日別アーカイブ: 2019-11-11

地獄楽 第76話ネタバレ感想『ジュファのタオファへの想い』

【画像】やせ我慢するタオファ | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

【画像】やせ我慢するタオファ | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

  • 地獄楽 第76話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 地獄楽 第76話ネタバレ感想・考察・まとめ
  • 地獄楽 タオの属性
  • 地獄楽 登場人物・キャラクター一覧
  • 地獄楽 概要
  • 地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

地獄楽 第76話ネタバレストーリー・あらすじ

ジュファとタオファ。二人で一人。他のみんなも家族だが、二人は特別。リエンは、幼いタオファとジュファにそう言い聞かせた。

他のみんなはソウシンや道士を怖がらない。タオファは怖がるし、ジュファは勉強が好きじゃなかった。

仲間が傷ついてもみんなは気にしない。不死だからだろう。

でもジュファはタオファが傷つくのは嫌だった。

それはタオファが大切な人だからと教えるメイ。

自分の痛みは自分がわかるけど、他人の痛みは想像するしかない。相手がいるから考えちゃう。想像力は不安や優しさの始まり。不老不死の体だと気づきにくいけど。

最初の異変はリエンだった。

【画像】ジュファたちが生み出された理由 | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

【画像】ジュファたちが生み出された理由 | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

リエンは、ホウコを拘束し、天仙の試作品のようなもので、ホウコで消費したタオを補給するときに使うという。

リエンは、本格的な修行にはいるといい、ジュファを大人の体に成長させる。

リエンから優しさが消えた。

【画像】それぞれの修行をし、互いに教えあうために作られたジュファたち | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

【画像】それぞれの修行をし、互いに教えあうために作られたジュファたち | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

タオファは、ホウコを使うのは嫌だという。ジュファもタオファの意見に賛同する。果実からタオを補給しようと。

数年後、メイが城内からいなくなった。理由はわからない。何より誰も気にしていないようだった。

修行が過酷さを増し、みんなの感覚もよりおかしくなった。

ジュファは、タオファの笑顔は自分が護らねばと強く思うようになった。

百年が経ち、大陸からつれてきた動物が絶えた。

百年が経ち、ホウコの村が崩壊した。

ジュファは不満を漏らす。いつまで修行を続けるつもりなのか。ホウコはおろか作物も底をつく。リエンとソウシは何を考えているのか。

しかし、みんなは関心は薄く。タオの補給源は外部から引っ張ればいいという。

【画像】ムーダンは自分たちが完璧な不老不死になれないと悟っていた。 | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

【画像】ムーダンは自分たちが完璧な不老不死になれないと悟っていた。 | 引用元:地獄楽 第76話 著者:賀来ゆうじ

ムーダンは、それが嫌なたらタオがなくなって死ぬだけ。天仙の不老不死なんて所詮そんなもので、修行をどれだけ重ねたところで、完璧な不老不死なんかにきっとなれないと悟っていた。

いままでのことが無意味だったのかと憤るジュファ。

そんな現実があっても皆は我っている。みんあがおかしくなったのか、おかしいのは自分か。

タオファが、花化した人間を外の世界に送る準備をしていた。ジュファはホウコを使うのは嫌がっていたタオファにそれでいいのかと聞くと、全然いいという。その笑顔の裏でタオファは震えていた。

ジュファは、タオファの肩を優しく抱き寄せ、おかしくないとという。

タオファとジュファは合体し、きしかいする。

地獄楽 第76話ネタバレ感想・考察・まとめ

ジュファとタオファは、心が正常に戻れば、仲間になる可能性もあるのか?

仲間になってもリエンの餌食で終わるだろうけど。

ジュファたち、リエンに作られた天仙たちは被害者なのかもしれない。

リエンがおかしくなった原因は何なんだろうか。

ソウシが実は亡くなっていて、亡くなったきっかけでリエンがおかしくなったのか。

少年ジャンプ+『地獄楽』を読んで。

地獄楽 タオの属性

相生関係:木→火→土→金→水→(木)
相克関係:木→土→水→火→金→(木)

木の属性:佐切、士遠、タオファ
火の属性:画眉丸、巌鉄斎、ジュファ
土の属性:ユズリハ、桐馬、リエン、ムーダン
金の属性:付知、グェファ
水の属性:ヌルガイ、メイ、ヂュジン、ラン

