月別アーカイブ: 2019年8月

寄生獣リバーシ 第37話ネタバレ感想『静かに燃える復讐者・タツキが選んだ武器』

【画像】武器が欲しいタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】武器が欲しいタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

  • 寄生獣リバーシ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 寄生獣リバーシ 第37話ネタバレ感想・まとめ
  • 寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター
  • 寄生獣リバーシ 概要
  • 寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

寄生獣リバーシ 第37話ネタバレストーリー・あらすじ

深見はコウヘイの自宅を突き止めていた。

木造アパート2階建て。近隣住人に似顔絵を見せて、聴取を進める。

近隣住人は、温厚そうな人だったという。

家の中を調べたがもぬけの殻だった。

乗り捨てられた盗難車もこのアパートに駐車されていたことが住人の証言を得てる。貸借人の名義はどうなってる。「田島康」一般の会社員となってる。

保証人は「中井和義」。講談組の構成員だという。組員の潜伏先として使われていたようだが、最近は誰も使用してなかったと言い張っているという。

始末された元組員「能登宏樹」が手引きしたのではないかと考える。

アパート室内から頭髪が数本見つかっている。現在科学鑑定中。容疑者本人のものと見て間違いない。

【画像】コウヘイのことを人間だと認識してるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】コウヘイのことを人間だと認識してるタツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

深見は、「コウヘイ」は「人間」だったというタツキの証言が頭によぎる。

コウヘイはどこかでタバコを吹かし、また彼に会いたいと呟く。

タツキは、弓道をしていた。

顧問は、タツキの矢を射る能力は筋がいいと褒めるが、なぜこの時期に入部すると理由を訊ねられる。

タツキは、心を鍛えたいと言い繕う。

弓道の弓を持って帰宅するところを、朝河に見つかり、部活?と訊ねられ、父親が市長になったことを祝福する。

一緒に帰宅しながら、突然部活をやり始めたのは内申稼ぎかと問う朝河。

タツキは、今は武器がほしいと朝河に本音を吐く。

朝河は、真子がやられたことを関係あるのかと問う。

【画像】南だけじゃないコウヘイの犠牲になった人たちのための仇討ち | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】南だけじゃないコウヘイの犠牲になった人たちのための仇討ち | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキは、南のことだけじゃない。亮平、一成、一成の兄、一ノ瀬さん、巻き添えを食った二人の刑事。他にも何人もいるはずだという。

タツキが仇討ちをしようとしてることを知る朝河。

【画像】弓道の教え | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】弓道の教え | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

弓道の先制が教えてくれた。

1本目は技術。

2本目は体力。

3本目は精神。

4本目は人格で当てる。

【画像】静かに燃える復讐者・タツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

【画像】静かに燃える復讐者・タツキ | 引用元:寄生獣リバーシ 第37話 原作:岩明均 漫画:太田モアレ

タツキは怖い顔をして、「俺の人格が討つ」と決意を露にする。

寄生獣リバーシ 第37話ネタバレ感想・まとめ

パラサイトの動きを目の当たりにしたら、接近戦では勝てないことがわかるだろう。

寄生獣、本編の最初の頃、ただの高校生だったシンイチは、ミギーとAとの戦いは速すぎて見えていなかったという。

タツキが仇討ちをするために、剣道を習ってもパラサイトに太刀打ちできない。

ならば、遠距離からと思うだろう。

しかし、パラサイトの濃緑では、矢の速度程度では止められてしまうだろう。

だから、4本目で当てるというシナリオなんだろうな。

決意を現れ。そして、朝河にこのことを話したことも決意の現われなのだろう。決して巻き込むつもりがない。巻き込まれないように。あえて、教えて突き離すのではないだろうか。

コミックDAYS『寄生獣リバーシ』を読んで。

寄生獣リバーシ 登場人物・キャラクター

タツキ
広川を父親に持ち、事件の現場を目撃している。

広川剛志
パラサイトの肩を持つ人間。

田宮良子(田村玲子)
広川を面白がって協力するパラサイト。

鈴木
広川家の家政婦。

深見
東福山署の刑事。「砂の女」の話をし、タツキを怪しむ。

増田
東福山署の刑事。深見の相棒だったがパラサイトに始末される。

朝河
タツキのクラスメートの女子高生。

南真子
タツキのクラスメートの女子高生。メガネ。

堀田亮平
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに始末される。

上杉一成
タツキのクラスメート。友人の一人。パラサイトに兄と一緒に始末される。

一之瀬栄治
生活安全課。深見の新しい相棒。

平間
北署の警部補。

海老沢コウヘイ
左手に寄生生物を宿した男。左手の寄生生物を「ヴァシュタール様」と呼ぶ。

ヴァシュタール
コウヘイの左手に寄生した寄生生物。

野田
コウヘイとともに食事をする寄生生物。

寄生獣リバーシ 概要

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。 新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争が明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。 彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。 その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、 その裏側を描く物語がここに開幕!

