日別アーカイブ: 2020-01-02

【先読み】TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話ネタバレ感想『仲間内で伝説にまでなっていた照』

【画像】照には空手が必要だった | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

【画像】照には空手が必要だった | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話ネタバレストーリー・あらすじ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話ネタバレ感想・まとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要
  • TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料WEBマンガ『サイコミ』について

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話ネタバレストーリー・あらすじ

照の過去。

二人の男を袋叩きにしている。

照はその集団の片隅で傍観し、袋叩きには参加していた。

殴られている男が、卑怯だと罵る。

しかし、文句がなるなら街に入ってくるなという男たち。

チャイナと呼ばれ、殴っていた男たちは、日本人だという。国籍は持ってないけどと。

殴っていた男たちは、差別されたことに腹を立てて、先ほど以上に男を痛めつける。

男たちは、照に処遇を煽ると、照は興味なさそうに、そこらへんに転がしておけという。

ここで一緒に育った仲間。これが照が育った街。こんな街で自分の身を守るためには空手が必要だった。

道場には子供の頃から通っていた照。

道場で覚えた技術を実践で使う機会が多かったこともあり、照は周りの奴らよりもどんどん強くなっていった。

【画像】最強と呼ばれる立場になっていた照 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

【画像】最強と呼ばれる立場になっていた照 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

気づいた頃には、街で最強と呼ばれる立場になっていた。

道場にある日、星崎というやつがやってきて、いかにもボンボンで、やたら照に絡んでくる無駄に距離感が近いやつだったと振り返る照。

照は、苦手で少し距離をおいていたが、なぜかどんどん強くなり、いつの間にか照といい勝負をするようになった。

なんだかんだ競い合うようにして二人の空手も上達したようにも思う。

照は、昼と夜の顔を上手く使い分けていた。

地元の奴とここままうまくやっているだけでは未来は開けない。人並みに勉強もし、大学にも進学した。

大学に行ってからは昼は学生。夜は六本木のクラブでボディガードをしていた。

地元の先輩たちや仲間の多くは、バハムートというギャンググループに所属していた。

地元には日本語が苦手な奴らもたくさんいた。だからよその地域のやつらからバカにされたり、喧嘩を売られることも多かった。

そんな暴力や理不尽な差別から身を守り、戦うための組織を昔の先輩たちが作った。それがバハムート。

照の地元ではこのグループに入って、幹部になることが不良少年たちの憧れだった。

照は、それにまったく興味がなかった。くだらない喧嘩や悪行の自慢話を聞いても心が冷めていくだけだった。

【画像】照の処世術は「適度に距離をとる」 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

【画像】照の処世術は「適度に距離をとる」 | 引用元:TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話 漫画:丸山恭右

そんな照が選んだ道は「適度に距離をとる」という道だった。決して対立はしないが、深入りもしない。それで照は上手くやっていけた。あの時までは。

クラブの呼ばれた照。

照に勝てたやつはいないと豪語する仲間。

男は、照に戦ってもらいたいやつがいるという。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 第52話ネタバレ感想・まとめ

それでツヨシと出会ったのだろうけど、「適度に距離をとる」ポリシーなのに、ツヨシに負けたところで、次は近寄らないという「距離のとり方」でそれを照の中では終わるはずだと思うけど。

そんなポリシーを打ち砕くほどのトラウマをツヨシからもらったということだろうか。

何にでも距離をとり、クールに生きていこうとする照が、ただツヨシが強いからといって引きこもるほどのトラウマを背負うだろうか。実は空手という日々鍛錬してきた能力が自分の心のよりどころで、それを崩されてしまい、心の支えがなくなってトラウマになってしまったという流れなのだろうか。

サイコミ『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』を読んで。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 登場人物・キャラクターまとめ

星崎愛之助(ほしざきあいのすけ)
大学空手優勝者。空手六段。美大出で絵が上手い。

夢丘照(ゆめおかてる)
星崎のライバルであったが川端強に敗れて以来、アイドルヲタクと化す。

川端強(かわばたつよし)
22歳のフリーター。画家になるため、コンビニバイトをしながら美大を目指す浪人生。幾度となく達人に決闘を申し込まれ、悉く打ち破る強者。5歳から太極拳教室に通っていたほか、強さの秘密を知る者はいない。週三回、太極拳教室の講師をしている。

