日別アーカイブ: 2019-08-05

中間管理録トネガワ 第65話ネタバレ感想『忖度おじさんへの対処法』

【画像】帝愛にも存在する要・忖度おじさん | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

【画像】帝愛にも存在する要・忖度おじさん | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

  • 中間管理録トネガワ 第65話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 中間管理録トネガワ 第65話ネタバレ感想・まとめ
  • 中間管理録トネガワ 概要
  • 中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

中間管理録トネガワ 第65話ネタバレストーリー・あらすじ

帝愛3Fカフェテリアで、頭を悩ます山崎。

トネガワが、山崎の悩みを聞く。

山崎は、経理部の野本から数年ぶりに連絡があって、返信に困っているとトネガワにそのやり取りを見せる。

他愛もないやりとりで会話はすぐに終了している。数年ぶりに連絡があったから何かあったのかと思ったらそうでもなく、結局、この連絡は一体なんだったのだろうと悩む山崎。

トネガワは、これは飲みの誘いだという。

【画像】飲みの誘いだと見抜くトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

【画像】飲みの誘いだと見抜くトネガワ | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

山崎は、実際に誘ってみると即OKの返事がきた。

自分の意図を簡潔に相手に伝えたくなくなる者が世の中の年寄りにいるというトネガワ。誘うより誘われる側を装いたかったのだろうというトネガワ。

帝愛にも要・忖度おじさんはいる。

トネガワのアドバイスは更に続く。こういう輩は面倒臭いかもしれんが先回りしてやれという。

このトネガワの話は、他の黒服にも伝わり、成長していく。

宣伝部の先輩にやたら深夜ドラマの話ばかりされる。何かを忖度すべきなのかと考える。

ドラマの間に流れているCMを褒めてほしかったのかと気付き、次にあった時、CMを褒めると好感を持つ宣伝部先輩。忖度力がアップしていく。

【画像】忖度する黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

【画像】忖度する黒服 | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

迫田が佐衛門に、債務者名簿がどこにあるかと聞いてくる。佐衛門は、債務者名簿などPCですぐに見れるはずのなのにと思ったが、ここは忖度かと思い、先回りして、限定ジャンケン参加者のリスト作成が面倒だったらやっておきますと迫田にいうと、迫田はムっとした顔で聞いただけだと去っていく。

忖度失敗だった。

そこに佐衛門の対応を60点と評価したのはT-AIくん。要・忖度おじさんに対しては意図がすぐにわかったとしても間を置かずにいっていsまったら、自分が面倒臭いおじさんだと指摘されたような気になるという。

【画像】相手の意図がわかってもすぐに答えれば印象を悪くすると教示するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

【画像】相手の意図がわかってもすぐに答えれば印象を悪くすると教示するT-AIくん | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

迫田の例でいうと、仕事を押し付けたいなら遠回りな言い方せずにいってくださいと佐衛門にいわれたような印象をうけるという。

それを踏まえて上でと、迫田に近づくT-AIくん。

迫田や債務者リストを渡す。さらに、ご飯を食べてないなら一緒にとメシに誘うT-AIくん。しかし、ロボットは食事は必要ないだろとツッコミをいれられて、そうだったと頭を叩く。そこで笑いととり、T-AIくんは、迫田にこんな時間まで仕事大変ですねと労いの言葉をかける。さらに、色んな業務のしわ寄せが迫田に集まってきて大変だという。だからこそ、迫田は陰の立役者で、縁の下の力持ちは、もっと感謝されるべきだと迫田のことを褒めちぎる。

そこで、リスト作成を買ってでるT-AIくん。迫田は自分でやるといって、上機嫌で去っていく。

【画像】忖度に必要なのは3つのキーワード | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

【画像】忖度に必要なのは3つのキーワード | 引用元:中間管理録トネガワ 第65話 福本伸行/萩原天晴/三好智樹/橋本智広

T-AIくんは、黒服たちに、重要なのは「しわ寄せ」「縁の下」「陰の立役者」という3つのキーワードだという。この三つの言葉を上手く会話にいれさえすれば、忖度おじさんは満足して去っていくという。

企業を作るのは人だと力説するT-AIくんのp忖度論により、黒服たちはさらにアップデートされ、トネガワチームが企画するイベントはことごとく大成功する。

そして、開かれる互いが互いを労う楽しい打ち上げ。

中間管理録トネガワ 第65話ネタバレ感想・まとめ

企業も結局は、人の集まりだ~、たとえ使えない上司や部下だったとしてもそれを使わなければまわしていけない。忖度おじさんも人間だから機嫌をとらないとまわってくれない。とても面倒臭い存在だが、企業戦士はやるしかないのだ。

コミックDAYS『中間管理録トネガワ』を読んで。

中間管理録トネガワ 概要

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品。大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。

時間軸としては『賭博黙示録カイジ』以前(1996年以前)に当たるが、作品内に登場する各種事物は連載中の現在と同じく2010年代のものになっている。同じ『カイジ』シリーズのスピンオフ作品として『1日外出録ハンチョウ』もあり、単行本2巻に特別読み切りが掲載され、こちらも萩原天晴が原作を務めている。

中間管理録トネガワを連載している無料WEBマンガ『コミックDAYS』について

ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニング、Kiss、BE・LOVEの講談社6誌の定期購読が月額720円(初月無料)でできたり、連載移籍する「中間管理録トネガワ」をはじめ、多数のオリジナル連載と過去の名作が無料で読めたり、1話ごとに買える「コミックDAYS」

地獄楽 第65話ネタバレ感想『タオの性質を画眉丸が解説』

【画像】変身するラン | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

【画像】変身するラン | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第65話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第65話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第65話ネタバレストーリー・あらすじ