地獄楽 登場人物・キャラクター一覧

画眉丸(がびまる)
石隠れ衆の抜け忍。「がらんの画眉丸」と呼ばれた元石隠れ衆筆頭。

山田浅ェ門佐切(やまだあさえもんさぎり)
人斬り朝や首斬り朝と呼ばれる刀剣の試し切りや処刑執行人を代々務めた山田家の人間。

結(ゆい)
画眉丸の妻。画眉丸の「がらんどう」を否定し、画眉丸の心を暖めた女性。

石隠れの里の長
画眉丸の親を手にかける。

“賊王”亜左弔兵衛(あざちょうべえ)
上陸組の一人。大盗賊を率いて、伊予の山奥に賊の村まで作り上げた傑士。てんせん様と交戦の末、仙薬の材料にされる。

“剣龍”民谷巌鉄斎(たみやがんてつさい)
上陸組の一人。剣龍や八州無双と呼ばれた大剣豪。

“山の民”ヌルガイ
上陸組の一人。

くの一”傾主のユズリハ”
上陸組の一人。鷺羽城侵入騒動の下手人。城内の家臣を一人残らず制圧したくのいち。

付知(ふち)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流九位。民谷巌鉄斎の監視役。

桐馬(とうま)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。亜左弔兵衛の実弟。てんせん様と交戦。生死不明。

士遠(しおん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流四位。典坐の師匠。あか絹の監視役。

十禾(じっか)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流三位。法流坊の監視役。本土に生還を果たす。

殊現(しゅげん)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。試一刀流二位。法流坊の監視役。山田浅ェ門一の実力と言われている。

山田浅ェ門清丸(きよまる)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無しだが、実力は門下でも一、二位を争う才器。

山田浅ェ門威鈴(いすず)
“首斬り浅ェ門”。山田浅ェ門の門弟。段位無し。

青木
幕府の侍。

めい
謎の少女。

如イ元君(ヂュジン)
七人のてんせん様の内の一人。典坐、ヌルガイ、士遠、画眉丸と戦う。

アシュク大帝(ジュファ)
七人のてんせん様の内の一人。弔兵衛、桐馬と戦う。男のほうが合っているという。

ラトナ大聖
七人のてんせん様の内の一人。女の形を好む。

不空就君(ムーダン)
七人のてんせん様の内の一人。牡丹ノ精。機能美を好む。士遠・佐切に倒される。

文殊公々
七人のてんせん様の内の一人。雑談をうるさいと本を読んでいる。

准デイ帝君
七人のてんせん様の内の一人。男も女もそれぞれが美しいと評価。

普賢上帝(リエン)
七人のてんせん様の内の一人。

地獄楽 概要

時は徳川将軍11代目となる頃??。かつて最強の忍として、畏れられた“画眉丸”は抜け忍として囚われていた。そんな中、打ち首執行人を務める“山田浅ェ門佐切”から無罪放免になる為の条件を突きつけられる。その条件とは極楽浄土と噂の地で「不老不死の仙薬」を手に入れること…!!美麗師・賀来ゆうじが描く忍法浪漫活劇いざ開幕!!

地獄楽を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

インゴシマ 第76話ネタバレ感想『アレックスのフンドシ作戦』

【画像】何かの映像を受信する啓太 | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】何かの映像を受信する啓太 | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

  • インゴシマ 第76話ネタバレストーリー・あらすじ
  • インゴシマ 第76話ネタバレ感想・考察まとめ
  • インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者
  • インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ
  • インゴシマ 概要
  • インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

インゴシマ 第76話ネタバレストーリー・あらすじ

シマビトの集落に忍び寄る啓太たち。

暗い森のなか、赤城は自分を最後尾にするなと訴える。夜の森は怖いと。

なんだかんだでシマビトの集落の近くまでやってきた啓太たち。

【画像】シマビトの集落に接近した啓太たち | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】シマビトの集落に接近した啓太たち | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

