地上100階~脱出確率0.0001%~ 第18話ネタバレ感想『罪の告白|ミッション:アンフィルクリア』

絹代は「あの二人」にもひどいことをしたという | 地上100階~脱出確率0.0001%~

絹代は「あの二人」にもひどいことをしたという | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ『罪の告白』
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 第18話ネタバレ感想・まとめ
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要
  • 地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第18話ネタバレストーリー・あらすじ『罪の告白』

絹代は、瀕死のタツキに近づき、ズボンのファスナーを下ろす。

何をする気だと聞くも絹代は傷に響くから動かないでというばかり。

タツキに隠している秘密が絹代にあるとバラすアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~

タツキに隠している秘密が絹代にあるとバラすアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

その後ろからアンフィルが、絹代がタツキに行為をするショーをしてくれると説明する。

絹代がこんなことをする理由は、タツキに隠している重大な秘密があるから、それをどうしてもバラされたくないからだと、絹代のカラダをまさぐりながらいうアンフィル。

絹代のカラダが準備できていることを確認するアンフィル。

タツキは、その秘密が、タツキに対して身を挺する理由なのかと考える。

アンフィルは、絹代にタツキにも準備してやれと仕向ける。

絹代は、タツキの下着を下ろそうとする。

こんなことまでさせられても隠したい秘密。運営側に握られている弱味とはと考えるも今は、絹代を止めたいタツキ。

タツキは、甦りつつある記憶が事実なら、自身はバベルダンジョンの攻略法を知っている。具体的な攻略法はまだ何も思い出せないが、記憶が戻りつつあることを運営側に知られてはいけない。

そして、今はとにかく絹代を止めなければと考えるタツキ。

タツキは、強い口調で絹代を制止する。「絹代さん」ではなく、「絹代」と呼ぶタツキ。

その言葉で、絹代はタツキに自分のことを思い出したのかと聞く。

絹代が幼馴染か試すタツキ | 地上100階~脱出確率0.0001%~

絹代が幼馴染か試すタツキ | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

しかし、タツキは違うと答える試したんだと。

絹代のいうことがどこまで本当かわからなくて、幼馴染というのもウソなんじゃないかと思い始めた。でも少なくもタツキが絹代のことを「絹代」と呼んでいたことは本当なんだねというタツキ。

タツキは、絹代にこんなことはやめようという。

絹代は、涙を流しながら、タツキにどうしても知られたくない罪を犯した。だからって酷過ぎるよねという。

BDCの客は、絹代の秘密をタツキが知るのはまだ早いと判断し、アンフィルにカラダの主導権を戻す。

涙ながらに自分は赦されないことをやったと口にし始める絹代 | 地上100階~脱出確率0.0001%~

涙ながらに自分は赦されないことをやったと口にし始める絹代 | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

絹代は、タツキだけじゃなく、あの二人にもひどいことをしたという。ミサキとそれからというと絹代は少し笑い出した。

あの二人というのは、記憶のなかにでてきた同級生かと考えるタツキ。

そして、絹代は、あの日、見たという。タツキの部屋であの子がというと、ミニアンフィルたちがインジェクターを持って飛んでやってくる。

ミッション「アンフィル」クリアを宣言するアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~

ミッション「アンフィル」クリアを宣言するアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

アンフィルは拍手をし、7名がミッション「アンフィル」をクリアしたという。

ミニアインフィルは5匹、それぞれがスキルインジェクターを持ってきている。

ミッション「アンフィル」をクリアしたことで、本来の目的を行使するとアンフィルはミニアンフィルをチャレンジャーたちに向かわせる。

ミニアンフィルは、タツキ、絹代、水嶋、彩花、アスマにスキルインジェクターを刺す。

レア度5「中回復」のスキルコードをインプット。ケガをしている全員に注入したと説明するアンフィル。

ケガをしている全員を中回復させるアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~

ケガをしている全員を中回復させるアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

水嶋は、怪我人は自分を含めて4人。インジェクターは5本あった。考えようとするもスキルコードの強制発動でカラダに変化を始まる。

タツキ、アスマ、彩花、水嶋のケガが治っていく。

いいところで終わったしまったので全回復ではなく、中回復だというアンフィル。

土田は、タツキのために絹代が頑張ったのにというもアンフィルは、タツキだけを助けるとは一言も言っていないという。

「円柱水路の間」の7人でのクリアはかなり多い方。通常は2、3人。しかもクリア時点で致命傷を負われている方が多い。脱落者があまりにも多いため、賭け対象の数を確保するために儲けられたのがこのミッションだと説明するアンフィル。