タオとは体を覆う水流のようなもの。流れの速さ、大きさが強さになる。

属性とは流れの方向の違い。「相生」とは相手の流れを後押しする水流。「相克」とは塞ぎ止める水流。

【画像】タオは水流の向きと速さだと解説 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

【画像】タオは水流の向きと速さだと解説 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

てんせん様はタオの流れが大きすぎて、本来の法則が通じない。

対抗策は三つ。

瞬間的か局所的にタオを上回る。

あるいはその逆、部分的にタオを弱め攻撃を受け流す。

「相生」による加速も「相克」による反発もないよう相手の水流に乗り、そのまま返す。

【画像】相手のタオに乗って返す技 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

【画像】相手のタオに乗って返す技 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

太極拳で「化勁」や「纏糸勁」と呼ぶものに近い。相手の力を相手に返す技術。

簡単ではないがこれまでの応用。

相手のタオを利用するのはヌルガイとの訓練で、

極限まで薄めるのはゆずりはから、

部分的に操る術は士遠から。

【画像】相手の攻撃を受け流す術は佐切から学んだ画眉丸 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

【画像】相手の攻撃を受け流す術は佐切から学んだ画眉丸 | 引用元:地獄楽 第65話 著者:賀来ゆうじ

そして、相手のタオに呼吸を合わせるため、冷静さと激しさの両立は中道の心で開いての攻撃を受け流す。その術は、かつて佐切から学んだもの。

いままでの総決算で、画眉丸は、ランの攻撃をすべて受け流す。

二の手を考える画眉丸だが時期尚早。

ランは、画眉丸の動きを見事だと評価する。タオを練り始めたのは島にきてからなのにここまでの技術。まさに才能だと感動するラン。

しかし、画眉丸は、これまでの必死の苦しみを才能のひとことで片付けられて遺憾に思う。

メイの拘束がはずれ、煉丹宮に向かうという佐切。

再び拘束しようとするランに蹴りを入れる画眉丸。すでに気付かれている以上、危険があるが、佐切に任せる画眉丸。

ランは、メイをとめようとするも画眉丸が動く。

自分のタオを利用する気だと、タオを弱めるラン。

そこに、ランの死角からゆずりはが飛び出し、ムチで、ランの胴体を切断。

見事な体術、見事な連携。画眉丸やゆずりはなら、タオの更なる高みに到達できる最高の相手だと思うが、儀式の最中なので残念だと思うラン。

ランにトドメをさそうとするゆずりはを止める画眉丸。

ランは変身し、本気モードになる。

地獄楽 第65話ネタバレ感想・考察・まとめ

臍の当たりを切断したけど、胚珠はそこになかったということかな。それとも単にずれただけなのか。

結局、総決算でてんせん様と戦えるのは画眉丸ひとりということかな。

士遠なら器用にできそうだけど、タオファ(木)、ジュファ(火)の二人を同時に相手しないといけない。巌鉄斎(火)、付知(金)、桐馬(土)三人は大丈夫だろうか。桐馬がいるので、弔兵衛がでてきて、何とかやるやるのだろうけど、ここの組みが一番波乱がありそう。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ゆずりは、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のゆずりは”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

インゴシマ 第66話ネタバレ感想『余興に加奈と茜が吊るされて弄ばれる』

【画像】公衆の面前で弄ばれる加奈と茜 | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】公衆の面前で弄ばれる加奈と茜 | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第66話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第66話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第66話ネタバレストーリー・あらすじ

エギ大祭。

エギ大祭に参加表明した若林とアレックスは、カラダを清めるために風呂場に連れてこられた。

案内されるがまま、若林は、湯にカラダを浸からせ、リラックスすると同時に涙がこみ上げてくる若林。

アレックスは若林に呼びかけ、自分たち以外にも湯に入るイヤツコのことを視線で知らせる。

【画像】他の参加者に気付く若林とアレックス | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】他の参加者に気付く若林とアレックス | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

屈強なイヤツコたちが若林たちの前に立つ。

エギ大祭の会場では、何階もの吹き抜けの天井に、加奈と茜が吊るされていた。

茜は加奈に動かないように求めるも加奈は茜の要望には応えられず、カラダをくねらせる。その反動で茜に刺さってる棒がうごめき、茜は達する。二人は痙攣し、咥え込んでいたものを弾き、落とす。

インゴシマ 第66話ネタバレ感想・考察まとめ

若林は、ちょいちょい涙ぐむけど、感情の起伏が激しい男の方向にもっておいくとするなら、激情でパワーを発揮するタイプなのかもしれない。

【画像】風呂に入れて涙ぐむ若林 | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】風呂に入れて涙ぐむ若林 | 引用元:インゴシマ 第66話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

エギ大祭に参加するイヤツコは、「仲間」ではないだろう。きっと、対戦相手なんじゃないだろうか。

でもそうなると、優勝者のひとりだけがシマビトに昇格するということだろうか。

シマビトの慢性的な人手不足で、イヤツコからシマビトを格上げするとするなら、祭りの度に一人しか格上げしないのは、非効率的でははないだろうか。優秀な人間が数人いるとしたら、そこで優秀者は全員とったほうがいいと思うけど。。。

もし、トーナメント方式だったら、若林とアレックスも互いに戦うことになるのか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧

<啓太グループ>
東堂啓太(アキラグループに身を置く)
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆

<赤城グループ>
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
田村葉子(生贄)
三枝智也(生贄)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

サカキ・ジウベエ・インゴ
「エギ大祭」参入者を募る者。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。