬に睨みを利かせ、

道端の一般人にも睨みを訊かせ、家に帰ってくる。

家の前で、桃次郎、タツオ、レオ、時定が待っていた。

桃次郎が、ロケマサに挨拶すると、ロケマサはまだいたのかと睨みを利かせる。

桃次郎は、ロケマサの許しがあるまで発てないという。

ロケマサは、破門したんだから消えろという。

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】破門は受け入れられないという桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

しかし、桃次郎は破門は受け入れられないと強情を張る。

ロケマサの舎弟をやめるつもりはない。ロケマサは盃を返せというも拒否する桃次郎。

ロケマサは握りこぶしに力を込めて、いいかげんにしろというも桃次郎は、破門は受け入れられないと一切引かない。

ロケマサは桃次郎を殴り飛ばす。

強情だしたのを後悔しろと怒鳴る。

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】兄弟の契りをナメるなとロケマサに怒鳴る桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は立ち上がり、ロケマサの舎弟のまま死ねるなら上等だと。そして閻魔にロケマサの舎弟を全うしたと報告するという。

桃次郎は、口の中の血を吐き出し、兄弟の契りを舐めるなとロケマサに怒鳴る。

ロケマサは桃次郎をまた殴り、誰に講釈タレよんじゃと怒鳴る。

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】自分のことをナメてるだろとロケマサに言い返す桃次郎 | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

桃次郎は再び立ち上がり、オレのこともナメてんだろと言い返す。誰とでも盃を交わすようなチンケな男ぐらいに思ってるならふざけるなと。白鷺の親分以降は、ロケマサだけだという。

ロケマサと本気で一蓮托生できると思えたから舎弟になった。盃の重みを人一倍わかった上だと。

そんな舎弟が考え合っての行動しようとしてる汲み取れ。舎弟のわがまま認めてやれる度量くらいあるだろうとロケマサに言い返す。

ロケマサは、桃次郎を殴る。殴る。殴る。殴る。破門いうたら破門だと。度量もクソもない機嫌を損ねたら破門だと。

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

【画像】怒るロケマサを三人がかりで止めるタツオたち | 引用元:ドンケツ 第182話③ 漫画:たーし

タツオたちが三人がかりでロケマサのカラダを抑え、桃次郎をかばう。

ロケマサはタツオたちも殴り飛ばす。

桃次郎は、立ち上がり、変える場所はここしかない。帰れる家がないと強くなれない。無宿の風来坊なんてイヤだと。身内がいないと戦えない。使命感持って旅をさせてほしいと訴えかける。

それでもロケマサは桃次郎の胸倉を掴み、ワシはどうするんだと問う。誰と遊べばいい。誰と飲めばいい、ガキらになにができる。桃次郎の代わりが務まるとでも思ってるのか。ワシのヒマはどうする。ワシの野放しにするつもりか。ワシの制御はだれがするんじゃいと桃次郎を殴りまくる。

そして、桃次郎を殴るのをやめて、ちょっとの間、辛抱するというロケマサ。

改めて、桃次郎はロケマサに別れを告げて旅立つ。

ドンケツ 第182話③ネタバレ感想・まとめ

破門といったのは桃次郎のためかと思ったら、本当に感情的なものだったのか。ロケマサのことを見誤っていたw

LINEマンガ『ドンケツ』を読んで。

ドンケツ 概要

月輪会乗っ取りを企てる十五夜組と、傀儡・月暈組の野江谷は、抗争を仕掛けるが、孤月組の暗殺者マキ達により孤月組の勝利。 顔に泥を塗られた野江谷は月輪会潰しを決意。 そして、休戦となったロケマサは天豪会城光組のゲンコと鷹十組の喧嘩に加わり、まさかの優勢に!?

