生者の行進 第16話ネタバレ感想『犯人からのメールが受信するまどか』

日没とともにやってくる生き霊 | 生者の行進 第16話

日没とともにやってくる生き霊 | 生者の行進 第16話より引用

  • 生者の行進 第16話ネタバレストーリー・あらすじ
  • 生者の行進 第16話ネタバレ感想・考察まとめ
  • 生者の行進 概要
  • 生者の行進 登場キャラクター
  • 生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

生者の行進 第16話ネタバレストーリー・あらすじ

泪の父親は、食事をとる。父親は、母親に泪について聞くと、一度帰ってきたけど、また出て行ったという。今日も友達の家かと聞く。

母親は友達の家で勉強会だと聞いたと。もうすぐ期末テストかと呟く父親。

バイトに勉強にいつも泪は忙しいという。

母親は、心配していた。泪が2日も続けて泊まりに言って、相手の親に電話したほうがいいのではというも泪は、その子の家の両親は今旅行中だからという。

泪の機嫌を伺う母親 | 生者の行進 第16話

泪の機嫌を伺う母親 | 生者の行進 第16話より引用

母親は泪が友達の家にいくなんて珍しいから、あまり水を差さないほうがいいと思い、あまり言わなかった。

しかし、何かあったと聞く母親。

顔色が悪いから、明日も学校だから家で休んでいたほうがいいんじゃないかと。

泪は、自分のことを気遣われて、ごめん大丈夫といって家を出て行く。

心配しているだけなのに泪が謝る泪が心配な母親。あの事故以来、泪は母親に心配かけまいと心の内を明かさなくなった。

泪は、一度家を出るも戻り、母親に明日は、友達を家に連れてきていいかと聞く。両親がいないから、母親の料理を食べさせてやりたいという。

自分のわがままを快諾してくれた母親に明るい子持ちをぶつける泪 | 生者の行進 第16話

自分のわがままを快諾してくれた母親に明るい子持ちをぶつける泪 | 生者の行進 第16話より引用

母親は、快諾する。泪は明るい表情で明日連れてくると出て行く。

父親がそういえばさっき玄関前で知らない男の子に「高岡さんの家はどこか」と聞かれたという。その話題で母親は、高岡さんの奥サンが旦那とハワイ旅行に行く話を思い出す。そこから連想して、泪が泊まりに言っているの高岡家かと予想する母親。

泪は、今日を無事に生き延びて、明日まどかを家に連れて帰ると決意する。

日没とともに霊が現れ、まどかを襲おうとする。

しかし、霊の頭に手を突っ込み、一瞬で除霊する。

一撃で除霊するのは省吾。20万円分の仕事をしないととまどかの自宅までやってきた。

泪は昨晩の話をする。

生き霊が犯人と同じ性だと思っている省吾 | 生者の行進 第16話

生き霊が犯人と同じ性だと思っている省吾 | 生者の行進 第16話より引用

トモキが助けてくれたときは、さっきの霊が一瞬だけど、髪の長い女性の姿に見えたという泪。

女と聞いて、犯人は男じゃないのかと聞きなおす省吾。

省吾は除霊の手ごたえ的には、前の唇のヤツもさっきのヤツも同じ。根っこは同じ同一人物の生き霊。

唇のやつも今のやつも根本は同じだという省吾 | 生者の行進 第16話

唇のやつも今のやつも根本は同じだという省吾 | 生者の行進 第16話より引用

まどかは、水戸の写真を出して、この人が生き霊の発端かと省吾に聞く。しかし、写真だけだったらよくわからないという省吾。直接会わないとわかるかもしれないと。

泪は、犯人の場合、何人も人を始末しているから、犯人の後ろには霊が取り付いていたりするのかと聞くも鼻で笑う省吾。

始末される側は恐怖しかない | 生者の行進 第16話

始末される側は恐怖しかない | 生者の行進 第16話より引用

亡くなる間際の状況にもよるけど、自分を始末した人間にくっついている霊は稀だという。頭のおかしい人間に始末された身になって考えると始末される直前の感情なんて恐怖しかない。怒りや憎しみなんて感じる余裕すらない。始末された人はみんな「家族の元へ帰りたい」と思っているという省吾。