田中元(たなかげん)
25歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

佐藤卓(さとうたく)
23歳。一軒家をシェアアトリエとして強たちと借りている美大浪人仲間。

<中国チーム>

陳神美(チン・シェンメイ)
川端強のコンビニバイトの同僚。その正体は川端強の強さの調査をしにきた中国武術省の女スパイ。腕に覚えがあるが、汚した星崎に負ける程度。

リュウ・シェン
四拳勢の一人。少林拳の達人。

バン・ウンチョウ
四拳勢の一人。洪家拳の達人。

ゲン・ロウラン
四拳勢の一人。太極拳の達人。

リョ・ジーフェイ
四拳勢の一人。八極拳の達人。

<ロシアチーム>

ナターシャ
ロシアからきた留学生。

イワノフ
ロシアからきたシステマ使い。

グリエルモ・ロジェンコ
ロシアからの刺客。

アル・ミゲロ
ロシアからの刺客。

ニキータ・ヴラドレーナ
ナターシャの兄。

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 概要

“最強”を求めた者が必ず行きつく人物。 その名は「TSUYOSHI」。 「最強」ということ以外謎に包まれた彼は一体何者なのか――!?

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを連載している無料マンガアプリ『サイコミ』について

ゲームメーカーのCygamesが「最高のコンテンツを作る」を目標に開始した無料漫画サイト。漫画を読むだけなら会員登録なしで可能。会員登録することで漫画家にコメントを送ったり、ブックマーク機能である「本棚」を利用できる。

【先読み】出会って5秒でバトル 第114話(後編)ネタバレ感想『頼れるのはりんごの頭脳』

【画像】アキラの代わりに作戦をりんごに考えさせる香椎鈴 | 引用元:出会って5秒でバトル 第114話(後編) 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

【画像】アキラの代わりに作戦をりんごに考えさせる香椎鈴 | 引用元:出会って5秒でバトル 第114話(後編) 原案:はらわたさいぞう 漫画:みやこかしわ

  • 出会って5秒でバトル 第114話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ
  • 出会って5秒でバトル 第114話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ
  • 出会って5秒でバトル 4thプログラムチーム別能力まとめ
  • 出会って5秒でバトル 概要
  • 出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

出会って5秒でバトル 第114話(後編)ネタバレストーリー・あらすじ

獅子堂は、少年Xからのメッセージをりんごに見せる。

少年Xは、りんごと北島に国会議事堂に来るように要求。

二人と「参加者」だけくるように。他の人間がきたり、気に食わないことがあれば、人質も議事堂も爆破するという。

問題は、相手をどう見つけるかではなく、そこに飛び込んで勝てるかに変わった。

当然、議事堂内は爆弾の巣になっているはず。

獅子堂は、居場所がわかったんだから、いずれ出てくるところを狙って襲うか、他の参加者がというも、りんごは、自分が行かなきゃいけないという。

少年Xから、人質に小学生たちの写真をりんごに送りつけてくる。

りんごがこないなら、人質を一人ずつ始末していくと脅迫してくる。

* * *

議事堂では、人質にとられてた小学生の引率をしていた教師が、子供たちだけでも解放してと少年Xに交渉を持ちかけるも少年Xは、聞く耳をもたない。子供の命に価値があるとみんな思っているならりんごもきっと必死に助けたがるという。