ドンケツを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話ネタバレ感想『ケモミミに大変身するサラ』

【画像】タツキを待つサラ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】タツキを待つサラ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

18時間前。

憩いの湖。サラはタツキを待っていた。

雨降っているのにタツキがこないとぼやく。

雨が強く広く振ってるなら止むまで戻ればいいし、パパとタツキ以外に見つかったことないからと決意するサラ。

サラは変身と叫ぶと、サラにケモミミと尻尾が生える。

タツキに貰ったシャツの匂いを嗅いで、タツキの場所を探知する。

サラはタツキに会いに走り出す。

迷いの大森林にミッションクリア班が車を走らせる。

クツナという人物が宮本の言っていた彼女で江木とは恋人関係。

クツナは、強かったが捕まってしまったという。

水嶋は、彩花の運命を皮肉だと感じる。やっと遭えた恋人遊哉には恋人がいた。

ミッションクリア班は天使の大樹に到着する。

巨人の谷底近辺には、ビッシオーネ攻撃班Aチームがやってくる。

険しい道の脇に洞窟があり、そこで休憩をとることにする。

中は行き止まりだが、コードポイントがある。

狩人にも遭遇することなく、順調に進んでる。攻撃B、Cチームも予定通り進行中だという。

宮本は、この先にスパイと合流予定だからと一人で先に行く。

江木は、メシにしようと洞窟の奥に進む。

遊哉は喜多川に話があるという。

その頃、ウーゴシボッチのベースキャンプ。

遊哉の外国人の彼女が歌を歌っている声が聞える。それを訊いた彩花は、言葉、歌詞で何かを思う。

【画像】遊哉の彼女の歌を聞いて、何かに気付く彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】遊哉の彼女の歌を聞いて、何かに気付く彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

喜多川に頭を下げて、遊哉はこのミッションをクリアしたらウーゴシボッチを抜けるという。

だから彩花のことをお願いしますと。彩花といる資格はないという遊哉。

喜多川は、遊哉にとって理想の未来はなんだと問う。誰とどういう関係になるのがベストなのか。

成行や現状の妥協として自らの行動を決めていないかと遊哉に問う喜多川。

まずは、遊哉自身の望む最高の結果を考え、そこに至るために今何をすべきか選択する。遊哉や大切な人はまだ生きているのだからだと。

間に合う。いつだって手遅れじゃない。ちゃんと望みさえすれば。理想を望む意思こそが一番大事だという。

遊哉の意思は尊重する。だけど、今考えるべきはそこじゃない。まずは、ビッシオーネとの戦いに勝利し、トレジャーハントの間をクリアすること。

遊哉は、喜多川のことをずるいという。

喜多川は否定しない。正論やキレイごとしかはかないずるくて計算高い偽善者だと自称する。

そんな喜多川の頭、胸、カラダの4箇所が貫かれる。

【画像】甲型狩人に襲われる喜多川たち | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】甲型狩人に襲われる喜多川たち | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

喜多川の背後に甲型の狩人が出現。

宮本も串刺しにされている。

宮本はまだ息がある。

宮本は嵌められたという。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第49話ネタバレ感想・まとめ

<ビッシオーネの一員を寝返らせたスパイ>

喜多川は、これでエンドか。戦闘能力すらみることなく終わってしまったのか。

それとも頭貫かれても倒されないスキルを持っているのか。

宮本もカラダのみでビッシオーネの一人を寝返らせてスパイにしたというけど、生死とゴールクリアした後の賞金を考えたら、女一人のカラダのためだけに寝返らないだろう。確実なほうを取るだろうに。

いや、それほどまでに自信があったのか。

<遊哉の彼女の歌の歌詞>

彩花が、歌の歌詞を聴いて、「この言葉は」と何かに勘付いた。

彩花がギャルをする前は、マジメそうなメガネの女の子だったけど、勉強がどうだったのだろうか。成績はまあまあ良かったのだろうか。ただ、バベルダンジョンにきてからの言動を見る限りでは、あまり頭がいいほうとはいえない。

<クツナが捕まった理由>

クツンは強い上にスキルもえぐいのにどうしてビッシオーネに捕まったのだろうか。このクツナという人物自体も曲者なのではないか。

そんな彩花が「この言葉は」と何かに気付いた。

その気付いたことが、「この言葉はロシア語?」とかそういうのだったら、ちょっと不自然。

彩花が、何かに気付くとしたら、なんだろうか。

知ってる洋楽で、そのミュージシャンのファンだったみたいな設定だろうか。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹代(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