小栗美弥の一件でも省吾の意見に納得する泪。

その辺に犯人がいてもわからないということかと考える泪。

省吾は始末された子の写真はないのかと聞くも、せいなさんの写真はあるけど、妹のあつこちゃんのはないというまどか。

顔と名前がわかれば、被害者の霊を呼び出すことができるという省吾。

そんなこともできるのと驚くまどか。

名前と顔がわかれば降霊もできるという省吾 | 生者の行進 第16話

名前と顔がわかれば降霊もできるという省吾 | 生者の行進 第16話より引用

「降霊」というやつで、降霊をしても自分か泪にしか見えないけどという省吾。

話しが通じる状態だったら犯人について直接聞いたらいいという。それを聞いて、泪は、省吾はいつでも警察に入れるなとツッコミを入れる。でも利用されるの目に見えているからごめんだという省吾。

この力は、除霊と違って、疲れるという。あんまり長時間は持たないから滅多に使わないという省吾。

まどかの携帯にメールが届く。

兄からのメールだったが添付写真を見てまどかはぞっとする。

浩二が捕まっている画像が送られてくる | 生者の行進 第16話

浩二が捕まっている画像が送られてくる | 生者の行進 第16話より引用

血だらけで縛られて木にくくりつけられた兄の写真。まどかは、メールを泪と省吾に見せる。

いますぐ光千代公園に一人で来い。警察に連絡したら浩二の命はないとある。

そのメールから禍々しいものを感じる泪と省吾。

生者の行進 第16話ネタバレ感想・考察まとめ

泪の両親の関係がよくわからないけど、泪からみたらトモキのことで母親は心が病んで、母親という役割を放棄しているように見えた。さらに、父親との関係もあって、自分は家にいないほうがいいと思い、独立できる年齢になったらすぐ独立する考えをするほど、家族関係は崩壊していると捕らえていたけど、母親側はそうでもないのか。

泪の機微の変化を感じ取る母親 | 生者の行進 第16話

泪の機微の変化を感じ取る母親 | 生者の行進 第16話より引用

母親はトモキのことばかりを見ていて泪の機微の変化に気付いたりできないと思う。だからこそ、泪は自分よりもトモキと思っている母親に遠慮していたわけだし。

泪の反応を心配する母親 | 生者の行進 第16話

泪の反応を心配する母親 | 生者の行進 第16話より引用

いや、子供が高校生になる数年もの間、ずっと母親側が、心配しているだけなのに「ごめん」というような反応を感じ取れる心があるなら、泪はこんなになっていなかっただろう。

母親側が最近回復して、普通の母親に戻ったのか。しかし、最近戻ったとするなら、母親は泪に対して過去の自分を悔いると思うけど、その節もないし。。。それとも泪が一人でトモキの事故を負い目にすべてのことに目を伏してきたから本当の母親が見えていなかったのか。でもそうなら、母親が泪を回復させるために努力する。それが母親の役目だと思うのだが、そうやってこなかったということは、、、うーむ、事件よりも難解だ。

少年ジャンプ+『生者の行進』を読んで。

生者の行進 概要

「その唇を見た瞬間?僕は心臓が止まりそうになった。」第2回連載グランプリ獲得作品が満を持して連載化!日常に這い寄る混沌…!本能を刺激する新進気鋭のホラーサスペンス!!

生者の行進 登場キャラクター

吉川泪(よしかわるい)
霊が見える少年。

小栗美弥(おぐりみや)
狂気を感じる霊に取り憑かれていた女子高校生。

高岡まどか(たかおかまどか)
吉川泪(よしかわるい)の幼馴染。

吉川トモキ(よしかわともき)
吉川泪(よしかわるい)の弟。幼い頃に交通事故で亡くなり、霊となって吉川泪(よしかわるい)の傍にいる。

東雲(しののめ)
捜査一課の刑事。

高岡浩二(たかおかこうじ)
高岡まどかの兄で昔、吉川泪(よしかわるい)をいじめていたグループのリーダーだった。

神原省吾(かんばらしょうご)
除霊能力を持つ高校一年生。

水戸則夫(みとのりお)
まどかの兄・浩二の友人。

神原小夜子
省吾の母。

佐倉はるか
省吾のクラスメート。

吉川紅葉
泪の母親。

生者の行進を連載している無料マンガアプリ『少年ジャンプ+』について

『ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 – 30代を読者層として想定している。また、pixiv・ニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です