日別アーカイブ: 2019-08-20

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話ネタバレ感想『ロシア女がスパイだと気付く彩花』

【画像】ロシア女にスパイだと疑っていることを気付かれないように笑顔で応える彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ロシア女にスパイだと疑っていることを気付かれないように笑顔で応える彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話ネタバレストーリー・あらすじ

【トレジャーハントの間】

冴木に襲われていた彩花を助けたのは、ウーゴシボッチの秘密兵器と呼ばれるNo.2の大山まいこ。

冴木を蹴り飛ばし、温泉の床に落ちた冴木の腹に更に追い打ちで落下の体重の威力も乗せて殴る大山まいこ。

冴木は反撃しようと蹴り上げるも華麗にかわす大山まいこ。

バック転で回避した大山まいこはそのまま、かかと落としを冴木の顔面に炸裂させる。

大山まいこは、冴木に仲間にならないかと誘うも断る冴木。

大山まいこは、冗談だといい、冴木はチキンスープになる運命だという。

【画像】冴木と戦う大山まいこ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】冴木と戦う大山まいこ | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

その頃、彩花は、大山まいこに隠れてなと言われ、基地内のどこかに震えて隠れていた。

騒ぎが収束する。

彩花は、これまでのことを整理する。冴木が遊哉の部屋からでてきたということは、遊哉の彼女が襲われたということ?敵は冴木一人とは限らない。知美が自室にいなかったのは他のやつに襲われた可能性もある。

彩花は守られてばかりいいわけがない。喜多川に言われた、生きて力を貸してくれというのは守られるだけじゃなく、他の困った人を助けろという意味に解釈する。

彩花は、棒を持って戦うことを決意。小部屋から出てくる。

大山まいこは、スキル「鉄輪」を発動。

何も起こらないことに不発かと思う冴木。

大山まいこは、争う必要なんてなかった。どうして協力しあえないんだと嘆く。

説教かという冴木に、説教たれる資格はないほど、人間出来ていない。だから、感情任せに仲間の敵討ちをさせてもらう。命乞いしても許さないという大山まいこ。

冴木の立つ湯が急に沸騰し始める。大山まいこがやけに喋っていたのは時間稼ぎかと、理解する。

遊哉の部屋にやってきた彩花は、倒れてる知美と服がやぶれてる震えてる遊哉の彼女を目の当たりにする。

冴木にやられてしまったのかと考える彩花。

自分に落ち着けを言い聞かせ、二人を安全な場所にと行動を取る。

しかし、起こそうと知美の身体に触れると、知美は胸にナイフを刺され、息絶えていた。

遊哉の彼女が「ユーヤ」と呼ぶ声で奮い立つ彩花。

彩花は、遊哉の彼女にわかってる範囲の状況説明をする。みんなで固まって基地を守って、遊哉たち攻撃班の背中を守らないとというも、きょとんとする遊哉の彼女。

日本語がわからないのかと、彩花は、咄嗟に英語をカタコトでしゃべってみるも、相手はロシア語の歌を歌ってたらから、英語じゃないだろうと思った。

遊哉の彼女はロシア語で何かを言った。

その頃、大山まいこは、スキル「鉄輪」で沸騰した温泉で冴木を茹でようとしていた。

次の瞬間、電撃は走る。大山まいこも、湯に使ってる冴木も感電する。

敵の仲間の存在を度外視してしまったと後悔する大山まいこ。相手のスキルは電撃。相性は最悪。体術のみでいけるかと考える大山まいこ。

【画像】ロシア女の言葉に違和感を感じる彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ロシア女の言葉に違和感を感じる彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

遊哉の彼女が喋ったロシア語を知っていた彩花。

語学留学を夢見ていた頃、みてたサイトで特集されていた、危険なロシア語の中にあった。

意味は、「くたばれ!ビッ○」。

それを笑顔で自分に言ったのか。初めてあったばかりの人間に。自分が遊哉の元カノだからか。でもどうして元カノとわかったのか。それは周りの会話。日本語がわかっていたということじゃないか。他の人はともかく、彼氏の遊哉とも意思疎通しないのは何故か。