寄生獣リバーシを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

奴隷遊戯 第56話ネタバレ感想『テラノのプロレス戦術』

【画像】プロレスではおいしいと思うテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】プロレスではおいしいと思うテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

  • 奴隷遊戯 第56話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 奴隷遊戯 第56話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 奴隷遊戯 概要
  • 奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

奴隷遊戯 第56話ネタバレストーリー・あらすじ

九十九は、テラノに背後から中段回し蹴りを不意打ちした。

倒れるテラノにさらに追い打ちをかける九十九。

かかと落としを倒れたテラノの頭に振り落とす。

テラノは、九十九の不意打ちに蹲る。誰もが、テラノの劣勢だと考える。

かかと落としを、テコンドーでネリョチャギと言い換える観客席。九十九クラスになると、頭蓋骨にハンマーを振り下ろす破壊力があると聞いた事がある。

テラノはベガスでのプロレスを思い出していた。

ガチンコで好き勝手にやってくる外国人レスラー。それがおいしいと思うテラノ。

テラノは立ち上がると観客席がさらに歓声を上げる。

極めし者の蹴りは、時速200キロ超でスイングされる鉄のこん棒に例えられる蹴りを受けてなお立ち上がるテラノ。

相手の技を散々食らった上で、攻撃する。

テラノが九十九にタックル。その前、前転で浴びせ蹴りを食らわせる。

ガードする九十九だが、テラノはそのまま両足で九十九の頭を挟み、首投げをする。

手榴弾でも揺らがない無敗の空手家九十九を頭から叩き付けられ仰向けに倒れる。

雄叫びを上げるテラノ。

テラノはさらに、倒れる九十九に顔面を踏みつける。踏みつける。踏みつける。

更に吼えるテラノ。

九十九は立ち上がり、組手ではないと気合を入れる。テラノも九十九をかかってこいと挑発する。

九十九は真っ直ぐにテラノに向かっていく。

空手を舐めた。空手の一撃必殺を反故にした代償は重い。

九十九は、テラノの顔面に重い正拳突きを食らわせる。

九十九の正拳突きは、岩をも砕く防御など無意味を思い知るがいい。

九十九の突き、蹴りが何度もテラノを襲う。

テラノは、平手打ちで応戦。互いの攻撃を当てあう状況になる。

【画像】九十九をロープに追いつめたテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】九十九をロープに追いつめたテラノ | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

九十九の背がロープにつく。

九十九をロープに追いつめたテラノ。

奴隷遊戯 第56話ネタバレ感想・考察まとめ

互いに防御せずに攻撃だけを乱打した結果、九十九がロープ際に詰められたということは、防御しなかったが、ダメージを軽減するために少しずつ下がっていったということなのだろうか。それともテラノのビンタにヒットバックで下がっていったのか。後者だったら、テラノのビンタの威力はすごいな。

【画像】かかと落としをテコンドーで例える観客 | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

【画像】かかと落としをテコンドーで例える観客 | 引用元:奴隷遊戯 第56話 原作:ヤマイナナミ 作画:木村隆志

観客席の二人。なんで「かかと落とし」を何故、あえてテコンドーに例えたんだろう。なんか唐突感があったけど。。。

少年ジャンプ+『奴隷遊戯』を読んで。

奴隷遊戯 概要

平凡な高校生・カイのもとに、ある時謎のアプリの招待メッセージが届く。そのアプリ『SLAVE GO』で写真を撮られた人間が次々と行方不明になり…!? 不徳で残虐なゲームが始まる…!

奴隷遊戯を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

とけだせ!みぞれちゃん 第40話ネタバレ感想『リンとダイアナの姉妹愛』

【画像】素直なリンが大好きだというダイアナ | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第40話 漫画:足袋はなお

【画像】素直なリンが大好きだというダイアナ | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第40話 漫画:足袋はなお

  • とけだせ!みぞれちゃん 第40話ネタバレストーリー・あらすじ
  • とけだせ!みぞれちゃん 第40話ネタバレ感想・考察まとめ
  • とけだせ!みぞれちゃん 概要
  • とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

とけだせ!みぞれちゃん 第40話ネタバレストーリー・あらすじ

こはるに愚痴を言いつかれたリンは、帰ると言い出す。

ダイアナは、やくもに姉との関係をこんこんと説明していた。

やくもは、リンの言い分のことも考えて、ダイアナにリンへの施しを素直に受け入れてくれる方法を一緒に考えようという。

ダイアナは、リンは素直だという。キライに素直。イヤに素直。悔しいに素直。だから好きだというダイアナ。

家に帰ろうとひまりの玄関のドアを開けたリンは、やくもと一緒に歩いてこっちに向かってるダイアナを見つける。

リンは、来て欲しくないけど、来てくれたありがとうと声を絞り出すようにダイアナにいう。ダイアナは、リンの顔を両手でサンドし、うそヘタだという。

リンはダイアナのこと嫌いで逃げた。素直でいい子だとリンの頭を撫でるダイアナ。

自分にウソは良くないとダイアナに諭されるリン。

【画像】自分に素直なのはよくないというダイアナ | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第40話 漫画:足袋はなお

【画像】自分に素直なのはよくないというダイアナ | 引用元:とけだせ!みぞれちゃん 第40話 漫画:足袋はなお

ダイアナは、リンが家を飛び出したせいで、ダイアナの計画通りだという。

リンの家が大改築あれて屋敷になっていた。

みすぼらしいボロ屋からダイアナの手で素敵な城に変えたと喜ぶダイアナ。しかし、リンは喜ばない。ボロ屋でも自分で悩んでレイアウトした部屋に愛着があったという。

ひまりたちが、面白そうなゲームをやろうとしていて、自分に家だから、一番最初にやるのは自分だと飛んでいくリン。それを見て楽しむダイアナ。

とけだせ!みぞれちゃん 第40話ネタバレ感想・考察まとめ

こはるの母親の若い頃から姿が変わっていないかおり。

幽霊も見えるかおり。

吸血鬼のことも、河童のこともわかってるかおり。

かおりはどんな妖怪なのだろうか。

少年ジャンプ+『とけだせ!みぞれちゃん』を読んで。

とけだせ!みぞれちゃん 概要

真夏に顕現した、ことあるごとに溶けてしまう雪女・みぞれちゃん!もうなんか自分から溶けにいっている感すらある彼女は、夏をサイコーに楽しむことが出来るのか!?溶ける系雪女コメディ、ここに開幕!

とけだせ!みぞれちゃんを連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。