天空侵犯 第214話ネタバレ感想『考えが甘い|使徒・理火の本気モードの能力』

斉藤さんも人間じゃなくなっていることを知る理火 | 天空侵犯

斉藤さんも人間じゃなくなっていることを知る理火 | 天空侵犯より引用

  • 天空侵犯 第214話ネタバレストーリー・あらすじ『考えが甘い』
  • 天空侵犯 第214話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第214話ネタバレストーリー・あらすじ『考えが甘い』

吉田チームの様子を見に来た理火。

斉藤が下着姿で倒れていて、部屋に入ると吉田配下の強い天使が出口を塞ぐ。

倒れていると思っていた斉藤が刀を持って立ち上がる。

微笑む斉藤さん | 天空侵犯

微笑む斉藤さん | 天空侵犯より引用

そして、躊躇なく斉藤は理火に切りつける。

理火は斉藤の刀攻撃を回避する。

理火は、斉藤の動きを見て、すでに人間ではなくなっていることを悟る。

悲しむよりも状況分析が先だと考える。

敵の能力を素直に考えるなら、「操られている仮面」も「人間」も操る能力。「全てを操る能力」。しかもただ操っているだけではなく、「強さ」も増強されている。「神に近づいた者」を操れるか不明だが、他を操れるなら、その武力で支配下に置くことも可能だろう。

敵の能力を分析する理火 | 天空侵犯

敵の能力を分析する理火 | 天空侵犯より引用

理火自身を直接操りに来なかったのは、「使徒」を操れるかどうかわからなかったから。それとも他の事情があるのか。

ひとつハッキリしていることは、理火の「本当の強さ」を知らない。

理火は「使徒」になってから一度も本気を出していない。相川の洗脳に必死に抵抗し、スナイパー仮面たちを始末しないために、全力で「本気」を抑えてきた。

敵がこの三人で理火をどうにかできると思ったら考えが甘い。

理火は本気モードに突入する。

理火が本気になれば全てがスローモーションになる | 天空侵犯

理火が本気になれば全てがスローモーションになる | 天空侵犯より引用

本気で集中すると全てがスローモーションに見える。対物ライフルの弾丸も守護天使と大天使の動きも理火にとっては遅く見えていた。

これは「使徒」の能力というよりも処理能力の絶対値が他と違いすぎるのだろうと考える。

相川に見せられたコードひとつで、こんな能力が手に入る恐ろしい領域だ。

理火が今最も注意すべきは、勢い余って、相手を始末してしまわないこと。

理火は、斉藤の刀の切っ先の軌道をズラし、側面に移動して、斉藤の首に手刀をあてようとする。

「手刀で気絶なんてフィクションの中だけ」と昔、遊理に話したことがあるけど、この処理能力があれば、血流や活動電位を感知して気絶させることも可能。

理火の手刀が斉藤の首に当たり、斉藤は体勢を崩す。闘牛士仮面も気絶させる。

理火は、「死者を生き返らせる」という話は管理者の言葉も事実とは限らないから一旦忘れよう。「完全なる神」だって本当になれるか不明。今できることは、遊理の「このセカイを終わらせるための準備」が整うまで、この領域に残る命を守ることだと考える。

ヤンキー仮面は柔道 | 天空侵犯

ヤンキー仮面は柔道 | 天空侵犯より引用

最後の一人、ヤンキー仮面は理火の襟首を掴んできている。柔道か。この仮面については理火は知らなかったがかなりの実力者だと見る。しかし、今の理火には通用しない。理火はつかまれた服を脱ぎ、手刀で気絶させる。

理火は、実力差があっても始末しないように戦うとなると難しいと感じた。

戦力差があっても始末しないような戦い方は難しい | 天空侵犯

戦力差があっても始末しないような戦い方は難しい | 天空侵犯より引用

上着を倒れている斉藤にかけ、携帯電話を手にする。

敵は、仲間を全て配下にしていると見て間違いない。だとするとスナイパー仮面から聞いた情報の「預言者」もすでに支配下に置いている。今の戦いも「預言者」の能力でリアルタイムに把握しているはず。

この独り言も聞いているだろうと考える理火。

相川のスマホの番号も知っているだろうと。

理火は、スマホを掲げて、言いたいことがあるなら直接かけてこいと見ているであろう敵に呼びかける。

しかし、反応はない。無視なのか状況把握をミスったのか少し恥ずかしい思いをする理火。

スマホがコールする。ホッとする理火。スナイパー仮面からではない。間違いなく敵。

理火は、通話をオンにする。

天空侵犯 第214話ネタバレ感想・考察まとめ

理火の予想はおそろくほとんど的中している上で、更にまだ秘密があるだろう。全く新しい敵というのもあるかもしれないが、意外なところからかもしれない。

(1)吉田が豹変してしまった。
(2)ハルカの父親が「神に近づいた者」になった。
(3)日下部と息子のコンビ。

残っている人間を考えるとこんなものか。片目やられた男性の名前思い出せないけど。

斉藤を使って下着姿にして油断させたりするのを考えると裏切りもしていた(2)っぽいけど。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です