天空侵犯 第219話ネタバレ感想『回避不能の射撃技を身につける遊理』

ミサイルでは傷も負わない遊理 | 天空侵犯 第219話

ミサイルでは傷も負わない遊理 | 天空侵犯 第219話より引用

  • 天空侵犯 第219話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 天空侵犯 第219話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 天空侵犯 概要
  • 天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

天空侵犯 第219話ネタバレストーリー・あらすじ

遊理へのミサイル攻撃の爆発音が、スナイパー仮面やニセちゃんのところまで聞えてくる。

スナイパー仮面は、電話中の理火にも爆発音が聞えたかと聞く。

方角は北だという。

守護天使は、双眼鏡で遊理を確認しようとするも「管理者」から聞かされた、次元を超える能力で回避すると思ったが、その能力を使った気配は確認できなかった。だとすれば、始末できなのかと思う。

ミサイルで遊理を始末できたかと期待する守護天使 | 天空侵犯 第219話

ミサイルで遊理を始末できたかと期待する守護天使 | 天空侵犯 第219話より引用

そうであれば、大勝利。グレートウィンだとガッツポーズを取る。守護天使の格も上がり、巫女オンナにもバカにされないと吼える。もう一人の守護天使はうるさいと思う。

再確認して「管理者」に報告しようと、再度、双眼鏡を覗くと、煙の中から人影が見える。

遊理だ。

爆発の瓦礫の上に遊理が立っている。

守護天使は、能力を使っていないはずなのにと驚く。

わめく守護天使を遠目で見る遊理 | 天空侵犯 第219話

わめく守護天使を遠目で見る遊理 | 天空侵犯 第219話より引用

我々が発見した時から、すでに能力を使用していたのか。それとも、姿は見えているだけで、本体は別の次元に存在しているのか。存在するのか、存在しないのかハッキリしない。これは、シュレーディンガーの猫というヤツかと叫ぶ。

うるさい守護天使にイライラする守護天使。

遊理がどうやってミサイルを回避したのか考えを巡らせる守護天使 | 天空侵犯 第219話

遊理がどうやってミサイルを回避したのか考えを巡らせる守護天使 | 天空侵犯 第219話より引用

遊理は、叫んでる守護天使を確認。守護天使を相手にする必要はないけどと思いつつも、腰の拳銃を取り出し、守護天使に銃口を向ける。

双眼鏡で覗いていた守護天使は、遊理が拳銃で狙撃しようとしてることに疑問に思う。弾道が届く距離ではないし、威嚇にもなっていない。

普通なら届くことのない距離。だから別の次元を使う。

遊理は、弾丸を別次元に移動させて撃つ。

回避不能の射撃をする遊理 | 天空侵犯 第219話

回避不能の射撃をする遊理 | 天空侵犯 第219話より引用

拳銃の弾は、守護天使の左肩に命中する。

弾道がまったくみえなかった守護天使。弾丸の到達速度が速過ぎる。別の次元は、この次元と「時間」や「距離」が同じとは限らないと聞いたことがあると思い出す。

遊理は、距離の近い次元に撃った弾丸を送り込み。その次元を経由させることで、威力ある弾丸を目標に届かせたという仕組み。

別の次元は、この次元とは時間も距離も違う | 天空侵犯 第219話

別の次元は、この次元とは時間も距離も違う | 天空侵犯 第219話より引用

別の次元を経由してくる攻撃は回避不能。管理者が想定している以上に危険な存在になっていると感じる守護天使。

守護天使は、遊理がこの領域を終了させたら、せっかく「デスゲームの管理者側」という安全な立場がなくなってしまうと危惧する。

「超次元撃ち」
「超越次元弾」

技の名前はどうでもいいかと拳銃を収める遊理。

これで守護天使が自分にちょっかい出してこなくなればいいけど。

遊理は、自分を襲ってくる存在も始末したくないと思う。始末すべきは管理者のみ。

遊理のことも知る十王。こんな世界を終わらせようとしてるつまらないコだと評す。理火さえ捕まえれば、遊理もスナイパー仮面も好きなようにできると思っている十王。

天空侵犯 第219話ネタバレ感想・考察まとめ

十王はハンバーガー食べてる。地上に降りたら、店とかあって人はいないけど、食材とかあったりするのだろうか。

マンガボックス『天空侵犯』を読んで。

天空侵犯 概要

いつの間にか高層ビルの屋上にいた女子高生・遊理。そこでは仮面をした者が人を殺害している。仮面の者から逃げようと階下に降りるが、ビルの下に降りれる階段などはすべて塞がれていた。仮面の者との殺し合いのサバイバルが始まる。

天空侵犯を連載している無料マンガアプリ『マンガボックス』について

マンガボックスは、ウェブコミック誌のアプリ形態を採っている。毎週水曜日から毎日3?5作品を更新し、1週間で全作品が更新される。最新話の次の話がグレーアウト表示されているものの一部は「シェアして次号分を先読み」することができる。読者層は当初30代を想定していたが、実際には20代がメインの読者となった。男女比は6?7割が男性。読者層は少年誌に近いが、表現は過激なものも含まれ、自主規制でモザイクがかけられることもある。まずはコンテンツ全体の質を高めることを目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です