桐谷岬(きりたにみさき)「みっくん」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

<クアドリフォリオ>

宮本吉那
桐谷岬の伝言をタツキに齎す女。「クアドリフォリオ」のリーダー。アイギスの傘を所持。

千種真衣(ちぐさまい)
「クアドリフォリオ」の一員。「ディグダグ」を使う女の子。

野田
「クアドリフォリオ」の一員。「ハンドカノン」を使うバンダナの男。

奥本
「クアドリフォリオ」の一員。真衣たちの仲間。

岩田
「クアドリフォリオ」の一員。真衣たちの仲間。モヒカン。

<ビッシオーネ>

サイモン・F・ネッド
「ビッシオーネ」のボス。

毒島
「ビッシオーネ」の一員。岩館とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「糸」を使うスキルコードの所持者。

岩楯
「ビッシオーネ」の一員。毒島とコンビでアスマを狙うチャレンジャー。「ハンドカノン」のスキルコードの所持者。

阿久津
「ビッシオーネ」の一員。吉野とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。「針」を使うスキルコードの所持者。

吉野エリカ
「ビッシオーネ」の一員。阿久津とコンビで土田のところにやってきたチャレンジャー。

冴木浩二(さえきこうじ)
「ビッシオーネ」の一員。円柱水路の間でライオンに加え、両足が切断され、亡くなったかと思われたが、トレジャーハントの間で再会。

鬼頭
「ビッシオーネ」の一員。

<ウーゴシボッチ>

喜多川
「ウーゴシボッチ」のリーダー。

西岸知美
「ウーゴシボッチ」の一員。

須藤遊哉
「ウーゴシボッチ」の一員。彩花の元カレ。

江木心
「ウーゴシボッチ」の一員。遊哉の師匠。

メロ・サグス
「ウーゴシボッチ」の一員。

東欧系女性
「ウーゴシボッチ」の一員。遊哉の今カノ

クツナ
ビッシオーネに捕まっている江木の彼女

<バベルダンジョン側キャラ>

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

ドメスティカ・ノーヴェ
トレジャーハントの間の案内人のひとり。

<その他>

サラ・フェイト
バベルダンジョンで生まれた謎の少女。スキル「エンペラーズ・ニュークローズ」を使用し、「狩人」からも人間からも見えなくなれる。

黒海慎吾(くろうみしんご)
タツキの父親。

黒海啓二(くろうみけいじ)
タツキの祖父(父方)。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

ゴールデンゴールド 第22話②ネタバレ感想『女子高生になりすましたアカウントでフクノカミについて世間の反応を調査する琉花の母親』

【画像】琉花の母親の女子高生アカウント | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

【画像】琉花の母親の女子高生アカウント | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

  • ゴールデンゴールド 第22話②ネタバレストーリー・あらすじ
  • ゴールデンゴールド 第22話②ネタバレ感想・まとめ
  • ゴールデンゴールド 概要
  • ゴールデンゴールドを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

ゴールデンゴールド 第22話②ネタバレストーリー・あらすじ

ハネルは、琉花の母親にフクノカミについて話した。

フクノカミを見たときの話をした時の琉花の母親の顔は無表情だった。

【画像】ハネルからフクノカミの話を聞いた琉花の母親の反応 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

【画像】ハネルからフクノカミの話を聞いた琉花の母親の反応 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

ハネルは強い気持ちを持って、話を続ける。

一方、寧島では、琉花が家に戻ってきて、フクノカミを探し回るも見つからない。

掃除機を持って、掃除するフリをするもどこにも見当たらない。

フクノカミはアリよりも小さい大きさになって家中に潜んでいた。

ハネルは、フクノカミについての話をし終わる。またフクノカミが現れた時のために、寧島出身でない母親に話しにきたという。

【画像】ハネルのフクノカミ話を聞いて無表情で返事する琉花の母親 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

【画像】ハネルのフクノカミ話を聞いて無表情で返事する琉花の母親 | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