集落の異変に気づくアキラ。

集落の中が静か過ぎる。

アキラは啓太を促す。啓太は作戦通りに、ドローンを飛ばして、集落の様子を確認する。

アキラが気づいた通り、集落には人の気配が少ない。

まるでゴーストタウンになってるというと赤城が「お化けの話をするんじゃねぇ」と啓太の胸倉を掴む。

【画像】お化けに怖がる赤城 | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

【画像】お化けに怖がる赤城 | 引用元:インゴシマ 第76話 漫画;田中克樹 原案:天下雌子

遠くのほうで雄叫びが聞こえてくる。それをお化けだと怖がる赤城。

その時、啓太の頭の中に何かの映像が再生される。

啓太は、その勘を頼りにドローンを飛ばす。

ドローンは、エギ大祭の会場の上空までやってくる。

ドローンはエギ大祭の人ごみを捉える。

* * *

エギ大祭では、オスマビとの戦いが続いていた。

アレックスと若林は、フンドシを手に取り、オスマビに構えている。他のイヤツコにも呼びかけ、アレックスたちはフンドシを武器にオスマビと戦うつもりだった。

インゴシマ 第76話ネタバレ感想・考察まとめ

アレックスが策があるといっていたけど、皆でフンドシ使って縛り上げようというのだろうか。

素手よりも首を絞めったり、拘束することができるけど、、、

マンガボックス『インゴシマ』を読んで。

インゴシマ 生存者一覧とシマビト関係者

<啓太グループ>
東堂啓太
鈴村陸
高崎光博
橘進之助
島崎さくら
市原梨帆
赤城
小早川貴子
田村
アキラ

<シマビトに捕まったグループ>
宮原葵(ヒメゴ)
鮎加波薫子
太一(かかし)
若林輝男(イヤツコ)
佐々木加奈(イヤツコの女)
豊橋茜(イヤツコの女)
アレックス(イヤツコ)

<消息不明者>
萬国十兵衛
川上満
甲斐谷幹人(高崎に腕を折られてグループから離脱)

<シマビト関係者>
ガモウ
ヒナゴ
チオモ
大矢野桐花
コリオ・インゴ
サカキ・ジウベエ・インゴ

インゴシマ 登場人物・キャラクター一覧まとめ

東堂啓太(とうどうけいた)
高校生。2年2組。電子機器をいつも持ち歩いているオタク。幼馴染の葵を意識している。

鈴村陸(すずむらりく)
高校生。2年2組。啓太とゲーム仲間。

甲斐谷幹人(かいたにみきと)
高校生。2年1組。生徒会長。

橘進之助(たちばなしんのすけ)
高校生。2年2組。剣道の達人。

高崎光博(たかさきみつひろ)
高校生。2年3組。

赤城
高校生。

村田
高校生。田村葉子の兄。

宮原葵(みやはらあおい)
高校生。2年2組。シマビトから呼ビメと呼ばれる。

佐々木加奈(ささきかな)
高校生。2年2組。

鮎加波薫子(あゆかわかおるこ)
高校生。2年2組。

島崎さくら(しまざきさくら)
高校生。2年3組。橘と仲が良い。

市原梨帆(いちはらなほ)
高校生。2年3組。

豊橋茜(とよはしあかね)
高校生。2年3組。

萬国十兵衛(まんごくじゅうべえ)
高校生。2年2組。あだ名はまんじゅう。

川上満(かわかみみつる)
高校生。2年2組。あだ名はサイコ。

若林輝男(わかばやしてるお)
体育教師。柔道部顧問。

小早川貴子(こばやかわたかこ)
地学科。学年主任。

アキラ
赤城を助けた金髪女性。二年前に漂着した漂流者。軍人。

ヒナゴ
葵の世話人。

ガモウ
シマビトのリーダーらしき人物。

チオモ
ガモウの母親。

大矢野桐花
漂着者の一人でガモウの妻の一人。

イヤツコ
ガモウたちの奴隷。

コリオ・インゴ
男色のシマビト。

アレックス
イヤツコに堕ちた外国人。若林に声をかけ、仲間に引き入れる。

サカキ・ジウベエ・インゴ
「エギ大祭」参入者を募る者。

オスマビ・コンゴウ・インゴ
エギ大祭のイヤツコの対戦者として登場。

インゴシマ 概要

修学旅行先へ向かう高校生の一行を乗せた客船が、嵐に遭遇して難破してしまう。 流れ着いた海図にない島――そこに住まうのは、不気味な日本語を話し、野蛮な生活文化を営む「シマビト」だった。 人が住む島だったと安心する生徒たち。だが直後、シマビトによる生徒たちの【捕獲】が始まる! 飲み水さえも満足に手に入らない極限状況の中で、シマビトたちの圧倒的な暴力にさらされるうちに、少年少女たちはその本能を少しずつ剥き出しにされていく。 すべての道徳が吹き飛んだあとでも、人は人としていられるのか――獣に堕ちてしまうのか。 命と生の意味を突きつける、トライバル・サバイバル・ストーリー!

インゴシマを連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。