オッズが表示されなかったのは、どんな大怪我をしているチャレンジャーも次に進める状態までは回復させることが織り込み済み。賭けにならないミッションでもBDC客は愉しみたい。

ミッション「アンフィル」はBDC客を愉しませるだけのショー | 地上100階~脱出確率0.0001%~

ミッション「アンフィル」はBDC客を愉しませるだけのショー | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

チャレンジャーの個人的事情や人間関係を利用して、どれだけ見応えのあるショーを仕掛けることが出来るかアンフィルの腕の見せ所だったという。

彩花は、ケガが治ったのはいいけど、絹代がかわいそうだと抗議をあげる。

しかし、アンフィルは笑う。それでこそバベルダンジョン。チャレンジャーはBDC客の玩具だと説明する。

バベルダンジョンのチャレンジャーはBDCの玩具だというアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~

バベルダンジョンのチャレンジャーはBDCの玩具だというアンフィル | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

アンフィルは次のミッションへの道ができたという。らせん状の道が出現する。アンフィルは、らせん状の道は時間と共に足場が崩れていく仕様なので急いでと教えてくれる。

それを聞いて、長壁と土田は急ごうという。

次のミッション | 地上100階~脱出確率0.0001%~

次のミッション | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

タツキは座り込む絹代の腕を引っ張り、立てると聞くも絹代の様子がおかしい。

そこにアスマが現れる。

「中回復」では、潰れた目は再生されておらず、息も荒く動きも鈍いとアスマの状態を観察する水嶋。

絹代は「放してください」とタツキの手を振りほどき、アスマの傍に走っていく。

そして、アスマ様と呼ぶ絹代。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 第18話ネタバレ感想・まとめ

水嶋って何かケガしてた?

絹代は、「あの二人にもひどいことをした」ということは、あの二人も記憶喪失になっている可能性があるということかな。

絹代の秘密をタツキが知るのはまだ早いと考える運営側 | 地上100階~脱出確率0.0001%~

絹代の秘密をタツキが知るのはまだ早いと考える運営側 | 地上100階~脱出確率0.0001%~より引用

アンフィルが絹代に打ったスキルコードは記憶操作だろうな。タツキに隠したい秘密などの記憶をすべて封印したのではないだろうか。

賭けをやってたり、愉しんでたりするのに、運営側の手がこんなにあったら楽しめるのか。運営側がチャレンジャーに介入しすぎじゃないかな。

いろんな境遇の人間を放り込んで、そのドキュメントを愉しむのはいいけど、手を加えれば加えるほどつまらなくならないか。それだったら、ヤラセ満載のテレビみてればいいんじゃない?

LINEマンガ『地上100階~脱出確率0.0001%~』を読んで。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 登場人物・キャラクター

黒海樹(くろうみたつき)
バベルダンジョンに参加した理由は不明。記憶喪失。

小石絹よ(こいしきぬよ)
樹と幼馴染という女子高生。

佐鳥アスマ(さとりあすま)
身体能力の高いチャレンジャー。絹代を奴隷にする。

海老沼彩花(えびぬまあやか)
黒ギャル。カレシの遊哉の借金を返すために一緒にチャレンジャーとして参加。

長壁勉(おさかべつとむ)
広告代理店営業。タロットカード好きの妻を持つ男。

水嶋秀則(みずしまひでのり)
バベルダンジョンの最先端技術を見るために参加。大学生。

土田勝(とだまさる)
『世界のまさる』という関西でチェーン展開していた焼肉店の社長。

アンフィル
バベルダンジョンの案内人。人間ではない。

同級生:男
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた男性。

同級生:女「みさき」
タツキとともにバベルダンジョンを攻略しようとしていた女性。

地上100階~脱出確率0.0001%~ 概要

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階~脱出確率0.0001%~を連載している無料WEBマンガ『LINEマンガ』について

映画化、アニメ化で話題のマンガなど、200作品以上が毎日“無料”で読める!最新刊まで15万冊以上のコミックスがそろうストアコーナーでは、お得な1巻無料、複数巻無料キャンペーンも開催中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です