彩花は悟る。遊哉の彼女が敵のスパイだと疑う。

彩花がロシア語がわかることも、敵のスパイだと疑ってることも気付かれてはいけない。

彩花は、笑顔を向けてくる遊哉の彼女に、笑顔で応える。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話ネタバレ感想・まとめ

<ロシア女をスパイと疑うロジック>

彩花は、遊哉の彼女がスパイではないかと疑ったロジックは少し飛んでないだろうか。

ロシア女が彩花に向かって罵詈雑言を吐いた。

罵詈雑言を吐いたのが遊哉の元カノだから。

彩花が遊哉の元カノという人間関係を遊哉と彩花の直接のやりとりを見てない限りは、言葉が通じない限りは理解できない。

ロシア女の前で、遊哉と彩花がやりとりしてるシーンはないし、ロシア女と初対面と彩花も思ってるから、日本語が通じないと理解しない。

元カノの彩花が気にいらないから、彩花に対して罵詈雑言を放った。

ここまではいいんだけど、この後。

なぜ、日本語が通じるのにわからないフリをするのか。

【画像】ロシア女が、本当は日本語を理解しているのではないかと考える彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ロシア女が、本当は日本語を理解しているのではないかと考える彩花 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

喜多川のロシア女の境遇を聞いてるから、他者を信用していない。遊哉だけ。しかし、遊哉に日本語が理解していると知られたら、周りにも知られる。遊哉以外の人間は信用できないから、遊哉にも日本語が理解できると言ってないだけ。他者への不信感からくる防衛行動という可能性のほうが高いのではないか。スパイ容疑ではなく、防衛行動のほうがしっくりくる。

さらに、ロシア女が本当にスパイだとするなら、遊哉の彼女もフリであり、遊哉には何の感情もない。感情がないわけだから、元カノの彩花についても別になんとも思ってない。思ってないなら罵詈雑言もでてこない。

日本語がわからないフリとスパイを結びつけるのは、彩花の思考は飛躍してると思うけど、そこは彩花だからで片付けられるのだろうか。

ロシア女が彩花に罵詈雑言を言ったのは、二つの可能性がある。鬼頭とのやり取りを見る限り、基本的に言葉が悪い女だから、単に敵に対して吐いたセリフというパターンと、スパイなんだけど、遊哉の優しさに触れて、ウーゴシボッチを壊滅させても遊哉だけは助けたいと思っていて、からの彩花の罵詈雑言というパターン。恐らく、後者で展開されるだろうけど、だからと言って、彩花の考察でロシア女がスパイと断定するのには無理があるのではないだろうか。

【画像】ウーゴシボッチに彩花を連れてきた直後の江木と喜多川の会話 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】ウーゴシボッチに彩花を連れてきた直後の江木と喜多川の会話 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

また、不思議なことに、ロシア女が日本語が通じないというのは、ウーゴシボッチ内で共有されてるはずなのに、彩花がウーゴシボッチに来た時の江木と喜多川のやりとりは、まるで、遊哉が元カノを連れてきたとロシア女が理解してる言動。

日本語が通じないから、言葉で元カノの話を説明もできないし、彩花とも直接会っていないからから遊哉との関係性を理解できない。単純に遊哉が外出して戻ってきたということしかわからないはず。なのに「帰還後、ロシア女に連行され、たっぷり絞られてる」的な言葉はでてこないだろう。ロシア女が言葉が通じてると知ってるという言動。

<登場人物の死>

知美、宮本、喜多川、江木、みゆき・・・。このミッションで登場人物を増やしたなと思ったけど、案外、雑に消していってる。江木とみゆきは取って付けたような思い出話である程度は、江木への同情があるけど、喜多川と宮本はリーダー格なのにキャラへの感情が育つ前に消されてしまった。知美にいたっては、なんで登場したのかもわからない。

でも、もしかして、スキルで実は助かってるというパターンもありえるのか。円柱水路の間の辺りのキャラの消し方を考えるとなさそう。

リーダー格になるには、リーダーになるきっかけやリーダーたる何かがあると思うんだけど、見せ場なかったな。

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

【画像】登場人物と相関図 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

【画像】登場人物と相関図 | 引用元:地上100階~脱出確率0.0001%~ 第53話 漫画:桃田テツ 原作:黒井嵐輔

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!