母親は、終わりですかと無表情に聞く。

そして、家を出るハネル。やり切ったと思うが予想通りの反応で、心が折れそうになるハネル。

【画像】やりきって心にダメージを負うハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

【画像】やりきって心にダメージを負うハネル | 引用元:ゴールデンゴールド 第22話② 漫画:堀尾省太

母親が、島に来てくれて、本人たちを交えて話ができればと願うハネル。

母親は、ツイッターを開き、消そうと思っていた自分のアカウントでログイン。

そこに、さも自分がいまみてきたようにフクノカミのことをツイートし始める。

すると、リツイートの数がどんどんと増えていく。

ゴールデンゴールド 第22話②ネタバレ感想・まとめ

女子高生に成りすましたアカウントなのか。自分が高校生の時に作ったアカウントがそのまま残っているのか。ツイッターてそんな昔からないから、完全に前者か。

LINEマンガ『ゴールデンゴールド』を読んで。

ゴールデンゴールド 概要

瀬戸内海の孤島「寧島」に住む少女・早坂琉花は及川への片思いに憂鬱な思いを抱きながらも、平凡な日常を過ごしていた。

ある日、琉花は海辺で謎の置物を拾う。置物を山中の祠に祀り祈りを捧げたところ、置物は動き出し意思ある生命体のように振る舞い始めた。それと同時に琉花の祖母が営む民宿や雑貨店が繁盛し始め、置物は「フクノカミ(福の神)」名付けられた。しかしどこか禍々しく、怪しい動きで島民たちを操り始める「フクノカミ」を琉花たちは信用することが出来ない。そして、流花の不安通り、次々と異変が起こり始める。

ゴールデンゴールドを連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話ネタバレ感想『アーニャ、謝る』

【画像】ダミアンに涙を流しながら謝るアーニャ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

【画像】ダミアンに涙を流しながら謝るアーニャ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話ネタバレストーリー・あらすじ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要
  • SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話ネタバレストーリー・あらすじ

ロイドは朝食を作る。

雷を受けて新しい朝。

三人の生活も慣れてきた。

ヨルとアーニャが起きてくるもしょんぼり。

昨日の喧嘩の件を気にしている。

学校の件で、アーニャは謝り、ヨルも自分の責任だと落ち込む。

ロイドは、過ぎたことは仕方ない、これからケンカしないように気をつければいいという。

ミスを引きずるよりも今後の対策に思考を費やすほうが建設的。これに学校に行きたくないとなったら困る。

スクールバスに乗るアーニャ。ロイドはアーニャにダミアンに謝ることを約束させる。

アーニャの仲直りに世界の平和がかかってる。

登校すると自家用車で登校するベッキーと遭遇。一緒に校舎まで歩く。

するとダミアンとその取り巻きに遭遇。

アーニャはロイドの約束通り、ダミアンに謝ろうとする。しかし、ベッキーがアーニャの手を引っ張って連れて行ってしまう。

アーニャの謝罪を確認しにきたロイド。

なんとしてもダミアンに謝って、仲良しグループの形成を促したいと考える。

しかし、教室では、すでにアーニャとベッキー以外の生徒は距離をとってる。

ダミアンを殴ったケンカのことでアーニャとベッキーが敬遠さらる。

テレパシーで噂するクラスメートの思考が頭に入り込んで苦しくなるアーニャ。

【画像】ベッキーの温かい気持ちに触れるアーニャ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

【画像】ベッキーの温かい気持ちに触れるアーニャ | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

ベッキーは、アーニャともっと仲良くなりたい。アーニャのいいとこちゃんと知ってると笑顔を向けると、周りのクラスメートの悪感情の思考が薄れていく。学校も大丈夫のような気がするとアーニャ。

名家の次男として生まれて何不自由なく育てられたダミン。逆らうやつなど一人もいなかった。兄貴にさぶたれたことなかったのに。初めて味わわされた自分でも説明の付かない気持ち。

一時間目の授業が終わり、教室移動でベッキーに起こされるアーニャ。

アーニャはダミアンに謝らないとというも、ベッキーはほっとけばいいという。アーニャの味方だから、何かあっても守るというベッキー。そういわれていいかと約束を投げ出す。