引率教師は、爆発も少年Xが起こしたことならどうしてと理由を聞く。

少年Xは、話してもいいけど何も変わらない。目的達成できたら、お小遣いもらって帰れるし、ダメならみんな始末されるだけのことだという。

* * *

議事堂に向かおうとするりんごを賢いとはいえないと止めようとする獅子堂。

しかも足は動かないから始末されにいくようなものだと状況説明するも、りんごは北島に車椅子をとってほしいいと声をかける。

アキラやユーリなら放っておかない。自分にできることをやると決めた。残った意味がないと、りんごの決意は硬い。

北島も止められず逃したのは自分の責任でもあるとりんごと一緒にいくつもりだ。

香椎鈴は、危険だけど、これはチャンスでもある。倒すならいまやるべきだという。そして、議事堂にいくのは、りんごと北島ではなく、自分と獅子堂だという香椎鈴。

アキラがいない今、りんごがすべきことは、香椎鈴たちの能力で少年Xを倒す作戦を考えることだという。

出会って5秒でバトル 第114話(後編)ネタバレ感想・考察まとめ

アキラほどではなくても頭が切れるりんごなら作戦は立てられると思うけど、獅子堂が自分の能力を明かすだろうか。

ユーリは今回参戦できなさそう。遠距離から攻撃しまくれば、

マンガワン『出会って5秒でバトル』を読んで。

出会って5秒でバトル 4thプログラムチーム別能力まとめ

<第一監視人 ガナシャチーム>

【監視人】ガナシャ:能力の詳細不明
白柳燈夜(しろやなぎとうや):相手にひとつだけ使命を授ける能力
天那:ハリガネを自在に操る能力
九龍(ガウロン):暗器能力
紗道京介:対象の影を実現化して同じ能力で戦わせる能力
甘村千歳:食べた砂糖を綿菓子に変える能力





<第二監視人 ペルコチーム>

【監視人】ペルコ:能力の詳細不明
飯塚怜司(いいづかれいじ):目の前で起きたことをなかったことにする能力
間狩翔(まがりしょう):物を回転運動させる能力
御鑑緋水:周りを低温化させる能力







<第三監視人ラウィールチーム>

【監視人】ラウィール:能力の詳細不明
X:価値のある物を爆弾に変える能力
残りのチームメンバーは4thプログラムスタート時にXに始末される。

<第四監視人 ウロモフチーム>

【監視人】レオンハルト:<厄災>を仕切る。能力の詳細不明
【監視人代理】ウロモフ:能力の詳細不明
13番:感覚を共有する能力
49番:影から影へ瞬間移動できる能力
73番:指の力を30倍にする能力
男1(小太り):対象二人の足を鎖で繋げる能力
102番(目ぱっちり):木の枝をあらゆる武器に変える能力
65番(目閉じてる):手から放電する能力
22番:探しものの在処を把握する能力
不明:不明
不明:不明
不明:不明
不明:不明

<第五監視人 魅音(みおん)チーム>

【監視人】魅音(みおん):手を大砲に変える能力
白柳啓(しろやなぎあきら):相手があなたの能力だと思った能力
天翔有利(あまがけゆうり):身体能力が5倍になる
熊切真(くまきりしん):2秒間無敵になる能力
多々良りんご(たたらりんご):相手の能力を1/10でコピーする能力
北島浩二(きたじまこうじ):手が地面に触れている時、相手の能力を無効化する能力
霧崎円(きりさきまどか):木の棒が何でも切れる剣に変わる能力。他人の能力を強制解除する能力。
香椎鈴(かしいれい):体液から拷問具を生み出す能力
万年青 伊織(おもと いおり):能力の詳細不明(手を大砲に変える能力)
如月葵(きさらぎあおい):対象をゴム化させる能力
万年青の仲間(男)真栗:能力の詳細不明
獅子堂:能力の詳細不明

<第六監視人 ノルドチーム>
※ノルドはライハルトに始末され、代理がいるが能力の詳細不明。

【監視人】ノルドの代理・星野王子:能力をコピーする能力
黒木クレア:手を拳銃に変える能力
猪瀬竜次:他人の目をジャックする能力
郡山新太郎:金属の硬度を変える能力
柏原シソ:部屋を密室にする能力
鬼土丈:円を小さくする能力
戸越:能力不明
戸越といた男:能力不明



出会って5秒でバトル 概要

主人公、白柳 啓(しろやなぎ あきら)は現在16歳の高校生。趣味はゲーム。成績は全国模試でもトップクラス。そんな彼は公式、文法、単語、年表・・・単にどれだけ記憶できるかを競うだけの受験戦争などに興味はなく、さまざまなテーマを与えられ、それに従った効率的な攻略法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する。そういったゲームを求めていた。そのため、普通の日常というものに退屈していたのだが・・・

突然現れた謎の包帯男により、その日常は崩壊した。啓は、その包帯男をゲーム感覚で撃退することに成功した。ほっとしたのもつかの間、新たに現れたマジシャン風の女に「負けイベントだ」と つげられ、あっけなくやられてしまうのだった。その後、どことも知れない病院に似た施設にて手当を受けた後に、似たような境遇の人ばかりが集められた会場に再びマジシャン風の女が出現。それぞれに与えられた「能力」を使って戦うことになるのだった・・・。

出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。