日別アーカイブ: 2019-08-19

盾の勇者の成り上がり 第58話ネタバレ感想『四聖勇者を拘束する謎の新キャラ登場』

【画像】モトヤス、レン、イツキを拘束する謎の新キャラ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】モトヤス、レン、イツキを拘束する謎の新キャラ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

  • 盾の勇者の成り上がり 第58話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 盾の勇者の成り上がり 第58話ネタバレ感想・考察
  • 盾の勇者の成り上がり 概要
  • 盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧
  • 盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

盾の勇者の成り上がり 第58話ネタバレストーリー・あらすじ

霊亀の中で、ラルクたちと遭遇するナオフミたち。

なぜ、ラルクたちがこの世界にいるのか疑問に思うナオフミ。

霊亀の暴走はラルクたちに原因があるのかと考える。

その時、壁から無数の使い魔が発生し、ラルクたちを覆い隠す。

ラフタリアが使い魔たちを切り裂くもラルクたちの姿は消えていた。

壁を殴って悔しがるナオフミ。

分かれ道はなかったはずのにラルクたちは消えた。

【画像】使い魔がラルクたちを庇ったように見えた | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】使い魔がラルクたちを庇ったように見えた | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

使い魔は、ラルクたちを庇ったように見えた。

霊亀を操る強い思念。それが使い魔たちを完全に支配しているというオスト。

ナオフミは、ラルクたちは前の波の時、ラルクたちの世界のために、こちらの勇者を始末しにきたと言っていた。今度は、霊亀を使って、この世界ごとと予想するナオフミ。

【画像】ラルクたちが霊亀を操っているのではないかと考えるナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】ラルクたちが霊亀を操っているのではないかと考えるナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

ラフタリアは、ラルクならナオフミを狙うはず。姿を偽って逃げる必要や、霊亀を操る必要がないとナオフミに意見する。

ナオフミも、ラルクの性格から、ラフタリアの言いたいことはわかるが、ラルクたちがここにいた理由を説明できない。少なからず、ラルクたちと霊亀の暴走には関連があるはずだと。

ナオフミたちは、女王が待つ集合ポイントに戻る。

それぞれが行った通路の地図をつなぎ合わせても行き止まりばかり。ナオフミは他の者に、自分たち以外の冒険者に会わなかったかと聞くも出会ってないという。

先が行き止まりばかりの道ばかりなら、どこかで出会ってもいいはずだが。。。

隠し通路の類があるかもしれない。

ナオフミはフィーロに、使い魔のにおいや気配はないかと聞く。あちこちでざわざわしてるという。壁とか床とか。

ナオフミは、ここの近くで一番ざわざわしてるところはわかるかと聞く。

フィーロは、ここと近くの床を足でつつく。

フィーロは、ちょびっとだけど、柔らかいという。

ナオフミは、強酸水を勇者の盾から取り出し、かけろとフィーロに渡す。

その時、ナオフミの背後からラルクの鎌が首にかけられる。咄嗟に勇者の盾で防御するナオフミ。

ラルクだけではなく、テリスとグラスも現れる。

その目を見たとき、ニセモノと分かる。

ナオフミはフィーロに強酸水をかけるよう命じる。

強酸水をかけられた偽者たちは、霊亀の使い魔に変化する。擬態していた。

ナオフミは、残りの強酸水を、さっきの床にかけろという。かけてみると床が使い魔に変化して、奥に通路が現れる。

使い魔を一掃したナオフミたちは、先遣隊として、ナオフミたちが先に進む。

通路の中の壁などは、鼓動している。

龍刻の砂時計のようなものがある広場にでた。

オストは、魂を収集する器だと説明する。霊亀の犠牲になった者たちの魂が砂となり、これが満たされる時、結界を生成するはずだと。

【画像】少ないエネルギーから考えられない再生能力の霊亀に疑問視するナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】少ないエネルギーから考えられない再生能力の霊亀に疑問視するナオフミ | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

その砂は明らかに残り僅か。霊亀のエネルギー源でもあるはずの砂が少ないにも関わらず、あの霊亀の再生能力。あの再生能力はどこからきてるのか。オストの火傷が治っていく。