理火の野外での授業。光の反射を利用して、良い子占いをアーニャに見せて、謝るが吉と伝えるロイド。

国語の授業では、教科書に細工し、誤るほうがいいという物語に変更。

給食では、ソーリーとオムライスにケチャップで文字。

食堂でダミアンを見つけて、謝らないとと席を立つアーニャにベッキーはいいってばとアーニャの服を引っ張る。

ロイドは、校内放送でベッキーを呼び出し、アーニャから離れさせる。

一人になったアーニャは、ダミアンの席まで行く。ダミアンはアーニャを前にすると言葉がつまり何も話せない。

取り巻きが心の中で、ダミアンがどんな言葉攻撃するのかと想像する。

そんな悪思考をテレパシーで聞き取りながら、アーニャは涙を流しながら謝罪する。

【画像】アーニャに恋心を抱くダミアン | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

【画像】アーニャに恋心を抱くダミアン | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

顔を真っ赤にするダミアン。アーニャに恋心を抱いた自分の戒め、アーニャの謝罪を拒否し、その場から立ち去る。

【画像】ロイドのプランB崩壊 | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

【画像】ロイドのプランB崩壊 | 引用元:SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話 著者:遠藤達哉

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 第9話ネタバレ感想・考察・まとめ

ダミアンが、アーニャに恋心を持ったのなら、これで安心かな。

子供の恋心は、いじわるにつながったりするし、まだ家に遊びにいくほどの仲になるかは不明だし、ベッキーとダミアンとの確執もあるから、この二人を仲良くさせない限り、両方とも仲良しの関係になるのは難しい。特にアーニャのような裏表を作れない性格の子には。

少年ジャンプ+『SPY × FAMILY (スパイファミリー)』を読んで。

SPY × FAMILY (スパイファミリー) 概要

凄腕スパイ<黄昏>は、より良き世界のため日々、諜報任務にあたっていた。ある日、新たな困難な司令が下る??…。任務のため、仮初めの家族をつくり、新生活が始まるのだが!?スパイ×アクション×特殊家族コメディ!

SPY × FAMILY (スパイファミリー)を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

インゴシマ 第64話ネタバレ感想『仇をとれず悔し涙を見せる高崎』

【画像】リベンジを考える高崎を一喝するアキラ | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】リベンジを考える高崎を一喝するアキラ | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第64話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第64話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第64話ネタバレストーリー・あらすじ

啓太とアキラが高崎たちを助けにくる。

アキラが発砲し、シマビトたちを怯ませる。

その隙に啓太が発炎筒をシマビトに投げつけ、爆弾だと思わせる。

煙がでてる発炎筒を爆弾だと勘違いしたシマビトは、爆発するとその場から逃げていく。

シマビトを追いかけようとする高崎だが、橘が抑える。

太一の仇だから引けないという高崎。

橘は、あの人数相手になに考えてるととめる。

啓太は、高崎たちのところまで来て、早くこっちにと案内する。シマビトはすぐに戻ってくると。

【画像】先に行けと橘の手を振り払う高崎 | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】先に行けと橘の手を振り払う高崎 | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

高崎は、橘の手を振り払い、先に行けという。仲間の返しは絶対に取ると頑なな高崎にリベンチなんて無謀なだけだと諭す。目的はこの島から脱出することだと。

知らない外国人に叱咤されて黙る高崎。啓太は、太一も連れて帰ろうというと一応納得する高崎。

洞窟のところまで戻ってくる啓太たち。

赤城が高崎を迎える。太一のことを訊いたというと高崎は赤城に謝る。

梨帆が高崎に抱きつき無事を涙を流して喜ぶ。

【画像】無事に帰ってきた高崎に抱きつく梨帆 | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】無事に帰ってきた高崎に抱きつく梨帆 | 引用元:インゴシマ 第64話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

インゴシマ 第64話ネタバレ感想・考察まとめ

高崎、アキラが出てきて急に物分りよくなったな。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

サカキ・ジウベエ・インゴ
「エギ大祭」参入者を募る者。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。