出会って5秒でバトル 第67話①ネタバレ感想『押し掛け女房と化すユーリ』

照れてニヤそうな顔をごまかすためにムズっとするユーリ | 出会って5秒でバトル

照れてニヤそうな顔をごまかすためにムズっとするユーリ | 出会って5秒でバトルより引用

  • 出会って5秒でバトル 第67話①ネタバレストーリー・あらすじ
  • 出会って5秒でバトル 第67話①ネタバレ感想・考察まとめ
  • 出会って5秒でバトル 概要
  • 出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

出会って5秒でバトル 第67話①ネタバレストーリー・あらすじ

白鷺の墓前。緑チームの面々は白鷺の墓前で感謝の言葉を口にする。

アキラは、白鷺の最後の言葉を思い出していた。白鷺は、この地にくる前の話をした。

目覚めたアキラの目の前に女の子がいた。

アキラが目覚めたことに気付き、部屋をでていく。

部屋の外からは掃除機の騒音が聞えてくる。

ユーリがリビングの掃除をしていた。

アキラはユーリに泊めたお礼のために掃除なんてしなくてもいいというが、ユーリは、汚い部屋でメシなんか食えるかと怒る。

汚いアキラの家を掃除するユーリ | 出会って5秒でバトル

汚いアキラの家を掃除するユーリ | 出会って5秒でバトルより引用

女の子は、アキラの自分の部屋だけはきれいだったという。ユーリは、そういうとこよく性格にでてると評す。

洗濯もしたけど文句ないよなとユーリ。「はい」と答えるしかないアキラ。

泊めたことを失敗したかなと思うアキラ。

りりあを連れて泊まりにきたユーリを泊めるアキラ | 出会って5秒でバトル

りりあを連れて泊まりにきたユーリを泊めるアキラ | 出会って5秒でバトルより引用

昨晩、ユーリが家に押しかけてきて、りりあと一緒に泊めて欲しいという。

大神のことがあったからあの家には泊めておけないと。

ユーリが用意したごはんと食べると美味しく。得意は料理は本当だったんだというアキラ。

りりあも、ほっぺに米粒つけてぱくぱくゴハンを食べる。ユーリがりりあのほっぺの米粒をとると、アキラは母親のことを思い出す。

食べ終わったりりあはソファで寝る。

ユーリは3rdプログラムの戦争でのことを感謝する。

ケンカしてひどいことをいってアキラを放っておいたのに、大神にやられそうなとき、ボロボロになりながら助けてくれたことをユーリは感謝していた。

アキラはユーリのことを一番大切な人間だという | 出会って5秒でバトル

アキラはユーリのことを一番大切な人間だという | 出会って5秒でバトルより引用

アキラは助けるのは当たり前だという。ユーリはアキラにとって一番大切な人間なんだと。

その言葉にユーリは顔を赤くする。

本当かとユーリは聞くと、アキラはユーリがいなきゃどうしようもないという。アキラの能力にはユーリの存在が不可欠だからと。

それを聞いて照れてニヤそうな顔を隠すためにムスっとしていた顔を見て、アキラは変顔を指摘するもアキラに八つ当たりするユーリ。

出会って5秒でバトル 第67話①ネタバレ感想・考察まとめ

ユーリの心境を全く汲み取れて居ないアキラ。

マンガワン『出会って5秒でバトル』を読んで。

出会って5秒でバトル 概要

主人公、白柳 啓(しろやなぎ あきら)は現在16歳の高校生。趣味はゲーム。

成績は全国模試でもトップクラス。そんな彼は公式、文法、単語、年表・・・単にどれだけ記憶できるかを競うだけの受験戦争などに興味はなく、さまざまなテーマを与えられ、それに従った効率的な攻略法を理論的に構築し、敵や障害を攻略する

そういったゲームを求めていた。そのため、普通の日常というものに退屈していたのだが・・・

突然現れた謎の包帯男により、その日常は崩壊した。

啓は、その包帯男をゲーム感覚で撃退することに成功した。ほっとしたのもつかの間、新たに現れたマジシャン風の女に「負けイベントだ」と つげられ、あっけなくやられてしまうのだった。

その後、どことも知れない病院に似た施設にて手当を受けた後に、似たような境遇の人ばかりが集められた会場に再びマジシャン風の女が出現。

それぞれに与えられた「能力」を使って戦うことになるのだった・・・。

出会って5秒でバトルを連載している無料マンガアプリ『マンガワン』について

裏サンデーの連載作品(連載終了作品も含む)を全話読むことができるほか、小学館の闇金ウシジマくん、MAJOR、神のみぞ知るセカイなどの名作漫画を読むことができる。

マスコットキャラは、若木民喜がデザインした「ノンブルちゃん&ケルベロス」。

2014年12月のスタート時で、全22作品1000話以上を掲載し、話数、連載作品数。

マンガワンでは裏サンデーの連載作品が1週間早く読めるという特典や、マンガワンでしか読めない描き下ろしおまけページちょい足しが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です