オストは心臓に近づいている証拠だという。目的の場所は近いと奥に進む。

突然、熱線攻撃を受けるナオフミたち。

霊亀の心臓に到着した。

霊亀の心臓自身が自衛のためにナオフミたちを攻撃してくる。

連合軍を連れてくる前に弱らせておこうと攻撃を仕掛けるナオフミ。

ナオフミは勇者の盾を変化させ、霊亀の心臓の前に出る。

熱線を打ってきてもナオフミは勇者の盾で弾く。この程度なら勇者の盾で充分だと距離を詰める。

霊亀の心臓は、熱線ではなく、何かの球を出してくる。オストが受けてはいけないと注意を促す。その球は、超重力魔法。受けたナオフミは、盾を持ち上げられない。

フィーロが霊亀の心臓の目を蹴り潰す。別の目がフィーロを狙うも、ラフタリアが霊亀の心臓を切る。

超重力魔法が解除される。

オストが胸を押さえ、膝をつく。

フィトリアと戦ってる霊亀も動きを止めてうなだれる。チャンスを近づくフィトリアだが、霊亀は急に首を上げ、光線を吐く。

霊亀の心臓は復活する。

【画像】オストが黒幕の場所を感知する | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

【画像】オストが黒幕の場所を感知する | 引用元:盾の勇者の成り上がり 第58話 原作:アネコサギ 漫画:藍屋球 キャラクターデザイン:弥南せいら

封印でなければダメかというもオストは意義はあったという。黒幕の場所がわかったというオスト。

心臓が止まった一瞬、わずかながら力の流れをとらえた。暴走、異常発生、すべて合点がいった。勇者文字の意味も全て。封印を施し、黒幕のところへ。

モトヤス、レン、イツキの三人は何者かに捕らわれていた。

盾の勇者の成り上がり 第58話ネタバレ感想・考察

謎の新キャラでてきた。へっぽこ三勇者を捕えているメガネの男もラルクの世界の勇者なのだろうか。

ラルク、テリス、グラスが本物なら、ラルクたちを庇い、逃がしたのがこの黒幕なら、ラルクたちの味方。となれば、ラルクたちと同じ世界の人間なのか。

仲間だったとしても、ラルクたちが、あの場所で、他の冒険者に擬態していた理由はなんだろうか。モトヤス、レン、イツキを捕えて、利用しているとこから、ナオフミも捕えて、利用したいというところだろうけど、ナオフミたちと遭遇しても結局、ラルクたちは逃げていったわけで、ラルクたちが変装してまであそこにいた理由が思いつかない。

霊亀を使って、この世界を破壊するなら、メガネの謎の新キャラのところにいればすむことだろう。

ニコニコ漫画『盾の勇者の成り上がり』を読んで。

盾の勇者の成り上がり 登場キャラクター一覧

岩谷尚文(いわたになおふみ)
四聖勇者のひとり。盾の勇者。

ラフタリア
尚文の仲間。亜人。

フィーロ
尚文の仲間。フィロリアルのアリア種。

北村元康(きたむらもとやす)
四聖勇者のひとり。槍の勇者。

天木錬(あまぎれん)
四聖勇者のひとり。剣の勇者。

川澄樹(かわすみいつき)
四聖勇者のひとり。弓の勇者。

オルトクレイ=メルロマルク32世
国王。「クズ」と改名させられる。

マイン
国王の娘。尚文をはめた女。「ビッチ」と改名させられ、冒険者名は「アバズレ」。

ラルクベルク
尚文のことを「坊主」と呼び、心配してくれる冒険者。

テリス
ラルクベルクと一緒にいる女性。

リーシア
樹に救われ、樹の親衛隊に加わった新人。

オスト=ホウライ
霊亀の使い魔。

盾の勇者の成り上がり 概要

大学生の岩谷尚文は盾の勇者として異世界に召喚された。そこには、剣の勇者・天木錬、弓の勇者・川澄樹、槍の勇者・北村元康も召喚されていた。国王より波(次元の亀裂から魔物が大量に這い出てくること)から世界を守ることを命ぜられた四人は、それぞれの武器を鍛えるため供を連れて旅をすることになるが、尚文の供になったのはマインのみであった。しかし、マインはすぐに裏切り、尚文は冤罪をかけられる。名声や金銭を失った尚文は一人で旅に出るが、盾の勇者は攻撃できないため、攻撃力として奴隷の亜人の少女ラフタリアを買い、二人での旅を始める。

盾の勇者の成り上がりを連載している無料マンガアプリ『ニコニコ漫画』について

ニコニコ静画に投稿された14000作品が読める。人気雑誌の話題作からユーザー投稿のWEBマンガまで、国内最大級の14000以上の作品がいつでもどこでもスマートフォンで楽しめるアプリ。

50以上の雑誌がニコニコ漫画に集結。いろんな作品が毎日更新。少年、青年、少女、4コマなど、幅広いジャンルの作品が毎日更新。

インゴシマ 第68話ネタバレ感想『ガモウに抵抗する葵』

【画像】加奈と茜の処遇に抗議する葵 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】加奈と茜の処遇に抗議する葵 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第68話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第68話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第68話ネタバレストーリー・あらすじ

加奈と茜が受けてる仕打ちを見て、怯える葵。

ガモウは葵に何を怯えていると問う。

葵は、私の友達にひどいことをしないでとガモウに物申す。

ガモウは、葵を諭すように言う。

弱者は弱者らしく、強者は強者らしく、それが道理だというガモウ。

【画像】ガモウの道理 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】ガモウの道理 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

そして、ガモウは葵の手を引き、自分に引き寄せ、抱きしめる。

葵は、自分たちが弱いから、抵抗できないから、好きなようにしていいということからと、涙を流しながらガモウに訴える。

ガモウは、葵はヨメゴ、アガメらしくあることだけ考えろという。

葵は、私はガモウのヨメじゃないと抵抗する。

ガモウは葵を強くつねる。いつか求める。その暁には求めるモノを与えるというガモウ。しかし、葵は頑なに拒否をする。

ガモウは、手を止め、キリハに合図すると、桐花はグラスの液体を口に含み、葵に口移しで飲ませる。

インゴシマ 第68話ネタバレ感想・考察まとめ

口移しで飲まされても、普通は飲まないよね。

なんで飲んじゃうかな。

【画像】葵に口移しで何かを飲ませる桐花 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】葵に口移しで何かを飲ませる桐花 | 引用元:インゴシマ 第68話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

ただの酒なのか。それとも誘淫効果のある物質が入った液体なのか。後者だろう。

それを口にした葵は、身体が高揚しつつも、ガモウを拒み続けるのだろう。

それともヒロインが堕ちて、堕ちた姿を見た啓太は絶望するという流れのほうだろうか。

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者

<啓太グループ>
東堂啓太
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)

<シマビト関係者>
ガモウ
ヒナゴ
チオモ
大矢野桐花
コリオ・インゴ
サカキ・ジウベエ・インゴ

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

サカキ・ジウベエ・インゴ
「エギ大祭」参入者を募る者。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。